二人の人間と一匹のフレンチブルドッグの徒然日記
goritoboo



いやー、今年も一年とても良い年を過ごせました。
皆々様のおかげでやす。
ドーモアリガトー!!
良いお年をお迎えくださいませませ。

ではでは



BOO



コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )




またまた雪でないの。
寒いっつーの。

BOO





コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )




あの日’からGORIに「モジャ」と呼ばれます…。
mdkデス。

ちなみに王子はワタシをチラ見。





てなわけで
しつこいようだが、ワタシに新たな展開があったのでご報告。



うすうす気付いてはいた。

今朝起きてそれが明らかなこととなったわけであるが、
それは、

「パーマのムラ」

ご説明いたしますと
上がモジャモジャで下がストレート。

方程式にすると
上ブライアン・メイ + 下D・ボウイ = mdk

よりわかりやすくすると
ぶっちゃけこんな感じ。




80年代にこんな頭のヤツいたんじゃないの~?
なーんて思って、目ぼしそうな人を検索してみた。


こんな奇妙なヤツはいまぜんでじだー


そんなオモシロ・ヘアーを横から





ドンマイ



mdk




コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )




どもども。
mdkデス。



昨日、4月から数えて実に8ヶ月ぶりに美容院へ行ってきた。

伸びきった髪も年が明ける前になんとかせねば!
と、どうしたもんかとこのところずっと思ってたワタクシ。

ふと昔の写真を目撃。

5年以上も前だな~。




そう、およそ6年前。
今と同じく、伸びきった髪をどうしようかと美容院へ。

ワタクシの髪をあやつってくれるのはプログレ好きの美容師さん。

「ロックなパーマをかけてくらさい」

というなんとも具体性の無い私のリクエストに

「ロバート・プラントみたいにかけるよ~」

と実現したのが
コレ

ちなみにその時、
美容師さんとワタクシの想像したロバート・プラントはおそらく
コレ

若かりし日のヤング・プラント。

そんなロックなプラント・パーマが気に入って
何年かそのパーマで過ごした。





そして今。

美容院までの道のりで、バッサリ切るかパーマかどっちにしようかな~
と無邪気に考えていた昨日のワタシ。

パーマよりもっと昔、
冬場に セミ・坊主 にしてすごい熱が出たことを思い出し、
パーマに決定!

またプラント・パーマをかけよう!

流行なんてハナっから気にしてないさ。
車中、ワタシの頭の中で膨らむ
ヤング・プラント



そして。

「またあのパーマかけてくらさい」

「あー、あのロバート・プラントのやつ?」

「ハイ!」

「ちょっと(まだ髪が)短いかな…、でもやろうか!」


ってな具合で、まず髪をすく。

髪の量が多いので大量にすかなければ大変なことになる。
パーマじゃなくてもいつもの作業。

かなりすく。
ここまですいて大丈夫か…と一抹の不安がよぎる。
が、
そうそう、多い髪でパーマは爆発するもんねーと気を取り直す。

そしてパーマ作業に入る。
否応無くテンションの上がるロックな美容師。
口ずさむは、「ハートブレイカー」 (
コチラでぜひ)

ノリノリ♪

マキマキ♪

そして入店から3時間の時を経て出来上がった!



ん?

んん?


「でも、ロバート・プラントだしね!」と美容師。

鏡のなかのワタシはどうみても
コレ

コレってオヤジ・プラントじゃ…。

ワタシの求めていたのは若かりし日の
ヤング・プラント


こうして確かにプラント・パーマになったワタクシは
美容師の方々に見送られ店を後にした。


そして帰宅。
いきなりBOO王子に吠えられた…。

「外人みたい」とGORI。

マジで!?
って中世絵画に出てきそうだって。

がびーん。


…。



今朝起きたらこれまたすごい事態に。

久々のパーマでかかりにくいことを想定して
念入りに時間をかけたおかげで
それはそれは見事な形状記憶!

これはいかんとシャワーを浴びる。
濡れたその頭は
「スリラー」時代のM.ジャクソン。

…。

まー帽子という便利なものもあるし、
と若干抑え気味にドライヤーをかける。

できた頭はやはり
コレ


どーしたもんかな。

ま、世の中気合って事で。






mdk







コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )






今年もいよいよ冬がやってきた。
初雪。
ちょっと早いんでないかい?

おはようございます、mdkデス。


どれだけ積もったんだ…と恐る恐るカーテンを開けてみると
ダメージは思ったより少なかったわけで。
道路はセーフ。

これなら下界は雪の痕跡すらないであろうと思われ。


私がほっと一安心してる横で
そのとき王子は…



ファンヒーターの前。
特等席にて。

温かさのあまり、目がいっちゃってるのか…?





mdk





コメント ( 15 ) | Trackback ( 0 )




年末セール!
おつかれ、ワタクシ!
くたくたなわけで。
発泡酒が五臓六腑に染み渡るわけで!
イエーイ!!



その年末セールを実施したおかげで帰宅が遅くなり
王子の夕食が1時間ほど遅くなってしまった。
ゴミーン。

そのため?かどうかわかりませんけれどもね、
イビキでもなく、なんとも言葉にしにくい
「ブスブス」という音をひたすら出し続けており・・・。
すごい勢いで睨まれるわけで。


ゴメン ッテ イッテル ダロ !






mdk





コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )






私が休みの日に限って雨…。
mdkですー。

いやいや、う○こネタで1週間も引っぱってしまってました。
イケナイ、イケナイ…。



ところで
もともとお肌の弱い我らが王子は、
その敏感肌が発覚して以来
大好物の豚耳やひづめなどをガジガジすることができません。
おもちゃもすぐ破壊して、飲み込んでゲローっとなるので
あんまり与えてません。
噛むの好きなのにねー。

それに加えて、今日の雨。
朝からかなり不機嫌な王子。
寝顔もかなりふてくされていたので、久々に与えてみました

禁断のオモチャ…。



小さなブヒ音を発しながら
大興奮でかじりついて遊ぶ王子。

奪われまいとしながら1時間近く遊んでましたが
さすがに硬いオモチャにあごが疲れてダウン。

ご満悦にて爆睡。



たまにはおもちゃもいいかもね、王子。





mdk



コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )




FNS歌謡祭
どーしちゃったの、みんな?
おーい。

BOOデス。


本日は ひっさびさに ボクの生態について知っていただこうと思います。

ボクはヒトが食事を始めると
どうしてもモヨオシテキマス・・・















必ず出ます。

100発100中デス!




ゴメンチャイ!







BOO






コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )






紅葉真っ盛りの京都に行った。

王子を連れて行くわけにも行かず、
またまた王子の苦手なゴールデンのピース宅(実家)に置き去りに。

ゴメンヨ・・・。 (母による携帯画像)


目指すは、美空ひばり館。
11月末をもって閉館されることを聞きつけた母がどうしても行きたかった念願の場所。

大きなスクリーンでひばりちゃんが歌う。
最後の武道館の時の映像だ。
昔は定番だった、イントロでのアナウンサーによる紹介が終わると、
すかさず母が待ってましたの拍手。
ビクッとする私。
ちょっと離れた席では号泣する女性。

閉館間際の美空ひばり館はアツかった・・・

最後にひばりグッズをしこたま買って
ひばりちゃんにサヨナラ。
萌え萌えなファンに便乗してGORIもひばりグッズを購入。
ハートの形をしたキーホルダー型ミニ時計、ひばり写真付き。

いるのか、それは・・・。

買う予定の無かった母も、息子に負けじと時計を二つ購入。

フ、フタツ?


がびーん。


ひばりマグカップをすすめるGORIに丁寧にゴメンナサイして
アツイ一行はアツイ嵐山を後に。



アツイひばりトークに花を咲かせながら
秋の京都を満喫していく我らの夕食は、初めての京懐石!
ご馳走してくれるという両親に甘え、ドキドキしながらとった予約場所は、
「木乃婦」。
おおごっつぉでした。
メチャウマ!
ゴチソウサマデシタ!!

しかし、店を出る頃にはおっとり&ゆっくりな京都のペースにシビレを切らした
我らが‘パンチのきいた’父と、
そして我らが‘アツイ母’のバトルが勃発。
ライトアップされた高台寺と、カップルたちを前にヒートアップ!!

 

とはいえ、高台寺の池に映る見事な紅葉と竹林を見て
二人は仲良く腕を組んで私たちの前を歩く。
夫婦ってこういうことなのねーと思わずニヤニヤ。

夜景をとるために担いできた三脚は使用禁止・・・。

がっび―――――ん。

でもそうだよねー、はっきりいって他人のジャマだもんねー。
いいさ、いいさ、また担いで帰りますよ・・・。

ホテルに帰って、電話で王子の様子を聞く。
耐えているとのこと。
ゴメンヨ・・・。





そして翌日。
雨も上がり、時折晴れ間も見える。



足を伸ばして宇治へ。

平等院でまたまたグッズを買いあさり
近くの萬福寺へ。

ここで、母は予想外のアツイ出逢いがあり、
気分は絶好調!

ノリノリのまま京都市へ帰って
紅葉見るやら
龍馬の墓で物思いにふけるやら
錦市場で食べ歩くやら
母がたこ焼きのソースで服を汚すやら
秋の京都を大いに満喫する一行。

くたくたになるまで遊んで京都とサヨナラ。

実家に王子を迎えにいくとそこには・・・

耐えてた・・・。
ゴメンヨ。
今度どっか行こうね、京都は連れてけないけど。




いやぁ、京都って本当にステキなとこだなー。
京都大スキだー。
住んじゃいたいな~。








mdk






コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )