ゆーけいのツイッターまとめブログ

ツイッターまとめブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最近自分で作ってみた

2007年06月12日 09時53分02秒 | 麻婆豆腐探検隊
麻婆豆腐を作って見ました。

にんにくとしょうがをみじん切りにして、
ひき肉をスプーン弐杯程度用意して
油でいためてそのあと豆板醤(とうばんじゃん)を色がつくまでいれ
出し汁をお玉弐杯入れてから豆腐を入れました。

いたって本格的でもなくまずくもなく。
コメント

短面と淡々面

2007年02月21日 21時22分02秒 | 麻婆豆腐探検隊
今日わなんか無化付いているのでバーミヤンで坦々麺を食べに行ったのですが世の中似たような言葉と言うものはあるものです。
頼んだらタンメン。

店員聞き間違えちゃったよ。
タンメンと
坦々麺
喧嘩売って見たい人は是非試してみてね。

とか言いつつシンプルなスープは結構格別でした。
コメント

今日より坦々麺も加えることにしました。

2006年11月30日 22時45分18秒 | 麻婆豆腐探検隊
広島の五日市インターの近くに免許センターがありましてその五階にセルフのレストランがあります。
ここのがね、
意外と良いセンスしてるのよ。
意外と良い線行ってるともいえるね。
でも迷ってたんですよ。何にしようか。
そしたらあーた坦々麺ですよ。
覚えてますか?坦々麺を頼んだはずなのにオーダー伝える際に「ピリ辛ラーメン」なんて言っていた店があったのを。僕は何かを疑いましたよ。明らかにね。確かに「ピリ辛チャーシューメン」だったらあたりでしたけど坦々麺ですよ。

坦々麺ならではのたっぷり入った辣油とミンチの入り具合がとても良い。
これで麻婆豆腐がくればここはとても見晴らしはいいし最高の所です。こうなると免許更新もひとつの旅行になりますな。
これから広島県内の人で免許の更新があるひとは坦々麺のためだけに免許センターに行くことをお薦めします。
コメント

東尾道食堂かよ!

2006年11月06日 21時45分11秒 | 麻婆豆腐探検隊
こういう系列の所なんですが、東尾道食堂で昼食をとることにしました。
http://www.shokudo.jp/のチェーン店ですね。
まーなんていうんですか、普通のファミレスって行きつづけるとどうも疲れを感じることありません?どうも「ごはんや」の系列のモノらしいのですが、今僕が確認しているものでは福山と尾道とあと倉敷で所在を確認しています。倉敷の方はイオン倉敷がある所の近くで目の前に消費者金融の店舗があります。尾道の場合は「東尾道食堂」で目の前にハローズがあります。福山の「春日食堂」もハローズが近いですね。

本当に僕は日本の戦後からも続く伝統の食堂の味に飢えてたのかもしれません。煮物がうまいのなんの。しかも釜炊きなのでご飯だけでもよかったかも。銀シャリなんて言ってるくらいですから本当に光っていました。

で、なんの話でしたっけ。
ひとまず落ち着いて今日いただいたものを
煮物+高野豆腐+なめ茸おろし+味噌汁+ごはん中盛

そして麻婆豆腐

えっ?高野豆腐とかぶってる?そんなこと言う奴おらへんやろ。占めて880円でした。
実を言うとね、1200円ぐらいになるかと思ったんですよ。味噌汁を豚汁にしなかったこととご飯を大盛りにしなかったのがよかったのでしょう。
で、なんの話でしたっけ。
麻婆豆腐です。
やはり「純和風な」麻婆豆腐でした。
昨日は以前にも行ったことのある福山の満天香の麻婆豆腐は本当に本場のものはこんなんだろうなぁという感じでした。「油と香辛料しかないよ」みたいな感じですが、ここの麻婆豆腐は違いますね。とろみ中心です。そして少し辛い。グリンピースが入っているところが「日本風」。ちょっと食べたいときにはもってこいですな。
コメント

日本の中華料理店ほど曖昧なモノはない。

2006年11月03日 23時06分03秒 | 麻婆豆腐探検隊
いやーびっくりしました。
突然何をイワンやと言う感じですが、この間も尾道市内の某中華飯店っぽいところにいってきました。バーミヤンでまた麻婆豆腐+餃子+ライスと洒落込むつもりでしたが、そこは冒険ということで行ってきました。

麻婆豆腐はありませんでした。しかもバーミヤンみたいな接客になれているものとしてはこの店の接客はものすごく微妙。
「いらっしゃい」じゃなくて「いらっしゃいませ」だろ。

で、坦々麺を注文することにしました。
ここで今日ね、面白い事がかかれている本を読んで帰ってきたんですけど、場所と業種をいきなり変えます。
フルサービスのガソリンスタンドとセルフのガソリンスタンド。
何が違うかを答えなさいという問題が出たとしましょう。
いろいろ言うと思いますが、今日の話に沿った答えを。
それは
「減点法」と「加点法」です。
フルサービスのガソリンスタンドでは客は大きな期待を抱いて来店します。
そのため「窓も拭かないのかここは」って事になっちゃうんです。
しかしセルフのガソリンスタンドでは客は大した期待も抱かず来店します。
少しの声かけでも「おおぉぉすげぇ」って事になっちゃうんです。
期待するかしないかのどっちかなんですね。この感動を声にした一言は業界での明言ともなっています。

それはいいんですけど、心のうちに留めて置いていただいて
坦々麺を頼んだはずなんですよ。
僕が知っている坦々麺がたしか辛く炒めた挽肉がまんなかにのっている奴の方だと思ったんですよ。ところが注文を受けた店員が「ピリ辛ラーメン一丁」って言うわけですよ。ナンディスカサレ。
そう。やってきたのは「ピリ辛ラーメン一丁」という名にふさわしい内容のモノでした。おれはちょい辛いスープのチャーシューメンを頼んだ覚えは無いんだが。

と言うことでその店での麻婆豆腐体験は見事失敗でした。
「坦々麺」の他に偉くできあがりが早かった餃子とライスを頼んでいたため食べ過ぎになっていたのは内緒です。
しかしね、ライスよりも早く来る餃子ってどうなのよそれ。
コメント

家でマルミヤをつかってみる(失敗編)

2006年10月25日 23時36分37秒 | 麻婆豆腐探検隊
今日は食べに行くより作った方がいいということで麻婆豆腐の素では有名な丸美屋のモノを買ってきました。無論辛口モノです。無論といったら無論です。
さてうちに豆腐があるのかどうか













ありませんでした。
急遽予定を変更して坦々麺へ
ものすごく簡単ですよ坦々麺も。だってね、ラーメン作っといて素を温めるだけですから。
しかしただ温めるだけじゃ面白みがありません。
無理矢理中華鍋の出動です。ついでなんでラーメンも中華鍋でやってしまいましょう。
水はいつもより少なめの方が坦々麺らしくなります。それから素の方を中華鍋で焼くような感じで温めます。全体的に火が通ってくると沸騰してきますがそれほど長くやる必要はありません。移す際に他の所の方が熱いのでもっと沸騰します。
が、ここで忘れてはならないのがトロミ粉。なんですが、入れても入れなくても構いません。まーそこは任せますよ。
入れればトロミ付き坦々麺の出来上がりとあいなります。


それはそれとして
中華を楽しむならどっちということでバーミアンと餃子の王将の店のムードを比較してみました。結論から言うとバーミアンですかね。餃子の王将は楽しむよりはだたひたすら食べにいくという色の方があってます。なにせ無駄に威勢がよすぎるんですよ。特に僕の場合変な所で天邪鬼なので威勢がいいと考えればいいのにそれでへんな憂鬱感を抱くんですねぇ。「ウワオコラレタラドウニモナラナイカンジニナルンダロウナァ」とか。
それと禁煙席。カウンターなのにいきなり「壁」ですか。調理場がどう考えてもタバコの煙が影響する喫煙席の方が大きく開けてますが。今度「タバコ吸います」って言って喫煙席のカウンター座ってみようかなぁ。
だから楽しむという点ではバーミアンですね。ただし飲物に関していえば保証は出来ません。まだ後で飲物は別で喫茶店にいくとか。

自己流最強組み合わせ
麻婆豆腐+餃子+ライス(中ライスか「大盛り」にしない)
コメント   トラックバック (2)

麻婆豆腐探検隊

2006年10月24日 18時35分56秒 | 麻婆豆腐探検隊
ためしてガッテンで麻婆豆腐の特集をチラッと見たおかげで本当にプロの作る麻婆豆腐の豆腐はプルプルしてんだろうかというところからはじめてしまった「ひたすら麻婆豆腐のある店を見つけては食いまくる」ものです。

まず簡単に…麻婆豆腐のある店で確認をしているもの
(本人の現住所の関係で広島県内のみとなります。)
福山市内
 餃子の王将 松永店
 ほか一店
尾道市内
 三成あたり
 新浜あたり(尾道警察署近く)
三原市内
 バーミアン

まず餃子の王将とバーミアンはチェーン店です。
餃子の王将の麻婆豆腐はとにかく量が多いのが特徴です。
バーミアンのものは中華なべにもしたような皿というのか…ある意味そのままという感じのもので出てきます。

麻婆豆腐にもどうやら
「日本人好みの味付けのもの」と
「本格四川料理のもの」とがあるようです。後者のものはとても辛いです。
福山市内のほうのほか一店のところではその後者のほうを注文しました。まーすごかったです。肉が入っている感じじゃないんです。肉どこですカー
まさに豆腐とラー油と「ジャン」ぐらいしか入っていないような感じです。いい汗をかきました。
店によっては麻婆豆腐も「日本人好みの辛くないほう」と「本場モノの辛いほう」が選べるようになっているようです。

http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/52726/%CB%E3%C7%CC%C6%A6%C9%E5/detail.html?mode=0

ここへ行き着くまでのお話
…ですが、ラーメンは抜きにして話をします。
五年前かそれ以前あたりにチャーハンにはまる。れっきとした作り方をためしてガッテンで見て覚えたのがきっかけ。今までチャーハンは嫌いなほうに入っていた料理でまともに食べようと考えることはなかった。それからというもの自らチャーハンを作るようになった。そうしているうちにチャーハン熱が冷めた後以前からよく食していた餃子を食べられるところでは必ず食べていた。実際、餃子定食で晩御飯を済ませるという日々があったくらいだ。そういえばここのところ家で麻婆豆腐を食べていないなぁ。
コメント