おもい出し日記

伊藤工設計代表 伊藤 博範の日記。家づくりのお役立ち情報を発信。

近GGセミナー 2201

2022-01-28 16:13:29 | 近木職GG
近GGセミナーとは、国交省地域型住宅グリーン化事業においてグループを形成している工務店・設計事務所との「これからの家づくり」の勉強の場です。

1. リスクと課題、そして目指すもの
1) 集客・受注状況
・ ハウスメーカー11月の新築受注状況:前年同月比DH:-33%(2ヵ月連続2ケタ減)、P:-20%(2ヵ月連続2ケタ減)、MI:-19%
・ ハウスメーカー12月の新築受注状況:前年同月比DH:-49%(3ヵ月連続2ケタ減)、MI:-11%、T:-15%

2) リスクと課題、目指すもの
・ 長期リスク(脱炭素ショック、若者減・高齢者増、資材ショック、デフレからインフレ)
・ 検討課題(性能向上リノベ、価格戦略、受注方法、現場DX)
・ ロングライフデザイン(恒久品を目指す)

3) 問題を解決することが利益を生むこと
・ 不安の払拭、顧客ロイヤリティ、品質、旗を掲げる、人間中心主義(人間を中核にすえ、社会課題・顧客課題の解決といった人間の役に立つことを実現しながら、利益を生み出す方法論)、愛される企業、パーパス(志)経営
・ 「今だけ、利益だけ、自分だけ」の考えは×

2. 今年の目標等
1) がんばる、もうすこしがんばる
2) 楽観主義
・ 楽観主義=「なんとかなるさ」ではない、「やればできる」
・ 誰にでも、できることをきちんとやれば、絶対に結果が出る。
・ 才能ではなく、自分の努力を信じる。
・ チームビルディングに必要な考え方。
3) 感謝祭(7月)はブルーベリー狩り
 
3. 令和3年度 国交省地域型住宅グリーン化事業について
・ 令和3年度補正予算枠について

4. 伊藤工設計の企業理念、ことば

5. その他
1) 点検について
・ 築13~15年の点検についての協力願い。
2) 次回は2/22(火)18時~



会議を終えて…
定員の半分になったら中止しようと思っていましたが、直前になり…。
仕事上で事故が発生し、すぐ対策会議を行うとのことで急にこられなくなったりして…。

大した事故でなかったようですが、それでもすぐ対策をするための会議をするのは見習うところで勉強になりました。

今年初のセミナーということで1/7の社内会議と1/18の近木職会議(職人・業者会議)と同じ内容で行いました。

伊藤工設計の理念や社是、ことばも読ませていただきました。
ことばは全部で61あります。

1番目に「想いは種、全身を想いにする。(身体を切れば想いが流れるぐらい)」 
そのぐらいの想いをもって、仕事をしていますか?

16番目に「困難にあきらめないこと。困難は避けるものではない、解決するものである。」がありますが、この言葉が好きです。

コロナ禍であり、移動も不自由…これから各値上げの嵐…むずかしい問題ばかり…。

でも…自分に起きるいろいろな問題は、解決できるから起きる。解決できない問題は最初から発生しない!そう思っています。

「困難は避けるものではない、解決するものである」

やればできる、誰にでも、できることをきちんとやれば、絶対に結果が出る。
才能ではなく、自分の努力を信じる。

楽観主義で…がんばる、もうすこしがんばる。


近くの木と職人でつくる家づくりグループHPはこちら


最新の画像もっと見る