ギコバン日記

伊藤工設計代表 伊藤 博範の日記。家づくりのお役立ち情報を発信。

ムンク展(東京都美術館 11/23)

2018-12-15 16:15:55 | 趣味
初期の作品から最晩年まで約100点を集めた大回顧展に行ってきました。



入場するまで60分待ちですでに「叫び」







ムンクはわずか5歳の時に母を、14歳になる年に姉を、共にに結核で失うという悲劇に見舞われました。

自身も病気がちだったため、死への恐れや喪失感は、彼に常にまとわりついていたと言われています。

作品に繰り返し現れる絶望や不安、孤独といった主題には、こうした原体験があるのでしょう。

衝撃的な姉の死をもとに、ムンクは「病める子」という作品を生涯に何度も描いています。



1889年、パリに入学したムンクにお父さんの訃報が届きます。
再び肉親を失い、彼は内なる感情や芸術への思いを無数に描き残すようになります。

「読書する男や編み物する女のいる室内画を、もう描いてはならない。呼吸し、感じ、苦悩し、愛する、生き生きとした人間を描くのだ」

一時、印象派などの影響を受けていたムンクの絵は、人間の内面を凝視し象徴的な表現に変わっていきます。それが「絶望」や「叫び」です。



ノルウェーに今、建設中の新ムンク美術館は2020年に完成するそうです。
素敵な美術館のようなので…。
2021(~)年の見学予定(目標)に入りました…。

リンゴは青いままがいい

2018-11-17 08:59:37 | 趣味
「挑戦は終わらない」という広告が目に留まりました。

建築家の安藤忠雄さんがポンピドゥーセンターにて10/10~12/31まで開催している展覧会の紹介や2019度末に完成予定の大阪市「こども本の森 中の島」、パリに美術館を新設の紹介が載っていました。



こども本の森中の島は文学の豊かな世界にふれる機会を子どもたちに与えたいということで安藤氏が設計を手掛け、大阪市に寄贈するそうです。

運営費はこのアイディアに賛同した人たちの寄付でまかなうとのこと…。

「挑戦」について、安藤氏が語っているのは…



「リンゴは青いままがいい」といいます。

大人はよく、未熟な人、若く怖いもの知らずな人を見ると「まだ青いな」といいますが…。

それは悪いことではなく、むしろ成熟なんかすべきではない。
青春とは人生のある時期を指すのではなく、目標をもって生きている時間のことだと言います。

もっと前に、もっと大きく、もっと楽しく。
誰もがそんな渇きを抱えた、青いリンゴのままでいるべき!と。

そんな文に心踊らされ、仕事に励むことが出来ます。

2019年度末に完成する「こども本の森 中の島」の見学を、今から楽しみにしています。

ランニングとシューズと

2018-11-08 13:44:15 | 趣味
10月はイベントが3週連続であったのでランニングの月間走行距離は29.37kmで終わりました。

11月はすでに13km!
目標の50kmは行けそうです。





走ることによって体調が管理されているようで…。
疲れはありますが、すがすがしい気持ちのいい疲れです。


来年のハーフマラソンに向けて、新しいシューズを購入しました。



25%引きだったので、すこし高いタイプのものを…。
さすが高いだけあって、足のフィット感が違います。

休日ランチは久しぶりにトライアングルのスープスパ!
1.5ヶ月ぶり…。



サービス券のスタンプが8/2から12個になり、ドリンク1杯無料を通過!

なんか…リズムを取り戻したような気がします。