筆職人の日常

筆職人の書

47兼 半紙2から4文字の筆

筆職人の書

 

書き手と寄り添いたいがモットー!

 

昨日裏打ちをお願いしていた高誠堂さんから書が戻ってきました。

(裏打ちを知らない方は割といるかと思いますが、書をした紙は書く前と比べてへにゃへにゃしてて紙にしわがあります。

それを裏に紙をつけてピシッとさせることを言います。)

 

なので裏打ちは作品を作るときのための作業です。

私は自分の書を初めて裏打ちをお願いしました。

 

そう!作品出します♡

(この写真の書ではないです)

 

一字書がテーマなので…私の一字は?!

分かる人はわかる?!

大体バレル?笑

 

私は筆職人として使い手と寄り添いたいのではじめた書道。

作るからには書かなくては気持ちが寄り添えません。

 

作品作りはいつもの練習とは全く違って、正解もないし、墨や紙、筆でも雰囲気が変わってきました。

どうにか、工房に飾りたいと思っていた作品が出来そうです。

次は額だなー。

楽しは続く♪♬



この写真で使った筆はまもなくgooさんで販売予定です!

気になった方は少々お待ちくださーい☆

9S  小筆

◎書道グループ展 清泉会◎

一字書を出展します。

■日時:2021年7月27日(火)〜8月8日(日)

■場所:cafe shop PULLMAN

             愛知県豊橋市小池町157

■時間 :9時〜18時(最終16時)

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「日記」カテゴリーもっと見る