FOC.communications

(Front Of Cafeteria 1 communications)

web master shimoのヒトリゴト

劇場版 神聖かまってちゃん

2011年05月19日 | Movie
今の10代のカリスマバンド「神聖かまってちゃん」
名前はふざけているし、演奏も抜群にうまいというわけではない。
でも、何か若かりし頃に忘れてきてしまったものを思い起こさせる
そんな熱い思いを感じる事のできるバンド。

そんなバンドがサイタマのラッパーでお馴染みの入江監督も手で映画化された。

作り込んだストーリーや、バンドメンバーの演技などは無く
物語はバンドのライブに向けて淡々と日々が流れる。
逆にそれがリアルで僕にとっては、とても心地よかった。

正直、このバンドについては好き嫌いがあると思う。
でも、ROCKって元々そういうものでしょ?



当サイト関連
■ 神聖かまってちゃん / 友達を殺してまで。
コメント

EXIT THROUGH THE GIFT SHOP

2011年04月02日 | Movie
社会を風刺したグラフティなどのストリートアートを世界各地にゲリラ的に描く
芸術テロリスト「Banksy」の初監督映画の先行チケット(ステッカー付)を買いました。
今までに謎に包まれてきただけに、すごい楽しみ。

「Banksy」を知らない方は、この作品集を買いましょう。
ものすごくアナーキーなPUNKでカッコいいです。(残りわずか)

Wall and Piece
Banksy
Century
コメント (2)

時効警察

2009年08月16日 | Movie
今更ながら「時効警察」にはまりました。
三木聡監督のニュアンスが好きで、かなりツボです。
三木聡氏と言えば、僕の敬愛してやまない「ダウンタウンのごっつええ感じ」等を手掛けた方です。

あのなんとも言えないシュールな脱力感がたまらなく好きなんですよね。
なんと言っても小ネタが満載。作中には様々な小ネタが登場します。
例えば、僕がハマりすぎで購入までしてしまった「やわらか地蔵」。



地蔵がやわらかいって…
どういうこと?と思いますが、これまた作中で面白くいじられます。
まぁ、脇役の子ネタなんですけどね。

これが深夜時間帯にやっているなんて、いいですよね。


時効警察 DVD-BOX


帰ってきた時効警察 DVD-BOX
コメント

ハゲタカ

2009年07月12日 | Movie
映画「ハゲタカ」をみてきました。
久々に面白かった映画ですね。

「ハゲタカ」はご存知のとおり、ヘッジファンドの物語となります。
ヘッジファンドは、TOB等で企業の株式且つ経営権までを手中に収め
企業価値を高めた上で株を売りさばき巨万の利益を得ます。
企業買収と言えば・・・かなり昔ですがライブドアの日本放送株公開買い付け(TOB)が話題になりましたね。

この映画は、そういった企業買収のお話。
直接的には自分の仕事につながるわけではないのですが、かなり興味深かったです。
国内総生産がマイナス成長を続ける日本経済において、企業はどうするべきか?
このまま海外資本に買収され、技術力の流出をしてしまうのか?
なかなか壮大なテーマを時代に忠実に盛り込んでおり面白かったです。




また、この映画の話ではないのですが、個人的にヘッジファンドについて興味を持っており
日本経済に現れない(正確にいうと、マスコミでは公表出来ない内容)経済には
ヘッジファンドが大きく絡んでいたり、経済の落ち込みの真実があったりします。
あくまでネットの情報なので、眉唾で読むのがオススメですがこのお話なども興味深いですね。

なぜウォン安は韓国にダメージなのか 日銀砲と韓銀砲 垂直統合と水平分業

あくまで、新聞はスポンサーがあってこそのビジネスモデル。
日本国憲法で言論の自由はあったとしても、その全てを新聞に求めるのは困難なのかもしれません。
余談ですが、近年ネットの進行によって新聞紙の紙媒体が脅かされている状況と聞きます。
仮にそうなった場合のジャーナリズムは、誰が担うのでしょうか?

ソース:映画「ハゲタカ」公式サイト
コメント

サマーウォーズ

2009年07月08日 | Movie
実は、この夏にエヴァンゲリヲンよりも見たい映画があります。
サマーウォーズなのですが、知る人ぞ知る「時をかける少女」の監督
細田監督が放つ最新劇場作品です。

細かいストーリーの紹介は、僕の説明よりもこちらの劇場版予告編をご覧ください(笑)




忘れていたのですが、学生時代は夏休みは2ヶ月くらいあったんですよね。
夏と言えば、夏休み!そんなひと夏の冒険を感じることができそうな作品です。
コメント   トラックバック (1)

28週後

2009年05月27日 | Movie
会社の某先輩が映画研究会に属するほどの映画マニア。
その先輩より指導を受け、もっぱらB級ホラーを見ております。

その中でも「ゾンビ」ものは秀逸だそうで、、、週末は何故かゾンビを見てます。
でも、B級ものばかりで見終わった後は疲れます。

しかしながら、タランティーノが好きな自分としては
先輩の言うB級且つホラーに映画のエンターテインメント性があるのには
何か通じる何かがあると、分かる気がしてきました。

今日、ご紹介するのは・・・「28週後...」です。
ゾンビはご存知の通り、フラフラと動くのが遅いのが常識ですが
この映画のゾンビは、走る、走る、走る!
もう、全速力でゾンビが走ってきます。内臓が飛び出るんじゃないかと。
僕は当然、「うそーん」と思いながらも自分がゾンビのようにグダグダと見てしまいました。

うーむ。
B級ホラー・・・映画の内容はともかく、はまるかも・・・??



28週後...(特別編) [DVD]
コメント

AND1 Mixtape

2009年05月25日 | Movie
バスケットと言えばNBAですが、AND1も面白いです。
アメリカで産声をあげた「AND1」ですが、一言で言えば
ストリートバスケットあがりのオールコートバスケです。

また、ストリートのHIPHOPの音楽・ファッションが融合した
一つのカルチャーとしてのバスケットがカッコイイです。
NBAでは見ることができない、言わばラン&ガンスタイルがやばいです。

でも、なんと言ってもMovie作品がクールです。




こんな感じでラフに楽しむバスケって、いいですよね。



And1 Mixtape 9: Area Codes [DVD] [Import]

ソース:AND1
コメント

KEMURI LIVE at FACTORY

2009年02月09日 | Movie
2007年に解散をしたKEMURIのライブ映像をまとめた
「KEMURI LIVE at FACTORY」が、3月18日に発売されます。

当時、高校生であった自分に大きな影響を与えたバンドの一つです。
デビュー直後となる1998年から解散直前の2007年までの
貴重なライブ映像が全35曲、約2時間にわたり収められているとのことなので
発売まで楽しみに待ちたいと思います。


LIVE at FACTORY [DVD]

ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ

このアイテムの詳細を見る
コメント

チェ28歳の革命

2009年02月01日 | Movie
フィデル・カストロ、チェ・ゲバラらが中心となって、
米資本と結んだバティスタ政権を打倒するに至った武装解放闘争である
キューバ革命の映画を見ました。

一言でいうと、事前知識が無いと非常に難しいです。

史実なのでネタバレでは無いことを承知のうえで、簡単な予備知識。
これが分かったうえで見ると非常にすんなりと入ると思います。

当時のキューバはバティスタ政権の独裁政権下でした。
その背景にはアメリカ合衆国が大きく係わるのですが、内政干渉を行っていたと認識しておいてください。
当時の国民は、重度の政権の圧力で非常に苦しい生活を送っていました。
具体的には、農地を所有している富裕層と農民の貧富の差が激しかったわけです。

そこで登場するのが、カストロとゲバラです。
彼らは独裁政権打倒を目指し、武装蜂起するわけですね。これがいわゆるゲリラ戦です。
結果として、彼らは革命を果たし社会主義革命(元々は異なったようですが、結果としては社会主義革命となりました。)を達成するわけです。
このことから、農地改革法も制定され国民は平等な生活を送れるようになったわけです。
めでたし。めでたし。

映画の中には、マルクス主義、社会主義、共産主義等々の革命的思想が登場します。
ここらへんをある程度、予備知識として持っておくとより面白いのでしょうね。

映画におけるゲバラの魅力は、過酷なゲリラ戦を繰り広げる中において
彼の人格の素晴らしさを垣間見えることでしょう。ここでは、具体的にあげませんが
この厳粛な革命家としての人格が彼を英雄とする所以であり、魅力なのでしょうね。


僕と同じ年齢の28歳。
彼が行った偉業には、とても感銘を受けました。
誰かのために何かをする。それが例え命を奪われるような危険があったとしても・・・
ジョン・レノンが、「世界で一番格好良い男」と言葉を残しているだけあります。






ソース:チェ28歳の革命公式サイト
コメント (2)

廃人のようにDVDをひたすら見る⑤

2009年01月18日 | Movie
今更ですが、お正月の話をしてすみません。
実は年末年始の休暇で実家に帰っている間、邦画を見まくってました。
結構時間は経ってしまいましたが、自分の備忘を含めてご紹介したいと思います。


青い車 スタンダード・エディション [DVD]

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

よしもとよしとも原作の青い車です。
実は以前に一度、DVDを見たのですが好きな映画なのでもう一度見ました。
生きることに退廃的な主人公、せつなくて悲しい物語なんだけども
それでも生きていることをラッキーと思っている。
僕的には、雰囲気が好きな映画です。


ロボコン [DVD]

東宝

このアイテムの詳細を見る

気になっていた作品で、ジャケットからは女の子が
長澤まさみだとは気付きませんでした。
中身は、ありきたりな青春映画。起承転結パターンです。
でも、それを見たい目的で見ているので楽しかったです。

高校生時代に夜が遅くまで、文化祭の用意をするワクワク感が好きなのです。


チェケラッチョ!! スタンダード・エディション [DVD]

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

沖縄が舞台の映画。
中身は浅いかな~。僕的にはちょっとエンタメ要素が強すぎたです。
無理してる琉球弁が辛かったかな。


亀は意外と速く泳ぐ デラックス版 [DVD]

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

今回、本作品が一番面白かったです。
三木聡監督はやっぱり面白いですね。
何が面白いかと言うと、「くだらない」ことです。
中途半端な「くだらなさ」は、逆に見ているこっちが恥かしくなってしまうのですが
度を超えた「くだらなさ」は、無茶苦茶引き込まれますね。


遠くの空に消えた [DVD]

ギャガ・コミュニケーションズ

このアイテムの詳細を見る

「GO」でお馴染みの行定勲監督の作品です。
世界観が良かったです。時代設定はもとより、どこか異国情緒が漂うのですが、
ノスタルジーを感じることができる世界。
光と影の演出が綺麗だと思いました。


銀色のシーズン スタンダード・エディション [DVD]

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

まぁまぁ、ストーリーは期待していませんでした。
雪のシーズンに突入するので、テンションを上げたかったので。
見てみても、ストーリーは「私をスキーに連れてって」みたいな感じでしたね。
なんとなく。


サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格) [DVD]

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

作品としては、好きな感じなのですが
僕的には、もっとくだらなく、ハジケテもいいかなと思いました。
綺麗なストーリーでつながるのを意識しすぎてしまった気がします。


大日本人 通常盤 [DVD]

アール・アンド・シー

このアイテムの詳細を見る

うーん。
天才の考えることは、凡人に理解されないことがありますね。
難しい作品でした。

予想通りと言えば、予想通りですが、見ておきたかったので。


以上が僕の休暇で見た作品です。
ホント朝が白むまで常に映画をみていました(笑)
ちなみに感想は、あくまで個人的な所感なのであしからず。


当サイト関連
■ 廃人のようにDVDをひたすら見る
■ 廃人のようにDVDをひたすら見る②
■ 廃人のようにDVDをひたすら見る③
■ 廃人のようにDVDをひたすら見る④

■ 僕は邦画の青春モノが好きです。

コメント (2)

コーネリアス映像作品がグラミー賞にノミネート

2009年01月02日 | Movie
少しネタは古いですが、コーネリアスの映像作品である
「Sensurround + B-sides」が第51回グラミー賞にノミネートされました。
結果発表および授賞式は現地時間で来年2月8日を予定しているので楽しみです。

ちなみに、グラミー賞とは日本でいう「日本レコード大賞」と同じです。
むしろ日本レコ大がグラミー賞を参考にして作られたのです。

でも、グラミー賞ではイギリスの歌手が受賞しにくかったり
レコ大では、なんやら良く分からない人が・・・(略

いずれにせよ!
コーネリアスの作品は僕の大好きなグルビの作品なので、是非受賞して欲しいです!





Sensurround & B-Sides (2pc) (Bonc Rmxs) [DVD] [Import]

Everloving

このアイテムの詳細を見る



当サイト関連
■ CORNELIUSがアメリカの子供番組に出演(ナタリー)
■ GROOVISIONS
コメント

実写版ドラゴンボールの予告編がすごいことになってます。

2008年12月30日 | Movie
ハリウッドの実写版ドラゴンボールこと
「DRAGONBALL EVOLUTION」
の予告ムービーですら、とんでもないことになってます。




げ、原型とどめてないっすね。
亀仙人は別人です(笑)


ドラゴンボール 完全版 (1) ジャンプコミックス
鳥山 明
集英社

このアイテムの詳細を見る


当サイト関連
■ 「ノルウェイの森」映画化決定
■ 実写版「ひぐらしのなく頃に」が5月10日公開
■ 「AKIRA」のハリウッド実写映画化がついに実現
コメント (2)

イキガミ

2008年11月28日 | Movie
イキガミの映画を見ました。
内容のネタバレは無いような感想としますが、
映画はちょっと期待外れでしたね。

原作も読んでいて、ストーリーの大筋は知っている状況だったのですが
映画については、少しもの足りなさが残りましたね。

原作と比較すれば、映像のほうが時間の枠もある関係から内容がカットされるのは
理解しているのですが、原作では主人公となる松田翔太さん演じる「国家公務員 藤本」が
映画では、「世にも奇妙な物語」のタモリのようなストーリーテラーに徹してしまっていることなど、
物語全体の流れが、分かりにくかったかなと思います。

でも、泣きました(笑)
感動するのは間違いないですね。


ではトレーラーをどうぞ。






イキガミ 1―魂揺さぶる究極極限ドラマ (1) (ヤングサンデーコミックス)
間瀬 元朗
小学館

このアイテムの詳細を見る



当サイト関連
■ エヴァンゲリヲン新劇場版:破
■ デトロイト・メタル・シティ
■ 「ノルウェイの森」映画化決定
■ ソラニン映画化決定
コメント

エヴァンゲリヲン新劇場版:破

2008年10月14日 | Movie
来年の夏に公開らしいです。
特設サイトでは以下のようなポスターも。



「序」では登場しなかったアスカや
右下には、初めて見かけるキャラクターも。。。

この小出し感で、過去の作品に手を入れてくる感じ・・・
うまい。そして、はまりますわ(笑)

公開まで楽しみですね。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版

キングレコード

このアイテムの詳細を見る
コメント (2)

デトロイト・メタル・シティ

2008年09月28日 | Movie
今更ながら、デトロイト・メタル・シティをみました。
マジ面白いですね。
映画館で、笑いをこらえながら見るのが辛かったです。

それにしても、松山ケンイチの演技力
すごいですね。原作は追っかけで読んでいるのですが、
クラウザーさんになりきっているのがスゴイ!

また、自分がお洒落POPな音楽も好きな面
そこを面白おかしく風刺しているのも面白かったです。

カヒミとか懐かしい・・・




デトロイト・メタル・シティ 1 (1) (ジェッツコミックス)
若杉 公徳
白泉社

このアイテムの詳細を見る
コメント (4)