雲南地域の森林・林業のお知らせ

(島根県東部農林振興センター雲南事務所の林業普及員が伝える情報ブログ)

平成30年度 林業機械化推進シンポジウム

2019年02月18日 | 林業研修/講習会
2月8日(金)、東京都渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターおいて、「ICTで切り開く新たな林業」をテーマとして林業機械化推進シンポジウムが開催されました。 . . . 本文を読む

「航空レーザー計測」に関する研修会を開催

2018年12月28日 | 林業研修/講習会
航空レーザ計測による森林資源情報把握等の現状やICTを活用したスマート林業展開に向けた可能性について見識を深めるため、市町村・県の林業担当者や林業事業体職員等を対象として研修会を開催しました . . . 本文を読む

『森林3次元計測システム』 実演会

2018年10月15日 | 林業研修/講習会
10月13日(金)、出雲市多伎町において、「森林3次元計測システム(OWL)」実演会が開催されましたので参加してきました。OWL(開発製造:株式会社アドイン研究所)は、レーザ計測装置と専用ソフトを使用して、森林を計測し解析するシステムです。 . . . 本文を読む

低コスト育林に取り組む

2016年11月16日 | 林業研修/講習会
一貫型作業システム現地研修会に参加しました。 . . . 本文を読む

伐倒技術~基本のき~

2016年11月11日 | 林業研修/講習会
チェーンソー操作の研修を実施しました。 . . . 本文を読む

島根の森林を守り、育てる!

2016年10月26日 | 林業研修/講習会
フォレストワーカー(林業作業士)集合研修が開催されました。 . . . 本文を読む

森林作業道作設指導者・監督者研修に参加しました

2016年09月16日 | 林業研修/講習会
森林作業道作設指導者・監督者研修(林野庁 森林技術総合研修所)に参加しました。 . . . 本文を読む

林業講演会「木質バイオマス発電導入後の影響について」が開催されました

2016年09月13日 | 林業研修/講習会
林業講演会「木質バイオマス発電導入後の影響について」が開催されました。 . . . 本文を読む

オロチの深山きこりプロジェクト実行委員会が開催されました

2016年06月26日 | 林業研修/講習会
(28年3月 : 橋本氏の講習会で開設された作業道)   平成28年6月9日(木)奥出雲町役場で、オロチの深山きこりプロジェクト実行委員会が開催されました。   これまでもブログで紹介していますが、「オロチの深山きこりプロジェクト」とは、全国的に広まる木の駅プロジェクトの奥出雲版で、登録をした出荷者が持ち山で切り出した間伐材等を集積場に搬入すると、1トンあたり6,0 . . . 本文を読む

育苗研修が開催されました

2016年05月19日 | 林業研修/講習会
4月19日(火)、松江市宍道町の島根県立緑化センターで育苗研修が開催されました。この研修は県内の苗木生産者、林業普及関係職員を対象に開催され、年間の育苗スケジュールの内、苗畑づくり・播種(種まき)・苗畑管理について、それぞれの行程を実際に体験しながら、重要なポイントの指導を受けました。苗木生産にあたっては、地形・土壌・気象や生産者の労務の状況などが現場ごとに異なるため、必ずしもマニュアルどおり . . . 本文を読む

「橋本式作業道」

2016年03月31日 | 林業研修/講習会
実演講習会を開催しました。 . . . 本文を読む

林業講演会「木質バイオマス発電」

2016年03月28日 | 林業研修/講習会
2月20日、仁多郡奥出雲町にて「里山の保全と循環する地域づくり講演会」が開催され、町内外から多くの参加者がありました。 奥出雲町では平成24年度から、間伐材を出荷すると1t当たり6000円分の商工会商品券と交換できる「奥出雲町オロチの深山きこりプロジェクト」という取組をしています。 プロジェクトの一環として、これからの里山振興に向けた多面的な意見をいただくため、国土防災技術株式会社執行委員 田 . . . 本文を読む

広葉樹を伐る!

2016年03月16日 | 林業研修/講習会
広葉樹の安全な伐採研修会が開催されました。 . . . 本文を読む

「林業の成長産業化に向けた研修会」で実例発表を行って

2015年11月10日 | 林業研修/講習会
出雲市のニューウェルシティ出雲で開催された「林業の成長産業化に向けた研修会」において、雲南管内で開設した林業専用道(規格相当)について発表を行いました . . . 本文を読む

【雲南の木増産PJ】管内事業体の伐採現地研修会を開催しました

2015年11月10日 | 林業研修/講習会
「雲南の木増産プロジェクト」では、木材生産量の増加を図るため、組織体制の強化や作業システムの改善に取り組んでいます。 . . . 本文を読む