雲南地域の森林・林業のお知らせ

(島根県東部農林振興センター雲南事務所の林業普及員が伝える情報ブログ)

藻谷浩介氏が「飯南町まちづくり講演会」で講演

2019年06月17日 | お知らせ
藻谷浩介氏を招いた「飯南町まちづくり講演会」が6月19日(水)に島根県中山間地域研究センターにおいて開催されます . . . 本文を読む

サギ類にご注意ください。

2019年06月12日 | 鳥獣
水田に残された足跡を発見しました。 . . . 本文を読む

木材生産現場

2019年06月07日 | 伐採・搬出
飯石森林組合の木材生産現場(飯南町下来島地内)でタワーヤーダの稼働状況の確認に行きました。 作業されている方によると、スインヤーダと比べると牽引力が強いところが良いとのことでした。また、設置場所が平らでなければならないことやタワーヤーダの設置に不慣れなため架設に時間がかかってしまうことが難点であるとの感想でした。 設置場所については、林業専用道や森林作業道上となるので、道を開設する際にこう . . . 本文を読む

梶本式立木乾燥

2019年06月06日 | 伐採・搬出
雲南市内の森林で飯石森林組合さんと「梶本式立木乾燥」にチャレンジしました。 「梶本式立木乾燥」は立木の根元にチェーンソーで「ある加工」を施し、1~2ヶ月後に伐採後葉枯らしを1ヶ月程度行い、含水率を低下させてしまう「凄技」乾燥技術です。 加工する技術そのものは、所謂「つっこみ伐り」なので少し難しいのですが、どこを加工するのかという見極めがとても難しいらしく、梶本氏もマニュアル化は困難と言っている . . . 本文を読む

頓原集落営農組織連絡協議会で鳥獣対策の情報提供を行いました

2019年06月05日 | 鳥獣
5月29日頓原集落営農組織連絡協議会の総会後、情報提供としてイノシシの生態と被害対策のポイント、ツキノワグマを集落に寄せ付けない環境作りの説明をしました。 . . . 本文を読む

全木集材

2019年05月30日 | 伐採・搬出
雲南市内の皆伐現場のパトロールをしました。 この現場は、事業地内に森林作業道を開設し伐採した木を枝をつけたまま土場まで集材後、土場で枝を取り除いて幹を必要な長さに切断し大型トラックで需要先へ運材する生産方法としています。 曲がって使えない幹部分や枝などは、木質バイオマス用の木材としてチップ工場に運材されます。 林地残材はかさばり一度に多くの量が運べない割には低価格で取引されるため、林地残材を . . . 本文を読む

日覆い

2019年05月30日 | 伐採・搬出
4月後半に播種した種子が芽生えたので、敷わらを取り除き日覆いをしています。   日覆いの上から撮影したので少し見えにくいですが、日覆いの中にはかわいい苗がたくさんありました。 . . . 本文を読む

今年度の狩猟免許試験の日程が決まりました。

2019年05月21日 | 鳥獣
今年度の狩猟免許試験の日程が決まりました。 . . . 本文を読む

林業専用道

2019年05月21日 | 伐採・搬出
奥出雲町内の林業専用道の開設候補地に線形検討のため現地確認に行きました。 現道からの取り付け部分をあらかじめ図面で設定していたのですが、実際に現地で確認してみると設定した場所から取り付けるのは難しいことがわかり、取り付け場所を変更することとしました。取り付け場所が変わると線形も変わるので、また、図面とにらめっこです。 最近では、地形データを活用した林道設計支援ソフトが開発されていて、幅員や . . . 本文を読む

農事組合法人「長谷営農組合」が電気柵研修会をしました!

2019年05月15日 | 鳥獣
5月12日(日) 飯南町 農事組合法人「長谷営農組合」で電気柵研修会を行いました。13名の方が参加しました。今回の研修は集落の方の力だけで設置をしてもらい、これまで行ってきた研修会の内容が身についているかを含めて研修を行いました。 . . . 本文を読む

鳥獣対策の一工夫

2019年05月14日 | 鳥獣
みなさん、こんにちは。今回は鳥獣対策のちょっとした一工夫について紹介します。 . . . 本文を読む

タワーヤーダの活用

2019年05月10日 | 伐採・搬出
これまで飯石森林組合はスイングヤーダとフォワーダを使用した集材システムを採用していましたが、木材生産コストの低減や原木の大径化などに対応するため、この度はタワーヤーダを利用した集材システムにチャレンジすることになりました。 事業地は林業公社の更新伐事業地です。 まずは、既存の森林作業道を大型トラックが通行できるように改良します。 そして、タワーヤーダにより全木集材した原木を需要別に造材・仕分 . . . 本文を読む

散水施設導入しました

2019年05月09日 | 種苗
  平成27年度から苗木生産に取り組み始めた農事組合法人が、散水施設を追加導入しました。 これまでも散水施設はあったのですが、昨年のような猛暑では散水が追いつかないため、散水施設を増設しました。   横の畑では播種床があり、4月下旬には播種が終了し芽が出るのを待っています。 ここは風も強いようなので、播種床の乾燥を防ぐため寒冷紗を早急に設置するようお願いしました。 . . . 本文を読む

コウヨウザンのコンテナ苗

2019年05月09日 | 種苗
大型連休が明け、気温も上昇してきたのでコンテナ苗の生育状況の確認に行きました。 かなり乾燥しています。スプリンクラーが自動で水やりをしているのですが、すぐに乾いてしまうため人力で補っています。 下の写真はコウヨウザンのコンテナ苗です。早生樹として期待されていますが苗木の生産実績がないため試験的に生産してもらっています。   . . . 本文を読む

「労働安全衛生規則」の一部改正により 伐木作業等の安全対策が強化されます

2019年05月07日 | 労働安全
林業における労働災害による死亡者数は全国で年間40人前後となっており、近年はほぼ横ばいで推移しています。死亡者数の約6割はチェンソーによる伐木作業時に発生しているほか、休業4日以上の死傷者の起因物では、立木等が約3割、チェンソーが約2割と多数を占めています。 . . . 本文を読む