Cycle Log

ロードバイクの機材、トレーニングその他いろいろ

山北町、大野山トレイルランニング

2019-09-28 | ランニング

(宮ヶ瀬湖)


 神奈川県は山北町へ行き、トレイルランニング15km。山北町は、自転車で走ったことが何度かあるものの、改めて電車で2時間かけて来ると、山梨か長野みたい。
 トレイルランニングとはいっても、今回は舗装路がほとんど。何でも、箱根駅伝の練習コースらしい。
 山北駅前のデイリーヤマザキで軽く食べて、大野山に向けて走っていく。登り坂に入ると、あとはやや荒れ気味の舗装路の急坂をひたすら登っていく。自転車のヒルクライムの練習にもなりそう。心拍数170rpmでひたすら駆け上がっていく(というほど、カッコよく登っていたわけでもないが)。
 1時間ほど登りっぱなしだったかな。大野山山頂はかどやファームという牧場があるものの、特にソフトクリームとかが売っているわけでもなく。ただ、たまに聞く足柄牛とはここで育てているんだ、とちょっと感慨。
 山頂では、少なからぬ数のハイカーがランチ中。谷峨駅からのハイキングルートが結構有名らしい。僕も、デイリーヤマザキで買ったパンでランチ。
 山頂からは富士山や小田原方面、宮ヶ瀬湖が望め、とても景色が良い。
 帰りは、割と走りやすいトレイルを下っていく。
 駅前のさくらの湯で風呂に入り、汗を流し(た後にまた汗まみれのウェアを着直し)て帰宅。

 涼しくなってきたし、じきに紅葉が始まるしトレイルランニングの季節だ。


(富士山)


(小田原方面)

衣笠トレラン

2018-10-13 | ランニング


 横須賀の近く、衣笠山ハイキングコースと大楠山ハイキングコースをトレラン。
 衣笠を出て、衣笠公園から衣笠山ハイキングコースをランニング開始。住宅の裏山な雰囲気だが、リスを見た。そしてマムシ注意の看板が。それはそうだよなと。一人で山の中を走っていてマムシと出くわしたら卒倒しそうな気がする。早く熊よけの鈴を買わないとなと。



 広い道路に出て、山に入り直したところが大楠山ハイキングコースの入り口。こちらは有名なハイキングコースだみたいで、ハイカーが結構沢山いた。が、途中浄水場の工事のため、平成32年3月までハイキングコースが通れなくなっており、迂回路へ。後から考えれば迷うほどの道でもなかったのだが、迷って蜘蛛の巣に突っ込んだり大変な目にあった。
 大楠山に近づくに連れて川沿いの道を走ったりがぜん面白くなってくる。川をまたぐ橋を渡ったりとか。



 大楠山山頂でエネもちを食べて小休止。ランチしているハイカーもいた。以後は、前田川沿いに走り降りていく。なかなか走りやすいダウンヒル。



 前田橋バス停まで下りてバスに乗り、新逗子駅から帰宅。関口牧場まで行ってソフトクリームを食べたいなと本でコースを見たときに思ったが、もはや肌寒くそんな季節は過ぎてしまっていた。
 コースが直った暖かい季節にまた再訪したい。

青梅トレラン20km

2018-10-08 | ランニング


 青梅丘陵ハイキングコースをトレラン。トレイルランナーにも人気のコースである。

 青梅駅から北へ歩き、鉄道公園の辺りからハイキングコースが始まる。走り始めは広く緩やかで整備されて非常に走りやすい。が、すでに岩っぽく根が張り着地が難しい、コースの難しさの片鱗が。すれ違うトレイルランナーが多い。もちろんハイカーも。

 ハイキングコースは奥多摩線に並行して伸びているので、エスケープルート(駅方向への脱出)は困らない。走るに連れ、狭くアップダウンがあり、岩と根が足の裏を押し返してくる難しいコースになる。特に地面は、岩の上を薄い土と葉っぱが多い、その上に根が張るという様相のもので、気を抜くと足をくじいてしまう。しかも最近雨が降ったようで、ぬかるんだ道も。更に木が倒れて道を潰しかかっている箇所もあった。



 途中、辛垣城跡へ向かう急登(その後本線に合流)という分かれ道があったので、そちらに行くとよじ登るような急登と踏まれこまれていない微かな道に入り込み、あげく道を外れたり大変な目にあった。よくこんなところに城(というか砦のようなものだろうけど)作ったなと。RPGの山岳ダンジョンを冒険しているような心持ちになった。



 本ルート最高地点の雷電山に到着し、エネもちを食べたり小休止。本日は曇りで景観はイマイチ。



 ハイキングコース終点の榎峠の近くは階段が多いので脚に来る。引き返して青梅方向へ来た道を走る。今度は走るに連れ、道が楽になる。



 駅まで戻ってから少し歩き、本で紹介されていた梅菓匠にしむらで梅大福を食べる。美味しい。そして、かんぽの宿青梅の風呂に入る。2つある風呂のうち、狭い風呂だったらしく、浴槽は源泉とぬる湯だけだったが、展望風呂で多摩川を見渡す景観が良かった。身体を洗いすっきりするが、また汗まみれのウェアを着て帰る。



 そんな感じで往復20km。景観はイマイチだが、アップダウンがあり着地も難しく、練習になる良いコースでした。


フルマラソン……さぼり

2017-11-23 | ランニング
 多摩川のフルマラソン大会に出る予定だったが、雨のため棄権。一応大会自体は開催したみたいだけど、フルマラソンを走るだけでもいっぱいいっぱいなのに、冷たい雨が降れば低体温症で倒れそうである。仮に晴れていても、左膝と右足を痛めており、たぶん棄権していたろう。特に右足は歩くのが億劫なほど痛む。
 そんなわけで一日グダグダ過ごす。ロードバイクもオーバーホールに出しているので、ローラー台すら出来ず。
 夜に、ジムのリカンベントタイプのフィットネスバイクで、20分トレーニング。普段あまり使わない筋肉を使ったようで、内転筋が筋肉痛気味になる。

皇居一周ランニング

2017-11-21 | ランニング


 職場の上司や同僚と、仕事後に皇居一周ランニング。というのは、近々、職場の駅伝大会があり、その為の練習兼部署の選抜チームのメンバー選びをやる為。ちなみに、僕は皇居ランニングは初めて。

 日比谷のラフィーネというランニングステーションで着替え、桜田門付近へ。軽く準備運動してからスタート。いきなり先輩がダッシュに近いスピードで走り出したので付いて行く。後ろに付きながらペースを図り、心拍が落ち着いたところでペースを上げ前に出る。そのまま、きつい強度を維持しながら疾走する。登り下りもあり、登りは無理せず、下りは心拍を休ませながら。
 さすがにランニングの盛んなルートであり、18時過ぎでも多くのランナーが走っているし、歩行者も多い。道が狭いところも多く、必ずしも路面がきれいでない上暗いので、あんまり走りやすいわけでもない。都心でぴったり5km信号なしで走れるというのは珍しいのだろうが、僕自身はあえてここを選んでランニングのトレーニングをしたいとは思わないな。夜景は綺麗だけど。
 とか思っていると、足を軽くひねりくるぶしを痛めてしまった。
 一番にゴールに飛び込み、見込み通り選抜チーム入り確定。左膝と右足が痛いのだが。
 ラフィーネで着替えて帰宅。他の皆さんは、その後飲みに行ったが、むしろ僕にそんな元気はない。走っただけで気持ちが悪い。


アラモアナビーチパークをジョギング

2017-01-03 | ランニング


 昨年末のことになるが、ハワイを旅行した。ジョギングやサイクリングの盛んな地なので刺激が多かったのだが、さすがにかさばる自転車は持って行かず(それ以前に、家族旅行であるので)。自転車乗りの休日は自転車に乗ることなら、自転車に乗らない休日は、自転車乗りの休日の休日と行ったところ。
 ただ、何もトレーニングをしないと体がなまってかえって体調を崩してしまうので、ジョギング用にビブラムのファイブフィンガーシューズ(旧型)を持って行った。何年か前、ファイブフィンガーシューズが流行った頃に買ったもので、以来スポーツジムでのランニングマシーンを中心に使っている。ファイブフィンガーシューズで走るとダイレクト感と踏ん張る感じがあって、普通のランニングシューズで走るのとは違う緊張感がある。ただ、ソールが薄く足に衝撃を伝えやすいので、長距離を速く走るのには向かない、まさにトレーニング使用であり、ふくらはぎが鍛えられる。それと普通のランニングシューズと比べてコンパクトなので、荷物としてかさばらない。
 走ったのは、ジョガーの聖地アラモアナビーチパーク。ワイキキビーチに隣接した公園。この公園に限らず、ワイキキはジョガーが多い(ロードバイク乗りはほとんど見なかった)。ジョギングが文化として定着している感じ。家族が起き出す早朝に走り出してみれば、アラモアナビーチパークは(潮臭くなく)空気がよく、気温もちょうどよく、景色もよく、走っていて気持ちが良い。日本では、ランニングはトレーニングのため限界のスピードでいつも走っていたが、自分の好きなペースでジョギングするのはとても楽しい、癖になりそう。日本に帰ってからも、定期的にジョギングしてみるか。



[ビブラム] Vibram FiveFingers KMD SPORT LS 14M360240 Black/Silver/Grey(Black/Silver/Grey/M40)
クリエーター情報なし
Vibram FiveFingers(ビブラムファイブフィンガーズ)