風のいろは 何いろ?

緑を渡る時、空を吹き巡る時、風は何色なのだろう?
風には色はないけれど、私には………。

死と生  (33年越しの答え)

2006-05-17 | 日記
生と死 ではなく 死と生。
私にとってはそういう捕らえ方。

17歳から人生に対する虚しさを感じ続け
未だにその解決が得られず生きていた。

それがひょっこり 日曜日、職場に向かう車の中で
私達は死ぬために生まれてきたんじゃないかって気付いて。

死んでしまうから人生は虚しいと思ってきたのに
いつか死が訪れるから それまでの人生が貴重なんじゃないかって。
死があるから生が虚しいのではなく
死があるから生がある、というか。

そして初めて 命というものが
「与えられた」ものなんだなって 気付かされた。



こんなふうに感じ始めたら
なんだか周りの景色も そばにいる人たちのことも
今までと違って見えてきた。
この世界のすべてが 今までと違うものに見えてきた。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« タイムカード締め | トップ | すべては神の思し召し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事