水銀党本部執務室

冬月のブログです。水銀党本部の活動や、政治社会問題、日常の中で感じた事など様々なテーマで不定期に更新されております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

追悼

2015-06-08 22:55:00 | Weblog
コメント

H26/5/4 水銀党ペンクラブ・第19回「まきますか?まきませんか?」サークル参加のお知らせ

2014-05-01 16:44:17 | Weblog

各位

どうも、冬月です。
5月に入り、徐々に暖かくなってきましたね。夏の訪れも近そうです。

5月4日、第19回ローゼンメイデンオンリーイベント「まきますか?まきませんか?」が開催されます。
水銀燈後援会副会長のcomeさんが代表を務める私どもの小説同人誌サークル「水銀党ペンクラブ」も、サークル参加予定です。
サークル参加の概要は下記の通りです。イベントは例年通り、大田区産業プラザPioにて開催されます。

なお今回は原作の完結を記念し、痛車展示コーナー、ボーリング大会、ワークショップ、記念誌の頒布など、様々な特別企画が催されています。くれぐれもお見逃しなきよう。
詳細は下記準備会公式HPでご確認下さい。



「まきますか? まきませんか? 19」

2014年5月4日(日)12:00~
大田区産業プラザPio 大展示ホール
サークル配置:箱25
サークル名:「水銀党ペンクラブ」
サークルカット:別添参照。鞠千代さん作

(イベント詳細は下記URL) 
準備会公式HP:http://nijiket.net/maki/ 
準備会twitter:https://twitter.com/makimasen

以上です。
当日は皆様のご来訪を心よりお待ちしております。 

水銀党本部 冬月 
http://www.mercuryparty.com/

コメント

水銀燈オンリー参加報告

2014-02-24 19:29:32 | Weblog

各位

どうも、冬月です。
一昨日の水銀燈オンリー及び金糸雀オンリーに参加されたサークル・一般参加者の皆さん、お疲れ様でした。
アニメ第3期記念ローゼンメイデン第1ドール水銀燈オンリーイベント「夢見る薔薇乙女 ~ユメミルヲトメ~」には、水銀党ペンクラブを含め9サークルが参加しました。
水銀党ペンクラブの頒布結果を、以下の通り報告させて頂きます。

新刊:「水銀燈文庫Ⅳ」 2014年2月23日水銀燈オンリー発行
持込20部
頒布19部(うち準備会提出1、サークル交換1)

既刊:「水銀党文庫2011」 2011年10月29日まきまき14発行 創刊号
持込3部
頒布3部(持込分完売)

既刊:「水銀党文庫Ⅱ」 2012年10月21日まきまき16発行
持込6部
頒布4部

既刊:「水銀党文庫Ⅲ」 2013年10月6日まきまき18発行
持込23部
頒布7部

以上、頒布数合計33部(うち準備会提出1、サークル交換1)


今回、準備期間が短く参加サークルが少なくなってしまったのは残念でしたが、一般参加者の来場者数がとても多かったのが印象的でした。開場直後から、当サークルのブースにも新刊を求めて何人もの方がいらっしゃって、ばたばたしてしまって何冊売れたかわからなくなるほどでした。まきまきには来たことがなかったが、今回は水銀燈オンリーなので初めて来たという方もおられて、既刊も買って頂けました。
アニメと原作が終了してなお、これだけの人から根強く愛されるコンテンツなのだなと改めて実感しました。
得難い貴重な場を設けて下さったまきまき準備会の皆さんには、改めて深く御礼申し上げます。
そして、当サークルの同人誌をお買い求め下さった方々。当日会場で私どもにお声をかけて下さった方々。会場の外からメールやメッセージ等で激励して下さった方々。ご支援下さった皆さん。まことにありがとうございました。

水銀党ペンクラブのサークル参加のたびにこうして結果報告をさせて頂いておりますが、上のような数字を淡々と書き連ねただけでは到底伝えきれない、当日体験した感謝と喜びがあります。
本を手にとって下さった方一人一人から、心に染みいるようなあたたかい言葉をかけて頂きました。
ある方は、新刊を購入されて去り際に、このサークルの本をいつも楽しみにしているとおっしゃって下さいました。ある方は、ローゼンの小説本は貴重なのでありがたいと。どれだけ励みになったことか。
またある方は、小説で試みているオリジナル世界観について、好みに合うとおっしゃって下さいました。
そのままでは紙の上のインクのしみに過ぎない、どこまでも自己満足でしかない小説書きにとって、自分が面白いと思って書いている文章が自分以外の人間、それも身内ではない第三者の方に面白いと言って頂ける、共感して頂けるというのは、最高の報酬です。
同人誌を作って良かった。水銀燈オンリーに、これまでのまきまきに参加してきて良かった。創作活動をしていて良かったと。そう思えました。
皆さんからお声をかけて頂いた際に、咄嗟にどんな顔をしたらいいかわかりませんでした。
ですから、強張った顔をしていたかもしれませんし、ぽかんと間抜けな顔をしていたかもしれません。ご無礼をどうかお許し下さい。
当日は私と、今回表紙を描いて下さった絵師の鞠千代さんとで応対させて頂きましたが、今回の新刊のために挿絵を描いて下さったhiroさん、書き下ろし短編を送ってくれたcomeさん、ペンクラブの他のメンバーにも聴かせたかった。
今回、開催時間は12:00~15:00の3時間と通常のまきまきより1時間少なかったですが、開会から閉会まで、あっという間に終わってしまったように感じたのは、そのせいだけではないでしょう。
本当に、手にすくった水がこぼれ落ちるようにあっけなく、閉会時間になっていました。
楽しい時ほど、過ぎるのは早く感じるということなのでしょうか。

閉会後、興奮が醒めずに打ち上げをして、打ち上げを終えて家に帰って荷物を下ろした時に、すうっと胸が空虚になっていく感覚に襲われました。
そうか、水銀燈オンリーが終わってしまったんだなと。
久しく味わっていない感覚でした。

次のまきまき19は2014年5月4日(祝)12:00~、場所は例年と同じ大田区産業プラザPio 大展示ホールを予定しているとのことです。
当サークルの参加は未定ですが、いずれにせよ次の「水銀党文庫Ⅴ」は5月には間に合いません。ですから、我田引水で恐縮ですが、まきまき19の次、まきまき20も是が非でも開催して頂きたいと、準備会の方にお願いして参りました。
大盛況だった今回のオンリーで、準備会の方々もローゼンジャンルの衰えぬ熱気に手ごたえを感じておられるご様子でした。
時期は問いません、20の開催を期待しております。

私はかねてより申し上げてきたように、「水銀党文庫Ⅴ」での小説執筆をもって、私の10年間の水銀党員としての活動、そして二次創作活動の一つの集大成にしたいと思っています。
その先のことは、率直に言ってわかりません。私が、私達がどうしているか。

誤解なさらないで頂きたいのですが、水銀党本部の運営は継続するつもりです。
そもそも水銀党本部は、代表一人でどうこうしていいものではない。かけがえのない仲間達が10年かけて営々と築き上げ、300名を超える水銀燈後援会の皆さんの名を刻んだ水銀党の城です。
私はその番人を続けます。ローゼンを卒業して各方面で活躍されている皆さんが、いつかふとしたきっかけに、ローゼンを、水銀燈を思い出してくれた時、帰ってこられる場所を守りたい。
それに、もしかしたらアニメの続きがあるかもしれない。劇場版があるかもしれない。漫画の新連載が始まるかもしれない。
荒唐無稽な夢物語でしょうか? ですが、第一期で燃えた水銀燈のトロイメントでの復活を、一体どれだけの人が予期できたでしょうか。あの空白の時代、原作の連載再開を、新アニメを本気で信じる人がどれだけいたでしょうか。
これまでそうだったように、未来はわからないことばかりなのです。

一方で、終わらないものなどありません。
私達が恩恵を受けているまきまきとて、永遠に開催してもらえるわけではないことは承知しております。何もかもが、いつかは終わります。だから誰もが、今を一所懸命に生きている。

2011年に水銀党文庫の同人誌発行を始めたのは、アニメ第三期を実現させるため、同人イベントからもローゼンを盛り上げたい、どんなに微力でも、その一員になりたいとの思いからでした。
昨年の新アニメ放送で、その使命が果たされたのかはわかりません。
アニメの放送が終わり、原作もまた連載を終えました。
作品と登場人物を愛していればいるほど、まだ満足できない、いや納得できない、あるいは自分ならこんなローゼンメイデンを描いてみたいというのはファンとして自然な感情で、それが二次創作の動機です。
ならば、「作ってしまえよ、お前だけの人形を」ではありませんが、原作に文句があるなら原作を超えるローゼンメイデンを書いてみせろと、私の中で何かが囁くのです。
「水銀党文庫Ⅴ」で、やり残したことのないよう、悔いの残らない二次創作をしたい。
惰性で続けていては、良い物は書けません。集大成であるという、覚悟をもって書きます。

どうか、宜しくお願い申し上げます。


水銀党本部 冬月
http://www.mercuryparty.com/

コメント

2/23(日) 水銀燈オンリーイベント 「夢見る薔薇乙女 ~ユメミルヲトメ~」水銀党ペンクラブ参加します

2014-02-22 16:43:36 | Weblog

各位 

水銀燈オンリー。 
水銀党関係者が待望してきた祭典が、いよいよ明日開催されます。 
かねてよりご案内の通り、水銀燈後援会副会長come氏が主宰する私ども水銀党ペンクラブも、一サークルとしてこのイベントに参加します。 
当日のブース担当は、この冬月が務めさせて頂きます。 

ローゼンファンの皆様、とりわけ首都圏にお住まいの水銀党員同志におかれましては、年度末でお忙しく、また都下は厳しい寒さが続いており雪も残るなどお足元も悪い中ではありますが、万障お繰り合わせの上ご参加下さいますよう、深くお願い申し上げます。 
また、水銀党ペンクラブはこのイベントに合わせて新刊「水銀燈文庫Ⅳ」を発刊するほか、当日限定で水銀燈オンリー記念・水銀党感謝セールを実施する予定です。 
「漆黒の天使」以来となる水銀燈オンリー開催を祝し、応援して下さった党員・党友の皆様への特別な感謝を込めて、頒布する同人誌のうち新刊を除く既刊は定価1000円ないし500円のところを、第1ドール水銀燈オンリー限定の100円で全て頒布させて頂きます。 
開催が決まってから、水銀党ペンクラブとして、また水銀党本部として、この日のために何ができるかずっと考えてきました。もっとクールな貢献があったかもしれませんが、凡人の私にはこれくらいしか思いつきませんでした。 
まだ全巻お持ちでない方は、これを機会に是非全巻揃えてみて下さい。当日ご用意できる数には限りがございますので、万一売り切れてしまったら申し訳ありません。 

改めて、イベントの概要及び水銀党ペンクラブのサークル参加情報を以下にご案内させて頂きます。 

【イベント概要】 
アニメ第3期記念ローゼンメイデン第1ドール水銀燈オンリーイベント 
「夢見る薔薇乙女 ~ユメミルヲトメ~」 
案内ページ: http://nijiket.net/maki/extra5/ 

・開催日 
2014年2月23日(日曜) 

・開催時間予定 
12:00~15:00 

・開催会場 
ハイライフプラザいたばし2階ホール 
東京都板橋区板橋一丁目55−16 
アクセス 
JR埼京線板橋駅前 徒歩2分 
都営三田線 新板橋駅下車 徒歩4分 
※同会場において、ローゼンメイデン第2ドール金糸雀オンリーイベント「楽してズルしていたばしかしら?!」 も同時開催される予定です。詳細は準備会公式HPをご参照ください。http://nijiket.net/maki/ 


【当サークル参加情報】 
水銀燈オンリーイベント 「夢見る薔薇乙女 ~ユメミルヲトメ~」 
配置:銀04 
サークル名:水銀党ペンクラブ 

・頒布物 

新刊:「水銀燈文庫Ⅳ」 2014年2月発行
1.come・冬月共著で送る、「希望の物語」。
アニメ第二期トロイメントの、アリスゲームが始まる前の日常と、よく似た世界。
めぐに生きる希望を持たせ死の運命から救おうとする水銀燈は、街で見つけた金糸雀の契約者みっちゃんに、生きる希望のヒントを求め観察を始める。やがて、職場のトラブルで精神的に追い詰められていくみっちゃんに、水銀燈は・・・・・・。水銀燈VS金糸雀のアクションあり。コメディあり、シリアスありの中編。
2.come氏書き下ろしの短編、「祈り」。
以上の二本構成です。

既刊:「水銀党文庫2011」 2011年10月発行 創刊号
水銀党ペンクラブの初の同人誌。
内容は、オリジナル世界観SF(冬月)、日常コメディ(赤木)、ホラー系サスペンス(come)の短編三本。

既刊:「水銀党文庫Ⅱ」 2012年10月発行
1.come中編、「爆殺少女人形舞一号」。
アリスゲームが無くなった世界で、探偵業を営むローゼンメイデン達。
正体不明のドールが起こす凄惨な連続殺人事件を追うことになった水銀燈は、己の過去と対峙する・・・・・・ハードボイルド探偵アクション。
2.赤木・冬月共著の長編、「スイドリーム探偵団―緑化都市の秘密―」。

既刊:「水銀党文庫Ⅲ」 2013年10月発行
1.冬月中編、「巻き過ぎた世界」。
目覚めた先は文明が滅び、荒廃した世界。記憶を失った水銀燈は、ずっと独りでサバイバルを続けてきたという金糸雀に助けられ、自身の過去と世界の謎を解き明かす手掛かりを探し始める。
一方で歪んだ「アリスゲーム」を続ける真紅や蒼星石達、それを阻止しようとする第三勢力の思惑が廃墟を舞台にぶつかり合う。一部アイドルマスターキャラとのクロスあり。少女達が繰り広げるデスバトル。
2.come中編、「水銀燈と犬使い」。
前作「爆殺少女人形舞一号」の前日談、ハードボイルド探偵アクション。アリスゲーム終結後のドール達の葛藤と戦いの物語。



イベント概要、当サークル参加情報は以上です。 

今回の新刊の表紙イラストをお願いした鞠千代さんには、タイトルを従来名称の「水銀党文庫」ではなく、「水銀燈文庫」と記して頂いておりますが、これは誤植ではありません。 
水銀燈あっての水銀党である。ローゼンメイデンあってのローゼンファンである。 
これは、水銀党の一員として10年活動してきた私の信念であります。 

私達は、同じものを夢見た。 
「水銀党」。 しかしそれは、境遇も考え方も全く違う人々が唯一つ、水銀燈に憧れ、水銀燈を共通軸に集った有形無形の場であり輪であり絆であり、あるいは個々の生き様の総称だと私は思います。 
水銀燈といっても、水銀燈の何に惹かれたかは人それぞれでありましょう。 
瞳かもしれない、背中かもしれない。 
翼かもしれない、羽根かもしれない。 
言葉かもしれない、行動かもしれない。 
そして何を願ったのかも。だから二次創作というものが生まれるのだと思います。 

ローゼンメイデンは完結しました。 
正直に申し上げて、今の私にはまだ、完結したローゼンメイデンについて感想を述べることができません。日頃皆さんがうんざりするような長文を書くこの冬月が、言葉が出ないのです。 

ただ言えることは、PEACH-PIT先生、原作・アニメ等公式関係者の方々には、本当に感謝に堪えない。 
これからも、良い作品をつくって下さい。 

今、私達はいわば残響です。 
余韻なんて上品なものではない、納得できない人も少なくないと思います。二次創作の動機とは、元来そういうものではないでしょうか。 
だから「銀様、お疲れ様でした」と言うのは、後少し待って下さい。 

最後に、これまで18回にも及ぶローゼンメイデンオンリーイベントを開催し、そして今回の水銀燈オンリー・金糸雀オンリー開催を実現させて下さったまきまき準備会の方々に感謝を。 
いつも不満ばかり言ってごめんなさい。 
運営する側にしかわからない大変さがあったはずです。それを見せずに、楽しいイベントを続けて下さった。ローゼンの灯を守って下さいました。文字通り、有り難いことです。 
5月のまきまき19も、そしてその先も、どうかまきまきをよろしくお願いします。 

御世話になってきた全ての方に感謝と敬意を込めて、明日のオンリーに臨みたいと思います。 
それでは皆様、会場でお会いできるのを楽しみにしております。 

水銀党本部 冬月 
http://www.mercuryparty.com/

コメント

【水銀党ペンクラブ】サンシャインクリエイション62に参加します【H26.2.9池袋】

2014-02-09 01:31:51 | Weblog

各位 

お世話になっております。 
掲題の件、水銀燈後援会副会長come氏が主宰する水銀党ペンクラブより、サンシャインクリエイション62にサークル参加します。 
今回は水銀党ペンクラブから創刊号『水銀党文庫2011』及び既刊『水銀党文庫Ⅱ』に加え、最新刊『水銀党文庫Ⅲ』(著:come、冬月 画:hiro、鞠千代、神鏡学斗)の配布を行います。 
イベントの概要は下記の通りです。 

記 

サンシャインクリエイション62 
主催: http://www.creation.gr.jp/ 
日時:平成26年2月9日(日曜日)11:00~15:30 
会場:東京・池袋サンシャインシティ 
配置:A23ホール/M04a 
サークル名:水銀党ペンクラブ 

昨日より東京は雪となっておりますが、サークル参加は予定通り行いますので、皆様のご来訪を心よりお待ちしております! 

しかし、近年にない大雪ですね。うちの周りは車があまり通らないので道路が埋まってしまいまして、何度か雪かきをしたんですが、詰めの甘い牡丹雪と違って積み重ねがモットーの粉雪さんには敵いませんね。 

昨日の午後2時の時点で庭の雪は13.5cm、丁度ポッキーの長さと同じだけ積もっていました。
夜にはその倍以上に積もっています。 
昨年の1月に生まれたうちの犬は、初めて経験する大雪にはしゃいでいます。 
散歩をしたら、近所の子どもが雪だるまやかまくらを作っていました。 

雪を楽しめるのは子どもと動物の特権ですね。 
いつぐらいまででしょう、私も雪が降るのが素直に嬉しかった頃がありました。 
雪が降れば休みになるのにとかではなく、雪が降ること自体が嬉しかった。 
小学校低学年だったと思いますが、近所の神社の境内で雪だるまならぬ雪ゴジラを作ったんです。 
やがて暖かくなると当然、雪ゴジラは溶け始めて、私が泣いたら、母が雪ゴジラの一部をタッパーに入れて、「これはゴジラ細胞だから、来年また雪ゴジラを作る時に混ぜれば復活する」といって冷凍庫にしまってくれました。 
懐かしい。 

イベント開始までには、雪が止んでいてくれることを願うばかりです。 

水銀党本部 冬月 
http://www.mercuryparty.com/

コメント

水銀燈オンリー「夢見る薔薇乙女」、金糸雀オンリー「楽してズルしていたばしかしら?!」参加要項発表!

2014-01-19 23:27:08 | Weblog

各位 

どうも、冬月です。 
昨年お知らせした水銀燈及び金糸雀のオンリーイベントについて、正式名称と参加要項が先ほど主催のまきまき準備会HP及び特設サイトにて発表され、本格的に開催に向けて動き始めました。 
概要は下記の通りです。 

記 

アニメ第3期記念 

ローゼンメイデン第1ドール水銀燈オンリーイベント 
「夢見る薔薇乙女 ~ユメミルヲトメ~」 
サークル参加案内:http://nijiket.net/maki/extra5/ 
サークル募集数:58692037サークル(原文まま) 
参加資格:ローゼンメイデン第1ドール「水銀燈」に関する題材を扱った同人誌等の作品やグッズ、ソフトウェアなどの創作物が1つ以上あること等 
※水銀党ペンクラブ、サークル参加準備中です。新刊「水銀党文庫Ⅳ」を発行予定です! 

ローゼンメイデン第2ドール金糸雀オンリーイベント 
「楽してズルしていたばしかしら?!」 
サークル参加案内:http://nijiket.net/maki/extra2/ 
サークル募集数:22サークル(原文まま) 
参加資格:ローゼンメイデン第2ドール「金糸雀」に関する題材を扱った同人誌等の作品やグッズ、ソフトウェアなどの創作物が1つ以上あること等 

・開催日 
2014年2月23日(日曜) 

・開催時間予定 
サークル入場 11:00~11:50(予定) 
即売会開催時間 12:00~15:00(予定) 
更衣室利用 11:00~15:30(予定) 

・開催会場 
ハイライフプラザいたばし2階ホール 
東京都板橋区板橋一丁目55−16 
アクセス 
JR埼京線板橋駅前 徒歩2分 
都営三田線 新板橋駅下車 徒歩4分 


概要は以上ですが、サークル参加を希望される方には注意点があります。 
・参加申し込み締め切りは、2014年2月8日(必着)とのことです。 
通常と異なり募集開始から締め切りまで時間がありませんのでお早めに手続きを。 

・参加要項は発表されましたが、サークル参加申し込みはまだ準備中で、近日中に受け付け開始とのことです。 
HP(http://nijiket.net/maki/)だけでなく、まきまき準備会のtwitter(https://twitter.com/makimasen)もチェックするようにして下さい。 

・サークルカットのサイズが通常のまきまきと異なりますので、ご注意下さい。 


本イベントにつきましては、昨年10月6日のまきまき18で準備会よりアニメ第三期放送を記念して「金銀オンリーイベント(仮)」を2月23日にハイライフプラザいたばしで開催するとの発表がありましたが、その後、ホームページが更新されずイベントの詳細や正式名称の発表もないまま開催予定日まで1カ月に迫っており、心配していたところでした。 
このたびの発表によりますと、準備会のメインPCが故障したため更新が遅れていたとのことで、現在も一部のメールが届きにくくなっているとのことです。 
PCトラブルは水銀党本部も経験が多々あります。心よりお見舞い申し上げます。こうして告知が間に合って何よりです。 
我々は勿論、音沙汰がなかった間も開催されると信じておりましたとも。 
(年末の冬コミで準備会関係者の方がローゼンサークルに告知カードを配ったり、twitterに呟かれたりしておられましたので、そういった点では心配はありませんでした) 

水銀燈のキャラオンリーイベントは、かつて行われていた「漆黒の天使」以来です。 
その後の数々の困難を乗り越え、今また久しぶりにファン活動の一大ページェント、水銀燈オンリーイベントが実現したことは、水銀党の一員として喜びにたえません。 
水銀党ペンクラブは、言うまでもなく参加予定です。 
水銀党の同志の皆さん、この歴史的な日を分かち合いましょう。 
ご覧の通りサークル募集数は58692037サークルとなっていますから、抽選漏れの心配はありません。 
有名な動画のタイトルにもあるように、水銀党員の力を見せようではありませんか。 

金糸雀ファンの皆さんも、一緒に盛り上がりましょう。 
このたびのイベントの詳細及び正式名称の発表によって、水銀燈オンリーと金糸雀オンリーを同じ会場でそれぞれ開催することがわかりましたが、昨年10月6日のまきまき18閉会時の準備会からのアナウンスでは「金銀オンリー」をやるということだったので、その趣旨で同人誌やグッズを準備しているサークルは少なくないはずです。 
水銀党ペンクラブも、水銀燈と金糸雀を主役とする記念同人誌を頒布する予定です。 

それでは当日、会場で皆さんとお会いできるのを楽しみにしております!

水銀党本部 冬月 
http://www.mercuryparty.com/

コメント

新年のご挨拶 水銀党本部創設10周年を迎えるにあたって

2014-01-13 22:54:11 | Weblog

各位 

遅ればせながら、新年おめでとうございます。 
皆さん、心改まる新年を迎えられましたか。 
私は、おかげさまで新年に、色々と決意を新たにすることができました。 

一般企業は仕事始めから一週間が経ち、成人の日を越えて明日からいよいよ本格的に案件が動き始めるといったところでしょうか。 
私の場合、先週は職場の新年会やら初詣やら挨拶やら行事ばかりで、正月ぼけが抜けるのに少し時間がかかってしまいました。 
といっても年末年始の連休どこに出かけるわけでもなく、犬の散歩に出る以外は家にこもって、申し訳ないがお誘いも電話も遠慮して、ひたすら趣味の小説を、全力で書き続けておりました。今も書いています。 
ある意味とても贅沢に、充実した時間を過ごすことができました。 
そんな風に迎えたこの平成26年。 
今年でとうとう、私ども水銀党本部も創設から10周年を迎えます。 

短かった、あっという間だったというような言葉を私もよく使いますが、この10年に限っては、そういうことはなかったように思います。 
本当に長い、濃い10年でした。 
沢山の人に出会いました。お世話になり、ご迷惑をおかけしました。 
様々な出来事を経験しました。私はいささか保守的なので、挑戦は人並みではなかったと思います。それでも、変化があり、喜びや挫折がありました。後悔も沢山。 
人間の色々な側面を知ることができました。周囲の人々は変わり、私も変わりました。 

いつもなら、新年は「節目」と申し上げるところですが、私はこの10周年は単に節目ではなく、水銀党本部を物語とするならば、一つの完結を目指そうと思っています。 

人が知恵を絞って努力して情熱を注いで磨き上げた完結は、誰になんといわれようと美しい! 
以下、思いっきり個人的な主観を垂れ流しますが。 
けいおんの4人の卒業は美しかった。 
SAOはフェアリィ・ダンス完結もファントム・バレット完結も美しかった。 
ガルパンの大洗優勝は美しかった。 
フルメタの原作の完結は、もはや忘れられてしまった90~00年代ラノベの集大成のようで、芸術的ですらあった。 
アニマスの最後のライブは小鳥さんだけでなく私も泣きました。 
シュタインズゲートの結末は見事だった。 
まどかマギカ、叛逆の物語は素晴らしかったがあくまで二次創作的な素晴らしさで、本編の美しい完結があってこそです。 
悔いのない恥じるところのない完結を迎えたら、それは「オワコン」などでは決してない。永遠に輝き続ける。 

ローゼンメイデンもまた、時を経て成熟したコンテンツになりました。 

目を閉じると、今でも鮮やかに、それでいてヴィンテージ物の艶がある思い出が蘇る。 
巨人・大鵬・卵焼きではないが、ハルヒ・ローゼン・ひぐらしと謳われた喧騒の中。 
10年前の年、平成16年10月から始まった、ローゼンメイデンアニメ第一期を、当時はまだVHSで録画していました。 
水銀燈に魅せられた。 
「お父様に会うためなら、私は何だってするわ」そう言って戦った彼女は本当に美しくて、怖くて、魅力的で、最後には共感が残った。 
同じように水銀燈に魅せられた同志とともに水銀党本部を立ち上げ、皆さんに支えられて今日までやって参りました。 
あれから10年。 
新しい人やチャンスに恵まれて、去る人もいて、創作したりイベントしたり、泣いたり笑ったりで本当に沢山のことがあった10年間でした。 
私達の中心にはいつもローゼンメイデンがありました。語り尽くせない思いがあります。 

途中、原作の空白と移籍を経験しました。アニメの方も色々ありました。 
原作は、まもなく連載が終了します。 

どんな物語にも終わりがあります。 
コナンやゴルゴ13やこち亀や美味しんぼ等々、永遠に続くようにみえる作品だって、たとえ私達の死んだ後だろうと、いつかは終わる、その運命からは逃れられません。 
終わり方には二種類あります。 
完結と、未完の打ち切りとです。後者の方が実は圧倒的に多い。 
ローゼンメイデンも、一度後者になりかけました。 
私は、ローゼンメイデンが完結できることを、本当にうれしく思います。 

作品の完結は、ファンにとっても一つの区切りになるでしょう。 
忘れるのとは違います。例え他のコンテンツに夢中になっているように見えても、何かが残るはずです。 
ローゼンメイデンは、旧アニメが放送終了してから不幸にも長い空白ができてしまいましたが、その間も様々なメディアで取り上げられ続けました。そして、花開いた数々の別作品の中で、ローゼンメイデンはオマージュされました。 
それを良く思わないファンもおられるのを知っています。 
でも私は、そういった作品に触れるたびに、ローゼンメイデンの子ども達を見ているようで、素直に誇らしい思いでした。 
業界にこれだけローゼンを好きな同志がいるんだと胸を張れました。 

ローゼンメイデンという作品によって、世界はこんなにも変わったんだと。それを証明できるのは、我々ファンの力です。 
私もいつか、ローゼンの名を世間に思いだしてもらえるような人間になりたい。これは私の夢であり野心です。 
水銀党本部10周年にあたる今年は、そのために一日一日を大切に使いたいと思います。 

皆さんにとっても素晴らしい一年になりますよう、念願しています。 

水銀党本部 冬月

コメント

平成26年の水銀党ペンクラブイベント参加予定および、平成25年を振り返って

2013-12-29 17:20:19 | Weblog

各位

どうも、冬月です。
早いもので、もう年の瀬ですね。今年はとりわけ時間が経つのが早かったように思います。
一年の抱負と来年についても申し上げたいと思いますが、まずは冬コミ一日目参加者の皆さん、お疲れさまでした!
今朝の待機列は、駅まで人で詰まったと聞きます。私は夏コミしか経験がありませんが、冬もまた外気の寒さと人混みの熱さで過酷な環境かと思います。
明日以降参加される方々も、どうか身体に十分気をつけて、戦っていらして下さい。健闘をお祈りしております。

私どもの水銀党ペンクラブは、残念ながら抽選の関係でC85には参加しておりません。
その代わり、水銀党ペンクラブは新規マーケット開拓のため、来年2月のサンシャインクリエイションに転進します。
初参加となるイベントですが、気持ちを新たに行って参ります。
忘年会で帰省してくれた私の創作の師匠から、こんな激励の言葉を貰いました。
自分が本当に面白いと思うものを書けば、世の中には絶対に自分と趣味嗜好が合う人がどこかにいるので、必ず読んでもらえる。
一番やってはいけないのは、自信が無いままに、自分が読んでも面白いと思えないものを書いてしまうことだ、と。
思えば「洗練された自己満足」が、私の創作のモットーでした。
お泊まり会で押井守の映画を友人達と視聴すると、他の友人はみんな退屈になって途中で眠ってしまうのに、私一人が夢中になって台詞の一語一句を聴いていたものです。
面白いと自信をもてるものを書く。
初心にかえって、私どもの作品を、共感してくれるかもしれない一人でも多くの人に届けたいと思います。

現時点での水銀党ペンクラブによる来年の同人イベント参加予定、検討中のものを以下の通りご案内させて頂きます。

1.サンシャインクリエイション62(当選、参加確定)
主催: http://www.creation.gr.jp/
日時:平成26年2月9日(日曜日)11:00~15:30
会場:東京・池袋サンシャインシティ
配置:A23ホール/M04a
サークル名:水銀党ペンクラブ

2.アニメ第三期記念キャンペーン水銀燈・金糸雀オンリーイベント(仮称、詳細は後日発表、参加申込を予定)
主催: http://nijiket.net/maki/ (※ローゼンメイデンオンリーイベントまきまき準備会による開催です)
日時:平成26年2月23日(日曜日)
会場:東京・ハイライフプラザいたばし
配置:参加申込受付開始待ち
サークル名:水銀党ペンクラブ

3.ローゼンメイデンオンリーイベントまきますか?まきませんか?19(詳細は後日発表、参加するか検討中)
主催: http://nijiket.net/maki/ 
日時:平成26年5月4日(日曜日)
会場:東京・大田区産業プラザPio
配置:参加するか検討中
サークル名:参加するか検討中

以上ですが3つ目のまきまき19については、同じまきまき準備会による開催であり参加者も重複すると思われる水銀燈・金糸雀オンリーとの間隔が短いため、従来通りであれば秋に開催されるはずのまきまき20がどうなるかも睨みつつ、参加するかは現時点では保留とさせて下さい。
水銀党ペンクラブは、記念本などを除くメインの「水銀党文庫」については年1冊発刊のペースを原則としておりますが、水銀燈オンリーイベントは「漆黒の天使」以来の慶事であり、水銀党として参加しないという選択肢は当然あり得ません。
金糸雀と合同というのも、少なくとも私は大歓迎です。金糸雀さんには私の書く二次創作でいつもお世話になっています。
なにぶん発表されたのが10月6日のまきまき18終了時だったのでもう少し準備時間が欲しかったというのが正直なところですが(笑)、この素晴らしいイベントにどのような貢献ができるのか、目下メンバーと研究・準備を進めております。

かなり曖昧な説明になってしまいましたが、唯一明言できることとして、来年出す「水銀党文庫」の新刊は、私個人にとってはローゼンメイデンの二次創作活動の一つの集大成と位置付けております。
まだまだ精進が足らないのに集大成と言うのはおこがましいですが、具体的には、長らく構想の段階だったSFミリタリー軍事サスペンス「Black Alice」を掲載します。
5月のまきまき19には間に合わないでしょうから、ペンクラブのメンバーの都合もきいた上でそれ以降のイベント、秋のまきまき20が開催されるのなら、そこでの発表を目指します。
「Black Alice」は私が最初にプロットを組んだローゼン二次小説の構想でありながら、色々と思うところもあって何年もお蔵入りしてきたものです。
当然、その間に世界は様変わりしています。ローゼンメイデンも。
今更、黒歴史ノートとはいわないまでも、自分が今より未熟だった頃の埃を被った構想を使わなくとも、といわれても仕方がありません。
しかし、拙くても、座右の銘と矛盾しますが洗練されていなくても、「Black Alice」は私の二次創作意欲の原点でした。
この数年間、新しい物語を何本か書いてきましたが、どこかで私は強い渇きを覚えていました。
書くからにはプロットも設定も徹底的に磨き直して、少なくとも私の中では納得のできるものを書きたいと思います。

最後に、今年一年を振り返って。
ローゼンメイデン及びそのファンにとって、平成25年を漢字一文字であらわすとすれば「飛」なのではないかと思います。
日本にとっても、東京オリンピック開催決定、政治の安定、景気回復など飛躍の年でした。
飛躍できたのは私個人も同じです。4月から新しい部署で良き上司同僚と良き仕事に恵まれ、新しいことにチャレンジできました。
ローゼンメイデンにとっての飛躍は、何と言っても長年待ち望んだアニメ第三期の放送が実現したことでしょう。
アニメが決まった時、ローゼンをオワコン扱いしていた方々がまるで空から降ってきたラピュタのロボット兵でも見たような顔をしていたのは、今思い出しても痛快です。
勿論、アニメを万人の求める形にするのは難しいことです。放送当時は私も作品を愛し繁栄を願うファンとして色々なことを申し上げたが、それだけ期待をかけていたからで、今となっては何もかもが懐かしい。
公式・非公式を問わず記念イベントも、皆さんのおかげで大いに盛り上がりました。楽しかった。
これを飛躍の年といわずして、何というのでしょうか。

一方、原作では水銀燈が大役を果たされ、また原作そのものも連載終了が決まったそうで、10年以上の長きに渡り多くのファンに愛され、多くのメディアに展開して根強い人気を誇ってきたこの作品の、一つのゴールが見えて来ました。
ローゼンにとっての平成25年は、「飛ぶ鳥あとを濁さず」という言葉で締めくくる一年にもなりました。
ローゼンメイデンは、マイナーなところから草の根の人気でここまできました。私はローゼンファンでいられたことを誇りに思っています。
良き完結に向け、同人も含めたジャンル全体を支える人々が時には泣いて時には笑って、振り返れば楽しかったと言えるように走っていきましょう。

長くなるので、この辺りで。どうか良いお年を。
来年も、何卒宜しくお願い申し上げます。

水銀党本部 冬月
http://www.mercuryparty.com/

コメント

【祝】H26.2.23水銀燈×金糸雀オンリーイベント開催決定、及び水銀党ペンクラブ・まきまき18参加報告

2013-10-07 00:09:43 | Weblog

各位

どうも、冬月です。
昨日、東京・都立産業貿易センター浜松町館で開催されたローゼンメイデンオンリーイベント「まきますか?まきませんか?18」において、準備会よりありました特別な発表をローゼンファンの皆さん、特に水銀党及び金糸雀ファンの皆さんにお知らせしたいと思います。
まきまき準備会は、来年の2月23日(日)、「水銀燈×金糸雀オンリーイベント(仮称)」を開催することが決定いたしました。会場は、昨年まで秋のまきまきに使われていた東京・板橋の「ハイライフプラザいたばし」です。詳細は、準備会HPにて後日発表されるとのことです。

http://nijiket.net/maki/

水銀燈のキャラオンリーイベントは、かつて行われていた「漆黒の天使」以来となります。今回はアニメ第3期記念キャンペーンとしてまきまき準備会が一番希望の多かったキャラでの開催を企画し、参加サークルによる投票の結果、水銀燈が一位になりましたが過半数には届かず、二位につけた「水銀燈×金糸雀」及び三位の金糸雀と連立する形で実現したものです。

水銀燈と金糸雀についてはローゼンメイデン七姉妹の長女と次女の関係であるにも関わらず、原作バーズ版時代はほとんど絡みが無く二次創作の世界で補完が流行していたところを原作者が逆輸入する形で、ヤングジャンプ移籍後、水銀燈が妹達の中で唯一気を許していた存在が金糸雀だったという新設定が加えられました。
我が水銀党ペンクラブも、水銀燈と金糸雀が宿敵として対峙するシリアス長編「Black Alice Prelude―銀色の旋律―」を2006年から連載するなど、原作に絡みがなかった時代から水銀燈×金糸雀に着目した二次創作活動を行ってきた者として、今回のような形での開催決定をまことに喜ばしく思います。
イベントには水銀党ペンクラブも勿論参加を申し込み、参加する際には水銀燈と金糸雀を主役とする記念同人誌を頒布する予定です。
また当落は現時点ではわかりませんが、12月の冬コミに向け、申し込み手続きをしております。もし参加できることになれば、この場でまたお知らせいたします。

続きまして、まきまき18の参加報告をさせて頂きます。今回も、水銀燈後援会副会長comeさんを代表とする水銀党ペンクラブによりサークル参加して参りました。
頒布物は、創刊号『水銀党文庫2011』及び既刊『水銀党文庫Ⅱ』に加え、新刊『水銀党文庫Ⅲ』(著:come、冬月 画:hiro、鞠千代、神鏡学斗)を発刊。
この日に合わせて制作した『水銀党文庫Ⅲ』は、
・怖い水銀燈、真剣勝負のアリスゲームという原点に回帰し、人類が滅び荒廃した世界でローゼンメイデンを始めとする人形達が繰り広げる壮絶なデスバトルを描いた冬月の『巻き過ぎた世界』
・アリスゲームのなくなった世界で存在理由の変容を迫られたドールズが、己の過去に立ち向かう探偵バトルアクションで前作『爆殺少女人形舞一号』の前日談にあたるcomeの『水銀燈と犬使い』
以上のシリアス中編二作、hiroさんと鞠千代さんの挿絵も従来の倍に増やし、ご好評を頂いて新刊だけで24部を頒布いたしました。

そして、会場となった都立産業貿易センター浜松町館は、再開発に伴う取り壊しのため同人誌即売会会場として多くの人々に愛されてきた長い歴史に近く幕を閉じます。
湾岸のビル群を見渡せる広々とした会場、車でも積めそうなほど大きな搬入用エレベーター。
「都産貿サイズ」と呼ばれた立派な木製の机は、普段のまきまきやコミケで使っているスチール机と比べてとても大きくどっしりとしていて、持てあましてしまうほどでした。
70年代の古き良き重厚な外観と交易の架け橋たれと願って設けられた世界各地の時間が表示されるエントランスの壁時計など趣のある、竹芝の港に隣接した潮の香る会場も、今回が恐らく最後となるでしょう。
お世話になりました。ありがとう、都産貿浜松町館。

最後に、まきまき18へのサークル参加及び『水銀党文庫Ⅲ』の発刊にご支援ご協力下さった方々、会場でご挨拶させて頂いた方々、本を手にとって下さった全ての皆様に、心より御礼申し上げます。
今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

水銀党本部 冬月
http://www.mercuryparty.com/

コメント

H25/10/06都産貿(浜松町) 水銀党ペンクラブ・第18回「まきますか?まきませんか?」参加決定

2013-09-06 22:50:46 | Weblog

各位

どうも、冬月です。
7月から放送スタートしたアニメ「ローゼンメイデン」は、いよいよ巻かなかった世界編のクライマックスにさしかかっておりますが、皆さん楽しんでご覧になっておられますでしょうか。ニコニコ動画でも無料配信され、BDの販売も始まっていますね。
東京・秋葉原で夏休みに集中して行われたローゼン関連イベントは明日のキュアメイド・ローゼンカフェの閉幕でひと段落いたしますが、水銀燈をはじめ複数ドールズのフィギュア一番くじ真紅のねんどろいど化などが決定し、要望の多かったアニメ原画集等の通販も期間限定で実施中です。原画集の通販は9月11日迄となっておりますのでご注意を!

また、未確定情報ですが制作関係者のtwitter上の発言等から、2クール目(第二期)の可能性も出て参りました。こちらの情報も注意深く見守っていきたいと思います。

さて、まだ残暑が厳しいですが少しずつ夜が涼しくなり、私の住む街でも鈴虫が鳴くようになってようやく秋の訪れを感じられるようになりました。
秋といえばそう、年に二度のローゼンメイデンオンリーイベント「まきますか?まきませんか?」通称まきまき。水銀燈後援会副会長come氏が主宰する水銀党ペンクラブより、まきまき18にサークル参加決定のお知らせです。

今回は水銀党ペンクラブから創刊号『水銀党文庫2011』及び既刊『水銀党文庫Ⅱ』の配布に加え、新刊『水銀党文庫Ⅲ』(著:come、冬月 画:hiro、鞠千代、神鏡学斗)を発刊します。
掲載イラストは鞠千代さん作。
イベントの概要は下記の通りです。



「まきますか? まきませんか? 18」

2013年10月6日(日)11:00~
都立産業貿易センター 浜松町館 5階
当サークル名「水銀党ペンクラブ」
配置場所 ハタラケー49

(詳細は下記URL参照)
運営公式HP:http://nijiket.net/maki/

今回の会場は東京・浜松町の都立産業貿易センターです。昨年及び一昨年の秋のまきまき会場になった板橋のハイライフプラザいたばしとは異なりますのでご注意下さい。
ちなみに都立産業貿易センターは、1980年代から同人誌即売会の会場として様々な有名イベントに使用されてきた由緒ある建物。「都産貿」や「東産貿」の呼び名で知られています。机の「都産貿サイズ」なんて言いますよね。
しかしこの都産貿・・・・・・竹芝地区の都有地再開発事業のため、取り壊されることが決まっています。
(浜松町・竹芝周辺は70年代に建てられたビルが多く他のエリアと比較して陳腐化が懸念されており、11年末に国から指定を受けた「アジアヘッドクォーター特区」や、「特定都市再生緊急整備地域」の対象にもなりました。東京都は都産貿の敷地など都有地を70年単位の定借で民間に貸し付け再開発を行う「都市再生ステップアッププロジェクト」を策定、今年の5月に東急不動産や鹿島などの事業者が決まりました。)
再開発は2013年度に事業基本協定が締結され、2015年度中には着工し、2019年度の完成が予定されています。
都産貿の跡地には高さ約151m、地上26階地下2階の複合ビルが建設され、竹芝駅と建物をつなぐペデストリアンデッキ、大規模災害に備え2200名分の帰宅困難者受け入れスペースも整備されます。ビルの中には都産貿のほか映像関係の製作施設などが入居する予定です。

このように都産貿がなくなるわけではないのですが、 少し寂しいですね。
この前コミケでお会いしたまきまき準備会の方から伺ったお話では、来年度はもう予約がいっぱいで借りることは難しく、再来年度以降は取り壊しの関係でもう予約できないとのことでした。
まきまきにとって、今回が都産貿での最後の開催となります。
良いイベントにしたいですね。

皆様のご来訪を心からお待ちしております!

水銀党本部 冬月 
http://www.mercuryparty.com/

コメント

秋葉原ローゼンメイデンクッキー本日最終日

2013-08-18 14:02:20 | Weblog

本日最終日、ローゼンメイデンのPatisserie Swallowtail White Roseのコラボレーションスイーツとしてローゼンメイデンクッキー等を、K-BOOKS秋葉原新館の特設ブースにて限定販売しています。
ローゼンメイデンクッキーは、水銀燈・金糸雀・翠星石・蒼星石・真紅・雛苺・雪華綺晶のローゼンメイデン全7ドールズがプリントされたミルククッキーです。販売価格は7枚組750円(税込)。
また、ケーキまたはクッキーを1個購入するごとに1枚、各ドールの絵柄のコースターのプレゼントがあります(無くなり次第配布終了となります)。

K-BOOKS秋葉原新館の所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田1-7-6 AKIBAカルチャーズZONE1F
電話番号 03-5297-5065
アクセス JR秋葉原駅電気街口 徒歩5分

場所は先日までローゼンメイデン海の家が開催されていたAkiba ドラッグ&カフェの向かいです。
まだの方は是非!

水銀党本部 
http://www.mercuryparty.com/

コメント

【ノーマッドに花束を】帰宅部活動記録第4話にローゼンメイデンが登場

2013-08-15 20:06:36 | Weblog

どうも、冬月です。
日本テレビで今期放送中のアニメ「帰宅部活動記録」第4話に、ローゼンメイデンのドールズが登場するパロディ場面があったのは、皆さんもうご存じでしょうか。
互いに同じ今期放送開始のアニメなのに何故パロディを、と不思議に思われるかもしれませんが、この「帰宅部活動記録」を制作しているのは、実はあのノーマッドなのです。

有限会社ノーマッドは、2004年から2006年にかけて放送された旧アニメ版ローゼンメイデン第一期、同第二期トロイメント、及び同特別編オーベルテューレの三作を制作してくれました。ノーマッドにとってもローゼンメイデンは、初めての元請制作となった、思い入れのある作品でしょう。
もう8年近く前のことですが、当時の感動は鮮明に思い出せます。あのアニメは素晴らしい出来でした。
水銀燈と真紅の確執を中心にしたシリアスな戦いと、一方でギャグ・萌えに満ちた日常のメリハリをきかせた、稀に見る秀逸なシリーズ構成。原作のキャラクターの魅力を活かしつつ、ドールズの戦う理由、内的な目的を深堀りした設定と、視聴者を感情移入させる展開・結末を用意した脚本。
その根底にあったのは、ローゼンメイデンという原作の魅力を映像化して伝えるにあたり、アニメから入った視聴者を大切にする「一期一会」の心でした。
結果、それまで無名の存在だったローゼンメイデンは一躍時代の寵児となり、ネット上でローゼンメイデンの話題を見ない日はありませんでした。
ローゼンメイデンは時のヒット作ハルヒ、らき☆すた、ひぐらし、なのは等と並び2000年代後半の覇権アニメと称されました。

あれから長い、アニメの業界ではあまりに長い年月が経ち、そして2013年、私達は新アニメ版ローゼンメイデンを視聴し、応援しています。
新アニメ版の制作を受けたのは、ご存じの通りノーマッドではなくスタジオディーンです。
私は業界の裏事情のようなものにそれほど詳しくはありません。疎い方です。しかし一般論として、自分が手がけてきた仕事を他の誰かにとられたら、内心あまり良い気分はしないものです。
しかしノーマッドはどうだったでしょうか。かつて自らが担当したローゼンメイデンが放送されるのと同じ今期の「帰宅部活動記録」において、かつて自らが請け負った作品へのエールともとれるパロディシーンを挿入してくれました。
私は、偶然この番組を見てパロディシーンに気付いた瞬間、軍艦の別れ際の敬礼、あるいは「航海ノ無事ヲ祈ル」の発火信号を連想し目頭が熱くなりました。ヤマト2199の見過ぎでしょうか(笑。

私達ローゼンメイデンファンは、かつて旧アニメ版制作陣が、人々を感動させる良きアニメを世に送り出さんと願い労苦を重ねた上に今日のローゼンメイデンがあることを、片時たりとも忘れるべきではありません。彼等が築いてくれた遺産の上に、私達は立っているのです。
新アニメ版の制作陣の皆さんも、「視聴者あってのアニメ」という当たり前のことを忘れず、謙虚な気持ちをもって制作に全力を尽くして頂きたい。

ありがとう、ノーマッド。

水銀党本部
冬月
http://www.mercuryparty.com/

コメント

【御礼】水銀党ペンクラブ・コミックマーケット84サークル参加報告

2013-08-11 22:24:13 | Weblog

どうも、冬月です。
コミックマーケット84(夏コミ2013)一日目、二日目に参加された皆様お疲れ様でした。また、明日の三日目に参加される方は暑さに気をつけて頑張ってきて下さい。
水銀党ペンクラブは、このたび水銀党本部有志の協力を得て、コミックマーケット84一日目(土曜日)にサークル参加して参りました。
これまでオンリーイベントに限って参加してきた水銀党ペンクラブですので、コミケ参加は初の試みでした。
頒布物は創刊号の「水銀党文庫2011」と最新刊「水銀党文庫Ⅱ」に購入特典としてC84限定コピー本「水銀党文庫C84」を付け、おかげさまで初参加にして37部を頒布できました。暑い中当サークルのブースまで足を運んで下さった皆様、本当にありがとうございました。

当日は、朝7:00にビッグサイトに到着しました。サークル参加者ということで並ばずに入場できる大変恵まれた立場ではありますが、まだ朝7:00だというのに既にうだるような暑さ。それから気温はじりじりと上がり続け、体感気温のピークは午後2時ぐらいだったと思います。
水銀党ペンクラブの配置スペースは西2ホール。ビッグサイトそのものは以前にも訪れたことがあるのですが、入場した瞬間は改めて広さを感じました。しかし、自分のブースについてみると、逆に狭さを感じます。いつもオンリーイベントで2スペース長机まるまる一つ使わせて頂いているので、机半分のスペースに同人誌の段ボールも置き2名で座るとやや窮屈。ただ窮屈なだけなら良いのですが、凄まじい気温湿度の高さ。色々な方から助言を頂いて制汗シートやタオルを持ってきていなければ、汗の海に溺れているところでした。制汗シートというのは、冷たさに似た刺激を皮膚に与えることで身体をだまし、汗が出なくなる働きをします。今回、とても便利だと実感したので、これからも夏場に外へ出る時は使おうと思います。
それでも、朝から閉会までの9時間ずっとブースにいて、ペットボトルを4本飲んだのに一度もお手洗いには行きませんでした。
皆さんの警告を無視して長袖・ジャケットにこだわった私にかなりの非があるのですが(笑。
訪れて下さった方々から聞いた話では、この日、東京は最高気温37℃だったのに対しビッグサイト内の気温は40℃を超えたそうです。特に西4階企業エリアではローゼンメイデンの限定グッズも販売されていたのでローゼンファンの方が数多くいらっしゃったと思いますが、そこの行列は46℃を超えていたとか。倒れる方が続出し救護室がいっぱいになったそうで・・・。私はブースを離れるわけにはいかないので、新アニメの原画集を連れに買いに行ってもらいましたが、企業エリアがそんなに暑いとは知らず、悪いことをしてしまいました。
幸い、西2ホールは開会後すぐに海に面したシャッターが開き、風が入ってきて比較的涼しくなりました。準備中(宅配所から段ボールを運んだりブースを設営したりする)はかなりの蒸し暑さでしたが(汗。

10:00の開会直後、拍手とともに遠くの方で民族大移動のような現象が見えました。壁サークルに並んでいるのか、西棟を通って東棟に移動する人達なのかは素人の私にはわかりかねましたが。しばらくはどなたもいらっしゃらなくて寂しくしておりましたが、10時50分頃からぽつぽつと買って頂けるようになり、お昼から午後にかけては、失礼の無いようお相手するのが大変なくらい多くの方がいらっしゃって下さいました(涙。
初めて参加するコミケというイベントで、全く知らない方に自分達の書いた本を買って頂けるということで、とても嬉しかったです。まきまきに初参加した時の新鮮な気持ちを思い出しました。
日頃よりお世話になっている皆さんも激励にいらして下さいました。ロノウェさん、ルミアさん、まきまき準備会さん、黒銀さん、マツシマさん、鞠千代さん、TOUINさん、いろきゅうさん、ボウズさん、本当にありがとうございました。お菓子やローゼン水銀燈うちわなど素敵な差し入れに感謝です。
それから、隣サークルになったスワローテイルさんとMaycl Qwertyさん、同人誌も交換して頂きとても光栄です。またイベントでご一緒する機会があれば、何卒宜しくお願い致します。

今回、一日目の西2ホール「え」のローゼンサークル群は20以上。例年より多いそうです。ご挨拶に伺えなかったですが東棟にもローゼンサークルはおられましたし、2日目3日目もローゼンサークルは参加しています。一般参加者の関心という点でも、確かな手応えを感じました。
先の話ですが、アニメ放送終了直後、ファンの創作意欲が最も盛り上がるであろう10月のまきまき、12月の冬コミに向け、申し込み手続きをしております。もし参加できることになれば、この場でまたお知らせ致します。新刊の制作も加速させております。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

水銀党本部 冬月
http://www.mercuryparty.com/

コメント

【C84情報】8月10日(土)一日目 水銀党ペンクラブ、西地区“え”ブロック-07a

2013-08-09 01:05:46 | Weblog

水銀党ペンクラブは、コミックマーケット84にサークル参加します! 

平成25年8月10日(土) 
東京ビッグサイト 
サークル配置:平成25年8月10日(土曜日)西地区“え”ブロック-07a 
サークル名:「水銀党ペンクラブ」 
頒布物(小説・イラスト本):既刊・水銀党文庫、最新刊・水銀党文庫Ⅱ、+??? 
※C84限定特典あり 


ローゼンファンの皆さん、平素よりお世話になっております。水銀党本部の冬月です。 
さて、いよいよ開幕が明日に迫りました「コミックマーケット84」、通称2013年夏コミ。 
文字通り世界最大の同人誌即売会であります。真夏の東京お台場をさらに熱くさせる灼熱の3日間!
(※東京は今週から再び猛暑に入りました。とにかく大変な暑さと人混みしか予想できないですから、タオル、飲み物など対策グッズをお忘れなく。) 
しかし我々ローゼンファンにとって、2013年夏コミは例年のそれとは異なる意味を持ちます。 
すなわち、この7月から新アニメの放送が始まったローゼンメイデン、その復権を世界に知らしめる格好の機会に他なりません。 
いま参加せずして、いつ参加するというのか!(※冬月は別にジブリ信者ではありません) 
一日目・西に固まっているローゼンサークル群だけでざっと20サークル以上。2日目、3日目も合わせればもっと多いでしょう。 
水銀党本部からも、上記の通りサークル参加させて頂きます。 
一覧を見るとオンリーイベントまきまきでご挨拶したことのあるサークルさんも、初めましての方もおられますが、ご指導ご鞭撻のほど何卒宜しくお願い致します。 

夏コミ一日目(8月10日土曜日)の西地区2号館1階フロアを数字の7に見立てた最下部、俗に「島」と呼ばれる長机がDNAの塩基配列のように縦に並んでいますが、その左から四本目の「島」の右半分以上を占めるのがローゼンサークル群です。 
西地区の場所ですが、東京ビッグサイトの象徴ともいえる逆三角形のシルエットが印象的な会議棟、あの奥になります。 
ゆりかもめ国際展示場正門駅からエントランスプラザに入ってこられる場合は右手、りんかい線国際展示場駅からやぐら橋を通って来られる場合は正面に見えるかと。 
詳細は公式サイトでご確認下さい。 

コミックマーケット 
http://www.comiket.co.jp/ 

Circle.ms 
https://circle.ms/ 

さらに今回、公式より以下の限定販売のお知らせが出ております。 
当日、西地区1階のローゼンサークルにお越しの際は、是非その後で西地区の4階、企業エリアに足を運んで頂きたいと思います。 

①ローゼンメイデン新アニメ原画集 
西企業エリア・ブースNo.136  
ブース名:çosmicrecord(コズミックレコード)/スタジオディーンブース 

こちらはアニメ新ローゼンメイデンを制作して下さっているスタジオディーンのブースで、イベント限定の原画集スタジオディーン プロダクション アートノートを販売します。 
ローゼンメイデンの全頁フルカラー原画集です! 
巻末描き下ろしイラストは、ローゼンメイデン総作画監督・森本浩文氏直筆をアニメ調のカラーリングで仕上げています。 

品名:Studio DEEN Production Art Note 005 ローゼンメイデン 
サイズ:A4 カラー 
ページ数:100(表紙込) 
価格:\2,500(税込) 
※イベント販売限定 


②ローゼンメイデンWEBラジオ「ローゼンメイデン・ヴィーダーゼーエン」コミケお試し版CDとB5サイズクリアシートのセット 
西企業エリア・ブースNo.212 
ブース名:ぽにきゃんブースローゼンメイデン 

これは現在月1回の頻度で公開されているローゼンメイデンWEBラジオ「ローゼンメイデン~ヴィーダーゼーエン~」の新録で、約15分間。 
出演は、真紅役の沢城みゆきさんと桜田ジュン(中学生)役の真田アサミさんです。 

品名:ローゼンメイデン コミックマーケット84グッズセット 
価格:2,000円(税込) 
※イベント販売限定 


③TBSグッズ類 
西企業エリア・ブースNo.336 
ブース名:TBSアニメーション 
グッズ詳細は公式サイトでご確認下さい。 
http://ishop.tbs.co.jp/special/tbs/comiket84/rozen.html?xadid=90210 


それでは、当日参加される皆様とご挨拶できる機会を心より楽しみにしております。 

水銀党本部 冬月 
http://www.mercuryparty.com/

コメント

オフ会レポート

2013-08-08 21:23:25 | Weblog

どうも、冬月です。
昨日はローゼンファンのマイミクとしてお世話になっている方が主催されたオフ会に参加してきました。
一次会はカラオケでした。私はカラオケに行くのが久しぶりで声も満足に出なかったのですが、皆さん大変お上手というか熱くて、圧倒されてしまいました。
修行し直してきます申し訳ありません、ですがとても楽しかったです。
あまり楽しかったので二次会ではつい食べ過ぎてしまいました(>_<)

何よりローゼンファンの方々と親睦を深めることができ、本当に嬉しかったです。
幹事様、参加者の皆さんありがとうございました。

ローゼンメイデンはご存知の通り新アニメの放送が始まっていますが、ただそれだけでは長年眠っていたローゼン人気を揺り起こすには限界があります。
公式とコラボした記念イベントが東京・秋葉原で開催されているほか、一番くじやネンドロイドなど全国レベルの企画も徐々に増えています。
創造的な刺激策によって潜在的なローゼンファンが再活性化し、一層の盛り上がりにつながることを期待します。

明後日8月10日からの夏コミにも、多数のローゼンサークルが参加します。
私どもの水銀党ペンクラブも、ローゼンサークルが集中している一日目(土曜日)・西に参加します。
西棟の企業ブースでは、新アニメの原画集も限定販売されます。

また、10月6日のローゼンメイデンオンリーイベント「まきますか?まきませんか?」、12月の冬コミに向けたサークル参加申し込みも始まっています。こちらも水銀党ペンクラブは参加に向けた申し込み手続きを行なっております。
作品振興のために、草の根のファン活動はとても重要です。
今後ともオフ会やイベント参加などの機会を頂きあるいは創出し、ご縁を大切にファン活動をしていきたいと思います。
水銀党本部 冬月
http://www.mercuryparty.com/

追伸
写真はオフ会に向かう途中に見た、歌舞伎町ロボットレストランの宣伝車。故意か偶然か、「わたもて」に登場したのと全く同じ場所に立っていました(笑)。
ちなみにロボットなにがしの夜のお店は、歌舞伎町好きな私の知り合いが行ったんですが、あまりお勧めはできないそうです。

コメント