セブ島移住者の本音トークⅡ

セブ島でNGO活動に従事する管理人が、フィリピン人家族との奇妙な生活や、現地での国際交流について語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

早起きは三文の徳

2018-07-26 | セブ島移住生活考
皆さん、お久しぶりです! 何だか日々、忙しく、ブログでの投稿が中々、難しい日常を送っています。 さて、今回のタイトルは‛早起きは三文の徳’ですが、今週初めから、僕は通常より5分早く起きて、結果として5分早く家を出るようにして、様々な発見をしています。 その発見の中で、はっきりと数字で表せることが一つあり、それは、5分早く出れば、到着が15分程度早くなる… . . . 本文を読む

氷解(その12)

2017-07-12 | セブ島移住生活考
さて、前回は、既にこのブログの初期に公開しておりました、プルメリア設立前に僕が所属した前身のNGOの現地担当として、僕がセブに赴任するまでの経緯について書きました。この事を書こうと思い立った時には、実は、こんな風になってしまうとは思いも拠らなかったのですが、書き始めると、自分の頭の中に半ば封印して来た事柄が、蘇って来たり、逆に当時は鮮明でなかったが書くに連れて、明確になったモノ等々、一杯あり、結果 . . . 本文を読む

氷解(その11)

2017-07-10 | セブ島移住生活考
さて、実を言いますと、ここからの御話は、既に、このブログの初期の段階で披露した御話と内容が被ってきます。ご興味がありましたら、このブログのカテゴリー‘これまでの経緯’ に載せておりますので、ご覧になって下さい。そうして、ここセブでのNGO活動に関わり始めた僕でしたが、二足の草鞋どころか、副業まで含めると四足以上となり、非常に不安定で、それこそ、将来に不安を覚えていました.. . . . 本文を読む

氷解(その10)

2017-07-09 | セブ島移住生活考
さて、前回までの投稿で、やっと、今の僕に繋がるNGOを運営する会社に雇われたところまで、話が進みましたが、その新しい居場所も、当初、僕にとっては、居心地の良い場所ではありませんでした。 …と、言うのは、当初、僕が応募したのは、あくまでも‘英語屋’の延長での事であり、海外での活動に興味を持ったからであったのが、フタを開けて見れば、このNGOを運営していた会社の . . . 本文を読む

氷解(その9)

2017-07-05 | セブ島移住生活考
さて、随分、間を空けてしまいましたが、そろそろ、完結に向けて続きへ行きたいと思います。これまで僕は、ここセブへ来て、NGO活動に従事した理由について、誰かに訊かれた際には、偶々だとか、人生に迷ったからだとか、かなり抽象的な回答をして来ました。しかし、それは、もう、既に、その事実の一端を公開しておりますとおり、中々、一口で語るには難しい長い長いお話がありまして、僕は、そうとしか言えなかったのです。別 . . . 本文を読む