らんくるの小部屋

助手席指定者です

夢判断

2018年06月15日 | 夢判断
こんにちは。

本日は二本立て。

1)我が家のチーム・しゃちほこにドレスを買う

なぜだかお洋服やさんにいます。
そこで、子ども用のドレスなるものをフムフムと見ています。
なのに、なぜかドレスが一様に、子ども用浴衣の帯みたいな生地で出来ています。
三尺帯。
可愛いの…?と不思議なんだけど、多少のサイズに対応できるから、成長期の子ども向き
なんですってさ。

2)報道ステーションで英語レッスン

なぜだか報道ステーションでものすごく良い英語のレッスン。
古館さんが司会。
ゲストの方が、「スマートな言いかえ」をいろいろ教えてくれます。
フリップで。
それを、「あ、これ、録画したい、あとでノートしなくちゃ!」って思って、
「そうだ、夜の再放送にも同じ人出るからその時録画しよう」って考えるの。

報道ステーションの再放送ってなんだ。
Comment

夢判断

2018年06月14日 | 夢判断
おはようございます。

今朝もいい夢見れました♪

夢の中で、わたしは大好きな鯖くんに話しかけます。
「どう?うちは快適ですか?」

どうやらわたしは八王子のお家に鯖くんを住まわせているようなのです。
ホントは押しかけて行って距離を縮めたいくらいなんだけど、我慢我慢…

っていう夢。

夢の中でも、鯖くんに嫌われないように、距離を置かなくちゃいけないと、すっごい
慎重になっていたわたし。
でも鯖くんに会えて嬉しかったです。
元気にしてるかなぁ…
Comment

夢判断

2018年06月13日 | 夢判断
こんにちは~♪

お昼寝したら、宝塚のスター・轟悠さんが夢にご登場~~☆
夢のなかでもおきれいでした…(ホワー)

なぜだか轟さんほか男女2名ずつ、そしてBJ40の数人で。
銀座の和光にほど近いビルのなかにあるホテルに通されます。
(これはたぶん「凱旋門」の設定そのまま)

みんなで雑魚寝しないといけないんですけど、お部屋が何部屋かあって、
それほど狭いってわけではありません。
よかった。轟悠さんに雑魚寝なんてさせられないわ…

で、みんな各々パジャマとかルームウェアに着替えるんですが、
轟さんが白いシンプルな長袖Tシャツに、黒のレースのロングパンツみたいな
格好で現れて、しかもすごく華奢でびっくりした…!
(BJ40はモリモリしたレースのネグリジェみたいなのに着替える予定だった)
(だって轟さんと一緒なんだよ!?)
(娘役(!?)ならば、それくらいは普通だよ!!)

っていう、もう、「凱旋門」余波がひどすぎるっていう幸せな夢でした♪
嬉しい夢を記録するっていいなぁ☆

お芝居の「凱旋門」じたいは、あんまり好きじゃないタイプだったのにな…
(個人的には、「ドクトル・ジバゴ」の方がメリハリがきいてよかった)
Comment

夢判断

2018年05月28日 | 夢判断
おはようございます。

このごろ夢見が悪くて…


週末の夢(1)
BJ40が喫茶店に行きます。
注文したのはサンドイッチ。
そして出てきたサンドイッチは…

大きなコッペパン半身の上に、食パンで作られたサンドイッチが縦に
並び、その上にとろけるチーズがかかっています。
見た目、ピアノの鍵盤みたいな感じです。

ちょっと大きすぎるし…
具に何が入っているのか微妙…
(食べにくそう)

週末の夢(2)
母がわたしに会いたがっているのだけど、わたしはすごくイヤ。
会いたくないんです。
ものすごく恐い夢でした。
六条の御息所かよ…

今朝の夢
BJ40、洗顔のための可愛いターバンが買いたいんです。リアルに。
で、どこかのデパートで、narueのセールがあると聞き、出かけます。
なぜかそこで、箕面の同僚がセールの担当しているんだけど、
セール品があっという間になくなってしまいます。
残りの商品がターバン付きのTシャツなんだけど、全然好みじゃない。
でも、narueのものだし、まぁ可愛いと言えなくもない…
と迷う夢。

(2)以外はそれほど深刻な夢ではないんですけど、イラっとモヤっと
する感じで、せっかくの睡眠時間が残念です。

(1)はなんとなく心当たりがあって、たぶん、阪急のフレッズのパンのまずさ。
駅構内で売ってるフレッズのパンね…、
このごろ、おいしさが激減している感じがしません?
ちょっと避けたいくらいの、おいしくなさ。
まずいわけではないんですけど、なんかビミョウ~…って感じるのです。
Comment

夢判断

2018年04月11日 | 夢判断
おはようございます。

今朝の夢はリアルに素っ頓狂。
いきます!

夢の中で、2月に関西に遊びに来てくれた、高校からの友人が登場。
一緒に海鮮バーベキューをしています。

その近くに空港があるのですが、滑走路でこれから離陸する飛行機が
尻もちをついたという情報が入ります。
(これは昨日、こんなニュースありましたよね?)

滑走路にあがる大きな火柱。

慌てて、「お家まで逃げなきゃ!」と走り出すんですが、
「待って、あずちゃんが…」で立ち止まるという…
Comment

夢判断

2018年04月04日 | 夢判断
こんにちは。

現在、慢性的な睡眠不足を感じるBJ40。
なので、お昼寝は欠かせません!

でも、そんななか見た夢は…

わたしは家にいます。そこに母がやってきました。
「あれっ、お母さんがここに来たってことは、わたし、箕面に行かなくちゃ…!」
と慌てて出発の準備をするのですが、なぜだか自分自身に、
「ここなら箕面はバスの乗り継ぎで行ける。まずは折り返し場まで行って…」と
落ち着かせるのです。

エー。

無理無理。

でも夢の中では、箕面まで1時間半で行けてました。
なぜだ。
八王子と箕面なんて、明治からの国定公園があるって共通点だけで、場所は近くないのに。

まぁ、夢だったんでいいんですけど。
よほど新学期に緊張しているようですね、ワタクシ…

そりゃぁ緊張しますわな。

Comment

夢判断

2018年03月28日 | 夢判断
連投です。

で、その、休息中(お昼寝中)に、夢を見ました…

夢の中でもわたしは寝ています(疲れて)。
なのに、寝ているわたしは、親戚の結婚式にいかなくてはならないらしい。
さらにさらに、寝ているわたしに、母が着物を着つけてくれているとのこと!
でも眠たくて、わたしは目が開けられません…

着物はかなりグズグズに着させられているようです。
(そりゃそうだ!)
もう起きて結婚式にいかなくてはなりません。
変な着物の合わせ方だし…(結婚式に出席なのに、わたしが好きだから
という理由で銘仙。でも帯は金糸の豪華なもの)

やっと目が覚めて洗面所に行きましたが、あまりの着つけにビックリ…

どうにかこうにか結婚式場に行きましたところ、そこは体育館のような
大きな舞台がある場所でした。
丸いテーブルが偏っていくつか並べられています。
わたしがつくはずだったテーブルに、なんとわたしの友人が!
(この「友人」は、誰って特定できないんだけど、わたしの「友人」なの)
(そういう設定でした)

わたしはびっくりして「え!?今日、来てくれてたの!?」と聞くと
「うん…(苦笑い)…熱心に誘われちゃったしね」。

「もう披露宴は終わりでしょう?」(グラス以外さげられてるし)
「えーとね、新婦のお父さまのステージがまだ続いてる」
「ええっ、これで何曲目?」
「もう20曲くらい聞いたかな…」

という、トンデモナイ会話がなされたんでした…

疲れた…

何なんだ…
Comment

夢判断

2018年03月26日 | 夢判断
こんにちは。

今日はお昼間に少し横になりました。
なんか疲れた~。

って思ってたのに、お昼寝時の夢で、余計に疲れました…
(体は楽になりました)

夢のなかで、わたしは母に食事を作っています。
その上、家にドヤドヤとたくさんの人がやってきました。
この人たちにも食事を出さなくてはいけません!

どうしよう…、
大勢の人に、同時に温かい食事を出すならパスタかな…
一皿で完結するし…、でも、いきなり、こんなに大人数のを作れないよ…

と、焦る夢でした。

疲れた…。

しかし、今、ひとりで残り物を片付ける夕食をとりホッとしています。
あぁ~…楽だわ…。
Comment

夢判断

2018年03月06日 | 夢判断
そうそう、今朝の夢はスマップの木村くんが登場しました。

どこかの小学校で、何かのイベントに参加しているBJ40と弟。
なぜか木村くんが何かをしているというのを聞きつけます。

そこで、テニスボールくらいの大きさの、ブヨブヨしたクルミをいただき
食べるのですがなかなかにおいしい。すると
「これ、キムタクも選んだものらしいよ」と弟が言います。

「へ~、変わってるけど…、木村くんもこんなナッツが好きなのか…」
と思う夢。

なぜこんな夢を見たのか、これは大体わかります。
昨晩、BJ40、茹で落花生食べたの。
普段食べられないものなので、皮をむくのも楽しく、おいしかったの。
たぶんその印象が強かったんだと思います。
Comment

夢判断

2018年02月12日 | 夢判断
こんにちは。

昨晩からなんとなく冷え、今朝は熱っぽくて、寝ている間も頭痛がしました。
そんななか、見た夢です。

BJ40のところに弟夫婦が来ます。
なぜか弟の妻は北欧の外国人(朝日新聞beの「北欧女子」のせい)。
めちゃめちゃ白人で、髪もプラチナブロンドです。誰…。
びっくりするけど、職業柄、「外国人の子にはすごい優しくしなくちゃ!」と
張り切ります。

でも、姪(子ども)たちはいつも通り。
「らんくるおばちゃん、わたし、ブラジャー買おうと思うの」
と10歳のプリムラが言うので「まだ早ぇーわ!」と一蹴しました。

そしてそして、なぜか、いるはずのない兄が二人、わたしを訪ねてくるのです。
弟はその二人が父方の子と知っているのですが、BJ40は初対面。
でも先方はわたしのことを知っています…
「らんくる、オレたち、同学年の○○さんに会いたいんだけどさー…」
「それならお店に行った方が早いと思うの」
などなど、無理やり話を合わせますが、内心はびっくり過ぎてます。
ただ、大変デリケートな立場の人たちなので、びっくりするのを見せてはいけない
気がしています、だから余計にややこしかった…

そんな朝を迎えたBJ40、疲れました…。
とはいえ、風邪は撃退できたみたい…。
油断しないで今週も乗り切りたいです。
Comment

夢判断

2018年02月05日 | 夢判断
こんにちは。

昨日は結局、ダーリンは休日出勤でつまんない日曜日をそれなりに過ごしました。
夜は一緒にご飯を食べようと待っていたら、「仕事が終わらなくて泊まるかも」
の連絡があり、しぶしぶひとりでご飯を食べ、あずちゃんをなだめて
ふてくされて早くに寝ました。

でも、BJ40、わかっていたの、ダーリン帰ってくるって。
いつもそうだから。

なので、ダーリンのお布団を敷き、ゆたぽんであっためておきました。

案の定、3時か4時ごろにダーリンは帰宅し、BJ40目が覚めました。
そのあとの夢です。
なかなか寝つけなかったんですけど、コトンと眠った後に、わたしが
誰かと古書(もしくは何かの文書)について熱っぽく話しています。

「ね!?だからこんなすごい資料が出てきたって、本当にすごいことじゃない??」
「航海術誌はあまり出てこないのに、こんなにはっきりしたものなんて!!」
「しかもすごく状態もいいし、カラーだよ!」

ですって。

航海術誌って、何だ。
航海術誌。

BJ40が興奮しているから、たぶん18世紀から19世紀のものでしょう。近代。
だけど、わたし、そんな研究何もしていないのに…
航海術って…海洋研究か…?
Comment

夢判断

2018年02月04日 | 夢判断
こんにちは。

昨晩はダーリンが休日出勤だと知ってから眠ったので、
何かとわたし自身モヤモヤしたものがあったようです。

夢の中で、母から急に、ダーリンのお父さんがおいでになることに
なっていると聞きます。急なことで問い返すも、「そういうことだから」
との返答にイライラするわたし。

続いてダーリンとお父さんだけが親戚の結婚式に加西市へ行くことが
判明し、「どうして?」と聞くと、「らんくるちゃん呼ばれていないし、
お祝いも高くなっちゃうから、二人で行ってきます」と言われます。

これにたいして、わたしはもう激おこです。腹いせにダーリンにキック。
キック エンド キックです。

起きた時もすごくイヤ~な気分でした…

きっと現実のわたしの不機嫌さを夢でも引きずってしまったのね…
Comment

夢判断

2018年01月18日 | 夢判断
こんにちは。

今日の夢にTOKIO長瀬が登場し、やっぱりすごくかっこいい&可愛くてメロメロになりました。
(長瀬にケーキを用意する夢)

だけどわたしはずっと山口くん!
夢の中でも、

「あぁ…、こんな風にときめいてはいけないのに…っ…!!」

と煩悶してました。
ムダ。
Comment

夢判断

2018年01月10日 | 夢判断
こんにちは。

今日の、暖かく毛布に包まれたBJ40が見たさみしい夢は…

どこか(関西らしい)の街の市役所か病院のような大きな建物で働いているわたし。
まわりには同僚がたくさんいて、お仕事もたくさんあります。
建物は大きく、いつもどこでも人がいっぱい。

そんななかで、仲の良い同僚が異動になるという話を聞きます。
ちょっとさみしい。しかも外国。
すると他の人もその職場を離れ、別で働くことが決まっているというのです。

BJ40は外国語もしゃべれないし、キャリアもないし、ここで働くしかない…
でもさみしいな…

という夢でした。
なんつー夢。
Comment

はつ夢

2018年01月02日 | 夢判断
こんにちは。

今朝の夢が初夢ですよね。
一富士二鷹三茄子の初夢ですよね。

BJ40、新年早々、夢のなかで梓ちゃんのフンを拾う夢でした。
もう~。
なにそれ~。

夢のなかであずのために可愛いビニールを買おうかな~、みたいなのも考えていて
淡いブルーと、クリーム色と、薄いピンク色のビニールを買おうと思うんです。

そしたら今度はフンのなかからG(虫の)が出てきて、「キャー!」となるんですが
やけにGがなついてきて、だんだん可愛く感じるようにもなって
「やだ…、もしかして穂高くん?」みたいな、穂高に失礼な展開に。

こんな初夢ってありでしょうか!
なんかショック~★
Comment