ひみちゅ

ウハウハの秘密

町田の業者から

2019-11-26 00:09:22 | Weblog
令和元年11月吉日

町田のれん会各位
          仮津久井業者会代表
           奈良 哲弥
秋涼の候、町田の皆様におかれましては、ますますご清祥のことと思います。 日頃からの活動に尊敬の念が堪えません。
先日独逸屋さんにお会いした際、この度の台風により私ども相模原市緑区で受けた被害のため、ボランティア活動に来られている方々に、多少のお礼をということで炊き出し支援をしていることをお話しいたしました。道路や橋梁を始め、道路等公的な施設などでは復旧工事が行われていますが、私的な家屋の床上・床下浸水、泥や石・がれきの流入、地滑りによる立木の流出、あるいは家屋の倒壊など様々な場所で生活のできなくなった方々がたくさんいらっしゃいます。
 この事態を受け、社会福祉協議会、青年会議所、商工会青年部を中心に、最も被害の大きい旧津久井郡の津久井・相模湖・藤野の3か所にボランティアセンターが設立され、10月20日から本格的な活動を始めました。
今までボランティアを輩出していた相模原で、これだけ多数の、また他地域からボランティアの方々を受け入れたのは初めての経験です。県内はもちろん、遠くは福岡・高知・広島などから支援に来ていただいています。
 
 私は、東日本大震災の折、相模原市の姉妹都市である大船渡市に「相模原業者会」と銘打ち、仲間を集め数社で災害救助に行きました。
 うどん2,000人分、あげパン3,000本、あげまん1,000個、ピザ釜を持ち込み、冷凍ピザ100枚などを被災地に届け、現地で炊き出しをいたしました。その他、現地の方とメールでやりとりをしていた中で必要とされていた希望の品も併せて持ち込みました。
 震災から1か月の現地はとても復興などはこれからの時期で、その悲惨な光景に涙を抑えながらの活動でした。その記憶は今でも鮮明に残っております。
 そのとき車中泊をした大船渡市役所で、全国から集まった復興支援の土木・給水・保健など、多くの支援者団体の方に出会い、そこで炊き出しをしたところ大行列ができるほどとなり、市長さんを始め多くの皆様に喜んでいただきました。

 熊本の震災の時は太田黒さんが現地に向かわれるというお話を伺いました。
ここでもまた何かできることはと考え、相模原の業者に話したところ賛同してくれた仲間から集めた物資や寄付金を出発前の太田黒さんに届けることができました。

今回、「ボランティアのボランティア」と称し、オギノパン(パン)、せきめん(うどん)、野楽(らーめん)、ドリームファーム(ピザ)、丸十ムラタパン(パン)、泰平堂(和菓子)と6社で、ご厚情で来市してくださったボランティアの皆様へ温かいものや食品でお手伝いができないかと独自に考え、各ボランティアセンター設立当日の10月20日から、土日を中心に、多い日は250人以上の方々に炊き出し活動をいたしました。
この活動が新聞記事にもなり、そののち相模原ケータリング協会なども支援に入り、連日活動しております。

 地元の被災に、何かできることはないか?考えるより実行だと起こした行動でしたが、私たちは泥だらけで帰ってくるボランティアの皆様へ涙しながら感謝の念を伝え、温かいうどんやパンなど様々なものを無料で提供させていただきました。「こんなこと初めて!!」「うれしかった」などたくさんの感謝の言葉をいただき、ますます涙腺が緩くなっています。

 この度、独逸屋さんを通じ町田のれん会の皆様から温かいご厚情をいただいたことに大変驚き、感動し、非常にありがたく胸を熱くしております。皆様から頂いた想いは、炊き出し費用としてありがたく使わせていただきました。
 
この恩義わすれまじと念頭に置き、今後とも様々に活動して参ります。
今回のご厚情、重ねて御礼申し上げます。誠にありがとうございました。
コメント

明らかにしておきたいこと

2019-11-26 00:07:10 | Weblog
先日は失礼いたしました
その後金曜日の昼頃
長から電話連絡があり
「なぜよ」と言われ書いてある通り
今回の責任をとると言うことですと言いました
で 他に「長とソリが合わないから」とも言いました
じゃー5日に執行部あるからその時な
っていってましたが

ハラを決めてるから私はもう何だかなー
と思いましてどうなのかと考えてるところなのです

で やはり 悪かったと思うところは臨時執行部会議に出なかったことだけであり

事前相談とか連絡調整をしないとか
関係ないんでって思います

さらに経緯書メールでの意見陳述に何か商工会をおとしめることありましたか?

たとえあったにしても 外部に出した文書ではないし

ともあれ責任をとる ということについては 臨時執行部会議を欠席した事だったとしても
実施した炊き出し行為は確かに私どもが勝手にやりましたが それが間違った事ではない事の確認をしたいと思います
コメント

konotabiha

2019-11-22 02:05:15 | Weblog
事の顛末について
2019年10月12日台風19号の接近により考えもしていなかった豪雨が、津久井を襲った。夜半までに降った雨はとんでもない量で、あちこちで被害が出た。夜半にはうちの裏山も崩壊し寸でのところで被害にあうところだったが、夜中十二時過ぎに出動して、水路を作ったりしましたが何とか無事でした。
流された方の情報や被害情報など夜更けにやり取りしました。
13日朝になり、各地の道路の寸断や、鉄砲水による被害などたくさんの被害と、水道の断水があり、これまでにない状況に驚愕をいたしました。
焼山麓では停電もあり、相当の被害が出てライングループでの情報交換をしています。
12日から17日まで断水が続き営業に支障をきたし、開店休業状態でした16日からボランティアセンターで、役所の支援が受けられない、一般家庭などの泥かきなどの募集が始まり、回覧などで情報を発信しているのがわかりました。
同日、実質一般のボランティアの募集や分配など、社会福祉協議会が担当し、青年会議所が中心となり津久井ボランティアネットワークが結成され、活動が開始されました。
私は、たまたまぎっくり腰にあい、泥ろかきなどの作業はできないので、それでは、ボランティアに来ている方々に、炊き出しをしてやろうと考え、せきめん、野楽、オギノパン、ドリームファームそれぞれと連絡を取り、この炊き出しに協力いただけないか打診し物資の提供をお願いいたしました。
この折、ボランティアセンターの・社協の宮崎さんに連絡をして、快くお引き受けいただきました。
19日は雨で作業が中止とのことで、20日から作業でしたから、
昼ごろから準備をして、庁舎前でから揚げ、あげぱん、あげまんなどの提供をいたしました。およそ200人ほどの提供をいたしました。
土日中心の活動として、翌週にはせきめんのうどん250食野楽でラーメン150食の提供をいただきました。平日の提供も相模原ケータリング協会から10数回そのほか中村さんの山賊鍋、おにぎり、また南区の丸十ムラタパンさんの揚げたての食材を使ったバーガーなどの提供など、数々の団体企業から提供されています。
実は、なぜこのような行動に出たかと言うと、2011年の大震災の折、商工会や各観光協会、企業から協賛いただき、「相模原市業者会」として、大船渡に赴き、炊き出し支援をしたとき、市内各地の体育館などの避難所に行き、うどん揚げパンなどを炊き出しした時に、避難所に数人だけとかその周辺住民が大挙して列を作ったりとさまざまな状況に遭遇いたしました。また、大船渡市役所では、多くの避難民が市内各所から訪れたり、その人たちや、ボランティアでの来訪者や市役所のお役人、各地の水道・ガス・建築などの専門家集団がいらっしゃり、その方々にも炊き出し支援をいたしました。この時感じたのが「被災者だけでなく、支援をしている方々に提供することも大事だ」と感じました。
まさに今回の台風被害では、個々の被災者の皆様を復興していただくのは当然のことですが、その手助けとなる他地域からの来訪者の皆様に、感謝とお礼が必要と感じたわけです。
聞くところによると、遠くは福岡県から、高知県、広島県から来訪しているそうです。
ボランティアの方々に大変喜ばれ、このようなもてなしは各地で今までにはなかったとおっしゃってた方もいました。
しかしながら、次はいつ来るの?楽しみだなーなどとお返事いただきながら、内心では、費用などのことで何とかならないかと思いまして、商工会の事務局に相談をして、目的のある募金活動をお願いをいたしまして、文書作成をお願いをいたしました。
目的とは、ボランティア活動を支援している人員輸送車両やダンプ、トラック、および無償提供の重機などの燃料費などの補てんや費用弁償などのために、商工会の会員の方々にFAXで募りたいとかんがえました。
それが、破断となり執行部でも否認されてしまいました。
「一部の飲食業者だけ、恩恵を与えるなどできない」と言う理由でした。
現状、ひと月以上たち、災害相談窓口を開いている商工会で、一般の会員にまで浸透しているとはいえず、早急に災害救済はほかにありませんか。いち早く動くことが、一番大切と考えます。

以上
コメント

あんれまー

2018-05-11 00:05:44 | Weblog
やはり納得いかないので文書とします。
先ほどの審議事項でしたか
さ・・・・・組合にの解散に掛かる費用補填の議事について、
私は、賛成しませんでしたが、満場一致でということでした。
秋・さんが、涙ながらの実情を訴えていたと思いますが、それは、温情を掛ける、会長のお考えからでしょう。

さ・・・・・の運営責任者は、何の責も負わないわけなのですね。
あの役員会の席に、運営責任者などがご登場いただき、ご説明もなかったわけで、どのような経緯で解散に至ったかを詳しくは知りません。
4月の定例執行部会議の折解散に掛かる費用のお話が有ったと聞きます。私は欠席でした

なぜに?

私どもの、商・部では昨年度の予算に比べ、本年度は、事業計画は無で、今までの事業はすべてがストップ。
さらに予算は11月の定例執行部会議の折、次年度関係の事業計画や予算で、大幅削減の理由が、さ・・・・・組合の顛末による
収入減の影響で削減ということで認識していますが、そのように理解していいのですか。

これでは、本年度の商業部は責任持てませんので部会長職は辞退いたします。

2018/05/11 
コメント

まったくいやになる・・・・・

2017-12-08 01:55:06 | Weblog
あぜんです
本日、どういう訳か、・・・カードの解散の責任を取って、商・・の予算が10万円の予算組みになった。
 部会長を引き受けたときに、「商・・での事業執行を任されていた」とどうも勘違いしていた私がいけなかったのでしょう。
 思い起こせば、会・の判断により、執行しようとしていた、事業方針に反対をするのは、私だけというのが、数件有った。第一番めには、津久・・・山公園、指定管理者に立候補について、猛反対した。商・・の事業として、公園管理は「そぐわない」という理由から一人で反対した。
 仕方なく受け入れて、自分では何もしなかったが、一人だけで反対していた。
次に、い・・・た工房冷蔵庫事件で、予算にもなかった補助金を払う羽目になった。県有の財産であった観・・・ターの冷凍庫が故障、当の代表である方が県知事に、県会議員らと直談判、百万円の内観・・会と商・・で三十万円ずつ出金した。ありえない話である。だったら、「うちの自動車古くなって故障したから補助金出してよ!!」ということではないか。
 これも真っ向から反対したが、婦人部との関係性から執行された。
その三、津久・・・・ンドである。どこの部署で決まったかしらない間に、決まったらしく、後に県・の事業ということだったが、このときも、版権やブランドロゴもいつのまにか決まっていて、商・・で運用することなり、運用を続けている。
 どこの誰が発案決定したのか?
そういった、天から沸いて出た事業が山ほどある。どういうことなのか理解に苦しむ毎日である。

壮大な計画の下、全額の半分のための運用費を使い果たし、「来年度は予算がないので」という理由から、継続事業やそのほか、必要最小限の予算をもバッサリカットなので、どうも「私の事業の評価」良いほうの評価が一切なくて、「これは、潰し」だと思わざるを得ません。

ならば、さまざまな支援事業も、私は手を引きますので、勝手に考えてくださいと致します。


以上

コメント

buu

2016-06-18 09:16:41 | Weblog
○まる観光協会 様
 お世話になっております。
本日「●やぶさ会」の総会。おめでとうござます。
弊社 ● 代表が参加致し 資料を頂きました。
既に総会にて策定を受けていると思います。
いくつか教えて頂き後学のため下記 資料を本メールにお送り頂きたく存じます。
1.「は●やぶさ会」定款・規定 詳細。
2.昨年度、年間事業実績報告・決算書
3.本年度、事業計画案。
 弊社代表が本日頂いた資料に上記 ありませんでした。
 総会の性質上 必ずあると思うのですが。。
 また、は●ぶさ会は●市推奨品の「販売」を目的とした会だと思いますが
推奨品の認定は過去、「協議会」が実施していたように思います(違いましたでしょ
うか?)。
「認定協議会」と「●ぶさ会」は別の会という認識で宜しいでしょうか?
 以上 ご連絡お待ちしております。
出来れば来週、16日~20日までにご返信を頂きたいと思います。
宜しくお願い致します。
※*************※

日頃お世話になりましてありがとうございます。
また、先日は「●ぶさ会」につきましてお問合せを
いただき、ありがとうございました。
「●やぶさ会」の現状につきましてお問合せ内容にそって
ご説明いたします。
1.定款・規定 について
現状では、お渡しした規約しかありません。
「●やぶさ会」は市観光協会が認定した推奨品を
広く市内外に周知広報し、販促に結びつける目的で、
推奨品に認定された業者の任意団体として、
広報宣伝事業部会の下部組織としてつくられた
ものです。今後、きちんとした定款・規定がつくられる
組織にしていきたいと考えています。

2.昨年度の年間事業実績・決算書について
5月13日が初めての会合となりましたので、
今年が初年度となります。

3.本年度の事業計画案について
推奨品を市内外へ告知販促するのが目的ですので
予算目標・事業計画なども参加される企業団体での
話し合いで決めていくことになります。
今後、きちんとした事業計画案の作成できる組織に
していきたいと考えております。
以上お問合せに対しての明確な回答になっているのか
わかりませんが、ご不明な点がありましたら何なりと
お問合せください。
市観光協会は、今後も推奨品の広報宣伝販促活動を行っていく
所存ですのでよろしくお願いいたします。

●観光協会 
●瀬 様
お世話になっております。
ご返答ありがとう御座いました。
内容を拝見致しましたが。
つまり●やぶさ会としては規定、定款、事業内容、決算は全て無く。総会が行なわれ会費を募り実際に稼働をしてしまうという認識で宜しいでしょうか?
規定では「会長」が全ての決定権を有しているようですが規定、会長の選任はどなたがどの様な権利、基準で選任されたのでしょうか? 
「推奨品の広報宣伝販促活動」そのもの自体には何の文句もありません。人選、規定等を一方的に決定、事後報告では納得が出来ません。弊店は会員ですが昨年の●●観光協会様の総会、または他の連絡等何の連絡も無く、いきなり出来た会、そのものに憤りを感じております。
どうしても必要でしたら委員会として会自体は発足させ会長、理事等は●●観光協会の規定に基づき選任、人選を行うべきだと思いますが如何でしょうか?
また「●●市観光協会 推奨品の広報」が目的ですから仮に会が稼働したとしても「推奨品」以外の広報販促はしないということをお約束、確約お願い致します。
 また「推奨品」の募集、策定に付いても相模原観光協会に所属している藤●にいる私の知り合い聞いても何の連絡もなかったと言われました。前回どの様な応募方法をされたのでしょうか?

6月8日
(社長)先ほど有り難う御座いました・藤っ●やはり予約含ぬ本日より●●せんべいの機械搬入の件書類提出含め今月中時間が無くすみませんちょっと今月中の提出ばかりでなかなか時間とれず休日返上で間に合わせなければなりません・ご迷惑おかけ致しますが来月以後で宜しいですか?
全てが今月重なってしまいました

(こちら)それではこまります 会の運営に支障がありますので どうにかします

(社長)わかりました。社長のやりやすい形にして下さい推奨品会は在籍‥推奨品業者会ハヤ●会は退会・商工会、観光協会などでは引きつづき御世話に色々心、悩ませすみませんこれからも御指導宜しくお願い致します。社長にお任せ致します。私一存でご返事しております
私より藤●には報告致します

(こちら)申し訳ありませんね 「和をもってよし」とすると思っていましたが これからは考えます

(社長)上に立つ身である以上色々大変かと思います、すみません、社長の出した結果教えて下さい。これからも●久井が良くなる事が1番ですね。これからも
宜しくお願い致します





さらに

果たして 私は何か気にさわることをしてしまったんでしょうか・・・
この問題は、自分の戒めになるのでしょうか?
事は、さかのぼる事2014年でしょうか?●●市観光協会に自分の思い通りに出来るチームを作りたかったことが発端です。
 まず最初にしたことは、普通の露店やキッチンカーなどと差別するため、市内の特産品を集め、道義的に有効だと思う「●●市の特産。推奨品」を認定し、市内外にPRしていくことを目的とした組織を作りたかったわけです。
これにより、ごく一般的な、焼鳥、大判焼きなどと言った「テキネタ」と差別をして、大衆の要に供すつもりで、協会幹部・事務局を巻き込んだ運動展開にするため、説得説諭説明をして、事務局と協議しながら、名実ともに協会会員の中から、推奨品を選定する事業を起こしました。
 皮切りには、推奨品認定委員会を策定し、●部会長のもとで、協会員の中から、推奨品を提出・審査を経て策定いたしました。 
 これにより、市内各方面の、団体などの推薦推奨などと言った別個の推薦品ではなく、まさに、市民、団体などに誇れる商品の集積が出来た、と思います。
 その後、この商品群に参加している業者から、率先して、PR活動や販売活動を支援協力できる人を募り、直接市内外で販売活動に参加する意欲のある方々だけを集め、よりスピーディーに活動でき、露天商やキッチンカーなどと違う一般的でない商品を持つ業者が集まる団体をと考え、やる気のある業者の会ということで、くだんの(●●ぶさ会)なる組織をこしらえました。
 これには、反面として、加盟していない団体個人には組織に入ることが出来ないと言う考えがありました。
これは、某クレーマーや「売れれば何でもいいから売ってしまえ」的な方々を排除する意味合いがあります。
ご指摘の、指定の商品だけを販売する会ということは、考えていません。なぜならば、販売目的ではありますが、1業者あたり単品、で販売しても、日当にもならないとも思われるからで、周辺商品でありその業者の持つ商品を同時に宣伝販売できると考えます。
 さて、今回のこの事件に際し、役員の選任には疑義があるとの指摘があります。
まずは会長の選任については、会員候補全員による部会設立会の折推薦いただいたと思います。第二に幹事の選任は、私が緑区・中央区・南区で各1名でと考え三名を選出しています。
 どの時期にどのように決定されたかは、事務局にお聞きして頂きたいと思いますが、それぞれの会議の折に満足行かなかった説明かもしれませんが、それぞれ・・・・・・・・AND SO ON
コメント

正規版

2016-03-17 01:13:20 | Weblog
コメント

つぶやき岩の秘密

2016-03-17 01:07:01 | Weblog
コメント

なんだかうるさい感じ

2015-09-25 23:21:47 | Weblog
安保法案可決に揺らいでいる
政府の見解やこの法案をめぐるパフォーマンスに、
大学生をはじめ各階のかたがたが声を大にして叫んでいる
あほなのか馬鹿なのかわからない
さまざまな意見を通して考えなければ、判断は出来ないだろう。
賛成や反対はさまざまで、マスコミが取り上げてる戦争法案だと決め付けるやり方が気に入らないんだ。
デモや牛歩などのパフォーマンス的な反対で、「何もやらなければどうにもならないんだ」という感覚もわかる。

いまはフェイスブックやツイッターなどのメディアが発達しているので、自分の考えを表す方法がいくらでもある。
熱くなっていて止めどがないのもわかる気がするが、1にUさんとK君がうるさげにかきたて、
シェアやいいねをその方面だけに(反対)に偏っているのはいけないのではないでしょうか?と思うしだいです。
根本的な問題に、「体制は嫌い」「政治の与党的」なものはすべて反対って感覚があるのではないだろうか?
いいたいことはバンバン言う。でも他人の言うことは耳を傾けないのいけないんじゃないの?
どっちがいいか悪いかは、歴史が判断することだろう。だからと言って、
将来に遺恨を残すようなことはしてはいけないとも感じるが、現状の世界観や国内感情に国民は、現政権に与しないといけないんじゃないか?どうなんだ、
日本が嫌いなら、どこかほかの国にいけばいい誰も止めはしない。
コメント

消費増税の陰で国家公務員の給与が4月から8%アップ?!?!?!

2014-04-10 22:30:25 | Weblog
なんで?

THE PAGE 4月10日(木)18時3分配信
 消費税の税率が4月に5%から8%へアップし、国民の負担がいっそう増す中、国家公務員(約56万人)の給与が4月から平均で約8%アップで、2年前の水準に戻る。東日本大震災の復興にあてる名目で2012年から給与を減額していた取り組みは、消費税アップと同じタイミングで終了。減額の期間はわずか2年間にとどまった。

 一方で、同じく震災復興のためとして、国民に負担を求めた「復興特別税」は、所得税は25年間、住民税は10年間にわたって続くことになっており、「不公平」という声が上がりそうだ。

 2011年3月に発生した東日本大震災では、東北地方を中心に深刻な被害が広がり、日本にとって「戦後最大の危機」とも言われた。そこで、復興を図るという大義名分のもと、財務省などは財源の確保に躍起となった。

 その流れで、復興特別税という新しい税の導入が決定。さらに消費税率アップが盛んに論じられるようになった。こうした状況の中、公務員も身を切るとして、平均7.8%の給与削減が2012年4月から始まった。しかし、安倍内閣は昨年11月15日の閣議で、この給与削減は延長せず、元の水準に戻すとして、今年4月からの給与アップを決めた。削減された時点をベースとして計算すると、アップ率は8.5%となる。

 一方で、国民が負担する復興特別税は所得税で25年間、住民税は10年間もの長期にわたって課される。企業に負担を求めた「復興特別法人税」もわずか3年だけ。消費税率アップは、言うまでもなく期限の区切りはないどころか、来年の再アップ(8→10%)も予定されている。庶民だけが割を食う格好だ。

 この春は、基本給のベースアップ(ベア)を実施する企業が現れたとはいえ、一部の大企業にとどまり、それも額は数千円程度。これに対し、国家公務員の35歳のモデルでみると、この4月から給与は月額約2万1000円アップする。年収ベースでは、ボーナスも増えるため、総額36万7000円も増加している。

モデル年収は465万2000円となる計算だ。霞ケ関のある省庁の職員は「給与削減で生活は苦しく、カツカツだった。やっと終わってホッとした」と表情を緩ませた。

 さらに、給与アップは国家公務員にとどまらない。地方公務員(約231万人)の給与も国家公務員にならってアップする。このため、国と地方を合わせた公務員の人件費は、昨年度の25兆4000億円から、今年度は26兆3000億円となる見通し。実に9000億円もの増加で、歳出削減に逆行している。

 アベノミクスの恩恵を実感できている庶民は少ない。公務員の給与アップで消費の拡大を図れるとはいえ、国民にばかり負担を押しつける政策を続けていては、経済の回復はさらに遠のきそうだ。
どうなのよそれって?
出所http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140410-00000011-wordleaf-soci
コメント