”黙殺の音”低周波音 silent killer

特記「低周波音症候群被害者の会」管理人窪田氏と、当サイト「黙殺の音」管理人矢田野鴉は全くの別人格です。誤解無きように。

風力発電問題の極めて不都合な事実

2008-06-16 19:04:04 | 風車被害

Wind Turbines -Noise, Health and Human Rights Issues-

風力発電 -騒音・健康・人権問題-


拙稿「風車問題私的概要」で触れた、"Wind Turbines - Noise, Health and Human Rights Issues「風力発電-騒音、健康と人権問題」”は

「風力発電開発業者が家族の家に近すぎる場所に風力タービンを建設する際に、このサイトにおいて健康影響を検討する情報を入手する事ができる。ダウンロードするために入手可能ないくつかのアイテムがある。書類は健康(例えば不眠と関連した悪影響)に対し風力タービンは音響影響をもたらすと考えている。研究論文から、具体的な例により、騒音の放射と被爆量が重大な健康上の問題を引き起こす可能性を明らかにする。」

と言うサイトなのだが、ハッキリ言えば、「風力発電反対」サイトであり、そこには以下の3つの論文が紹介されている。

「風力タービン:騒音と健康」
 ハリー博士
 健康への風力タービンが可能な有害な問題を引き起こすことを示す予備的なコミュニティ調査の結果。

「家の近くに導入された風力タービンからの騒音放射:健康への影響」
 BJフレイ、MA and PJハッデン、BSc、FRICS
 この論文は風力タービンの音響効果と健康への騒音の悪影響を概観するだけでなく、人権問題の議論を含む。本書は、健康被害に関連して、もし、政府が、国民の基本的人権を守ると言う事より、イデオロギーの目標を達成することに重要性を置くならば、基本的人権を侵害すると考える。

「健康への騒音とその影響:短い参考文献一覧(摘要有り)はこれらの書類の準備において使われたアイテムのいくつかをリストする。
摘要を含む書誌はPubmedされたデータベース(米国医療図書館、国立予防衛生研究所)から編纂された。

 ①と③については既に少し触れているので今回は②について少し触れたい。少しというのは本当に本当で、全文は137ページもある。「遅読、積読」の私としては英語のママでは永久に読み終わることはないので、機械訳してとにかく一応日本語にして眺めてみた。例証が多いのが特徴であるが、そのなかで、特に気になった部分を紹介してみる。

詳しくは
コメント   この記事についてブログを書く
« National Wind Watch | トップ | 沖縄「普天間爆音訴訟」判決 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

風車被害」カテゴリの最新記事