アニバーサリーANNIVERSARYの花たち

フラワースタジオ「アニバーサリー」~東京・代々木上原~
ギフト、レッスン、ウエディングの花をご紹介しています!

5月の庭巡り 東武トレジャーランド

2019年05月26日 | 
今回は東武トレジャーランド。
暑いことで有名な館林の手前の茂林寺前にあります。
これは5月17日の写真です。

ここは遠いのですが、毎年必ず行くようになりました。

駅から歩くこと15分、葦のたくさん生えている湿地帯で、虫や鳥の声を聞きながらぶらぶらと。
イギリスのフットパスみたいですね。

入口を入るとすぐにバラ!バラ!バラ!
5月中旬でこれだけ咲いていたら十分です。日当たりのいい所のバラは、既に満開のものもありましたが、中のアーチの所のバラはまだこれからでした。

紫色のバラを集めている所には、小さな池があり、メダカが泳いでいました。

アーチはまだこれからでしたが、
ネモフィラは残っていたり。
ルピナスがにょきにょきと。アグロステンマが風に揺れていました。


横浜イングリッシュガーデンと同じ河合さんのバラは、微妙な色あいなのですぐにわかります。日当たりもいい場所なので、かなり咲いていました。

ブログのアップが遅れてしまったので、もうかなり庭の様子は変わってしまったと思います。

台風のような雨や風の後は、猛暑。帯広が40℃近い気温になったと知った時には、ガーデン街道の庭のことが心配になりました。

案の定、紫竹ガーデンでは、チューリップが咲いたまま、立ち枯れてドライフラワーになってしまったとか…。これからの成育が気になります。










コメント

5月の庭巡り 熱海アカオハーブ&ローズガーデン

2019年05月24日 | 
横浜イングリッシュガーデンの後、熱海まで足を伸ばしました。

アカオハーブ&ローズガーデンは、山の上までバスで連れて行かれ、歩いて降りながらタイプの違う庭を見るという、ちょっと珍しいガーデン見せ方です。

山の上のほうには、新しいカフェや庭が出来ていました。

バラは早咲きのものは見頃を迎えていましたが、全体としてはまだこれからで、もっともっと咲いて楽しませてくれそうでした。

途中で海も見えます。お天気がいいと、海の色も一層ブルーになり、とても大きな景色の中の一部に庭があるような気がします。

フォックスグローブがたくさん咲いていました。にょきっと立っているわりには、柔らかい色が多いのでよく調和していました。

実は山の上で、おにぎりを食べようとしたら、トンビにさらわれました。もうビックリ!怖かった!

皆様も気をつけてくださいね。


















コメント

母の日 「遅れてごめんね」便

2019年05月24日 | ギフト*生花
今年の母の日は10連休の後でした。
忘れられそうだなぁ…とか、連休でお金使ってしまうだろうね、とかいろいろ心配していました。

そして、母の日が終わってすぐにお客様から連絡をいただきました。

ギフトの申込の締め切りを過ぎてしまったので諦めました、というお客様、鉢植えを買ったのに、全然もたなくて母がガッカリしちゃって、というお客様、それぞれご依頼をいただきました。

市場でも、今年は「遅れてごめんね」便がいつもより増えるのではないか、という予想もありました。

生花のアレンジは、明るい色合いで元気になれるように。プリザーブドは、ホームにいるお母様が、お手入れをしなくても、いつも優しい気持ちになれるように。

遅くなっても真心は届きます。






コメント

5月の庭巡り 横浜イングリッシュガーデン

2019年05月20日 | 
先週は、勝手に母の日お疲れ様ウィークと称して、庭巡りをしていました。例年、5月15日位からの1週間から10日が庭の見頃のような気がします。

最初に行ったのは、横浜イングリッシュガーデン。
相鉄線平沼橋から歩いて10分位。横浜の一つ手前で、ホームからは高島屋が見えます。

身近に行けるガーデンで、手入れもよくされています。
ここ5年、毎年行っていますが、バラがどんどん大きくなってきました。下草も、周囲に咲くバラの色との調和がよく考えられています。

朝8時からの早朝開園に合わせて行くと、もうすでに人の列。
料金も少し高くなりますが、やはりバラの香りもよく、光も昼間ほどピカピカにならないし、暑さも違います。

思っていたより開花も進んでいて、十分見頃になっていました。

昨日の嵐のような雨と風で、どんな状態になってしまったか、心配です。









コメント

母の日一番人気はこれ!

2019年05月16日 | ギフト*アーティフィシャル・フラワー

5月らしい初夏のお天気が続いていますね。

今回の「母の日ギフト」の生花以外の1番人気は、ラベンダースワッグでした。ミニスワッグも完売しました。ありがとうございました!

ミニボトルですが香りも別につけました。
お玄関や寝室にほのかに香るラベンダーは、気分をリフレッシュするにはぴったりですね。

壁飾りのスワッグは、クリスマスの時にも、たくさんの注文をいただきました。最近は、リースよりもスワッグが人気です。

また「遅れてごめんね」という母の日ギフトも、今年はあり、のようです。

10連休でしたもんね。
スタジオでも、ご相談に応じてお送りしています。

今からでもとうぞ!


コメント

5月のブーケ

2019年05月13日 | ウエディング・ブーケ

会社の同僚のために、結婚式のブーケを作りたい、と生徒さんから連絡があったのは3月でした。

日取りを聞くと5月11日、うわぁ母の日直前!
多分この日が一番忙しい。お花は高くなるし、お手伝いをどのくらいできるかなぁと思いましたが、でもま、なんとかなるでしょ、と引き受けました。

色も黄色オレンジを中心に、緑もたくさん入れて、華やかなナチュラルブーケにしましょう、と決定。

ところが、久しぶりのウエディングでウキウキしてますと言っていた彼女から、急遽入院してしまったので、作れるかどうかが微妙になってしまいました、と電話がありました。
6時間にも及ぶ手術をした上に、出張先で倒れたとのことでした。

ということで、今回はピンチヒッターでブーケを作ることに。

作ってあげたかった!という彼女の思いも一緒に込めて。

結婚式当日は5月晴れの爽やかな日になりました。
その日の夕方、幸せいっぱいのお二人の写真が送られてきました。
おめでとうございます!

お役目は果たせたようで、ほっ。


コメント

こんな方からも…

2019年05月11日 | ギフト*生花

母の日ギフトも今日が最終日。

明日指定のお客様だけを残し、昨日までにほとんどのギフトは、ヤマトさんに預けました。

最近、母の日ギフトに、生徒さんのご家族様からのご依頼が増えて来ました。
今年も娘さんから、母が「どうしてもここの花がいいの!」とのことですのでよろしくお願いします、とご連絡をいただきました。

長くレッスンに通っていらっしゃる方なので、その方のお好きそうな花を選びました。箱を開けたら歓声が聞こえそうです。

それにしても、今日の昼間の気温は27℃になるとか!今週前半は涼しかったのに、今日になって気温が急上昇。
母の日の週は、どこの花屋さんも気温とにらめっこです。

どうか涼しいうちにお届けが終わりますように。



コメント

ライラックの季節

2019年05月09日 | 

藤が終わると、ライラックが始まります。

国産のライラックは、1ヶ月くらいしか市場には出荷されてこないので、レッスンに使いたいなぁと思っても、なかなかタイミングが合いません。

特に、この母の日までの1週間に出てくることが多く、ますますチャンスが少なくなります。花を見ながら、もうちよっと待っててね!と声をかけていますが…。

国産のライラックは、葉っぱも付いているので、若葉の柔らかい色と花の色の取り合わせが、まさに5月を感じさせます。

ライラックは、一度水が落ちて萎れた状態になってしまうと、元には戻らないため、オアシスではなく花瓶に生けます。

今年は間に合うかしら。


コメント

いよいよ始まりました!

2019年05月07日 | 


一年に一度だけの大輪のカーネーションの出番がやって来ました。微妙な色がたくさん揃うのもこの時期だけです。

他の時期、カーネーションは、それも赤だけがほとんどが仏様用に使われます。但し、それは輸入の安いものです。

今、おしゃれな花屋さんの、母の日用のアレンジには、昔ながらの赤のカーネーションが入っていることは稀です。
少しくすんだピンクや、フューシャピンクや淡い紫、濃いワインレッド等に
人気が集まっています。

10年前位までは、スプレーカーネーション(枝分かれしていて、花がこぶりなもの)に人気がありましたが、今は大輪が断トツです。

スタジオでは、火曜日までにプリザーブやドライのアレンジの準備を終え、水曜日からは生花のアレンジに入ります。

締め切りは5日でしたが、生花のほうならば、7日(火)中にお申し込みいただければまだ間に合います。

一年に一度、母上に感謝を!


コメント

ホーチミンのホテルにてその2

2019年05月06日 | 
[
これは、同じくホーチミンのホテルのロビーの花です。

入口、ロビー、カフェのあたりは、コロニアル風の雰囲気で統一され、色は白が基調です。
ただ、モダンな白とは違い、ゆったりとした暖かみのある白です。

紫陽花、蓮、バラ、エリンジウム等、花の色はブルー、グリーン、白でまとめられ、トップはシャープなグリーン。とても涼しげに見えます。


透明なガラス器に、斜めにすべての花を入れ、高低差をつけながらのデコレーションは、見る角度によって、違う印象を与えます。

これはホテルのロビーのように、どこから見ても綺麗に見えることが必要な所で使われていることが多いようです。

東京のホテルでは、白いカラーだけで同じように生けてあるのを、見たことがあります。

夏向き?なのかもしれませんね。


user_image 66/1c/d68101b7af37103babb53d0fa627e53b.jpg]
コメント