五味五感 BLOG

五味愛美、インタープリテーション、環境教育、婚活DE八ケ岳推進委員会、FM八ヶ岳、帝京学園短期大学、八ヶ岳観光圏

ワインセミナー(ドイツワインの会)

2007年04月24日 | 日々のこと
行って来ましたよー。
第2回ワインセミナー。今回はドイツワインでした。

うきうきです。
私はこのセミナー形式でお話を聞くのはとっても好き。
そうじゃなきゃ、酔っ払って忘れちゃうもの。

だからこの企画、とてもいいです。

で、今回はドイツワイン。
お話&体験も♪してきましたよん♪

今回の面白かった体験はこれ!
大きいお皿にいろんな前菜がいっぱい出てきたのです。
  ちょっと和風っぽい青菜
  ラタテューユのようなトマト煮
  美味しいフルーツトマト
  ハム&チーズ
  カナッペのような卵の少しこってりしたもの・・・・
などなど、いっぱい!!

おなかもすいていたのでバクバクと食べていたら、
ソムリエKさん:「ゆっくり食べてくださいね。そしてこのワインにはどの食事が合うか、ちゃんと確かめてください。」
私:「ひぇー、もうなくなっちゃったのもある!やば!」
と、今さらながら食事を一口食べてはワインを飲み、別の食事を口に運んでワインを飲み・・・・。
私:「ワインが甘いから酸味があるものの方が、両方が引き立つ」
Kさん:「そうなんですよ。ワインと食事の相性ってあるんです。例えばドイツワインとモズク酢とか合うんですよ。」
私たち:「えーっっ」
Kさん:「意外なものとあうことがあるのです。だから、ちゃんと自分の舌で確かめないとね」
私たち:「はーい」

何ていう話をしました。

ドイツの葡萄が育つ環境や自然のことをお聞きしました。
それぞれの地域の話をお聞きしました。格付けの話も。
そして、ドイツ文化のお話を聞きました。

  ビバ!ドイツワイン!
(ホント私、感化されやすいな。先月はビバ!ビオワイン!だったのに。)

写真はリースニング(葡萄の名前)の白ワイン。
モーゼル・ザール・ルヴァーで作られたもの。

本当に香りが素晴らしかった!
もう一度嗅ぎたい!
緯度の高い、寒い、切り立った渓谷の、土砂が砂礫で、霧がウァーって立ち込めるようなそんな場所で育ったリースニング。
気高い、リンとした、でも甘い、やさしいそんな感じ。色も緑がかかった透明な黄色い清らかな色。
表に見える表情からは分からない、いろんな背景を持っている懐の深いそんな印象をこのドイツワインに持ちました。私もこんな人になりたい。って本当に思いました。(やばっ、私、ホント影響されやすいなぁ。バカだなぁ。)

今夜はドイツワイン飲みたいなぁ。
誰か、一緒に飲んでくれないかなぁ。

愛美


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 急がなきゃ!観たい映画。 | トップ | 職食フリーマーケット »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ワインから広がる世界 (おかくい)
2007-04-25 14:21:19
一緒にワインセミナーに参加してきました。
愛ちゃん、あらためてお誘いいただいてありがとうね!
一杯のワインから広がる世界は面白かった~
一杯に込められたさまざまな思いやバックグラウンド、
一杯でふいによみがえってきた記憶…
人が手塩にかけて作ったものを頂くとき、
作り手の思いに感謝し、そこにあるたくさんのストーリーに
思いをはせたいものですね。
(愛ちゃん、リースニングじゃなくてリースリングだよん)
あちゃちゃ♪ (愛美)
2007-04-27 09:47:51
リースリングだ!
あっはっはー。

楽しかったですねぇ。
ドイツワインのストーリが見えて本当にたのしかったです♪
おかくいさんが一緒だったのでより一層楽しかったし♪
また一緒に行きましょうねー。

コメントを投稿

日々のこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

白がすごくよかった (ドイツの思い入れ)
アウスレーゼなのに甘ったるくなく、あくまで上品。酸味も舌に心地よく、とてもおいしくいだだけました。口に含んだ瞬間にハッとする感じ。自然と顔に笑みが浮かぶことでしょう。後に残る甘さは上品そのもの。これがプリュムかと納得できる1本ですので、まだ飲んだことの...