月日はパーフォレーション。

日々のつれづれ。駄文、音楽・映画の感想など。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画「レヴェナント:蘇えりし者」を観た。

2016-05-12 00:59:10 | 映画館で鑑賞
正直、あんなにグロテスクだとは思わなかったのだけど。。。R15+なのも仕方ない。
復讐することがわかっていながら観ているから、死ぬわけないのだけど、
何度も何度も瀕死の状態に陥り、レオに絡んだ人物や馬までも次々死んでいく。

人は護られるか、追われるか。そんなテーマに感じた。
熊に襲われたレオがラストの展開で暗喩だったのかと感じるところなど、輪廻を感じるし、
「バベル」の監督イニャリトゥ独特の世界観だなと。
シンプルにそぎ落とした凄みはあるけど、そんなに護られなくても。。。と感じてしまう。

息子を殺した奴とは、地に足がついている者同士なのかもしれない。
それでも、生き方に大きな差がある。レオは、結局最後まで「正義」なのだ。
そうじゃないと話が構築できないのかもしれないけど、極端すぎるように感じた。

自分のために生きるのか、他人のために生きるのか。
身を護るために熊を殺して、小熊がいて。。。そんな輪廻。
失ったものは決して戻ってこない。
大自然の中では人の存在などちっぽけで、と言いたいところだが、
あまりにもレオが強いので、それがかすんでしまっているような。

あまりにもグロテスクなので、冷静に観られたかもしれない。坂本龍一の音楽も重くてよかった。
アメリカの大自然を堪能する感じで観たほうが正解かもしれない。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どんなことがあっても。 | トップ | HOPE。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2016-05-12 09:25:36
TBさせていただきました。
またよろしくです♪
Unknown (a-applemoon)
2016-05-12 20:39:58
tbありがとうございます。こちらもおじゃましますね。
こんにちは (ここなつ)
2016-05-16 13:01:15
こんにちは。
レオナルド・ディカブリオは、本作では不死身でしたね。
息子は意外とあっさりとひと刺しで死んでしまったのに、グラスの強靭な生命力といったら…
それも全て復讐の為の生命力なのかもしれませんね。
Unknown (a-applemoon)
2016-05-18 01:30:38
訪問ありがとうございます。
ほんとうに、ありえなく強いレオでした。
ギルバート・グレイプではまったクチなので、
感慨深いです(笑)
昔も今も大スクリーンの臨場感が似合う俳優です。

コメントを投稿

映画館で鑑賞」カテゴリの最新記事

10 トラックバック

レヴェナント:蘇えりし者  監督/アレハンドロ・G・イニャリトゥ (西京極 紫の館)
【出演】  レオナルド・ディカプリオ  トム・ハーディ  ドーナル・グリーソン 【ストーリー】 アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラスは狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死の重傷を負うが、同行していた仲間のジョン・フィッツジェラルドに置き去りにされてしま...
レヴェナント:蘇えりし者 (本と映画、ときどき日常)
監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演 レオナルド・ディカプリオ     トム・ハーディ     ドーナル・グリーソン 狩猟の旅をする一団。 ディカプリオが熊に襲われ瀕死の状態。 息子と見届け人を置かれ、死を待つのみ。 しかし…。 いや~、重かった...
「レヴェナント 蘇えりし者」 (ここなつ映画レビュー)
レオナルド・ディカプリオは年を取ってから(失礼!)の方が好きなので、彼がオスカーを受賞した事は、心からおめでとうを言うよりほかの気持ちは無い。むしろ遅い、遅過ぎた、という気持ちがある程だ。というか、何もこの「レヴェナント~」で獲る必要があったのか?とい...
レヴェナント 蘇えりし者 (映画的・絵画的・音楽的)
 『レヴェナント 蘇えりし者』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)主演のディカプリオがアカデミー賞主演男優賞を受けたというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、夜、横になっている主人公のヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)が、先...
THE REVENANT (naguCo.com)
やっと観てきたディカプリオのオスカー受賞作、レヴェナント。。 素晴しいの一言に尽きる レオの迫真の演技・・・ 圧巻 ほとんど台詞なしで、表情と動きだけであの大自然を相手に演じる、まさに真骨頂 適役のトム・ハーディはイケメン度消し過ぎて誰だか分からない....
レヴェナント~蘇りし者 (シネマ日記)
上映時間が長いし、アレハンドロG.イニャリトゥ監督の作品はずっと好きだったけど、「バードマン」はワタクシはいまいちだったし、映像も暗そうだし、どうなんだろう?という気持ちはありつつ、やっぱりずっとずっと見てきたレオナルドディカプリオがアカデミー賞を取った...
大自然の猛威の中に (笑う社会人の生活)
25日のことですが、映画「レヴェナント:蘇えりし者」を鑑賞しました。 IMAXにて 狩猟中に熊に襲われ瀕死の重傷を負ったヒュー・グラス グラスを足手まといだと狩猟メンバーのフィッツジェラルドは置き去りにし 反抗したグラスの息子も殺害 かろうじて生還したグラス....
「レヴェナント:蘇えりし者」絶対不死身、ディカプリオ! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[レヴェナント:蘇えりし者] ブログ村キーワード  “アカデミー賞最多12部門ノミネート、監督賞・主演男優賞・撮影賞 受賞!”「レヴェナント:蘇えりし者」(20世紀フォックス)。実在した伝説のハンター、ヒュー・グラスの実話を基にした“サバイバル・ドラマ”。とに...
「レヴェナント:蘇りし者」 映画圧を感じる (はらやんの映画徒然草)
今年のアカデミー賞を総なめにした「レヴェナント:蘇りし者」を観てきました。 アレ
「レヴェナント:蘇えりし者」 (prisoner's BLOG)
生きるか死ぬかのぎりぎりの描写で全編を貫いていて、特に熊に襲われるシーンのリアリズムなど超絶的。 もう吉村昭の「羆嵐」とか「シャトゥーン ヒグマの森」あたりも映像化できるな、と思わせる。(もっとも何より先端技術と表現意欲とが合致して"初めて"ああ...