プチアーリーリタイアしたおひとり様の日記 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

色々あって今に至る。昨日の出来事を中心に書き残しています。

アイビスサマーダッシュ レースデータ、複勝圏軸馬予想

2016年07月30日 22時51分48秒 | 競馬
アイビスサマーダッシュ(GⅢ)
1000m 芝・直 サラ系3歳以上 オープン (国際)(特指) 別定


(7月開催となった過去10年間の複勝馬30頭の共通事項)

○前走1200m(26頭)
○前走6月以降(26頭)
○新潟芝1000m、中山芝ダ1200m、東京芝1400m連対実績(28頭)
○2ヶ月以上の休み明けから、叩き2~4走目(25頭)
△7、8枠(10年中9年でどちらか1頭は馬券絡み)
×前走ダート(1頭)
×斤量57㎏以上(1頭)
×7歳以上(1頭)
×前走海外のレースを除き重賞で1.0秒以上負け(0頭)
×馬番枠6、8、15(0頭)


(ステップレース)

※着順はそのレースでのもの

①バーデンバーデンC
 10年間6年で馬券絡み
 8頭(1着2頭、2着1頭、4着以下5頭)

②函館SS
 10年間中5年で馬券絡み
 6頭(2着1頭、3着1頭、4着以下4頭)

③CBC賞
 10年間中5年で馬券絡み
 5頭(2着2頭、4着以下3頭)



予想のヒント

1人気(4,1,0,5)
2人気(1,0,1,8)
1、2人気ともに馬券圏外 3/10年
8人気以下の馬券絡み   5/10年(6頭)


開催が7月に移行した過去10年間で、1、2人気ともに飛んだのは3度。
(更に1、2人気が揃って馬券に絡んだことは1度もない。)
8人気以下が馬券に絡んだのは、5度(6頭)で、内2頭(13、8人気)は勝利している。
(全体でも7人気以下は4度も勝利している。)

前走については明確な傾向が出ていて、3頭を除いて、6月以降の芝1200mを使われていた。
(例外の3頭は、ダ1200m、芝1600m、芝1000m)

レースデータにはあげていないが、牝馬が強いイメージのあるこのレースだが、複勝馬は、牝馬(15頭)、牡馬(15頭)となっている。
また、年齢別では、3歳(5頭)、4歳(7頭)、5歳(12頭)、6歳(5頭)、7歳(1頭)、8歳以上(0頭)となっている。


なお、外枠有利については例年下記を引用しているので、今年もあげておく。

アイビスサマーダッシュ過去の考察

http://blog.goo.ne.jp/4-t/e/238673b43204584b6e969aeaf8a8e830


新潟競馬場にしかない直線競馬だが、やはり他のレースとは求められる資質が違うと思われる。
コーナーがないと言うことは、コースによるブレーキがかからないということでもあるので、息を抜くのか抜かないのかというポイントはあるだろう。
抜くのであれば騎手の腕(コース相性)が重要か。
また、抜かないのであれば、息を入れずらい直線1000mを走り続けるだけの心肺機能が必要なのかも知れない。
(ダート短距離経験馬が好走するのは、この点からと推測する。)
私は、基本的には力を抜けない(正確にはコーナーのあるレースよりは、抜けない)と思うので、スピードだけでなく緩めずに走れるだけの持続力から、3~5歳馬が有利で、7歳以上が不振に繋がっているのではないかと見ている。
であれば、逆にコース適正が重要な尺度になるとも言える。
ほとんどの馬に、新潟芝1000m、中山芝ダ1200m、東京芝1400m連対実績があるのは、このコースとの関連性有りと見るべきか。

前述したように、外枠(7、8枠)と内枠(馬番1~5番)で、先行して押し切るか粘れる馬が有利、と見ていいかも知れない。
その他の中枠に入った場合は、余程この条件が合っていて、能力的に1枚上でないと歯が立たないかも知れない。



ワンコイン競馬の軸馬予想


④ベルカント


軸馬は唯一レースデータをクリアした。

千直競馬ほど、枠順の有利不利が出るレースはない。
ただ、前述したように、出来、適正、臨戦過程も加味する必要はある。

コメント   この記事についてブログを書く
« 佐渡ステークス レースデー... | トップ | 佐渡ステークス、アイビスサ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

競馬」カテゴリの最新記事