知的障害・発達障害  個性と可能性を伸ばす

エレファース(武蔵境・東中野・西国分寺・国立北口・国立・所沢・越谷・相模原・津田沼・国分寺・荻窪・秋津・八王子・拝島)

造形リトミック研究所

発達支援教室 Elephasエレファース [ 株式会社 SEOLEO ]
***造形リトミックメソッド*** ~音楽+造形+教科+IT+αの統合アプローチ~
〒186-0002 東京都国立市東3-13-21  電話 042-573-0830

2917.Elephas サタデーブログ ~「8月第3週のE・Blog」~

2018-08-18 05:52:32 | 理念と姿勢

2917.Elephas サタデーブログ ~「8月第3週のE・Blog」~
「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

さて8月第3週のE・Blogは、「いつかできる!」(8月14日)
皆さまは、いかがでしたでしょうか。

「いつかできるだろう」、と気を抜くのではありません。

積み重ねの力、成長の力を信頼して、日々真剣に取り組んでいくのです。

しかし、あせらず、気負わず、手応えを感じさせながら、楽しく坦々と。

惰性でやっていたのでは、いつまでたっても変わりません。

 

期限のある受験準備においても同じです。

過去問を前に、圧倒されることもあるかと思いますが、

一問一問、小問題の一問一問を繰り返し、解かせていくのです。

こんなペースでは終わらない、と講師や親御さんはあせるでしょう。

しかし、焦って時間が無為に過ぎていくより、一問でも手応えが感じられれば大きな成果なのです。ゼロでは、ないのですから。

現場から出てきた言葉は、貴重です、「いつかできる!」。

 

発達障害 知的障害 Elephas/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/</a>
>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp

コメント

2913.~気負わず、気を抜かず~

2018-08-14 05:24:12 | 理念と姿勢

2913.~気負わず、気を抜かず~

「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

発達支援教室エレファースでは、療育の毎日のようすをエレファースブログでご紹介しています。それを広く皆さまと共有できますように、本ブログでは Elephasブログにワンポイントメッセージを加えさせていただいています。

 ・・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・日々を大切に過ごすためのささやかな糧となればと思います。

 ~今日のElephasブログ:「いつかできる!」(8月14日)~

おはようございます。相模原教室の小口です。

お仕事をしながら、何年も通い続けている生徒さん。
お休みしたことがありません。毎週、宿題もしっかりしてきます。

授業では、とても集中してパソコンの練習ができます。一文字一文字必ずローマ字表を見て確認し、ずっと入力の練習を積み重ねてきました。最近では、ローマ字表を見る前に、先にキーボードに指が触れることもあり、覚えたと思う文字を入力しようとする様子が見えます。間違いに気付けるような意識が出て、自分で訂正することもできるようになりました。

生徒さんや課題によっては、明確に「いつできる?」ということが、分からないこともあります。

でも、「いつかできる!」という目的と意識を持って、これからも積み重ねていきたいと思います。

発達支援教室Elephas(エレファース)

 

◇ワンポイント・メッセージ◇

「いつかできる!」という目的と意識を持って、・・・すばらしいメッセージです。

「いつかできる」、というのは悪くすると惰性にも陥りがちです。しかし今日のメッセージは、それとは真逆です。

「いつかできる!」、を積極的な意味で実践していくためには、日々の地道な積み重ねが求められます。考えられる最高の方法で、効果的に日々取り組んでいく。しかも飽かず、楽しく。気負わず、しかし気を抜かない実践によってこそ、それは可能となるものですね。

 

発達障害の方のための塾(エレファース)
>>お問い合せ

 

 

コメント

2544.~体に感じて~

2017-06-08 05:45:45 | 理念と姿勢
2544.~体に感じて~
「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 発達支援教室エレファースでは、療育の毎日のようすをエレファースブログでご紹介しています。
 それを広く皆さまと共有できますように、本ブログでは Elephasブログにワンポイントメッセージを加えさせていただいています。

 ・・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・
日々を大切に過ごすためのささやかな糧となればと思います。

 
◇ワンポイント・メッセージ◇

~Elephasブログ「"心"って?」(6月8日)
・・・ワークの中に「心」について問われる問題がありました。生徒さんに「心にはどういう心がありますか」と質問すると、「親切な心」「大切な心」、とすてきな心の例が出てきました。「人に親切にしたことがありますか」と尋ねると、「電車で席を譲ってあげた」との返答・・・。

「心」、この生徒さんは自分なりにしっかりと心というものを感じ、理解して答えられたようですね。
しかし「心」とは、概念的というよりも、漠然としてなかなか捉えにくいものでもあります。

「胸を痛める」「胸を躍らせる」などと言いますが、心とは「胸」にあるのでしょうか?
それとも「脳」?

「電車で席を譲る」、私たちは何故そうするのでしょうか?
道徳でそう習ったから? 優先席だから?
だとしたら、それは心の働きによるものではなく、知的働きによる行為です。

この生徒さんは、きっとお年寄りへのやさしい気持ちから席を譲ったのでしょう。
やさしい気持ち、心が動く、自身の体に何かを感じる。

「ボラティア(volunteer)」の語源は、ラテン語の「volunts(自由意志)」とのこと。
傷ついた旅人を助けた良きサマリア人の話がありますが、サマリア人はなぜ旅人を助けたのでしょう。
原語で読むと、「旅人を見て、自身の内臓が動いた」、とあるそうです。

つまり、人の痛みを自身の痛みとして感じる、ということ。
「心から」「心を込めて」というのは、そういうことなのでしょう。

ひとり一人の生徒さんには、「ここぞ」というポイントの時があります。
その時に、生徒さんの切実な思いを自身の体に感じて行動的に療育に携わりたい、と思っています。




>発達障害 知的障害 Elephas/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp

コメント

2229.Elephas サタデーブログ ~「5月第5週のE・Blog」~

2016-06-04 06:57:53 | 理念と姿勢
2229.Elephas サタデーブログ ~「5月第5週のE・Blog」~
「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)


5月第5週のE・Blogは、「あせならい…」」(5月28日up)。
みなさまは、いかがでしたでしょうか。(今回は、5月28日~6月3日のブログを対象としています)


「あせらない・・・」、”また!?”と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

  あ まやかさな い
  あ せらな い
  あ きらめな い

実はElephasのこの教育理念、『3つの愛』があまり話題にされない時期もありました。
しかしある時これを初めて目にした若い社員の心に大きく響いたのか、以来この言葉は
各教室の最も目にされる場所に置かれています。

当初は創設者が筆書きしたものとそのコピーがそのまま壁に貼られていましたが、
今では額装してとても大切にしています。

こうして毎日目にするようになったからかもしれませんが、
日々の療育の記録であるElephas読んでいると、さまざまな事例の中にこの3つの言葉が
いつも見え隠れしていることに気づきます。

一人ひとりの生徒さんの成長や成果に触れる時、
「あぁ、やっぱり、あせらなかったから・・・」とか、
「あきらめないで、よくつづけたな・・・」とか
「あまやかさないで、方針をしっかりとみつめているな・・」などとしみじみと感じ、
時には感動することもあります。

しかもこれら3つの言葉は、単独で作用しているのではなく、
相互に連関しながら作用しているのです。

『3つの愛』が、日々の生活の「実(じつ)」となり得ることを心から願っています。
長年療育に携わらせていただいている私においても、皆さまにお伝えしたいのは、
この『3つの愛』だからです。



造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害 Elephas/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp
コメント

1827.Elephas サタデーブログ ~「2月第3週:今週の心に残ったE・Blog」~

2015-02-21 06:37:36 | 理念と姿勢
1827.Elephas サタデーブログ ~「2月第3週:今週の心に残ったE・Blog」~
「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)


2月第3週のE・Blogは、「楽しく! 無理をさせない!」(2月16日up)。
みなさまは、いかがでしたでしょうか。


「・・・授業中は後ろを向いて座っていると先生からお話があって、」というのが、
はじめて教室にお電話をくださった時のお母さまのお話しだったそうです。

それからちょうど2年後のいま、
「学校の先生が最近とにかく褒めてくれます」とのこと。

すばらしい成長ですね。
この背景にあるのは、とにかく「楽しく!無理なく!」。
Elephasから発信したいのはこの一言に尽きます、と申し上げても過言ではありません。

指示、注意、叱ること、ではなく、日々普通に、恙なく。そこに、一日一言でも”褒める”が
加われば最高です。その一言で、生活リズムも整うというものです。

生活リズムが整えば、生活態度の変化も学習の成果も自ずと現れてきます。、


「楽しく!無理なく!」、この一言に尽きます。




造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害 Elephas/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp
コメント

1760.~思いをかける~

2014-12-05 06:21:02 | 理念と姿勢
1760.~思いをかける~
「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 発達支援教室エレファースでは、療育の毎日のようすをエレファースブログでご紹介しています。
 それを広く皆さまと共有できますように、本ブログでは Elephasブログにワンポイントメッセージを加えさせていただいています。

 ・・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・
日々を大切に過ごすためのささやかな糧となればと思います。


◇ワンポイント・メッセージ◇

~Elephasブログ『受験、良い経験として』(12月5日)
・・・就業技術科の受験が迫っています。今年の受験生に思いを馳せると同時に、
   過去の受験生も思い出します・・・。


就業技術科の適性検査は、いよいよ明日となりました。
この一週間はリラックスして過ごしましょう、とアドバイスしたものの、
受験生のみなさんの気持は高まってきていることでしょう。

ひとり一人の生徒さんにお伝えしたメッセージをまた一度心の中で復唱し、
届けたいと思います。


思いをかける。
これは日々の療育においても同様です。
坦々と生活や学習を進めることのできている生徒さんには坦々と。
何か問題点を抱えている生徒さんにはより深く、より頻度高く。

「きょうは、気持ち穏やかに登校できるかな・・」と思う生徒さんが、今います。
また、高い望みをかけた就職活動の結果が、未だ出ない生徒さんがいます。
そして、あす受験の生徒さん方います。

ひとりひとりの生徒さんに思いをかけ、
マイナーに悩むのではなく、対策と方法に静かに気持ちを燃やしましょう。




造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害 Elephas/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp
コメント

1713.~一歩離れて~

2014-10-15 06:01:34 | 理念と姿勢
1713.~一歩離れて~
「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 発達支援教室エレファースでは、療育の毎日のようすをエレファースブログでご紹介しています。
 それを広く皆さまと共有できますように、本ブログでは Elephasブログにワンポイントメッセージを加えさせていただいています。

 ・・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・
日々を大切に過ごすためのささやかな糧となればと思います。


◇ワンポイント・メッセージ◇

~Elephasブログ『あせらない あまやかさない あきらめない』(10月15日)
・・・授業プログラムが、いつもぴったり上手くいくとは限りません。
そんな時はエレファースの3つの愛を心に留めて、また次の準備にむかいます・・・。


3つの愛「あせらない あまやかさない あきらめない」は、
初代玉野良雄所長から受け継がれるElephas の大切な言葉です。

生徒さんが授業にうまく乗れなかった時も、逆に小さな成果、大きな成果が感じられた時も、
また親御さんから相談事を受けた時も、この言葉は気持ちをすっと切り替える力を発揮してくれます。

事態から一歩離れて、少し広い視野で見直すことを可能にしてくれます。
授業も子育ても、いつも完璧ということはありません。

一生けんめいに取り組んでいるからこそ、実際とのずれが生じることもあるのです。
そんなとき、事態からほんの少し離れて眺めれば、次への視野が開けてきます。

また何か成果を得たときには、
「これで良かったんだ・・」とこの言葉がしみじみとよみがえってきます。


教室から、ご家庭へ、より広くこの言葉が広がっていくことができますように。





造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害 Elephas/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp

コメント

1525.Elephas サタデーブログ ~「4月第1週:今週の心に残ったE・Blog」~

2014-04-05 06:46:34 | 理念と姿勢
1525.Elephas サタデーブログ ~「4月第1週:今週の心に残ったE・Blog」~
「知的障害児者、発達障害児者 個

性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)




4月第1週のE・Blogは、「JR横浜線、新型車両!」(4月3日up)。

なぜこのブログをきょう取り上げたのか?
それは、療育の目指しているものの一つの姿がここに見られるからです。

社会や生活環境の中の変化に気づき、心を動かし、それを誰かに伝え、思いを共有する。

SSTの目指すものとも、重なります。
マニュアル的な項目をクリアーしていくだけでなく、
ひとつの存在として活き活きと生きる姿、形式を形成していく、
療育の目的はそこにあります。

生活スキルの学習も、教科の学習も、コミュニケーションスキルの学習も、ソーシャルスキルの学習も、

全ては、ひとり一人が主体として活き活きと生きるためのものであり、プログラムはそこに繋がっていくことが求められるます。


療育の目的をしっかりと認識することで、
日頃の学習プログラムやアプローチの仕方も変わってくることでしょう。




造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害 Elephas/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp
コメント

1513.~絵画活動を見守る~

2014-03-24 06:56:14 | 理念と姿勢
1513.~絵画活動を見守る~
「知的障害、発達障害 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 発達支援教室エレファースでは、療育の毎日のようすをエレファースブログでご紹介しています。
 それを広く皆さまと共有できますように、本ブログでは Elephasブログにワンポイントメッセージを加えさせていただいています。

 ・・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・
日々を大切に過ごすためのささやかな糧となればと思います。



◇ワンポイント・メッセージ◇

~Elephasブログ『ミニギャラリーです!』(3月24日)~教室の作品展示の中に自分の絵を見つけると、
 「あった!」と叫んだり写真を撮ったり、生徒さん方は大喜びです・・・。


絵画は教室に通われるすべての生徒さんにかなう表現活動です。

講師が手を添えて作品を完成させることもあります。

「なーんだ、手伝ってもらって描いたのか」
「ひとりで描いて、って言ったら何にも描けなかった」という心無い言葉を時折耳にすることもありますが、
専門の講師たちは手を添えながらもひとり一人の生徒さんの思いや、息遣い、動きを引き出し、独自の表現を可能にさせます。


先日、一年分の造形の宿題を一冊に綴じてご家庭にお渡ししました。
ご覧になったお父さまが、「すごいね。これは○○ちゃんの宝物だね」とおっしゃったそうです。

お母さまの眼差し、言葉かけ、手を添えての作業の中で一枚一枚取り組まれた宿題です。
100枚程に及ぶでしょうか。


認知、認識、感性、思索、技術、集中力、持続力、さまざまな力の度合いはそれぞれです。
その中で、全ての方に造形表現を可能にするのは、このような心向きであり、眼差しです。




造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害 Elephas/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp
コメント

1363.Elephas サタデーブログ ~「10月第4週:今週の心に残ったE・Blog」~

2013-10-26 21:46:04 | 理念と姿勢
1363.Elephas サタデーブログ ~「10月第4週:今週の心に残ったE・Blog」~
「知的障害児者、発達障害児者 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)


今週は、台風27号の影響を心配していましたが、休室することなく終えることができました。

さて、10月第4週のE・Blogは、「今年も絵画展に出品 」(10月23日up)。
みなさまは、いかがでしたでしょうか?

”絵画展を毎年楽しみにし、大事にしています”、とのこと。
その”大事さ”の気づきと表明がこのブログの魅力です。

”出品すること”自体ではなく、そのために造形リトミックと集中的に深く真剣に向かい合う、
ということが大切なのです。



Elephasでは、絵画は造形リトミックメソードに基づいて取り組んでいます。
メソードには、単に絵画法だけではなく、Elephasの教育のあるべき姿が凝縮されています。
Elephasの理念を方法論化し、具体化しているのが造形リトミックメソードであり、
また同時に造形リトミックメソードの理念を方法論化、具体化しているものがElephasです。

その意味で、両者は表裏の関係にあります。

造形リトミックを知るものは、絵画以外の教育においても、分析的であり、柔軟であり、
またクリエイティブであり、豊かであり、・・・少なくともそうあろうとしています。
そういった科学的志向があってはじめて、生徒さんとの学習に楽しさも実現できます。
指針に、近田強さも出てきます。

毎年、絵画展を経験するたびに、講師ひとり一人が理念を体得し、技量が増すことは大きな喜びです。




発達支援教室Elephas・造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害 Elephas/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp
コメント

336.~共通の目標~

2013-09-30 06:19:08 | 理念と姿勢
336.~共通の目標~

「知的障害児者、発達障害児者 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 発達支援教室エレファースでは、療育の毎日のようすをエレファースブログでご紹介しています。
 それを広く皆さまと共有できますように、本ブログでは Elephasブログにワンポイントメッセージを

加えさせていただいています。

 ・・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・
日々を大切に過ごすためのささやかな糧となればと思います。


◇ワンポイント・メッセージ◇

~Elephasブログ『知ってる、わかる』(9月30日)~越谷教室に長く通われているTくんは、「知ってる」「わかる」と言わんばかの笑み。
まさに今、花が咲いたという状況でしょうか・・・~

教室では、保育園、幼稚園、通園施設に通う小さなお子さんから、小・中・高の普通学級、特別支援学級、特別支援学校に通う学齢のお子さん、
また作業所や企業に通勤する成人の方々が、それぞれに個別学習を継続されています(SST、特別講座などはグループ学習)。

「こんなことも出来るようになるのですね」と親御さんのご期待以上の可能性を見据え、
無理なく、楽しく学習を継続させ、お一人お一人の目標と夢を実現させることがElephasの役割です。

他の生徒さんとの比較ではなく、本当にその生徒さん自身の生き方を正面からとらえて、
日々大切に授業を積み重ねていっています。

喜びのある、充実した人生を歩むこと、それはどの生徒さんにも可能な共通の目標です。

講師のみなさん、そのためには小さな躓きにも心を配り、その問題解決のためには心を燃やしましょう。





造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害 Elephas/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp
コメント

1213.Elephas ホリデーブログ ~「態勢と体制」~

2013-05-26 21:21:59 | 理念と姿勢
1213.Elephas ホリデーブログ ~「態勢と体制」~
「知的障害児者、発達障害児者 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)


 学習態勢と学習体制。
 辞書的には、「態勢」は、(一時的・部分的な)身構え・対応とありました。
     また「体制」は、(持続的な・統一的な)仕組み・組織とありました。

 ひとり一人の生徒さんの学習に向かう様子を示す時は、前者の「態勢」という言葉を用い、
 私としては、「態勢」には、文字通り、「態度と姿勢」という意味を盛り込み、大切に考えてきています。


 学習に向かう時の本人の、意気込み、意欲、関心、興味、集中度、学習主体としての心身の充実度は、
本人の「態勢」に表れます。

 先日、ある生徒さんを見ていて、痛感しました。

 背筋をピーンと伸ばして机に向かうその姿に、・・・気持ちの良いほどの”充実”を感じました。
これは、「背筋を伸ばして!」という外からの指示でなるものではありません。

本人の中身の在りようが、外から見える形(姿勢)となったものです。

 では、いかにしてそのような態勢を獲得させるか?
 Elephasが求めているものは、まさにそこにあります。

 ・楽しい
 ・ちょっと簡単から
 ・知ることの喜び、 Elephasがモットーとしているこの3点は、”学習主体の充実”ということに直結するものです。

 わかる、できる、楽しい、最近ではいろいろな他機関や場所でも言われてきています。

 しかし、この実践は意外と難しく、深い意味合いがあります。
 ある意味、価値の転換でもあります。

 長く、この3点を追求してきたElephasとしては、この本質的意味合いを実践に結び付け、
 一人一人の学習”態勢”を形成していきたいと考えています、

 

発達支援教室Elephas・造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害 Elephas/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp

コメント

1197.~変わらぬ基本~

2013-05-10 06:49:54 | 理念と姿勢
1197.~変わらぬ基本~
「知的障害児者、発達障害児者 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 発達支援教室エレファースでは、療育の毎日のようすをエレファースブログでご紹介しています。
 それを広く皆さまと共有できますように、本ブログでは Elephasブログにワンポイントメッセージを加えさせていただいています。

 ・・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・
日々を大切に過ごすためのささやかな糧となればと思います。



◇ワンポイント・メッセージ◇

~Elephasブログ『安心する場所』(5月10日)~新学期、学校ではいろいろな変化がありましたが、教室には「いつも通り」がたくさんあります・・・~


ご家庭同様に、教室が生徒さん方にとって「安心できる場所」であることはとてもうれしいことですね。

学習内容、季節、臨時の変更・・・、教室でも変わりがないわけではありません。
しかし、変わらない何かがあり、それが安心感の基礎となっているのでしょう。

変わらない何か・・・。それはその日の始まりのご挨拶かもしれません、プログラムの順番かもしれません、
特定の”この曲”かもしれません、また「いつもと同じようにできた」という自信かもしれません・・・・。

それプラスElephas 固有の特性でしょう。”たのしい””ちょっとかんたんなことから””知ることの喜び”。
それが、”わかる””できる””おもしろい”、と自信や興味につながっていきます。

生徒さんが日頃の授業からそれを感じとっていてくれることが、何か変化があっても持ちこたえられる力となっているのでしょう。

変わらぬ基本があることによって、変化に対応する力が備わってくるのです。







造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害 Elephas/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp
コメント

1160.Elephas ホリデーブログ ~花冷え・・~

2013-03-31 21:09:03 | 理念と姿勢
1160.Elephas ホリデーブログ ~花冷え・・~
「知的障害児者、発達障害児者 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

きょうは寒かったですね、気温は8℃。本格的な冬支度の時と同じ気温です。でも明日はもう4月という頭もあるので
若干うす着で出かけたら、なんと寒かったこと。

ほぼ満開のさくらの中、これがまさに花冷えでしょうか。

花冷えといえば、・・・先日中学の教科書の中から紹介された俵万智さんの文章の一節を思い出しました。


(引用)私の好きな春の言葉

「花曇り……なんて優しい響きの言葉だろう。」
そう思って空を見上げると、一面に広がる雲も、なかなか風情のあるものに見えてくる。われながら、おかしいくらいの変

わりようだ。まるでそれらの雲は、強すぎる日ざしから、桜の花びらを守ってくれているようにさえ感じられる。あるとき

には、雲そのものが、空に敷きつめられたふかふかの花びらのようにも見えた。


本当に言葉って不思議ですね。
世界をすっぽりと変えてしまいます。まったく新しい世界がひらけてきます。

「この曇では、せっかくのさくらもほんとに残念ね」と言ってしまえばそれまでのもの。
でも同じ曇天を花曇りというだけで、曇りの日のさくらも何ともすばらしい最高のさくらになってしまいます。

療育においても、こんなすばらしい言葉で語りたいものです。

たとえ、30点でも。
たとえ、多動傾向があっても。
たとえ、少し後戻りしてしまっても。

そこに秘められている力に気づくことができれば、次のステップへと向かえます。
講師は、いつもプラスの言葉を持ち、プラス思考を。




発達支援教室Elephas・造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害 Elephas/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp

コメント

1075. ~時のくぎり~

2013-01-03 07:19:24 | 理念と姿勢
1075. ~時のくぎり~
「知的障害児者、発達障害児者 個性と可能性を伸ばす!」
: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)


 発達支援教室エレファースでは、療育の毎日のようすをエレファースブログでご紹介しています。
それを広く皆さまと共有できますように、本ブログでは Elephasブログにワンポイントメッセージを加えさせていただいています。

 ・・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・
日々を大切に過ごすためのささやかな糧となればと思います。



◇ワンポイント・メッセージ◇

~Elephasブログ『元旦、空気も澄んで』(1月3日)~元旦の食卓は清々しく空気も澄んで、心もリセット・・・~


お正月は、なにか特別な時間が流れているように感じられます。

新年だからでしょうか。
新しい始まりだからでしょうか。
生活中心の時間だからでしょうか。

時のくぎりは、人を新しい思いにさせてくれます。
年であったり、季節であったり、月であったり、週であったり、日であったり・・・。

歳時記はその時その時の、受け継がれ、共有される、事象や感性を伝えてくれます。

そんな感性を持ちながら、一日一日を豊かに、さわやかに過ごしていきましょう。

今日からまた、新たな出発です、という恩師の言葉がまたひとつ深まりました



発達支援教室Elephas・造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp
コメント

造形リトミック研究所

株式会社 SEOLEO 発達支援教室Elephas
〒186-0002 東京都国立市東3-13-21
  042-573-0830
*国立教室は、国立市、立川市、国分寺市、小金井市、府中市、日野市、小平市、三鷹市、武蔵野市、昭島市、調布市、田無市、青梅市、渋谷区、中野区、世田谷区、新宿区、文京区、江東区、北区などからいらしています。
*相模原教室は、相模原市、八王子市、町田市、川崎市、横浜市、海老名市、多摩市、小田原市、千代田区などいらしています。
*所沢教室は、所沢市、東村山市、狭山市、入間市、川越市、日高市、練馬区、豊島区、新宿区などからいらしています。
*越谷教室は、越谷市、川口市、草加市、八潮市、岩槻市、足立区、久喜市、さいたま市などからいらしています。
*津田沼教室は、習志野市、船橋市、千葉市、松戸市、港区、浦安市、佐倉市などからいらしてます。
*横須賀教室は、横須賀市、横浜市、逗子市などからいらしています。

まずは、体験授業にいらして下さい!


http://www.zoukei-rythmique.jp/archives/taiken/