知的障害・発達障害  個性と可能性を伸ばす

エレファース(武蔵境・東中野・西国分寺・国立北口・国立・所沢・越谷・相模原・津田沼・国分寺・荻窪・秋津・八王子・拝島)

造形リトミック研究所

発達支援教室 Elephasエレファース [ 株式会社 SEOLEO ]
***造形リトミックメソッド*** ~音楽+造形+教科+IT+αの統合アプローチ~
〒186-0002 東京都国立市東3-13-21  電話 042-573-0830

3744.~就学~

2021-04-21 05:39:54 | 生活

3744.~就学~

「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 ・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・

 ~今日のElephasブログ:「新しい春」(4月21日)

おはようございます。相模原教室の安倍です。

新学期が始まりました。新しい学校、新しい制服、新しい先生、新しい友達。

「新しい」ばかりの春です。

とても楽しくワクワクしている生徒さんもいれば、

不安で一杯の生徒さんもいらっしゃいます。

特に小学校新1年生の皆さんは、

「(幼稚園のように)お迎えのバス来ないよ」「20分も歩くよ」「ランドセル重いよ」、

と楽しい中でも体力的にも大変です。 

「エレファースに来たら、ほっと安心して勉強できる」と思っていただけるように、

ひとりひとりの体調や気持ちにいつも以上に寄り添っていきたいと思っています。

 

◇ワンポイント・メッセージ◇

同じ「新しい」の中でも、小学校の入学は人生の中でとっても大きな「新しさ」ですね。社会への一人歩きの初めの一歩とも云えます。幼稚園も家庭から出て別の集団へという点では社会への一人歩きと云えそうですが、幼稚園は園:親御さん(+子ども)という関係性です。それに対して、小学校は学校:子どもという関係になります。子どもは先生との約束事項は連絡帳に書いて実行します、親御さんへの通信物は自らが持ち帰って親御さんに渡す、という責任をもちます。その意味で、社会への第一歩なのです。そこで生じる責任に誇りを持たせ、りっぱに行っていることを認めて褒め、力及ばないところはさりげなくサポートする。少しずつ自立的に成長できるよう、付かず離れず見守ってあげる、そんな親子の関係性ができると良いですね。

 

 

発達支援教室Elephas(エレファース) 

>>お問い合せ

 

 

 

コメント

3743.~好きなことから~

2021-04-20 05:42:26 | ケースに学ぶ

3743.~好きなことから~

「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 ・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・

 ~今日のElephasブログ:「キーボード入力」(4月20日)

おはようございます。相模原教室の北村です。

小学6年のM君は、パソコンゲームに夢中だそうです。

キーボードでゲームをするらしいのですが、M君に

「キーボードで文字の入力はできるの?」と聞くと

「まだ、できない」との返事。

ならば、と「あいうえお」の入力を教えると、一瞬で習得。

あまりの速さに驚いて、か行を教えると、またすぐに覚えてしまいました。

そしてM君が50音を入力できるようになるまでに2回の授業の中で合計30分もかかりませんでした。

M君は書字が苦手で、ひらがなや漢字を書くことに苦労があります。

これからの時代は、パソコンスキルが彼の苦手を補ってくれる状況も増えてくると思うと、少し安心しました。

そのためにも、漢字や文章を読む力は、より必要になっていくと思います。

ゲームを通して、パソコンやキーボードに興味を持てたタイミングも功を奏しました。

ゲームでも文字打ちでも素早く正確に打ち込むことが求められるからです。

 

◇ワンポイント・メッセージ◇

50音の入力習得に30分もかからなかったとはすごい。好きこそものの上手なれ、まさにM君のことですね。単語から、文、文章へ、指が語や文の形成と理解を導いてくれることで国語力も増すことが期待されます。それだけでなく、他の学習にも応用できますね。楽しみです。

 

 

発達支援教室Elephas(エレファース) 

>>お問い合せ

 

 

 

コメント

3742.~良いスタートで、目標達成を~

2021-04-19 05:38:07 | 生活

3742.~良いスタートで、目標達成を~

「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 ・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・

 ~今日のElephasブログ:「希望を叶える」(4月19日)

おはようございます。 相模原教室の小口です。

新年度を迎え、新生活が始まりました。

このような状況下、入学や新学年への心配、不安を抱えていた生徒さん。

また、期待や希望がいっぱい過ぎて、入学まで楽しみで楽しみで仕方がなかった生徒さん。

どの生徒さん方も、今は、毎日元気に通学されています。

新学年のクラス替えや新担任の先生、勉強が難しくなることへの不安、環境や状況の変化を心配していた生徒さん方も、落ち着いて楽しく通学されています。

一年一年、確実に成長をしていく姿を見てとてもうれしく感じます。

今年度も、受験や教科学習、生活課題等々、生徒さんひとり一人に大事な目標があります。

家庭や学校での様子にもしっかりと目を向け、目標達成に向かって進めていきたいと思います。

講師としても「希望を叶えられる教室」という目標を持ち、生徒さんの気持ちに寄り添い、期待に応えられる講師(教室)を目指して取り組んでいきます。

 

◇ワンポイント・メッセージ◇

環境の変化に向け、毎年この時期は心配や不安が先行しがちです。でも実際に始まってみれば、「落ち着いて楽しく通学されています」と今日のブログにもありますね。配慮は必要ですが、周囲も過度に反応しないことが大切です。それよりも、予測されることに対し前もってできる範囲で準備を整えておくこと。そう、新学期への対策です。楽しく通学の練習、楽しく学校の情報探索、楽しく予習、・・・「新学期が楽しみで楽しみで仕方がない」、そんな気持になれるとイイですね。良いスタートで、目標達成を。

 

 

発達支援教室Elephas(エレファース) 

>>お問い合せ

 

 

 

コメント

3741.~好きな世界を~

2021-04-17 05:47:54 | ご連絡

3741.~好きな世界を~

「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 ・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・

 ~今日のElephasブログ:「楽しい気分で、算数も」(4月17日)

おはようございます。花小金井教室の小山です。

Kちゃんは新4年生です。

やりたいこと、やりたくないことがはっきりしています。

虫は大嫌いだけど、お花は大好き。

春になり、桜、チューリップと、お花の工作が続き、ご機嫌で作業を進めます。

桜の花には、嫌いだったはずの、ちょうちょもとまっています。

出来上がると、まっさきに、お母さまに見せにいきます。

聞くとその日は、教室に来る前に、お花を買ってお庭に植えてきたそうです。

工作が終わったら、算数の時間です。

お花を作って、楽しい気分のまま、算数もがんばります。

きらいなことが、少しでも、好きに近づいていけますように。

 

◇ワンポイント・メッセージ

お花が大好きなんて、いいですね。折しも今は、お花あふれる春。チューリップの花びら6枚、おしべは6本、真ん中めしべ、工作しながら一つひとつ確認できますね。ほんもののお花も植えて、今日はお花づくしでしたね。好きな世界のあることはすばらしい、算数だって楽しくなりますね。Kちゃんの世界を大切に育てていきましょう。

 

 

発達支援教室Elephas(エレファース) 

>>お問い合せ

 

 

 

コメント

3740.~理解へと~

2021-04-16 06:10:55 | 「指導のポイント」

3740.~理解へと~

「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 ・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・

 ~今日のElephasブログ:「何分後・何分前」(4月16日)

おはようございます。所沢教室の佐藤です。

今月から高等部2年生のK君。

「時計の学習もやって頂けると嬉しいです」というご家庭のご希望を受け、

この一年間は「時刻と時間」の学習を進めてきました。

「何時何分」は習得していたので、

「何分後、何分前は何時何分を時計の針を見て答えられるようにする」という課題に取り組みました。

最初に用意したのは、「今、3時です。10分後は□時□分です」という文章だけのもので

時計盤を使って行ってみたのですが、どうもピンとこない様子でした。

そこで何分後は足し算、何分前は引き算として計算で求められる形式にしてみると、

しだいにこの考え方が定着してきました。

けれども、計算上はできても意味は分かっていないと思われたので、集合時間(何分後に集まる)や電車の時刻(何分後に到着)など、日常で使われる場面の絵をつけて問題にしてみました。

そして、再び最初の時計盤の問題に戻ってやってみるという繰り返しを続けた後、

何回目かで、K君は迷いなく目で針を見て答えられるようになりました。

今は、午前・午後、一日は24時間を学習中です。

これについても、生活に役立てることができるような工夫をしていきたいと思います。

 

◇ワンポイント・メッセージ

問題文と時計、問題文と計算、問題文にイラスト(具体化)、ステップを踏んで学習を進めていったことが良かったですね。計算で答えを求められたから云って、そこで学習を終わらせなかったことがポイントです。教えられた操作でできただけのことは、少し時が経てば忘れてしまいます。いかに理解に至らせるか、講師は常にそれを念頭に置いておきたいものですね。

 

発達支援教室Elephas(エレファース) 

>>お問い合せ

 

 

 

コメント

3739.~時にはオーバーステップも~

2021-04-15 06:09:26 | 「指導のポイント」

3739.~時にはオーバーステップも~

「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 ・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・

 ~今日のElephasブログ:「お金の学習」(4月15日)

おはようございます。所沢教室の吉住です。

社会人のKさんは、主にお金の支払い方を学習しています。

親御さまより、

「購入する商品にあわせて臨機応変に支払いができるようになってほしい」とのご要望がありました。

Kさんには、お金を出した時に商品と同じ額か多めでなければ商品を買うことができないこと、

同じ額といっても硬貨とお札の組み合わせは一通りではなく何パターンもあること。

このことを理解してもらう練習を重ねることにしました。

硬貨とお札の組み合わせ方の練習が進んだところで、二つの額のお金を並べて示し、

どちらが多いか少ないかを考えていきます。

わざと少ない額の方に硬貨を沢山並べ、パッと見た時、大きい額に勘違いするような並べ方をしたりもしました。

そんな見た目のお金の多さにも惑わされなくなり、額の大小を比較することができるようになったら、

いよいよ買い物の模擬練習です。

値段を貼り付けた仮の商品を机上に置き、講師がKさんにお金を渡し、そのお金で商品が買えるかどうかを考えます。

分かりやすい様にKさんの目の前には、

(お金が商品の額より)多い→買える○、同じ→買える○、少ない→買えない×

と書いた紙を置きました。

段々と○×の紙を確認しなくても正解することが増え、手持ちのお金に払えるパターンがいくつかあることも、

わかるようになってきました。

熱心に取り組まれてきたKさん。悩まず支払いが出来るようになるまでもう一息ですね!

 

◇ワンポイント・メッセージ

私たちは店頭で、なぜお金を適切に取り出すことができているのでしょう。そこにはさまざまな機能が相互に関連しながら作用していることが分かります。しかし私たちはその一つひとつを順に機能させて考えているわけではありません。実際にお金を使うことによって、感覚的に慣れてきているということも大きな力となっています。地道に学習を重ねてきているKさん、この辺で実際にお金を使ってみることもお勧めです。これまでの学習がさらにステップアップされる可能性があります。時には、オーバーステップも効果的です。

発達支援教室Elephas(エレファース) 

>>お問い合せ

 

 

 

コメント

3738.~新しい環境で~

2021-04-14 06:25:52 | ケースに学ぶ

3738.~新しい環境で~

「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 ・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・

 ~今日のElephasブログ:「それぞれの成長」(4月14日)

おはようございます。所沢教室の鹿間です。

4月に入り、新年度が始まりました。

小学3年生から一緒に勉強しているT君は、中学生になりました。

4年前小さい椅子に座って授業を受けていたT君、今では背が伸びて講師を見下ろすほどです。

2年間ほど授業を受け持っているY君とR君も4月から中学生です。

二人とも講師より小さかったはずが、あっという間に講師に追いつき、抜いてしまいました。

初めて会った時、中学生だったAさんは社会人になりました。

以前はお母さまと来室していましたが、今は電車を乗り継いで一人で通っています。

持ち物や予定などをメモし、確認しながら行動できるようになりました。

高校生になったTさんも電車に乗って一人で教室に来るようになりました。

春期講習も受講してしっかり高校の準備学習ができました。

生徒の皆さんの成長がとても嬉しく感じられる春です。

 

◇ワンポイント・メッセージ

今日の5人の生徒さん方は、みな新しい環境へと進まれた方々ですね。それぞれの環境での第一歩はいかがだったでしょうか。昨日は、コロナ禍による職場待機を経て、転職されたひとり生徒さんの会社への訪問が行われました。兼ねてからの希望であった事務職に就き、ご本人も「快適です」ととても満足そうであり、またこちらから見てもとても立派な働きぶりであったとの報告。大変うれしいことです。ご家庭と連携して就職準備や職場実習を重ねて開かれた新たな道です。みなさん、新しい環境での一歩一歩を着実に進めていきましょう。

 

発達支援教室Elephas(エレファース) 

>>お問い合せ

 

 

 

コメント

3737.~変化・安定~

2021-04-13 06:02:19 | 生活

3737.~変化・安定~

「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 ・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・

 ~今日のElephasブログ:「新年度に」(4月13日)

おはようございます。所沢教室の増原です。

新年度、社会人の生徒さんも小中高の生徒さんも

新たな気持ちで学習をスタートさせました。

社会人の生徒さんはPCのスキルアップを継続中。

文字入力、サイズ変更、表作成などの基本操作から、

フォントや色、レイアウトによる仕上がりの違いについても学んでいます。

PCに触れる機会は主に授業の時だけなのですが、“継続は力なり“で少しずつ着実にステップアップしています。

小中高の生徒さんは、各々の目標に合わせた単元の習得に力を入れています。

苦手な問題は類題を自力で正答できるまで何度も繰り返し、宿題としても取り組んでいます。

粘り強く頑張っている甲斐もあって理解が進んできました。

また、長文に慣れ、読解力を身に着けるために、Elephasオリジナルの読解ワークにも取り組んでいます。

時事を含め様々な話題に触れることで知識や視野を広げ、総合的な学力の向上を目指しています。

 

◇ワンポイント・メッセージ

4月、花開き若葉の季節へと向かうこの時季は気持ちもリフレッシュされます。が、中には環境の変化により、少し気持ちの揺れる生徒さんもいらっしゃいます。そんな時こそいつもと同じに安心して通って来られる場所でありたいと思います。安心できる教室環境、プログラム、学習内容。課題に取り組むことは作業であり、その作業自体が心理的安定をもたらします。授業の始まりの時よりも、お帰りの時に気持ちがすっきりし、満足して帰られればとても理想的です。

 

発達支援教室Elephas(エレファース) 

>>お問い合せ

 

 

 

コメント

3736.~具体物を使って~

2021-04-12 05:54:32 | 「指導のポイント」

3736.~具体物を使って~

「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 ・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・

 ~今日のElephasブログ:「割り算のイメージを」(4月11日)

おはようございます。所沢教室の榎戸です。

今月入会のSくん、4年生。

割り算の筆算が始まる前に、余りの無い横式の割り算の復習を計画していました。

「むりむりむり。学校で前にやったけど、知らなかったもん(解らなかった)」、

「大丈夫。魔法をかけるときっとできるよ。その前にチューリップを作りましょう」。

「チューリップ一本に葉っぱは2枚切ってね」、

「じゃあ、2本作るから4枚ってこと?」

「正解。やっぱりお母さんの分も入れて3本作ろうか」、

「じゃあ、葉っぱ6枚だね。」即座に計算して答えます。

「同じ数ずつ増えるときは、掛け算で計算できるよね」

「みんなの分5本作るときは・・・2×5で10」、得意げに答えます。

葉っぱを10枚切り終わったところで、

「たくさん切れたので、Sくんと先生で分けようか。」

「いいよー」と言いながら1枚ずつ2枚のお皿にわけていきます。

「分けるときは割る計算をすると、早くわかるよ」。

「ふーん。じゃあ10÷2は2×5だから5枚」といいながらお皿の中の葉っぱを数えます。

「ほんとだ。5枚」目をまん丸にして驚いた後、満面の笑顔で

「10本作るときの葉っぱは2×10で20。先生と分けるときは割り算して 20÷2で10枚ずつだ」

割り算のイメージが少しできたようです。

用意した魔法はまだ残っています。

次回の授業が待ち遠しいとわくわくした一コマでした。

 

◇ワンポイント・メッセージ

「むりむりむり」と割り算は敬遠気味であったものの、スムーズに割り算へと導入できました。かけ算には習熟している上に、工作を通して具体的に個数を目にし手にしていたことで、割り算への切り替えもイメージがしやすかったようですね。ご入会初回の授業で、苦手意識が軽減されたことはとても良いスタートでした。

 

発達支援教室Elephas(エレファース) 

>>お問い合せ

 

 

 

コメント

3735.~いよいよ受験生~

2021-04-10 05:28:39 | ケースに学ぶ

3735.~いよいよ受験生~

「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 ・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・

 ~今日のElephasブログ:「来年は受験だ!」(4月10日)

おはようございます。津田沼教室の有藤です。

4月から中学3年生になったK君。

中2生の頃から学校のテスト前になると「来年は受験だ」と言っていました。

受験への不安な気持ちが、みられます。

受験を意識することは、良いことです。

早めに志望校を決めるとやるべき事や苦手箇所が、わかってきます。

それを1つ1つ克服していきましょう。

教室でも、そして家庭での勉強も毎日頑張っています。

その習慣が、大事です!そして、K君の強みとなります。

受験本番まで、一緒に頑張りましょう。

 

◇ワンポイント・メッセージ

「来年は受験だ」、K君はどんな気持ちで言っていたのでしょう。まだ経験したことの無い“受験”、もちろん不安も大きいことでしょう、「来年は受験だ…」と。でも、いよいよ“僕の番”という意欲も湧いてきていたのかもしれません、「来年は受験だ!」と。どの教室にも、合格校名と本人のお名前を載せた合格情報が壁いっぱいに掲示されています。これを見てK君も、きっと気持ちを充実させていることでしょう。毎年、合格された生徒さんはたくさんの掲示の中に自分の名前を一生懸命に捜しています。「あった!」、・・・一年後にはK君にも、そんな喜びをぜひ味わってもらいたいと思います。

 

発達支援教室Elephas(エレファース) 

>>お問い合せ

 

 

 

コメント

3734.~ゆとり~

2021-04-09 05:37:32 | 生活

3734.~ゆとり~

「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 ・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・

 ~今日のElephasブログ:「ヒントカード」(4月9日)

おはようございます。津田沼教室の千山です。

Aちゃんは小学5年生。

難しい問題に取り組むことはなかなか大変なことです。

「やりたくない」と言ってしまう気持ちもわかります。

でも、それでは、できるようにもなりません。 

そこで、「ヒントカード」を用意してみました。

色画用紙にヒントと書いただけのものです。

「困ったら出してね」と言って渡すと

「1回だけ?」と聞くので、

「何回使ってもいいよ」と答えました。

「ヒント!」と言いながら、ヒントカードを出すことが楽しいようで、思った以上に効果がありました。

以前は、「分からない」「できない」というネガティブな気持ちになってやりたがらなかった問題も、

「ヒントカード出せばいいや」と、取り組むようになりました。

やってみたら解けることもあります。

自信を持って、どんな問題にも取り組めるようになるといいなと思います。

 

◇ワンポイント・メッセージ

何回も使える“ヒントカード”、グッドアイディアでしたね。工夫は、ゆとりの表れです。追い詰められたから工夫する、ということもありますが、でもそこにはまだ工夫をするゆとりが残っているのです。講師の気持ちのゆとりは、生徒さんの気持ちにもゆとりをもたらします。日々の生活でも、こんなふうにゆとりをもってお子さんに対応できるといいですね。

 

発達支援教室Elephas(エレファース) 

>>お問い合せ

 

 

 

コメント

3733.~変化への橋渡しを~

2021-04-08 06:23:52 | 生活

3733.~変化への橋渡しを~

「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 ・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・

 ~今日のElephasブログ:「ほんの少しの介助で」(4月8日)

おはようございます。津田沼教室の堀です。

Kくんのお母さまからこんな話がありました、

「学校で自分の顔を描く時に一人だけ描けなかったようです」。

Elephasで幼少のころから楽しくたくさん絵を描いてきたのにと、驚いた様子でした。

そこで、久しぶりに歌唱造形法で顔を描きました。

すると何やら講師の介助を求めて手を差し伸べてきます。

「Kくん描けるよ!大丈夫」と言うと講師の小指に小指をかけて描き始め、ただ小指を繋いでいるだけで絵を描くことが出来ました。

その話をお伝えすると、

「学校でも平均台を渡る時に先生の介助がないと渡らないそうです。でも、小指だけでほとんど一人で渡れるんですって。ただ小指を外すと台から降りてしまうそうです」。

次の授業でもう一度顔を描いてみました。

すると、全く介助を求めずに描きました。

しかも、こちらが先回りして手を出そうとすると、「いらない」とばかりに制止する仕草をしました。

春から中学生。

自立していくことが増えてきたKくん、

ほんの少しの背中を押してもらいたい気持ちと安心感を求める気持ちを受け止めつつ、上手に手を放せるように見守りたいですね、とお母さまと話しました。

 

◇ワンポイント・メッセージ

Kくん、中学入学おめでとうございます。新しい環境では、先生からの対応も様々にこれまでとは異なることでしょう。そんな中での不安を少しでも小さくできるように、変化への橋渡しを上手にしてあげたいものですね。まさに、“
小指一本”のほんの小さなサポートと気持ちを掛け方で、大きな違いが生じるものです。楽しい中学校生活となりますように、スタートが大切ですね。

 

発達支援教室Elephas(エレファース) 

>>お問い合せ

 

 

 

コメント

3732.~個別を生かして~

2021-04-07 06:13:20 | 「指導のポイント」

3732.~個別を生かして~

「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 ・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・

 ~今日のElephasブログ:「テストできたよ」(4月7日)

おはようございます。津田沼教室の織戸です。

エレファースでの通常授業では、国語と算数の学習を中心に取り組んでいるSくん。

先日の授業時のこと。翌日に学校で社会のテストがあるとのことで、急遽社会の学習に取り組みました。

教科書を読み直しながら、内容を確認していくことにしました。

「自動車をつくる工業」という単元でしたが、出てくる単語の理解が難しかった様子。

そこで、わからない言葉や文章をピックアップしながら、進めることにしました。

例えば、いつもの創造造形の手順に習って、

「溶接」はのりではる→くっつける、「塗装」は絵具で塗る→塗るなど、Sくんが具体的に想像できることばを選んで説明をしました。

「車を作る工程も教室で画用紙を使ってものを造るときと一緒だね、

パーツを切って、くっつけて、組み立てて・・・」

いつも創造造形を楽しみにしているSくんは少し楽しそうでした。

その後、

「テストできたよ」と自慢げに社会のテストをみせてくれました。

咄嗟の取り組みでしたが、Sくんの笑顔がとても嬉しかったです。

どの教科でも、言葉の理解はとても大切ですね。

 

◇ワンポイント・メッセージ

Sくん、良かったですね。頑張ってすぐに成果が出た経験は大きな自信となり、これからの学習もきっと加速されることでしょう。「Sくんが具体的に想像できることばを選んで」、・・・ここに鍵がありましたね。本人の理解できる言葉で、本人の認知構造に翻訳する、個別教育ならではの取り組みですね。

 

 

発達支援教室Elephas(エレファース) 

>>お問い合せ

 

 

 

コメント

3731.~目標をもって~

2021-04-06 06:11:35 | ケースに学ぶ

3731.~目標をもって~

「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 ・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・

 ~今日のElephasブログ:「やる、やりたいです」(4月6日)

おはようございます。越谷教室の田中です。

水元小合学園に無事に合格されたA君。

中学1・2年生の時には、“苦手なものは苦手、後で”、…と手をなかなか伸ばせないところがありましたが、

水元小合学園見学を機に、

自分の将来のプロセスが具体的に見えたのでしょうか、

苦手なものでも、

「やる、やりたいです」と自分から進んで質問をしてくるようになりました。

合格後も、学校で疑問として残ったことを教室に着いた途端に、

「今日学校で…」としっかりと説明して伝えられるようになられました。

春休みも、休むことなくこつこつと進んで勉強を行ったA君、

これからもがんばりましょう。

 

◇ワンポイント・メッセージ

A君、第一志望の就業技術科での学習がいよいよ始まりますね。目標が明確になることによって、学習への取り組み姿勢が大きく変化した、とのこと。就業技術科では、検定試験、実習対策、そして就労へと、一つひとつ目標を立てて、着実にステップを昇っていくように学習が進められます。今の姿勢をより確実なものとし、就労への希望をもってますます意欲的に学んでいきましょう。これからが、楽しみですね。

 

発達支援教室Elephas(エレファース) 

>>お問い合せ

 

 

 

コメント

3730.~自身の思考回路で~

2021-04-05 06:23:10 | ケースに学ぶ

3730.~自身の思考回路で~

「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 ・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・

 ~今日のElephasブログ:「プログラミングにチャレンジ」(4月5日)

おはようございます。越谷教室の森田です。

この4月から中学2年生になったKさんは、明るくパソコンが大好きな生徒さんです。

いつもお家では、お父さまのパソコンを一人で触って色々なことを検索して楽しんでいるそうです。

そんなKさんがかねてよりとても興味を持っていたプログラミングに、この春期講習でチャレンジしています。

ブロックを組み合わせてプログラミングしていく仕組みをすぐに理解して、

「次はこうなる!」「もしこうしたかったらどうするの?」…と

頭の中ではどんどんプログラミングの絵が描かれているようです。

プログラミングの世界は頭の中で描いたことを実現化できるので、

想像力豊かなKさんは本当にとても楽しそうです。

只今、Kさんの頭のキャンパスに描かれたたものを一度机の上で整理し確認してから、PCで作成途中です。

春休みが終わるころには、どんな作品がいくつ完成するか?講師としてもとても楽しみです。

 

◇ワンポイント・メッセージ

昨年度から学校教育に導入されるようになったプログラミング、もう活用できているとは、Kさん、その積極性はすばらしいですね。そもそもパソコン大好きとのことですが、思考回路としてその素養がそなわっているのでしょう。理解の仕方は、個々それぞれです。自身の思考回路で、得意な世界を得意な方法で楽しみながら深めていきましょう。

 

 

発達支援教室Elephas(エレファース) 

>>お問い合せ

 

 

 

コメント

造形リトミック研究所

株式会社 SEOLEO 発達支援教室Elephas
〒186-0002 東京都国立市東3-13-21
  042-573-0830
*国立教室は、国立市、立川市、国分寺市、小金井市、府中市、日野市、小平市、三鷹市、武蔵野市、昭島市、調布市、田無市、青梅市、渋谷区、中野区、世田谷区、新宿区、文京区、江東区、北区などからいらしています。
*相模原教室は、相模原市、八王子市、町田市、川崎市、横浜市、海老名市、多摩市、小田原市、千代田区などいらしています。
*所沢教室は、所沢市、東村山市、狭山市、入間市、川越市、日高市、練馬区、豊島区、新宿区などからいらしています。
*越谷教室は、越谷市、川口市、草加市、八潮市、岩槻市、足立区、久喜市、さいたま市などからいらしています。
*津田沼教室は、習志野市、船橋市、千葉市、松戸市、港区、浦安市、佐倉市などからいらしてます。
*横須賀教室は、横須賀市、横浜市、逗子市などからいらしています。

まずは、体験授業にいらして下さい!


http://www.zoukei-rythmique.jp/archives/taiken/