DAN話室

日記や備忘録などいろいろと。

9月24日 SKiの生誕14年祭

2006-09-24 | SKi
9月24日 15:00~ こまばエミナース
出 制服向上委員会
   松尾真冬 星川りりか 片平妃奈子 加藤祐奈 佐藤帆奈美 矢野けいこ
   小川杏奈 清水花梨 橋本美香 レッスン生2名
   本田博子 菊地彩子 伊藤嘉代子 遠藤舞香 吉田梢


昨日は久しぶりに飲み過ぎたが、特に二日酔いもなく朝からこまばへ。ツーポラ祭り
の受付はすでに始まっていて、撮影場所はいつものホール裏。臙脂色チェックのベス
トとスカートが一緒の制服、昨日お泊りだった現役メンバーとマイマイに、OGからは
こづが参加。こづも朝からお疲れさん。開始時間前から始めてしまういつものパター
ンで早々スタート。FCで事前申込した分から始めて時間があったら当日払いというこ
とだったが、サクサク進むので事前分はすぐに終わり。当初はツーショットのみとい
う制限も最後は組合せ自由、グループとかなんでもOKと。結局私はいつも通りに真冬
とグループを。SKiが卒業と言っても、まだイベントは残ってるからポラを撮る機会
は残ってることだし。そんなこんなで10時半過ぎに終了。
その後はしばらく時間が空いたので渋谷をブラブラと。と言っても時間的に何もやっ
てないので、ただあちこち歩いて回った感じ。そして12時半頃にマークシティの1Fで
やってたauイベントで田中美保のトークを見物。さすがモデルって感じで女の子が憧
れるのもわかるな。

こまばに戻ると、客はそこそこ集まってるようだがまだアワサッテルの受付は始まっ
ていないようだ。アワサッテルも恒例の企画だが、これは恐らく最後になるだろう。
入口付近の通路に花関係がずらっと並んでる、月蝕からと客有志のがかなりあるよう
だ。私も真冬のに一口出してるけど、それぞれ担当があるので客も大変だな(苦笑)。
少し押して受付開始、そして公演の入場と一緒になるので多少もたついてから開場。
普通なら早々と撮影場所に向かうのだが、最後だから何があるか気になる物販コーナ
ーへ。すると売り子にひろこと彩子かこちゃんの三人がお手伝い。商品はいつものビ
デオやパンフ色紙関係など。ところが今回はパンフが5種類もあって、全部揃えると
万を超える金額だ。ひろこは一番大型の14年の記録パンフ(4000円)を持って"これが
お薦め"とニコニコする。その笑顔につられ、これもこれもとパンフを全種類買って
しまう。さすがはひろこ商売上手だ(笑)。隣の彩子は、自分用に記録パンフを買って
とおねだりするが、そういうのは他の客に言ってくれ誰か買ってくれるだろう(笑)。
とりあえず買い物は済んだので撮影場所へ。受付番号の順番は関係無いみたいなの
で早々と、最後なのでもちろん真冬と。KAOさんにキチンと撮ってとお願いする(笑)。
アワサッテルも済んだので入場者チェックを。やはり最後ということで、懐かしい
顔がぞくぞくと。他の現場で会う客もいれば本当に数年ぶりという客も。そんな中
OGの姿も。レイナとマリナが一緒に入ってくる。マリナは相変わらずまん丸で可愛
いのだがレイナがなんか変わってる、髪にウェーブをかけておでこを全開に。イメ
チェンしたのかもしれないがなんかねぇ、高Pにもでこ出しを突っ込まれてた。あ
とは久しぶりに見るあすながメガネっ娘で相変わらず可愛く、文香もさすがモデル
らしく一際綺麗で、梓と一緒に来た唯は相変わらず男らしい(笑)。まぁそれにして
も懐かしい客が多くて、さながら客の同窓会状態だな。みんな元気そうで何より。
10分前になったので自分の席に向かうと何やら辺りが騒々しい。私はB-18なのだが
その前のA列にレイナとマリナが座ってる。どうやらA列の一部が関係者席になって
るようでPANTAさんもA列のほぼ真ん中らしい。ちょうど私の前がマリナで斜め前が
レイナになるのでステージを見ると完全にかぶる形で気になってしまう。更にひと
つ席をはさんだ右側に梓と唯がやってきたのでなんか不思議な気分だな。これだと
突っ込み入れにくいな、でも入れるけど(笑)。最後の影MCは会長だが、そんな状況
だったので全然聞いてなかった(苦笑)。そんなこんなで最後の公演がスタート。
M1「エピローグ」…いきなりエピローグかよ、ってどうやら熱い地球がどうとか。
それより見かけない子が二人いるぞ、あれは誰だ今さら新人かぁ。会長が歌ううち
に涙声に、真冬も泣き出す。オープニングからこれで大丈夫なのか? 淋しくなるか
ら真冬泣くな。
会長あいさつ。
M2「NO MAKE LEGEND」
MCりりか
M3「涙のエンブレム」…珍しく"みかー"と叫んでみたが、どっちの?(笑) 真冬が
また泣き出す。まだ先は長いぞ。
MCひなこ。どうやら間のMCは次の曲への前振りらしいコメントのようだ。
M4「時の流れに」
MCマイマイ
M5「何かのために」…会長のセリフが長め。
MC真冬。アイドルを夢見てSKiに、もっと長く夢が続いたら・・・。
M6「夢の旅」
MCりりか。
M7「うたかたの夢」…帆奈美Vo.で。レイナが梓にコール表を渡してる。
MC帆奈美
M8「さよならは出逢いの明日へのしるし」…コーラス付きだが久しぶりの客には馴
染みがないかな。真冬頑張れよ。
MC真冬。ドンジョバで演じる楽しさを知った。
M9「罰せられた放蕩者」
MC会長。その日を~の詞が自分の心の中そのままだったので歌えなかった。
M10「その日が来るまで」…ついにその日が来てしまったなぁと。時が経つのって
本当に早いんだな、この曲を初めて聞いたのがついこの間のような気がする。
真冬あいさつ。グループの活動に終止符、最後までみんな力を合わせて。メンバー
紹介は"SKiというグループについて"言いながら。花梨(11期生に昇格したようだ)-
無くてはならない。マイマイ-いつも笑顔が絶えない、OGになっても笑顔で迎えて
くれる。ひなこ-時に厳しく時にやさしい親のような存在。会長-地球のアイドル。
こづ-笑顔の大切さを教えてくれた。りりか-SKiは家族、一人っ子なのでメンバー
みんなが姉妹。ひろこ-私にとってまさしく青春、18歳を思い出して。石塚みづき
(レッスン生14歳)…今まで経験したことないことができる。それにしても今頃新人
入れてどうすんだ?と思ったが結構可愛いので期待大。祐奈-メンバーとお客の仲が
いい。帆奈美-地球上で14年続いたのを誇りに。彩子-私の青春時代そのもの、制
服も着させてもらった(笑)。大竹ゆか(レッスン生で表記不明高2)-好きなのに終
わってしまうのは悲しい。杏奈(11期生)-学校では学べないことを学んだ。けいこ
-未熟さと努力を教えてくれた、いつもの6億倍頑張る。6億倍ってどのくらいだ。
かこ-青春時代を過ごした大切なグループ。真冬-家族とSKiに育てられた。
お知らせ。安達巖さんがお亡くなりに、ご冥福を祈ります。秋に開催する予定の制
服ファッションショーが衣装の準備が遅れて来年の6月に延期(苦笑)。いつまで引っ
張るんだよ。マリーさんが来週来日。歌手のHIROKO(なんでも湊広子らしい)と組んで
大きなオーディションに。開演前のBGMはボブディラン。21日に受けたオーディション
(隠された~)の話、2位を獲得、審査委員長のPANTAさんは身内に辛口なので何点を
付けてくれたか。アルバムがあと2枚出る。

14年祭式典、りりか司会。リーダー真冬のコメント。10年祭が終わったら無くなる
のでは(苦笑)、いつまでも続くと思っていたが今回終止符を、いろいろな人に感謝
の気持ちでいっぱい、心の底からありがとう。マイマイ-卒業して今年からスタッ
フをやってて昔から変わらないと思うのはメンバーや客の笑顔、一番好きなことを
してる時は素敵な笑顔に。会長-入ってすぐの3年祭を今でも覚えてる、いつも思
い出すのはメンバーの笑顔とお客の応援、皆さんと出会えてよかった。ひろこ-14
年続いたことは凄い、ファンに感謝の気持ちでいっぱい。
祝電披露、こづが代読。デビュー編集部、豪大使館木村氏、保坂展人氏。
ひなこによる客表彰者発表、リーダー真冬より表彰。
ゲストトークコーナー、A列のPANTAさんステージ上へ。念願の最前列に(笑)、遠め
で見た方がいい、会長のスカートがだんだん長く(笑)、なんちゅうグループだと思
っていたのが今では誇れる、オレのファンに内緒にしててくれて感謝(苦笑)、高Pに
拍手、中野さんKAOさんに拍手、会長に拍手、苦労が顔に出てる(笑)、支えてくれた
ファンにありがとう。

橋本美香大卒業式典。ひろこが司会。
M11「今日の日はさようなら」…曲中にリーダー真冬のコメント
メンバーよりコメント、りりかから。途中から涙涙涙・・・、最後に歌を贈ると言って
歌ったのはポンキッキーズでナベサダとニキリナ(今何してるんだろう)が歌ってた
曲のパクリだ(笑)。本人は真面目かもしれないがお笑いで締めるのがりりからしい。
ひなこは最初から涙、最後に大好きと。かこちゃんはらしくコンパクトにまとめる。
マイマイも途中から涙声に、スタッフになって感じたことを、素敵な女性でいて。
同期の彩子から、生真面目過ぎるので少し気を抜いて。こづは長く活動できたのも
会長がいたからと涙涙・・・。真冬から、一緒に歌うことになったことについて、これ
からもよろしく。最後にひろこから、オーストラリア旅行で語り合ったなど涙声で。
会長からメッセージ。ついてきてくれたメンバーや先輩たくさんのスタッフの方々の
お陰、高Pや家族へは感謝の気持ちでいっぱい、ファンの支えで。このグループに入
れて良かったし一員であったことを誇りに、いつまでも忘れないで。
高Pからの手紙をひろこが代読、感謝のしるしとして金一封を用意。その目録には
"真冬とロンドンにでも…レースの結果次第云々"と書いてあるらしい。これにて
式典終了、大きな拍手に包まれ幕が下りる、20分休憩。
休憩中にOGは楽屋へ向かうが、寄合やゆみちや里奈や春香や沙貴も来ているらしい。
また影MCでマイマイが高Pのコメントを代読、内容はメンバーのおバカなエピソード
からお褒めの言葉、いろいろな人への感謝の言葉など。最後にメインの4人へのメッ
セージから後半へ。

M12「感謝のしるし」…休憩明けは41から、現在の主力4人で。見慣れないカーディガ
ンを着てるな。くれくれも最後か。
MC会長、さっきもらった目録の金額は100万円だとか。
M13「ともだち」
M14「子供じゃないの」
MCひろこ、この4人は本当のアイドルだった。
そのままひろこ司会で同窓会コーナー、昔と今で変わった事について。こづ-姿勢が
良くなった。マイマイ-目が悪くなった。かこちゃん-現役の時よりしっかりしてる。
彩子-真面目になった(苦笑)、現役時代はいろいろ大変だったらしい。ひろこ-言葉
をたくさん覚えた、車の知識も増えた(笑)。
MCかここづ。二人一緒のステージに立つのは久しぶり、レパートリーが999曲に。ここ
で1000曲突破達成記念ライブを、ということで今日で1002曲に。主にボローンで。
M15「ニッポン(表記不明)」…みかまふVo.。先日のオーディションで歌った曲だそう
な。へらへらして歩いてる日本について歌ったとか。
M16「蚊」…主力4人で。
M17「愛だけじゃハッピー?(表記不明)」…1001曲め、真冬Vo.。確かに愛だけでは・・・
M18「心のフリーウェイ」…本来オーディションで歌う予定だった曲。
アコースティックは終わり寿隊に。
M19「味噌ニッポン(表記不明)」…1002曲めはひなこが振り付け。子供中心の編成に
なり新人みづきの姿も。
寿隊は一曲で終わり、みんなハッピを羽織る。
M20「お正月」…振り付けは新宿祭りで一緒だった亜里耶が。
MC彩子マイマイ。かつては彩子も寿隊長、副隊長の井上と二人でひとつな感じだった。
話は変わって、結成から今までメンバーは何人か。正式には77名、契約した順に番号
が、ちなみに1番は吉成、最後の77番は花梨、80番は飛んでて古賀美雪だとか。この中
からベストメンバー7人を選ぶ企画の結果発表へ。ちなみに彩子は長身7人をチョイス。
1位会長2位真冬3位マイマイ4位ひろこ5位ひなこ6位こづ7位りりかが最終結果、これを
全員選んだ客が二人いたそうな。とこの頃ステージバックに懐かしい幕がたくさん下
りてくる。PARのやつはまだ残ってたのか。
M21「おはよう」…上位7人で。この頃制服は7つボタンに変わってる。
M22「傷だらけの青春」…ひろこVo.で。愛しているのは・・・だけ(笑)
MC真冬、残り少なく。
M23「SKiのテーマ」…レッツゴーポンポンたーい。"真冬"と叫んだら喉が痛くなる。
M24「SKY」
M25「天使の翼」…2年連続カウントダウン1位。
久しぶりの宣誓。ひろこを中心に卒業宣誓。
M26「制服宣言」…基本はこの曲、ひろこVo.で。しかしひろこ涙で歌えず。なんとか
持ち直し最後まで。みんな大好き。
M27「生誕祭の歌」…この曲も歌い納め、会長Vo.で。
M28「LOVEx2」…意気込んでたがマイマイひなこに2連敗。
M29「同級生」…12人編成。
M30「エメラルドの伝説」
M31「プロローグ」…ここにもってくるか。新人みづきがいるけどやはり即戦力か。
MC真冬、以上卒業式典終了… で終わるわけもなくオマケ。
M32「恋のインビテーション」…Vo.は会長からひろこ。いつまでもともだち。
M33「青春ラプソディ」…りりかVo.で一緒にババンババンバンバン。
M34「ダンシングセブンティーン」…お色気担当橋本美香ちゃーんも最後か。
MC今後の活動について。
りりか-SKiを引き継ぎ新しいアイドルグループを。
ひなこ-寿隊をグレードアップ、ソロで活動できるグループに。
真冬-会長とTHE DUETとしてもいつまでも永遠に歌う。
会長-新しいシステムのファンクラブを(苦笑)。もっと安くしろ~
MC会長。SKiは卒業するけど、メンバーお客一人一人にも思い出として残る、いろ
いろな人との出逢いから生まれたと感謝。
M35「出逢い」
MC真冬会長、OGに感謝の拍手。会長と真冬が泣き出す。最後のライブ。
M36「Volunteer Spirit」
M37「地球に愛を」…マイマイのマイクが無くて慌ててたが途中で復活。
M38「清く正しく美しく」…最後はこの曲か。
MC会長。今日客席に来ているOGを呼び込む、事務所的に大丈夫か? 真っ先にステージ
に上がったのがあすな、みんな驚くだろう。こうして並ぶと、変わった子もいれば変
わってない子もいる、みんな元気そうで何より。そして三本締め。なんか真冬はずっ
と泣いてるような。一旦幕が下りる。再び幕が上がり会長あいさつ、終了。新旧織り
交ぜた曲構成に式典関係と、完成度の高い内容のコンサートだった。

終了後はロビーでうだうだと。花の前ではそれぞれ有志が撮影会をしたり、懐かしい
顔が集まり思い出話をしたり人それぞれ。出口でスタッフがチラシを配ってる。12月
に行われるラストコンサートのやつだが、星川りりか&New SKiって何だ?(苦笑)。あ
と気になるのが、出演者にけいこの名前が無い。単に受験休みかそれとも…。物販コ
ーナーでは最後まで中野さんが元気だ、あいさつしておく。そんな中一部OGがお帰り。
レイナとあすながべったりなのは同期だからだな。そんなこんなで物販も終わり会場
から追い出し。外では客が記念写真を、懐かしい横断幕だな。しばらくしてメンバー
が花の前で記念写真を、それを客がガラス越しに見物。まだ真冬は涙ぐんでるようだ。
その後もしばらくだべったりして出待ちに備える。最初に出てきたのはPANTA号、あい
さつすると今後ともよろしくと、こういう展開は知らなかったそうな。それからしば
らくしてタクシーが次々と、残りOGからメンバーへ、帆奈美と会長は自家用車かな。
真冬はやはり元気無さそうだったな。出待ち終了、そして長かった一日も終わり。い
ろいろあったし、いろいろな人に会えたし。懐かしい人たちとはゆっくり話す時間が
無かったけど、またいつか会う日が来るだろうか。みんな元気で…

ということで、生誕14年祭そして卒業公演が終了した。まぁある程度予想通り新機軸
と思われる今後の動向が発表されたわけだが、果たしてこれが確定したものかはまだ
不透明な部分があるようだ。いずれにしても一つの区切りはついたわけで、客の中に
は見切りを付けた者もいるらしい。それでもまだFCは年内まで続くし、12月にはラス
トコンサートも開催されるわけだし、まだまだ引っ張り続けることは間違いないので
ある。そして来年も新しい形で継続されるのであろう。まぁそう簡単に無くすことも
ないので当然なのかもしれないけど。ただ、この公演をもって会長だけでなく、真冬
もSKiを卒業したことが少し意外な展開か。まぁグループを離れても活動は続けるわ
けで、会長と二人での活動が中心になるのだろう。私は真冬個人がもちろん大好きだ
けれど、グループの中の真冬も大好きだったからちょっと淋しい気がする。おそらく
今後も新グループと一緒のステージに立ったりイベントやったりすることはあるとは
思うけれど。それでも私はいつまでも真冬のことを追い続けたい、これからもずっと…

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 8月27日 第14回真夏の祭典 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

SKi」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

第413回 祝!SKiの生誕祭14年祭 (橋本美香活動日誌)
「エピローグ(終章)」(Vo美香) 「NO MAKE LEGEND」(Vo美香) 「涙のエンブレム」(Vo美香) 「時の流れに」(Vo美香、舞香、りりか、梢、妃奈子、真冬) 「なにかのために」(Vo真冬、妃奈子、梢、杏奈、けいこ、舞香、帆奈美、 ...