猫たちの会話

      もし、猫が人間の気持ちで話したら・・・

地蔵様と4猫達

2017年02月16日 | 猫たちの会話

 

 

            

 

            あんた、どなた?

 

         はい。ちょっと遠い所からチビジーさんに
         会いに来ました。

 


            
 

 

        おぉ、 チビジーの友達だったのかい?

 

            

          てかてか頭でちょっと可愛いわね

 

           

 

       チビジーの友達なんだから変な事言うなよな。

              

               おはなって言うのよ。よろしくね。

         

             

          知って居ますよ。直ぐ噛みつくんだそうですね。
      私は噛まれても平気ですよ。
      おはなさん、歯を痛くするからきをつけてくださいね


              

           チビジーはフーちゃんのお兄ちゃんなんだよ。
        何時も遊びに来るけど、君は初めてだね

              

         やぁ~  フーちゃん又太ったね。
      あまり太ると、ジーコ爺さんの様に糖尿になりますよ。

          

               来るそうそう、厭な事言わないでね。
 
          この方は有難いお地蔵さまなんですよ。
          私の様に粗末に扱っては駄目ですよ。

              

            さっき、僕の事何て呼んだ?

        聞こえましたか?
  
        もう22才だからお爺ちゃんでしょう

        

           まぁそうだけどね。
      お地蔵さまも一緒におんぶして貰ったらいいわよ

             

        ねぇ、暖かくって肉布団の上できもちいいでしょう?
     チビジーは何時も乗っかって居るんだ。
     時々、フーちゃんの玩具にされるからね。

            

         私、もう5才だから、
       チビジーの事優しくして上げてるでしょう?

         

          お地蔵様、どうでしたか?
      かあさんがカメラ持った時だけは気を付けてくださいね

            

           今日はこれ位にして帰りますか?

      折角来たのだから、ゆっくりして行ったらいいのに。

       

            何時も、テレビの上から見て居るものね。
        高い所だ~落っこちないでね。

       大丈夫ですよ。かあさんがちゃんと
       ガムテープで押さえて呉れてますから・・・・

            

           あぁ、帰って行ってしまったわ。
           チょピリ、さびしいわね。

        又来るさ。 フーちゃんにそう言ってたわよ

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

最初良く、後が怖い~

2017年02月14日 | 猫たちの会話

 

 

            

        ブルブル・・・  雪はないけど寒いよね。
        でも、ご飯の後には冷たいお水を飲むんだよ。
        食べカスが付いて居ると虫歯になるからって、
        順番に飲まされるのさ。

       

      大きい兄ちゃんが居ると、ジーコ兄ちゃんは
      撫ぜ撫ぜして貰いたいので飲まないのさ。

       「後で新しいのを貰うから・・」とね。

     大きい兄ちゃんは何時も甘いのさ。

      

       

       フゥ~~。 揉んで貰うのも疲れるよ。
       ソロソロではなく、超特急でマッサージさ。
       でも,それが又気持ちいいんだな。
       

        

       マッサージの後の冷たい水は格別だよ。
       太ってる僕に会わせて、お茶碗を持ってて呉れるしね。

       

    ちゃんと新しい水に取り替えて、ゆっくり飲めるしね。
    おはなやフーが何時もせかすけど・・・
    フーなんかはのん気に飲んでいると、
    僕の頭に猫パンチが飛んで来るのさ。
    他にも3つも飲む所があるけど、ご飯の後はこれさ。
    お兄ちゃんは1人(匹)ごとにお水を取り替えてくれるよ。

      

     何時までグチャグチャ言ってないでさ。
     そろそろ辞めたら?
     かあさんに「ジーコ、あんまり飲まないの!」ってね。
     一杯飲むので一杯おしっこをするから・・・・・
     いつもかあさんに言われてるよ。

       

      ジーコ兄ちゃん、美味しかった?
      うん、ちゃんと飲みやすく持って居てくれるからね。

      ふ~~ん。

       「クシュン!」

      

       

      かあさんがクシャミをしてるジーコちゃんに 

      風邪かしら? かあさんのマフラーしてなさい。

      

      ストーブの前だから大丈夫だよ。

      

      駄目!駄目! 今の風邪は気を付けないとね。
      あんたも22才?なんだから、かあさんと同じだね。 
      かあさんは84才だから、
      ジーコよりは若い?ですよ。

      

     首だけでなく頭からかぶると好いわ
     小さいマフラーだから丁度良かったわね。

      

       ウフフフ・・・  まるでドジョウすくい見たい。
       とてもお似合いよ。

     

 

     かあさんがカメラ持ってるから気を付けなって、
     教えてあげたのにさ。

     フーちゃんも捕まらないうちに避難しよっと。
      

     

     このねぐらは高い所にあるから安心ね。
     最近、さっぱりカメラを持たなかったのに、
     暫くは気を付けていなければね。

 

        後期高齢者で、週1回リハビリに通ってます。
        教室では月に1回誕生月の人たちのお祝をして下さいます。
        運動が終わった後のお茶のみに、何時もと違うお茶菓子が
        出るのです。 そして指導者さん達から、誕生日カードを
        頂くのです。

        私は1月なので、カードと桜もちを頂きました。
        今年は酉年なので、鳥の絵を描いて下さったのですよ。

              

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

幸せ~)

2017年01月31日 | 猫たちの会話

                  

             

          おはな姉ちゃん赤ちゃんみたいね。

                

      あ・ぁ・・舐め舐めして貰ってる~

                

        フーちゃんのことなんか忘れてるわよ。

                

        でも、何時もはみ出し猫だからね。
       今日は我慢してあげるわ

                

        16才にもなって、おかしいわね。  

                 

        何時までくっついて居るの?
        此処にフーちゃんが居るのですよ。

 

      

          

     フーちゃんは大人になったから、
     一人で遊びますよ

            

     かあさんが、「可哀想だから相手をして上げるね」だって
     本当はかあさんが遊びたいのよ。

        
        
   ほ~~ら、 玩具箱持って、カメラ持ってー
   織り物もしないで3月迄に間にあうのかしらね
   たっちゃん久しぶりね。 

       
         

     次はへびさん。 
     おはな姉ちゃんお水飲んでいるけど、
     おわったのかしら?


       

       でましたよ。 蹴り棒が・・・・・
     この頃は寝ている時間が多くって、
     さっぱり相手してあげなかったわね。

    なーーーに痛くなくってよかったって?
    そうよね。何も悪いことしないのに蹴られるのですものね。

      フーちゃんもジーコ兄ちゃん達と同じに乗せられて
    いる時はじっと
我慢できるようになったのよ。

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

場所取り合戦

2017年01月21日 | 猫たちの会話

     

            おはなとフーの新聞紙取りです。

 

         久しぶりにPCの先生が来て下さったので、忘れかけていた
         動画をのせてみました。

 

   折角教えて頂いたやり方も少ししないで居たら、すっかり忘れていました。
   年のせいもあるのでしょうけど、自分でも情けなくなっています。
   でも、優しい我慢強い先生なので、厭な顔もせず教えてくださるのでたかすかってます。

  この動画は少し前のものです。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

フーのお手伝い

2017年01月04日 | ふーちゃんの話

 

      毎年今年こそは何も作らないと思うのですが
      台所に立つとあれもこれもと作ってしまうのです。
      おせちでしたが来た時は冷凍保存をしてあったらしく
      冷たく、味もグーンと落ちていました。
      毎年金沢のでしたが、今年は地元のにしたのです。

          
          
        かあさん、呼んだ~?
         
          

        ふーちゃんに、年賀状の下書きを?
        それって、かあさんのお仕事でしよう?
          

          

        遊ぶのは得意だけど、勉強はしたことないわよ。
        ジーコ兄ちゃんに頼んだら?
 

          

      メモと鉛筆、これでどうするの?

      おめでとうございますって?
      それから絵も描くの?
      フーちゃんの手の判子じゃダメ?

          

       考えているだけで頭が痛くなるわよ。
       かあさん、煮物なんか作らないでさぁ
       電話で東京の兄ちゃんが、かあさんの
       好きな「かのこ」買って来るって言ってたわ。

          

        おせちだって、出来あいでしよう。
        1年に1回か2回しか帰って来ないのだから
        それでいいのにさ。
        家に居る兄ちゃんは、「蟹もすき焼き用の肉」
        みんな買って来てくれたでしょう?

           

       だから、台所はお兄ちゃんたちに任せて、
       年賀状はかあさんがパソコンですればいいのよ。
       えっ? 好い写真がないの?
       あんなにパチパチ撮っていたのにさ。 

          

       いくら、エンビツを転がしてもフーちゃん
       何も書けませ~~ん。

           

        頭に鉛筆を載せても全然良い案がないです。

          

       なーに、この紐で脳みそをギュッとしばるの?

          

       フーちゃんの石頭だから、なーーにも
       浮かんできませんね。

          

          色んなリボンでも駄目ですよ。
          かあさんと同じに勉強嫌いですものね

          

      考えているだけで疲れました。
      こんな時はかあさんのコンペ糖でも舐めると、
      好い考えが出るかもね。
     でも、フーチャンはカリカリ以外は食べたことないものね。

 

    今日から仕事始め、大きい兄ちゃんも何時もの様に
    かあさんの手作りパンの朝ごはんを食べて・・・・・
    だから、フーちゃん達は好きな所で大の字で寝ています。
    かあさんも今年こそは般若心経を織りあげると言ってます。
    ふーちゃん? 猫草を一人で食べられるように。
    おはな姉ちゃんは、引っ掻いたり・噛みついたりしないって
    肝心のジーコ兄ちゃんは22才のわりに大食いです。
    だから、年相応にご飯をへらすといいわね。

    かあさんは一番言いたいのは大きい兄ちゃんに、 
    あまり、文句を言わないでね。だってさ。

      今年もよろしくお願いします。
           ジーコ・おはな・フーより 

          

       塩パンの中はからしバターを塗りレタス・ソフトサラミ・
       きゅうりヲハサミチーズを乗せて戸ーストで
       少し焼いたもの
       

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

やっとフーちゃんの番です。№2

2016年12月25日 | ふーちゃんの話

 

       №1から見てください。

        

        フーちゃん、大丈夫よ。
        しっかり守って居るからね。

        
     
      その代わり少し私のお馬さんになって~
        
        

        もう好いかい? 
        フーちゃんお腹すいているのだけど・・・

        

        もうちょっとね。

        

        トイレにも行きたいのよ。

        おもらしすると大変だからもういいですよ。

        

        行きましたよ。 もうちょっと待ってぇ~

        

       やっと、おはなが乗ること出来るわ。
       フーは、直ぐに独り占めにしてしまうから
       何時もおはなは2番なのよね。

        

        厭な子ね。
        しっかりと自分の匂いを付けて・・・・

        
      おっとと・・。 帰ってきましたよ。
      チビジー何処に行ったの?
      しっかり留守番しないと怖いわよ。

 

        
       
  このカーブがとても座り心地が好いのよね。
  おにいちゃん、私の分も買って来てくれればいいのに

       
      そろそろ、逃げないと、背中が盛り上がって居るから
      大分、頭に来て居る様ね。


          

     チビジーも遊んであげたのに、何処かへ行って
     今度来たら少し怒ってあげようかしら?
 
         
     
      僕のお腹の下に隠れてな。
      フーは怒るとすごいからね、齧られるぞ!

 

             

 

        今年も後数日になってしまいました。
        ブログの沢山のお友達も元気で、又色々と
        僕たちとお話をしてください。
        ジーコ21才・おはな16才・フー6才・チビジーを
        来年もよろしくお願い致します。

              

 

 

 

 

      

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

やっと、フーちゃんの番よ。 №1

2016年12月25日 | ふーちゃんの話

 

 

        
        大きい兄ちゃんがお土産を呉れたのよ。

        

        此れ3代目の爪とぎ。

        

       ふーちゃんにって呉れたの。

        

        出番を我慢していたからね。

         

       ボロボロになるまでは誰にも貸さないつもりよ。

        

        でも、1日中此処に居られないし・・・・

        

        誰かに番をして居て貰いたいのだけどね。

        

        そうだ! チビジーに頼む事にするわ。

        

        でもね~、 ちょっと頼りない感じ。

        

        チビジーは誰でも好きだからね。

        

        でも、居ないよりはましね。

        

        ここに、フーちゃんが舐めて置いて・・・・

        

        よし、寝心地は最高!

        

        ちょっと心配だけど、
        おはな姉ちゃんに取られそうで心配ね。
        ご飯食べて、トイレに行って直ぐ帰るからね。

    と言う訳でチビジーにお留守番をして貰うわ。
    あまり写真が長いので、№1はここまです。
    続きは次のページに№2として書きましたので、
    見てくださいね。

    

        

 

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フーちゃんの番だったのにさぁ~

2016年12月18日 | ジーコの話

 

             フーちゃんの番だったのよ、
              
でもジーコ兄ちゃんが遊ぶのは珍しいからね。
                         頭にいろんなものを載せられても、
                        ジーと我慢していたのだからいいわね。
                         フーチャン優しいからね。

       

    本当はフーちゃんの写真が載るのだったのに

      

    毎日寝て暮らすのもつまらないよな。
    面白い事ないかなぁ~~

     

     うん?。  あったぞ!
     猫じゃらしが・・・・・
     かあさん誰でもいいから遊ぼうだって。

    

    年寄り同士で遊ぶのもいいかもね。
    でも起きて遊ぶのは駄目だよ。
    僕もかあさんも足が悪いからね。

    

    この猫じゃらしはフーのではないね。
    色は同じだけど、2本も付いて居るから
    大丈夫。 フーには怒られないさ。

    

    昔の時計の振子みたいだね。
    チクタク ・ チクタク・・ 懐かしいよね。
    今はあまり柱時計ってないね。

    

    クン・クン。 あれぇ~ おはなの匂いがしてるぞ。

     

   僕より先に遊んだのかな?
   いいさ。 今は誰にも邪魔されずに
   かあさんと二人っきりだものね。

    

   おっとと間違えました。一人と一匹でした。
   しかも、80過ぎのかあさんと僕です。

    

    ちょっと、舐めて見たけど美味しくないね。
    僕は飴玉がぶら下がってるのかと思ったよ。

    

    こうして、かあさんと遊ぶの珍しいね。
    父さんがいた時はよく遊んでくれたけど・・。

    

    あっ、  フーがパンクしそうなほどふくれて・・・
    僕を見つめている。
    この頃のフーはとても威張って居るんだ。
    おはなに言わせると、僕が怒らないからだって
    今年も、もうすぐ終わりだけど、
    
みんな好い事あった??
    北海道の真央ちゃん大丈夫かな~
    お正月には元気になって欲しいね。
    慎太郎君が付いて居るから、きっと良くなるよな。

 頑張れ! 頑張れ! 頑張れ!

           ジーコ・おはな・フー より  

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

おはなの番なの?

2016年12月13日 | おはなの話

 

 

           

     
    ジーコ兄ちゃんのポカンと見て居たら
    おはなも、
かあさんに捕まっちゃった~

       

      まぁ、首に巻く位なら我慢してあげるわね。

         

       おはなも頭にのせるの?
       此れも我慢ね。

      

       う~ん。まあまあね。

     

   それにしても、かあさんの相手なんだけど、
  何をしたらいいのかしらね。
  又、頭の上に何か乗せて、パチパチと撮るのね。

      

     それでは少し、おはなは顔でも洗って・・・

     

     少しは、寝ぼけ顔もよくなった?

      

     おっととと・・・。 
   これはフーちゃんの大事な猫じゃらしよね。

           

    見つかったら背中を持ち上げて怒るからね。
   でも、今はねんねして居るから大丈夫よ。

     

     フン・フン。   結構おもしろいわね。
   何だか10年前の可愛いおはなを思い出すわ。

      

     かあさん、いかが?  可愛いでしょう?
   な~に?「可愛いおばあちゃん」見たいだって。
   失礼ね。  おはな未だ若いつもりよ。

       

    立てばお腹ブラブラ・座ればペチャンコ・歩く姿は
   ○○の花だけはまぁまぁね。

   毎朝、家の中でジョギングしているのですもの・・・
   かあさんやジーコ兄ちゃんみたいに、
   ヨッコラショなんて言わないわよ。

      

    そろそろ、フーも起きる時間だから、
   猫じゃらしのお遊びはおしまいね。
   見つからない内に、狸(猫)寝入りするわね。

 

      

     ちょっと、この毛布潜りずらいわよ。

      

     やれ・やれ。かあさんありがとさんね。
    潜り易くもちあげてくれたのね。
   えっ? 
   今回は引っ掻いたり、齧ったりしなかったから?

      

      フーは、寝たふりをして、見ていますよ。
   人でなく 猫の寝て居る間にフーの玩具で、
   かあさんと遊んだりして・・・・・
   おはな姉ちゃんが齧らないのなら、
   後でフーちゃんがかじってあげるからね

      

   かあさんが言ってたけど、 4・5才くらいの年は
  直ぐに齧ったり引っ掻いたりするんだってっ。
  段々大人になるとしなくなるそうね。
  おはな姉ちゃんはもう、15才のおばあちゃんだから、
  齧ったりしなくなったって、
  大きいお兄ちゃんに言ってたわよ。

     

  この次はフーちゃんの番だから、覚悟してなさいだって。
     ザビオを幾つ貼るかな?

   フ・フ・フ・・・・・

       

 

       

 

       

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

僕、かあさんの相手をしました。

2016年12月07日 | 猫たちの会話

 

 

       

       ジーコ兄ちゃん、浮かない顔をしているね。
       判るかい?今日は久しぶりにかあさんの
       子守りをするんだ。

       

      ちょっと、かあさんの相手をと
      思ったんだけどね・・・

       

    風邪も引いて居ないのに
    喉を痛くしない様にって

       

      次は頭が寒くない?って
      頭に帽子にして乗せるし~

     

   厭だけど、横から見ると中々好い感じだね。

      

     すっかり僕が怒らないので調子に乗って、
     かあさん、ニコニコして居るよ。

        

       この手提げ袋に入りたいけど、
       僕の体では無理だよね。

      

     今度はフーの玩具箱から蛇くんを・・・
     まぁ、これは軽いから何にも感じないな。

      

     これはまずいよ。
     フーの大事な金魚の宝物だからね。
     見つかると怒られるぞ。

      

     たっちゃん、見ているだけでくたびれたわ。
     よく落とさず乗せて居られますね。

      

      これからが本番なんだそうだよ。
      それでは、私は狸寝入りをしてますね。

      

     そんな冷たい事言わないで助けてくれよ。
     後でカリカリを2粒あげるからさ。

     

     あぁ、もうどうにでもして下さい。
     顔はニコニコ・腹はグラグラ・・・

     

     もういいですか?
     僕の我慢もそろそろ限界ですよ。

    

    ほーーら、フーに見つかってしまったよ。
    この猫じゃらしは金魚より大事なもの
    フーよ怒るのならかあさんだからね。    

    

   フーちゃんの大事なおもちゃで
   ジーコ兄ちゃんいい年して遊ばれて居るのね。

    

     かあさん! フーちゃんの宝物で
     遊ばないで頂戴!!って文句を
     言いたいけど「それではフーちゃんと」
     なんて、とばっちりが来ると厭だからね。     

    久しぶりに少しフーちゃん達事になって
    今回はジーコ兄ちゃんだったけど、
    次はおはな姉ちゃんの番ね。
    気を付けてよ。 がぶりと来るからね。
    ザビオの用意しておいた方がいいわよ。

    えっ? この頃はフーちゃんの方が
    かあさんの手を引っ掻くって?
    そうなのよね。 今日もやっちゃった~
    かあさん、カンカンになってたわ。
    でも、フーちゃん怖くないのよ。
    なぜだって?

   「ねぇ、かあさん」って言いながら、かあさんの足に
   スリ・スリすれば、すぐにご機嫌がなおるからね。
   本当にかあさんは単純だからね。    

 

       

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

小さな庭の秋

2016年11月19日 | 猫たちの会話

             


             

       
        


        


        

    
       


       


        
       
        二階の窓から・・・



       


       


       


      


                                                               

   
      


      


     


    



   僕の家の小さな庭の秋どうですか?
  毎年、小鳥たちが運んでくる名前も判らない
  草木がボウボウと伸び放題の小さな庭が、
  今年はまるで山の中にでも入った様に、
  
木々たちは色とりどりに競い合ってるのです。

  丁度、雨が降って、葉っぱも池の石も綺麗になり、
  早速、かあさんはカメラマンになったのです。
  何時も庭は転ぶといけないと、言われていたので、
  雑草、枯れ葉が落ちて居ても知らん顔だったのにね。

  デジカメ持って、部屋の中から手だけ出して撮ったんだ。
  二階の窓からも、階段を一段・一段上がってね。
  僕? 僕は階段が上がれないんだ。
  降りるのが怖いからね。

  年寄りの足には階段は一番苦手なんだよ。

  花金が死んでから、池には水が無いので石だけが
  雨で濡れて、苔もキラキラとまるで山の中に居る様だよ。

  僕は廊下から毛布を敷いて貰って眺めて居るのさ。
      
  でも紅葉の綺麗な時は短いね。
  今日はもう1度かあさん雨の中に出て見たけど
  「もう駄目だわ」とがっかりしていたよ。
  「仕方がないわね。
   今度はあんたたちがモデルになってね」だってさ。

             

         

 

         

         

         

                  

        

        

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

あの頃の僕は?・・・後編

2016年11月12日 | ジーコの話

 

       

    ねっ。僕のこの姿 痛・痛そうでしょう?
    例のノラ猫が変な顔のおはなの事が気にいって、
    追いかけ回すんだよ。
    そこで僕が懲らしめるつもりが逆にやられて、
    近所の病院に連れて行かれて・・・
    でも、其処の先生はどうも猫が苦手らしく、
    少し離れた所から見て、触りもしないで「
    心配いりませんね」だって。
    所か゛ばい菌が付いて居たのか、どんどん化膿して
    熱も出るし、又病院に行ったら先生が「手術しますから」
    入院10日間して帰って来たけど、ごわごわの包帯が
    傷口にすれて1歩も歩けなくなっていたんだ。
      

       

       傷口の場所の包帯が返って痛くして・・・
       痛くって、食いしん坊の僕もさすがに何も
       たべられなかったね。

        
     父さんが僕の為にお水を運んで呉れて、
     熱があるからって氷を入れて呉れたり、
     とうさん・かあさん・そしておはなまでが看病たものね。
       

        
       痛くって動けない僕も少し筒歩けるようになり、
       ほらお水も飲みに行けるようになったよ。
       糊の利いたさらしの包帯は丁度傷口に
       当ってすれて辛かったのをかあさんが見て・・
       父さんのゆかたを作る為の絞りの藍染めにした、
       1反分を「父さんには又作ってあげるからと。
       何回も何回も藍の中に入れて作った生地で柔らかく
       僕の体な合わせてつくってくれて・・・
       藍は傷口に好いんだそうだよ、

        
       お陰で大食いの僕は食慾も出て来たのさ。
       1反の生地を1センチ間隔で一針・一針縫って絞り、
       藍も何回も入れて手を青くして作ったのを

        {ジーコの為なら}と作ってくれたのさ。
       でも作ると言っても針で縫ったのでないよ、
       ハサミでヂョキ・ヂョキと切るだけなんだ。

             

      少し筒だけど、動けるようになったら
      こっそりと覗いて傍に来なかったおはな

       
       戸の隙間から怖々をと覗いて居たおはなも、
       やっと安心したようで傍に来るようになったら、
       僕のお尻まで舐めて、そばを離れないのさ。

        「もう、大丈夫だよ」

        

       「おはなが守ってあげるね。」とばかりそばを離れない。
       とうさんとかあさんが傷の手当てをして呉れるのだけど、
       僕が厭がって鳴くと、おはなは何処に居ても飛んでくる。
       そして、父さんの手や足に噛みついて僕を助けようと
       して呉れるんだ。

 

     

      おはなの時はジーコ兄ちゃんが沢山世話をして呉れたものね。
      

      

      今度はおはなが痒い所もなめてあげるとね。
      かわいいやつさ。

       

       フーが来てからは、おはなをじゃまにしていたね。
       こんなに僕の事を心配してくれて居たのにね。
       すっかり、忘れて傍に来ると意地悪をして・・・・。
       

       

      これからは少しおはなに優しくしてあげなければな。
      こんな写真を見たら、優しくしなければと思ったよ。

     

     ねぇ、 かあさん 父さんに絞りの浴衣作ったの?
     父さんには悪い事をしてしまったんだね。
     おはなには、僕を守るためだからと、
     父さん随分齧られて、手も足も血だらけになってさ。

    

     今は父さんも天国に行ってしまったから、
     あの時の包帯だけでもお仏壇にあげようか?

        

 

     たまに昔の事を思い出すのもいいもんだね。
     僕も、21才になって、かあさんから朝晩注射を
     されているので元気で居られるけど、
     このごろは寝てばかり、少しはかあさんと遊んであげようかな・・・
      
      この写真が今の僕のスタイルですよ。
      中々、スマートになったでしよう?
      時々、おはなやフーのご飯は頂くけどね。
      お兄ちゃんが父さんの様に優しいよ。 
      でも、僕たちの為にかあさんが何時も叱られて居るんだ。

    今も「トイレが汚れてますよっ」てね。
    僕たちの為に言われています。

    でもね。内緒だけどお兄ちゃんが文句を言って居る時は
    かあさん、補聴器を外しているんだよ。

     何時も「気にしない・気にしない」ってブツブツ言ってるかあさんだよ。
     

 

      

          

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

あの頃の僕は?・・・前篇

2016年11月05日 | ジーコの話

 

 

       

       お久しぶりです。 僕誰だか判りますか?
       とてもスマートな色白?の猫です。
       
       

       野良猫時代のジーコです。
       この家のお人よしの父さん・かあさん       
       と言うより、丁度、家に帰って居た
       お兄ちゃんに家猫にして貰ったのです。
       
       
 
   
          所が、僕の体には蚤の住み家だったのです。
       
直ぐに近くの病院に連れて行かれたのですが
       予防注射をしただけだったよ。

          

        体の中で蚤が運動会をして居たんだ。
    やっぱり追い出されるかな?と覚悟をしてたら
     此処のとうさんは、僕を白いシーツに寝せて、
     一匹・一匹残らず退治てくれたんだよ。

         

       何でも50匹以上居たそうだ。
     4日間で残らず、退治して呉れたんだ。
    だから、今はこんな恰好で寝てもかゆくなくなったのさ。

         

        だから、僕は父さんが大好きになったよ。
     かあさんに言わせると、父さんは暇だからね。
     だってさ。

        

        本当は外に出したくなかったらしいけど、
      長い事ノラ生活をして居たのと、
      僕と一緒に居た、チビの事が心配でね。
      僕とちょっと離れた時に、はぐれてしまったのさ。



        

       ふぁぁ~~。家に居るのは退屈なんだな。
     ご飯もベットも用意してもらったけど、
     何となくチビの事が心配で・・・・
       小さいのにチビのママさんは
      
交通事故で死んでしまったものね。 


       

      やっと僕の居場所を見つけて飛んで来たけど、
    父さんもかあさんも2匹も飼えないっていうのさ。
    そうだよね。とうさん喘息持ちだったし・・・・
    外で鳴いて居る声を聞くのが辛かったよ。


       

       かあさんたちはもっと辛そうだったね。
     そこで僕は隣の大工さんの小屋に居るように言って、
     朝晩のご飯を食べさせるのに送り迎えをしたんだ。
      

       

     そうしたら、大きなノラ猫がご飯を見つけて、
    横取りするので
僕は雨の日も毎日
    食べ終わるのを見張ってたのさ。

    そうしたらたまたまよそに住んでいるお兄ちゃんが、
    一匹も2匹も構わないだろうと言ってくれたので、
    僕がトイレの仕方とか、みんな教えて、
    暮らせる事になったのさ。女の子「おはな」だよ。
    避妊手術をして貰って、抜糸まで入院をさせて
    それからが女の癖に気は強いし、
    僕は相手をするだけで大変だったさ。
    何処に行くにもくっついて来るし、
    何処かの家の金魚まで取ってくるんだ。
    でも3センチもない、金魚はすぐに死んでしまうと
    思ったのに16才まで生きてたよ。

      

   家の子になっても、生まれがノラだったので、
   外に出たがるので僕は毎日、こうして体力づくり。
   折角家の子になったのに迷子にさせたら大変だもんね。
   子育てはたいへんなんだぁ~
   僕の子供でもないのにねぇ。
   でも、この後、僕は災難つづき。
   男同士のおはなをめぐって大げんかさ。

   勿論、僕の方が好きだからと思っていたけど
   相手は必死にかかって来て僕は怪我をして,
   10日間も入院をして手術をしたよ

   それでは今日は此れまで後編は次回に。  
    




           

 

            

 

              

           

            

 

            

 

           

 

           

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

踊りの特訓中

2016年10月08日 | おはなの話

 

 

 

     

    思い出の木、 ナナカマドです。
    植えたばかりの時は少しも大きくならなかったのに
    今年はグーーんと伸び、花も咲き沢山の赤い実が
    付いたのにあまり赤くならないうちに沢山落ちて、
    お陰で地面が、踏むのが可哀想な位です。 

          

     可愛いでしょう?  おはなちゃんで~す。
      まだ2歳位の時の写真なの。
      人間はおはなの顔を見ると必ず、

      「奇妙な顔の猫ね。」て言われて居たのよ。

      

   今はもう15才で{変な顔}なんて言う人はいないわよ。
   おはなは毎日腎炎にならない様にって言われて、
   夜になるとかあさんに抱っこさせられて    
   
お兄ちゃんがお薬を飲まして呉れるの。
     

      

      飲み終わるとかあさんが歌を歌って、
      踊りの特訓が始まるのよ。
      踊るのは好いけど、かあさんの歌がねぇ~~


     

     佐渡おけさ・うさぎとカメ・狸ばやし? 
     ごちゃまぜの歌なのね。
     本当はおはな、踊りは上手なのだけどね。

    

    これは、狸さんが「来い・来いって」    
    呼んでいるとこなのよ。

    恥ずかしいけど、1日1回はおどると気持ちいいのね

    

    鏡を見てさせられると恥ずかしくって
     穴があったら入りたいわ。
    ジーコ兄ちゃんもフーもでかくって重たいから
    駄目駄目なんだって・・・・

      

       だから終わると急いで冷たいお水を飲むの
     甘いお薬だから、虫歯にならない様にね。
     そして狸でなく、ねこねいりをするのです。
     でも一つだけ好い事があるのよ。
     ポンポをノの字に揉んで呉れるの。
     便秘症のおはなのために毎日ね。

     おはなも時々お礼に ガブリ!と
     
かあさんの手を噛みついてあげるわ。

 

 

               

コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

寒くなったり暑くなったり・・・・

2016年09月28日 | 猫たちの会話

               

         

          この時期になると雑草だらけの庭に
          大きな木に負けまいと頑張って咲く
          可愛い水引草がとても可愛いです。

        

        だーーれ? 
        御飯の時位、ちゃんと起きて食べなさい!

      

      かあさんが「ここで食べるの?」って
      ご親切に持ってきて呉れたんですもの。
      フーちゃん、夏に生まれたから、寒さに弱いのよ。

      それだけ、太って居れば寒くなんかないはずよ。
      おはなのように痩せて居るのなら仕方がなてけどね。      

       

       こうして食べて居ると、格別美味しいわね。
       でも、ちょっとお行儀が悪いわね。

       かあさんの甘やかし過ぎよ!


       
 
       所で何処に行くの?

       ご飯の後には必ず猫草を4本食べるのが
       フーちゃん流の食べ方なのよ。

       おい! 歩く時くらい毛布をとれよ。
       フーは若いし、僕の様に太ってるのだから・・   
       

      いいのですよ。 落ちそうになったら
      尻尾をちょっと持ち上げてね・・・・
      猫草の所まで行くのさ。

      
     
      やれ・やれ。朝ごはんも終わったし、
   
      食べさせてもらって居るんだろう?
      猫草くらい自分で食べれよな。
      

     みんなとお話でもしようかしら?
     暖房が付いて居るから、毛布も脱いで。

      

      ねぇ。 何の話をして居たの?
      フーちゃんは可愛いわね。何て言って居たの?

      そんな事絶対ないよ。

                            
      
     違うの? フーちゃんは
     甘えん坊できかん坊で我儘だって?

     
   
     フーちゃんは綺麗好きで、この頃は
     毎日、大きい兄ちゃんの帰って来るのを
     待って櫛をして貰ったり、自分でも
     こんなに綺麗にお尻だって舐められる様に
     なったでしょう?

     ウンコはトイレの中で終わったら砂をかけなさいよ。
     何時もおはなにさせるのだからねぇ。
     
  
     ジーコ兄ちゃんやおはなが先輩なんだから、
     遠慮することを覚えなさいって言って居るのよ。

     

    ご飯食べる時も、お水を飲む時も、
    何でも割り込んでくるでしょう?
    昼寝の寝場所だって見いご覧。
     

    なんで一番高い所に陣取っているの?
    かあさんがジーコ兄ちゃんの為に少し広い所に
    ねんねさせようと作ったのに・・・・
    
    いいんだよ。直ぐに飽きるから、
    それに僕はこの窮屈な所が好きなんだ。

    おはなもやっと椅子で寝られるんだからさ。

     

    みんな仲良くが一番だって、
    かあさんが言って居ただろう?

    

    そうよね。みんな譲り合わなければね。

    フーのは譲るのではなく、横取りだよ。
    威張って居るのはかあさんの居る時だけだけどね。

    ほんと、かあさんが居ないとベットの中に潜って居るか、
    箪笥のてっぺんで寝て居るものね。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加