★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

王になった男

2013年02月24日 | ★★★★+

【MASQUERADE】 2013/02/16公開 韓国 131分
監督:チュ・チャンミン
出演:イ・ビョンホン、リュ・スンリョン、ハン・ヒョジュ、キム・イングォン、シム・ウンギョン、チャン・グァン、キム・ミョンゴン

王になりたい。操り人形でない、本当の王に。

[Story]
1616年、暴君の悪名高き朝鮮第15代王の光海君(イ・ビョンホン)は権力争いの渦中にあり、常に暗殺の危機にさらされていた。そんな折、彼とそっくりの容姿を持つ道化師ハソン(イ・ビョンホン)が王の影武者として宮中に上がることになる。重臣たちは、何とかして身分の低い平民であるハソンを王に仕立て上げようと画策するが...


イ・ビョンホンが朝鮮王朝15代王とその影武者の一人二役を演じ初挑戦した時代劇です。あ、朝鮮と挑戦をかけたわけじゃないです、、、。
監督は『拝啓、愛しています』のチュ・チャンミン。 ←おっ!(つい反応してしまった、汗)

韓国の時代劇は観る機会がなかったので、朝鮮王朝の仕組とか役職とかわからず?マークが出まくりでした、汗。大同法?号牌法???....登場人物の役職や名前も覚えられずいついてけないと思ったのだけれど、王の影武者が登場してきてからはそのへんは気にならずに観られました、、、。でもうっすら~とでも勉強しとけば良かったなーと反省。

イ・ビョンホン出演作はちょっとしか観たことないのですが今まで観た中で一番良かった!! 王と平民の男二役の演じ分けもお見事でした。特にハソンが自分でも気づかない間に王になっていく所はほんと素晴らしかったです。クライマックスではどちらなのかわからなくなりましたよ。それと脇を固める俳優陣がまた素晴らしい。時代劇だからと躊躇してたけど観に行って良かったです。

時代劇だからシリアスで小難しいもんだと思ってたんですが、これが意外や意外でコミカルなシーンも多いので観やすいし笑いもありました。偽光海と側近のホ・ギュンとのコント?が面白かった、笑。ホ・ギュンがハソンを王として教育しなきゃいけないから立場逆転してる姿もクスクス。王様となればトイレも自由じゃなくて大きいのも女官たちの前でしないといけないから大変。出したものは要チェックされるし、、、。心が安まらないっすねー、汗。屁こいたりトイレしてるビョンさん...いいーっ、笑。

イ・ビョンホンも良かったんですが、王の側近を演じたリュ・スンリョンの静かで落ち着いた演技がすごく良かったなぁ。この人がいてイ・ビョンホンの演技が際立ったんだと思います。
あと...あと...偽光海を最後に命がけで守ってくれた人とかも良かった。あっ王妃の兄がちょっとイケメンだった!! 毒味役の女官の女の子も純粋で可愛かったんですがラストは切なかった、、、。

シリアスな物語にコミカルな部分がいい割合で入ってきて、最後まで睡魔に襲われることなく観られました。ラストはうるうるしちゃいましたしねー。とにかく偽光海に引き込まれました。
ところで、イ・ビョンホンとリュ・スンリョンのお二人が同じ歳だったことにびっくり。役柄もあるんだろうけど...イ・ビョンホンよりずっと年上だと思ってた、、、

実際の時代背景の説明が載ってるかなーとパンフを買ってみたら1000円....っ!
でも勉強になったからまぁいいか。

★★★★.5

※TOHO Cinemas free passport #7

 

王になった男 プレミアムBOX [DVD]

王になった男 プレミアムBOX [Blu-ray]

イ・ビョンホン,リュ・スンリョン,ハン・ヒョジュ,キム・イングォン,チャン・グァン
ポニーキャニオン

 

王になった男 スタンダード・エディション [DVD]

イ・ビョンホン,リュ・スンリョン,ハン・ヒョジュ,キム・イングォン
ポニーキャニオン
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 火車 HELPLESS | トップ | 第33回(2012)ゴールデンラ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初挑戦 (まっつぁんこ)
2013-02-24 20:49:58
「シリアスな物語にコミカルな部分がいい割合で入って」同感。
イ・ビョンホンは初の時代劇で一人二役だったようですね。お客さんの入りや客層はどんな塩梅だったのでしょう?イ・ビョンホン目当てのお客が多いのか興味があります。(笑)
まっつぁんこさんへ (yukarin)
2013-02-25 10:18:56
こういうのってバランスが悪いとつまらなくなりますしね。
いい具合にバランスがとれてたのが良かったと思います。

お客さんは100人の所で半分以上は入ってました。やはり半分以上は女性ですが、男性もそこそこいましたよ。
イ・ビョンホン目当てのおばさまらしき人もいましたけどミーハーな人はいませんでした。
熱烈なファンなら初日あたりに観てると思うのでいたらリピーターでしょうね。
こんにちは (maki)
2013-10-25 10:14:30
側近と偽王の位置のいれかえとか、大のほうとかおならだとか、コミカルなシーンがはいっていたので
観やすかったですね
ト部将の最後の「私にとっては本物だ」というのも
感動的で…
偽王の「私になびいたかな?」も笑えちゃいましたね
makiさんへ (yukarin)
2013-10-25 12:57:23
こんにちは♪
韓国の時代ものはあまり見ないのでどうかなーと思ってたのですが、コミカルな部分は笑えたし、しっかりした内容で見応えありました。
イ・ビョンホンの演技も素晴らしかったですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
王になった男 (あーうぃ だにぇっと)
王になった男@シネマート六本木
『王になった男』 2013年2月11日 シネマート六本木 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『王になった男』 を試写会で鑑賞しました。 イ・ビョンホンの2役の活躍は是非劇場で 【ストーリー】  1616年、暴君の悪名高き朝鮮第15代王の光海君(イ・ビョンホン)は権力争いの渦中にあり、常に暗殺の危機にさらされていた。そんな折、彼とそっくりの容姿を持つ道...
王になった男 (ごみつ通信)
2012年/韓国 (監)チュ・チャンミン(演)イ・ビョンホン リュ・スンリョン 
王になった男・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
“真の王”の資質とは。 十七世紀、実在の朝鮮王朝第十五代国王・光海君の治世を舞台に、暴君の影武者となった道化師が、ひょんなことから15日間だけ本物の“王”となる歴史ドラマ。 史実にフィクションを巧み...
王になった男/イ・ビョンホン (カノンな日々)
意外というほどではありませんけど、そういえばこれまで演じたことってなかったんですよね。イ・ビョンホンが初めて挑んだ時代劇作品です。17世紀の李氏朝鮮時代を舞台に実在した ...
『王になった男』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「王になった男」□監督 チュ・チャンミン □脚本 ファン・ジョユン□キャスト イ・ビョンホン、リュ・スンリョン、ハン・ヒョジュ、キム・イングォン       シム・ウンギョン■鑑賞日 2月17日(日)■劇場 TOHOシネマズ...
王になった男 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
イ・ビョンホン「王になった男」公式写真集 (光文社女性ブックス VOL. 142)朝鮮王朝に実在した暴君の影武者を描く歴史フィクション大作「王になった男」。イ・ビョンホンが一人二役で ...
王になった男 (とりあえず、コメントです)
昨年、韓国で大ヒットしたイ・ビョンホン主演の時代劇です。 TVドラマを観ないので韓国の時代劇はあまり馴染みがないのですけど、 評判が高かったのでチャレンジしてみました。 17世紀という時代にこういう世界が広がっていたのかと思いつつ、 様々な人の想いが絡み合って...
王になった男 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年4月3日(水) 19:00~ キネカ大森1 料金:1000円(水曜割引) パンフレット:未確認 ビョン吉一人二役。と言っても、大半の時間は片方 『王になった男』公式サイト 長いこと観ていなかった感のあるビョン吉。クソ映画「アイリス -THE LAST-」以来か。 李氏...
「王になった男」 (ここなつ映画レビュー)
韓国料理屋(焼肉屋ではない)の前を通る度にこの作品の事を思い出す。ってとんでもない前フリですが、こんなふざけた気持ちはさておき、見応えのある作品でした。 もともとイ・ビョンホンの事は別に好きではない。でも、彼は大した役者だと素直に思う。彼の出る作品...
王になった男 (いやいやえん)
暴君と化した朝鮮第15代王の光海君は自分の身代わりとなる人間を捜しており、みつけたのが道化役者。しかし王が何者かの手によって病床に臥してしまい、謀反を恐れた側近が道化役者を影武者に仕立て上げるといった感
王になった男 (映画の話でコーヒーブレイク)
思い起こせば、あれは2009年のことでした。 朝パソコンを立ちあげ、ブログのアクセス数を見てビックリ! いったい何が起こったの? 桁違いに多い数字でした。 今に至るまで、あんなアクセス数をたたき出したことはありません。今後もないでしょう (随分前のことで…桁違...