★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

トリプルX:再起動

2017年02月26日 | ★★★★

【XXX: THE RETURN OF XANDER CAGE】 2017/02/24公開 アメリカ 107分
監督:D・J・カルーソー
出演:ヴィン・ディーゼル、ドニー・イェン、ディーピカー・パードゥコーン、クリス・ウー、ルビー・ローズ、トニー・ジャー、ニーナ・ドブレフ、トニ・コレット、サミュエル・L・ジャクソン、ネイマール

極限世界(xXx)を
体感せよ

STORY:エクストリームスポーツのカリスマにして、腕利きシークレットエージェントとしても名をはせたザンダー・ケイジ(ヴィン・ディーゼル)に再びNSA(国家安全保障局)から声が掛かる。今回の彼の任務は、危険な敵の手に渡ってしまった世界中の軍事衛星装置を奪還すること。ザンダーはNSAがそろえた精鋭部隊を一蹴し、新たにチーム“トリプルX”を編成する... (シネマトゥデイより)


エクストリーム・スポーツのスーパー・スターが、アメリカ政府のスパイとなって活躍する『トリプルX』シリーズ第3弾!! ヴィン・ディーゼルが1作目以来のシリーズ復帰!! 監督は『アイ・アム・ナンバー4』『イーグル・アイ』『トゥー・フォー・ザ・マネー』などのD・J・カルーソー。

1作目は観たらしいのですが全く記憶にない、おさらいをする時間がないまま観ました。ヴィン・ディーゼルは2作目には出てなかったのですね。前2作を忘れてても、観てなくても大丈夫でした。目まぐるしいアクションに次ぐアクションでお腹いっぱいです 笑。

今回は『イップ・マン』シリーズや『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のチアルート役のドニー・イェンが参戦して、いやーもうーテンション上がりました。キレのいいアクションは最高でした。中国から金が出てるのがアリアリでも仕方がない 笑。で、ヴィン・ディーゼルも負けてません。『ワイルド・スピード』シリーズとはまた違ったアクションでこちらも堪能しましたよ。が、美人のお姉ちゃんを従えて美味しい役どころですなー。

1作目の自分の記事を探してみたら、007シリーズのパクリ扱いしてました 笑。今回はそれほど007っぽさはなくてどちらかと言うと過激なアクション映画という感じでしたが、Qみたいな役どころのベッキーがいい味を出していて、オタク女子っぽいんだけど可愛かったですね。←お気に入り。

冒頭....ギボンズが「トリプルX」について説明してくれるんだけどあっという間に爆発に巻き込まれ.....。ま、サミュエル・L・ジャクソンだから何かありそうだと思ってたけど....。なんかネイマールが出てて強盗をやっつける?ところは笑った!

ここまでやる??? ありえへーーーーん!! な超アクションに目が回りそうでした。

ヴィン演じるザンダーがスキー板を装着して???と思ったら森の中の斜面を滑るシーンはびっくり。雪がなくても滑れるのねぇ 笑。空から飛び降りるシーンもありえない 笑。ワイスピよりもすごいんじゃない??
種類は違ってもドニーさんとのアクション合戦みたいで楽しかったです。

ザンダーの仲間の女性陣もカッコ良かったですね。銃撃戦なんてほんとかっこよすぎました。
前作を観てるとおー!と思われる人も登場。

本当に再起動という感じでしたね。とにかくアクションてんこ盛りでしたし、銃撃戦も半端ない激しさでアクション好きにはたまらないといった感じでした。あの終わりかただと続編もありそうですが、ぜひ作ってほしいですね。

鑑賞日:2017/02/25

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラ・ラ・ランド | トップ | 「第37回ゴールデンラズベリ... »

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (にゃむばなな)
2017-02-27 00:03:29
ヴィン・ディーゼルはこの作品で引退していただき、アイス・キューブも次のダイヤル9があるまで待機していただき、次からはドニー・イェン主演でシリーズ化を熱望します。
だってそっちの方が遥かに面白そうなんだもん!
おはようございます。 (BROOK)
2017-02-27 07:08:17
超絶なアクションシーンはどれもが手に汗握りましたね♪
もう半端なかったです!
そして、大興奮でした!!

キャストたちのアクションも非常にカッコ良く…
特にドニーのキレのある戦いっぷりは見応えがありました。

最後の敵は予想出来る展開でしたが、
今作は楽しもんだ勝ちですよね^^
是非とも続編を作って欲しいところです。
Unknown (えふ)
2017-02-27 20:15:40
なんかもうストーリー覚えてないわ(苦笑
覚えてるのドニーさんのアクションの凄さだけという(笑
ドニーさん、期待の星ですね!
にゃむばななさんへ (yukarin)
2017-03-01 13:24:46
こんにちは。
ドニー・イェンのアクションは見応えありましたね。
主演でも面白そうです。
BROOKさんへ (yukarin)
2017-03-01 13:26:36
こんにちは。
本当にパンパないアクションにつぐアクションでテンションあがりまくりでした。
途中からはドニーさんに集中しちゃいました。
キレのあるアクションは本当に見応えありますね。
確かに楽しんだもん勝ちですよねぇ。
続編観たいです!!
えふさんへ (yukarin)
2017-03-01 13:27:47
ストーリー...あったっけ? 笑
私も覚えてないです。
ドニーさんのアクションはホントかっこいい!!
シリーズが続くならぜひとも参加してほしいものです。
Unknown (ふじき78)
2017-03-05 01:42:16
ストーリーいらない。
無駄に美女が多くていい映画でした。
ふじき78さんへ (yukarin)
2017-03-08 12:59:33
いやー本当に無駄に美女が多かったですね。
男性陣は必見?
私はドニーさんのアクションが観られてよかったです。
こんにちは (ここなつ)
2017-03-10 13:30:00
こんにちは。私は、ヴィン・ディーゼルもドニー・イェンもどちらも大大大好きですので、本当に何も考えずに楽しむことができました。
強い男たちと強い女たちのコラボは素敵!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
トリプルX:再起動 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(10) お気楽に楽しめるアクション大作でよろしいかと。
『トリプルX:再起動』 (こねたみっくす)
再起動したら、メインアプリがドニー・イェンになっちゃったよ! あれ〜?トリプルXってこんなヤツでした?確か単独プレイで滅茶苦茶暴れながらも荒くれ者たちを叩きのめす、ア ......
劇場鑑賞「トリプルX:再起動」 (日々“是”精進! ver.F)
人工衛星落下を阻止する… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201702250000/ ポイント5倍(2/17 10:00-2/20 9:59)【メール便送料無料】Brian Tyler / XXX: Return Of Xander Cage......
トリプルX:再起動 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
エクストリーム・スポーツのスーパー・スターが、アメリカ政府のスパイとなって活躍する「トリプルX」シリーズの第3弾。ヴィン・ディーゼルが1作目以来のシリーズ復帰を果たし......
『トリプルX/再起動』(2017) (【徒然なるままに・・・】)
「トリプルX」、「トリプルX/ネクスト・レベル」に続くシリーズ第3弾。主演にヴィン・ディーゼルがカムバック。半ばリブートに近い新作かと思っていたら、きちんと3作目にな......
トリプルX:再起動 (だらだら無気力ブログ!)
なんだか既視感一杯の映画。
『トリプルX:再起動』をトーホーシネマズみゆき座で観て、洋画らしい洋画ともかくス...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲佐々木希のブラみたいなカットだなあ。 五つ星評価で【★★★★洋画らしいほんまに洋画らしい】 拳銃バンバン撃って、世界の危機がドンドン来て、美女がうふんうふんクネク ......
『トリプルX 再起動』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「トリプルX 再起動」 □監督 D・J・カルーソ□脚本 F・スコット・フレイジャー□キャスト ヴィン・ディーゼル、ドニー・イェン、ディーピカー・......
「トリプルX:再起動」 (ここなつ映画レビュー)
12年ぶりの「トリプルX」シリーズなのだそうだ。この人が出るならどんな端役であってもとりあえず劇場に足を運ばずにはいられない俳優がいたとして、私にとってそれは正にヴィン・......
トリプルX:再起動 (風に吹かれて)
スカウトマン サミュエル・L・ジャクソン 公式サイト http://www.xandercage.jp 監督: D・J・カルーソー  「イーグル・アイ」 「アイ・アム・ナンバー4」 長年身を隠していた