四季の庭 四季の空

小さな庭の・・・

おいちゃん(猫享年20歳)のこと、その5≪別の病気を発症NO1≫

2017-06-16 10:25:21 | 動物・昆虫・魚類
2015年10月のおいちゃん】つづき
10月中旬北海道旅行を予定していたので
まめに獣医科へ通い体調を整えてきました。

出発の準備を手伝いに(?笑)くるぐらい元気。
二泊三日留守中は、仕事をしていますが息子B&Bに頼むことにして
手順を紙に書き込み手渡しました。

ところが・・・・・

出発の朝、

おいちゃんが一か所でぐるぐるまわりをして
それがとまらない!!!

なんだろう?この症状は?PC(猫の病気対策マニュアルより)
************************
前庭が障害されると共通して見られる症状があり、
それを総称して「前庭症状」と言います。
前庭症状には先ほどの「旋回運動」の他にも、
一方向に首が傾いてしまう「斜頚」、
眼球が一定のリズムで揺れてしまう
「眼振」と言われる症状があります
*************************

おいちゃんは、「旋回」「眼振動」
その上、どうやら目が見えてない!!!
あちこちにぶつかるのです。

これはバランス感覚のよい猫にとって
辛い症状。

食欲低下どころか旋回が始まるので食べられないのです。

北海道旅行を断念し、

病院へ連れて行きました。
点滴をして様子を見ることに
怪我をしないような対策が必要とのこと。

そうか・・・・・
目が見えないのね・・・
疲れて寝ています



せんべいさんが看病、これはほんと助かりました。
旅行返上でお世話。
目が見えないので餌を口元にもっていってやる。
喧嘩ばかりしていた二人とは思えません(笑)



怪我をしないような対策が必要と獣医さんのアドバイス

ゲージを組み立てサークルを作って寝させてみました。
トイレも近くて、目が見えなくてもサークルの中の位置を覚えたら
きっと住み心地がいいでしょう。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おいちゃん(猫享年20歳)の... | トップ | おいちゃん(猫享年20歳)の... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おいちゃんへ (まる)
2017-07-03 12:04:54
おいちゃん~♪
お久しぶりです。

おいちゃん様子、
きららから時々、
そして最後まで聞いていました。

もともと猫派の私、
おいちゃんの写真を見るたび、
親近感がわいていたのです。

今いる場所で、
元気におひげをピンとさせてますか?

飼い主が旅行をキャンセルする程の
愛情をもらっていた猫ちゃん。
幸せ猫ですね。


PS.
せんべいさんとおいちゃんのツーショット。
いい感じでホッコリします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む