アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『オレンジ チョコレート』第4巻/山田南平

2010-07-19 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


「美しさ」という物をとことん楽しむ漫画だと私は思っています。
律とちろの中身が入れ替わるというドタバタよりも、互いが互いの「美しさ」を、入れ替わったことにより再確認する様にこそ、この漫画の価値はある。

共演者をつけるはずだったCM撮影で、女の子のような笑みを浮かべる律。いい表情(かお)をするとちろを褒める律は、彼女の豊かな表情を見習いたいと言う。表情を抑えられるのが「いい女」だと聞かされたちろは、身近にいる一番のいい女である男子高校生を手本にしだす。
二匹の狐は、「人でない我々から見ても 神々しい美しさがあるな」と律を絶賛する。

部屋に通され、膨大な量の写真やCDを見せられ、10年間ずっと観察してきたと律に言われるちろ。
「俺の娘役の芯は 全部ちろなんだよ」。
心臓が鳴りやまないちろに頭突きを喰らわされ、気を失いながら、いまの現象に関係してるのは「ちろの願い」だけじゃなく、自分の10年分のちろへの視線にも原因があるのではないかと思い始める律。

しかし、よかれと思って願いを叶えてやったのに面白くないと、右近は拗(す)ね始める。
願い事の事で揉めて苛ついたのか、願いが上手く叶えてやれない事が歯痒(はがゆ)いのかと尋ねる左近に、両方だと答える右近。
「御霊様のお力に頼る人間達が少しでも笑顔になれたらと そう思って千年もお仕えしているのに--」。

社長がちろに興味を抱き始め、食事に同席したプロデューサーの思惑も絡み、ちろは『不思議の国のアリス』の絵本で懐柔される。仕事の内容を聞いてやると言い出すちろ。お狐くんたちに報告に来たちろを見て、質問自体が答えになっている問いかけをする左近。
「同じお仕事を出来る喜びは 律殿のようになれるからでしょうか?」。

アリスとハッターのふたりの空気を壊したくない「彼」は、吹き抜けの上階から降りずに控えめに見守り、顔を合わせずに去っていく。



第16話見開きカラー(『別冊 花とゆめ』2010年5月号)




お薦め度:★★★★☆
ちろと律の絆がとてもいい。当然のように愛を要求するちろに、誠実に優しく応える律。
はた目には保護者と子供のような関係の二人だけど、実は律のほうがちろから多くの物を学んでいて、安心させられていたという優しい関係が好きです。
そして律の美しさが本物だけど「未完成」であるという処が、私にとっては一番の見所です。日舞をやっていて、滝川社長の言うように「手先まで神経の通った立ち姿」を身に付けている律が、10年間お手本にしてきたちろと精神が入れ替わることにより、仕草ではなく素顔で表情をつけられるようになり、その美しさが「完成」する処をぜひ見たい。



にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】オレンジチョコレート 山田南平 4
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『リミット』第1巻/すえのぶ... | トップ | 心頭滅却 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。