アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『リミット』第1巻/すえのぶけいこ

2010-07-17 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ



店頭の小冊子で試し読みができたので第1巻を買いました。面白い!

高校2年生の今野水希(コンノ)は、力を抜き、流れに身を任せて、うまく泳いでいた。人間は平等ではなく、優劣もヒイキも差別もトーゼンある。小さな小さな学校という世界は、これから先も続いていく社会の縮図だ。「世間はバカとブスには冷たいからね」というような、さくらの言葉は、時にゾクッとするけど授業なんかよりよっぽどためになるとコンノは思っていた。
モリコと呼ばれ蔑まれている盛重亜梨沙(もりしげありさ)、グループの頂点に君臨する姫澤さくら、仲間である市ノ瀬(ハル)。自分達のグループに属さない神矢は、モリコを笑うコンノに冷たい視線を注ぐが、流れに身を任せていれば信号は自然に青に変わるとコンノは受け流す。

全てが崩壊したのは、春に行われる交流キャンプ。
クラスを乗せたバスが崖下に落下し、意識を取り戻したコンノが振り向くと鉄と血の臭い、そして死体の山。圏外で繋がらないケータイの灯りが、さくらの死体を照らす。親友の死を知り泣き崩れるハル。

コンノが煙に気付いて二人がそこへ向かうと、名前だけは知っている、負傷した薄井さんが火の番をしていた。洞窟の奥で、タロット占いをしている盛重の不気味な背中を見ていると、神矢が戻ってきて、死体から漁った食糧や道具を冷静に吟味する。姫澤さくらが死んだと、地面に書いた魔法陣の上で狂人のように笑い転げる盛重。もう、信号は青にはならない。

おまえが死ねばよかったんだと盛重に殴りかかるハル、唯一の武器である芝刈り用のカマを振りかざして反撃し、あたしは全部覚えているのよとノートを投げつける盛重。そこには、今までクラスの面々が如何に自分を虐げてきたかの詳細な記録と、「処刑者リスト」のランク付けがビッシリ書き込まれていた。今、神の啓示によって支配者となったのは、これまで35人クラスの最下位の35位に位置させられていた自分だと。

唯一の武器を独占する盛重に土下座して服従を誓う神矢。死んださくらだけが本当の友達だったと、追いかけてきたコンノをひっぱたくハル。要領がよく、鈍感で、いつも知らないうちに人を傷つけていたコンノを友達だとははじめから思っていなかったと。

無視のターゲットになった中学2年の時の出来事を思い出すコンノ。空気を読んで泳ぐことを覚えたあの頃から、自分は本当に冷たい人間になってしまったのかと。

バスから集めた最後の食糧を前に、盛重が5人の「序列」を決めると言う。
自分は最高位の女帝、自分達のために食糧を集めた神矢は王族、神の預言を受け入れた薄井は平民。残る召使と奴隷の地位を、コンノとハルで争えと女帝となった盛重は鎌で木を削って作った武器を差し出し、狂気の笑みを浮かべながら命じる。




お薦め度:★★★☆☆
前作『ライフ』を読んでいた人の間では賛否両論あるようですが、私は気に入りました。画力が安定していてストーリーに見合っている点も良い。
女子校内での序列が通用しなくなる極限状態と崩壊する(するのか?)友情が巧く描かれていて読み応えあります。学校内では強者と弱者の序列があり、強者の中でも序列がある。しかし隔絶された世界では彼女達の「本音」が噴出し、校内での力関係も瓦解する。
既に第2巻が出ているのでこれから買います。




にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】リミット すえのぶけいこ 1
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『勉強しなさい!』全2巻/中... | トップ | 『オレンジ チョコレート』第... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ライフは・・・ (さっとん)
2010-07-18 09:39:47
ライフは未読ですか?

確かに画力・ストーリーどちらも素晴らしいですね。
ただひたすらに「女子」のヒエラルキーや
イジメについて書き続ける様も圧巻ですが
どうも強烈過ぎて読後感が良くないです。

読後感が悪くなるほどリアルなんですけどね^^;
ヒエラルキー (Wrlz)
2010-07-18 21:58:37
>さっとん様

『ライフ』は未読ですが、この『リミット』は私は面白いです。
学校内での序列を決めていた「容姿」や「成績」が通用しなくなる極限状態がいいです。
山に取材に行ったという店頭のポップも見ました。気合い入ってますよね。
第2巻も買います。
そうなんですね。 (さっとん)
2010-07-20 04:39:37
どうも先にライフと短編を読んでいたので
そんな印象になってしまいましたが、
そう言う意味では「極限」を描くのがうまいですね^^
極限状態 (Wrlz)
2010-07-26 21:50:12
>さっとん様

コンノの真理描写がリアルでいいですよね。この部分ではきちんと「少女漫画」になっている。
早く続きを読みたいのに、この炎天下、本屋まで往復する気力がありません(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。