アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『いっしょにねようよ』第6巻(完結)/高尾滋

2012-02-26 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


…いちこちゃん
毎日 楽しくったっていいんだよ
幸せを望むことは 罪じゃない
毎日 幸せだって
いいんだよ

(直哉から一子へ)


 ときめいた!
 …こんなテンションで書き殴ってしまうブログは、レビューでも感想でもないけれど、恥ずかしくて転げ回ってしまうほど、ときめかされた。だから、「こういうふうに面白かったです」などと、平静を装ってブログを書くのも困難だ。

 前段でときめいたと連呼してしまったけれど、この漫画を読むと、「ときめく」という言葉を軽々しく使えなくなる。この漫画に、「至高のときめき」とも呼べる物が描かれているからだ。物語を収束させるために、やや駆け足で完結を迎えた感は否めないけれど、このときめきはそれを補って余りある。誰かを「好き」になる感情を、これほど深く暖かに描く高尾滋の力量に、脱帽。人を好きになって、ときめく。その想いを、恐ろしく克明に描いているから、読んでいて身悶えするほど恥ずかしい。そして、たまらなく幸せな気持ちになれる。

 不幸であることをやめるのは、古白が母との関係のすべてを捨てたのと同じくらい、時間はかかっても簡単だ。ところが、自分が幸せであることを許すのは、時間をかけるだけでは受け入れられず、難しい。他人を傷つけたことのない人などいないので、人は大なり小なり、自分は幸せだと感じる度に、「自分のせいで不幸になった誰か」の存在が、脳裏をよぎる。「自分が幸せであること」と「自分以外の誰かが不幸であること」は、理屈の上では無関係なのに、感情ではそれに納得できない場合がある。
 しかし実際には、古白が「自分を不幸だと認めること」で「古白の母が幸せ」にはならないし、一子が「自分は幸せだと感じる」ことで「一子の甥が不幸」にはならない。だから、個々人が「自分の幸せを望むこと」は、微塵(みじん)も罪ではない。

 この漫画は、一子が、冒頭に引用した直哉の言葉に納得でき、古白の想いに応えた所で完結する。しかし、それを上回る見所は、古白が一子に対してときめく数々の場面とその描写だ。古白(と努)が、一子にときめく様を描くことに、作者は心血を注いだと言っても過言ではないかもしれない。もう、この最終巻には、開き直ったかのように、「ときめき」と「幸せ」しか描かれていない。この漫画の登場人物の中で最も美しい女性、谷春香を差し置いて、宇佐美一子を最も魅力的な存在に作者は高め、つくりあげた。そして、彼らが一子にときめく感情が、真に迫って生々しく、恥ずかしくて美しくて暖かい。

 特にこの二つのセリフが、思い出すだけで赤面してしまうほど、私には秀逸に思えた。

「君が 俺の家ならいいのにな…」(努から一子へ)

「君に どっちが似合うかなぁって 考えてるだけで 十日でも 十年でも すごせそう…」(古白から一子へ)

 極みは、努が、古白の一子に対する想いを形容する、(古白は いちこちゃんの胸に花を植えている)というモノローグ。「愛を捧げる」などという決まり文句では片付けられないほどの想いだ。

 全6巻を読み返して、最初に抱く感情。
「恥ずかしくて死にそうだ!」
この一言に尽きる。

 そして、登場人物だけでなく、現実の自分自身に対しても、「私は幸せで良いのだろうか」という問いかけをさせられる。もちろん、その問いへの答えは、直哉が代弁してくれているように、「良い」だ。

 「幸せとは何か」というテーマをすっ飛ばして、「幸せであることは罪ではない」と断言するかのようなこの漫画に、私はこの上ない救いと喜びと幸せを感じる。そして、その幸せに満ちたときめきに、転げ回って狂喜してしまう。
 もしも作家の使命が「読者を幸せにすること」だとしたら、私の中で高尾滋を超える少女漫画家はいないと、またも思わされた。


第31話カラー扉(花とゆめ平成23年15号)


最終回カラー扉(23号)


平成24年1号ふろく



お薦め度:★★★★★


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】いっしょにねようよ 高尾滋 6
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『オオカミ少女と黒王子』第2... | トップ | さくらめーる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。