みなよか日記

NPO法人UDくまもとが発信するユニバーサルな観光情報です。
写真の無断転用は厳禁です。必ずご連絡下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

くまもとさるく 上通り界隈

2009-12-18 14:37:35 | 熊本市内 観光
続いて、第2弾です。
今度は上通り界隈。老舗の立ち並ぶ街です。
今回も様々なお話が聞けました。

この日は特別に続けて2回お願いしましたので、午後からの出発。
午前中結構歩いたのでお腹もペコペコ。一行は、市役所地下のレストランでお昼をいただきました。ここは安いし早いし、なんといっても、車いすユーザーにも様々な配慮がなされていますので、入りやすいお店です。電動車いすユーザー用に、高いテーブルまで準備されていて感心しました。
 
お腹も満ちて元気いっぱい。出発です。
Imgp0157

ビルの合間にある神社。あるのは知っていましたが、謂れを聞いたりすると一帯の街の繁栄がわかったりします。ここも行ってからのお楽しみ。カップルのためのおまじないも教えてもらいましたよ。
Imgp0160

ここも驚きのスポット。さて、加藤清正といえば虎退治ですが、この銅像のどこかに虎がいます。みなさんも確かめてみてくださいね。ちなみに事務局長が一番に見つけました。

Imgp0167

お城の周辺はうんちくでいっぱい。長塀通りを歩くだけでも、驚きの連続です。
Imgp0170

さて、あるのは知っているけど、何なのか知らないという場所の代表、高橋公園。ここはこういう機会がない限り足を踏み入れることはほとんどないですよね。何があるのかを知ると、人に自慢できますよ。びっくりです。高橋公園・・・なんで高橋公園なのかというと・・・・・秘密です。
Imgp0189


Imgp0192

さて、ここはどこでしょう?保守熊本の聖地。ここから敬神党→神風連という流れが見えてきます。若者の情熱がたぎる当時の様子が偲ばれます。
Imgp0199

一行はさらに進んで上通り界隈へ。並木坂では、おもしろいものを見つけましたよ。
舒文堂河島書店はとても古い歴史を持つ古書店。夏目漱石も通った老舗。同じ敷地に新築されていますが、建物にも遊び心満載です。今まで散々店先を通ったはずなのに、まったく気づきませんでした。

わかりますか?壁に、フクロウとヤモリがいます。
Imgp0203

ここまで大きくなるとわかりますね。この彫刻は今有名な「せんと君」のデザインをした作家さんの作品。柔らかいタッチのやさしい印象です。
Imgp0204

きっとフクロウとヤモリの組み合わせに、なにか想いがあるんでしょうね。そんなことにまで興味が出てしまいます。
 
上通り界隈の横道には、古い謂れの通り名も多く、一つずつ丁寧にお話してくださいました。
今回、ガイドをお願いした草部さんの熊本についての深い造詣に驚くと同時に、感激しました。こんな方々が案内して下さるなら、もっと多くのみなさんに足を運んで体験してもらいたいと、心から感じる事が出来ました。
 
くまもとさるくの取り組みは、年齢や性別、体の状態を問わず、様々な人に柔軟に対応できる素晴らしい観光の方法です。
UDくまもとは今後も、積極的にみなさんにご紹介していこうと思っています。
 
熊本に住んでいる方も、初めて熊本を訪れた方も、熊本市内の観光は、くまもとさるくをおススメしますよ。
詳しくは、下記お問い合わせまで。

最後に、寒い1日にパワフルにお付き合い頂いたガイドの草部さん。本当にありがとうございました。次回も宜しくお願いします。

 
<お問い合わせ>

ホームページ http://www.k-yokatoko.com/saruku.html
参加費 大人   :500円
小中学生:250円(熊本市内小中学生は無料※要証明)
※コースにより別途交通費や施設入場料が必要です。
お問合せお申込み先電話
平日  : 096-359-1788 受付時間  8:30~17:00
土日祝: 090-9487-8972 受付時間  10:00~17:00
(財)熊本国際観光コンベンション協会まて!
予約受付 ガイド付コース:前日の17時まで受付
 
 

大きな地図で見る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« くまもとさるく 下通り界隈 | トップ | イルミネーション 番外編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

熊本市内 観光」カテゴリの最新記事