愛媛の伝承文化

民俗学・日本文化論。地域と文化、人間と社会。愛媛、四国を出発点に考えています。大本敬久のブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【参考文献】昭和南海地震 愛媛県の被害状況

2016年12月20日 | 災害の歴史・伝承
明日12月21日は、1946年に発生した昭和南海地震からちょうど70年。

全国で1330名、愛媛県内で26名の死者が出ています。愛媛では明治以降、最大の被害。

この昭和南海地震は紀伊半島南西沖を震源として、地震の規模はマグニチュード8.0。

同様の地震(南海トラフ巨大地震)は、今後30年以内におよそ70%の確率で発生されると予測されています。

この1ヶ月、昭和南海地震70年ということで、私のところにも新聞、テレビ等から問い合わせや取材が怒涛のように入ってきました。

その際、必ず聞かれるのが、愛媛での昭和南海地震の被害状況をまとめた文献があるかどうか、という質問でして、以下の文献を紹介しています。

大本敬久「愛媛県の地震史ー昭和南海地震を中心にー」(『伊予史談』383号、2016年10月)

この『伊予史談』は、愛媛県内各図書館にも配架されていますが、以下の伊予史談会のサイトに購入方法も記載されています。

http://iyosidan.jugem.jp/?eid=156

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私たちの地域で起きた災害 | TOP |   
最近の画像もっと見る

Related Topics