愛媛の伝承文化

民俗学・日本文化論。地域と文化、人間と社会。愛媛、四国を出発点に考えています。大本敬久のブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【参考文献】昭和南海地震 愛媛県の被害状況

2016年12月20日 | 災害の歴史・伝承
明日12月21日は、1946年に発生した昭和南海地震からちょうど70年。

全国で1330名、愛媛県内で26名の死者が出ています。愛媛では明治以降、最大の被害。

この昭和南海地震は紀伊半島南西沖を震源として、地震の規模はマグニチュード8.0。

同様の地震(南海トラフ巨大地震)は、今後30年以内におよそ70%の確率で発生されると予測されています。

この1ヶ月、昭和南海地震70年ということで、私のところにも新聞、テレビ等から問い合わせや取材が怒涛のように入ってきました。

その際、必ず聞かれるのが、愛媛での昭和南海地震の被害状況をまとめた文献があるかどうか、という質問でして、以下の文献を紹介しています。

大本敬久「愛媛県の地震史ー昭和南海地震を中心にー」(『伊予史談』383号、2016年10月)

この『伊予史談』は、愛媛県内各図書館にも配架されていますが、以下の伊予史談会のサイトに購入方法も記載されています。

http://iyosidan.jugem.jp/?eid=156


この記事をはてなブックマークに追加

私たちの地域で起きた災害

2016年12月06日 | 災害の歴史・伝承
12/4、NPO法人えひめ311主催の防災・減災講演・ワークショップの様子が毎日新聞に掲載されていました。

当日は参加者約60名。実行委員のみなさまのご尽力で若い世代から年配の方まで幅広い年齢層が参加。

この講演・ワークショップで、過去の災害をふりかえる、参加者同士で自らの災害の体験・記憶を共有することにより、新しい愛媛の防災の取り組みの一事例が提示できたのではないかと思っています。


「私たちの地域で起きた災害」被災体験共有し備える 南海トラフに心巡らせ 松山 /愛媛
毎日新聞 2016年12月5日 地方版

http://mainichi.jp/articles/20161205/ddl/k38/040/313000c

この記事をはてなブックマークに追加

第3回全国史料ネット研究交流集会

2016年11月28日 | 災害の歴史・伝承
第3回全国史料ネット研究交流集会が近づいてきました。一昨年は神戸、昨年度は福島郡山、今年度は愛媛松山での開催です。(昭和南海地震70年《本年12月21日》の直近の週末開催)

参加費:無料(事前申し込み不要、懇親会のみ要申込)

************************

【開催日時】
12月17日(土)13:00~18:00
12月18日(日)9:00~13:00
【会場】
愛媛大学南加記念ホール

1995 年の阪神・淡路大震災を機に設立された歴史資料ネットワークを皮切りに、全国各地で20 以上の史料ネットが立ち上がり、災害から歴史資料を保全し、災害の記録を保存する活動に取り組んでいます。
2011 年3 月の東日本大震災では、国の被災文化財等救援本部の活動とともに、史料ネット同士の連携と協力によって、地域に伝えられた多くの歴史・文化遺産が救出されました。2014 年10 月には国立文化財機構内に「文化財防災ネットワーク推進本部」が設置され、本年4 月に発生した熊本地震を経て、歴史・文化遺産の防災に向けた全国的な連携体制づくりの強化が望まれています。
2015 年2 月、阪神・淡路大震災と歴史資料ネットワークの活動開始20 年の節目に、神戸市で開催された第1回集会では「『地域歴史遺産』の保全・継承に向けての神戸宣言」が採択されました。東日本大震災5 年の節目にあたる2016 年3 月には、被災地の一つである福島県内で第2回集会が開催され、被災地で取り組まれてきた活動から得られた経験を共有し、大規模災害に対する日常的な備えのあり方を展望しました。
昭和南海地震70 周年の本年12 月、愛媛県松山市において第3 回集会が開催されるはこびとなりました。
本会では「神戸宣言」をふまえ、地域の歴史資料を保全する実践に向けての連携を発展させるとともに、保全した資料を活用して、災害に強い地域社会をどのように創っていくかについても考えてみたいと思います。

●1日目(12 月17 日)
13:00~13:15 開会
13:15~14:15 基調講演
髙妻洋成 氏(奈良文化財研究所保存修復科学研究室長)
「文化財防災ネットワークの構築について」
森伸一郎 氏(愛媛大学防災情報研究センター准教授)
「南海地震に備える史料学と防災減災学の連携」
14:15~14:30 休憩
14:30~16:30 各地からの報告(1) 報告時間15 分×8 本
「特集 南海地震を伝え、備える」
16:30~16:45 休憩
16:45~17:15 各地からの報告(2) 報告時間15 分×2 本
17:15~18:00 意見交流
18:15~20:00 懇親会*
●2日目(12 月18 日)
9:00~11:00 各地からの報告(3) 報告時間15 分×8 本
11:00~11:15 休憩
11:15~12:00 各地からの報告(4) 報告時間15 分×3 本
12:00~12:45 意見交流
12:45~13:00 閉会

【報告団体】
歴史資料ネットワーク、岩手歴史民俗ネットワーク、茨城文化財・歴史資料救済・保全ネットワーク、岡山史料ネット、鹿児島歴史資料防災ネットワーク、神奈川地域資料保全ネットワーク、熊本被災史料レスキューネットワーク、こうちミュージアムネットワーク、小豆島史料調査団、地域史料保全有志の会、千葉歴史・自然資料救済ネットワーク、長野被災建物・史料救援ネットワーク、新潟歴史資料救済ネットワーク、ふくしま歴史資料保存ネットワーク、NPO 法人宮城歴史資料保全ネットワーク、宮崎歴史資料ネットワーク、山形文化遺産防災ネットワーク、NPO 法人歴史資料継承機構じゃんぴん、歴史資料保全ネットワーク・徳島、歴史資料保全ネット・わかやま、愛媛資料ネット

主催 愛媛資料ネット、独立行政法人国立文化財機構

問合先:愛媛資料ネット事務局
Tel:089-927-9316
E-mail:ebesu.hikaru.me●ehime-u.ac.jp(●を@に置換)

なお、17日18時からの懇親会は事前申し込みが必要です。参加希望の方は、下記のページよりお申込みください。
http://kokucheese.com/event/index/433489/


この記事をはてなブックマークに追加

第57回愛媛県文楽合同公演大会

2016年11月23日 | 日々雑記
本日の第57回愛媛県文楽合同公演i大会n歴博。俵津文楽、朝日文楽、大谷文楽、伊予源之丞、三瓶高校文楽部の5団体の熱演でした。













この記事をはてなブックマークに追加

さよなら二宮忠八翁

2016年11月20日 | 日々雑記


八幡浜市民ギャラリーの「大空への挑戦」を見る。飛行機原理を発見したとされる二宮忠八の功績を出発点に、近代、現代、そして未来の人々の大空への夢、飛行機の歴史を端的に紹介した展示。

これまで、八幡浜で二宮忠八が取り上げられる際には、「ライト兄弟よりも前に飛行原理を発見して、模型飛行器を飛ばした偉人」と紹介され、「二宮忠八翁」と「翁」の尊称が付けられてきた。

ところがどっこい、二宮忠八が飛行原理を発見したとされるのは青年期であり、決して「翁」ではない。

「翁」とつけられるのは、なんでかというと、飛行機が世界各地で戦闘で用いられるようになった戦中に忠八が国定教科書に掲載されるなど、再評価がされる。この時期が「翁」だったことによる。

そして、この再評価も、シンプルに飛行科学による評価ではなく、戦争・戦闘=飛行機=日本での先駆者忠八、という戦中の時代のボトムアップもあってのものだった。

しかし、その時代のボトムアップは一般には意識もされず、地域の偉人としてのイメージが戦後も続いて、八幡浜では「翁」を付けて呼んできた。

ところが、今回の八幡浜市民ギャラリーの展示では、戦後から今にいたる飛行機開発の挑戦がきちっと紹介されている。(こんな展示、いままでなかった!)

「大空への挑戦」が戦中の戦闘飛行を背景としたものではなく、今、未来に続く飛行を意識した展示内容となっている。これは八幡浜における二宮忠八の新たな評価指標を提示している、と思ってしまう。

今回の展示で、戦前イメージを引きずる「二宮忠八翁」の脱皮ができたのではないか。この新たなステージによって、若き忠八のチャレンジをもっとピュアにシンプルに評価できるかもしれない。

そんなことを考えさせられる展示でした。

もう、二宮忠八「翁」って言わんでもええんやないん?飛行原理発見したとき、若かったんやけん。

そう考えると、タイトルの「大空への夢」って、まさにピッタリ。若き忠八の大空への挑戦!

はい、とにかく展示は明日11/20が最終日です!


この記事をはてなブックマークに追加

ワークショップ「自らの災害の『記憶』を『記録』する」

2016年11月11日 | 災害の歴史・伝承


12/4に松山市内で、防災・減災ワークショップ「自らの災害の『記憶』を『記録』する」を行います。

学生から年配の方まで幅広い年齢層が対象です。

NPO法人えひめ311さんの主催です。

http://ehime311.official.jp/20161107

この記事をはてなブックマークに追加

世界津波の日 愛媛の津波被害図

2016年11月05日 | 災害の歴史・伝承


今日は世界津波の日。

前々回の南海トラフ地震。安政南海地震。嘉永7(1854)年11月5日午後4時頃に発生。マグニチュード8.4

ちょうど今(18時)頃、愛媛県の宇和海沿岸部にも津波襲来。

写真は八幡浜市保内町の津波被害図。いまの国道197号付近まで津波到達。


この記事をはてなブックマークに追加

第57回文楽合同公演大会

2016年11月01日 | 日々雑記


愛媛県内の文楽公演。第57回文楽合同公演大会。11月23日(祝)13時開演。会場は愛媛県歴史文化博物館多目的ホール。出演は朝日文楽、俵津文楽、大谷文楽、伊予源之丞、三瓶高校文楽部の5団体です。

この記事をはてなブックマークに追加

ジャパニーズハロウィン「亥の子」

2016年10月31日 | 日々雑記
今日はハロウィン。あしたは亥の子。

@jumboshimizu おばあちゃんに「ハロウィンって何?」と聞かれた母が「外国の亥の子よ」と答えていて、なるほど(笑)!と思った。五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄。(Twitterより)

いのこ いのこ いのこ餅ついて 祝わぬ者は 鬼産め 蛇産め 角のはえた子産め

愛媛で広く歌われる亥の子唄の一つ。

亥の子で子どもたち、家々を脅して、ご祝儀もらう。ジャパニーズハロウィン?

いつぞや、亥の子で「Trick or treat」「お菓子(ご祝儀)くれんといたずらするぞ」と歌われる日が来るのかもしれん。

ちなみに、ハロウィンみていて、互酬性が感じられないことに、ちょっと注目(家々を子どもたちが回る、祝福する、お菓子をもらう。ということまでは定着していない)。

近代以降に定着した年中行事クリスマスやバレンタインデーは互酬的要素が見られるが、ハロウィンの定着はまた違う。この差をどうとらえるか。新時代の年中行事を考えるいいヒントになるような気がする。

互酬性といった社会的交換ではなく、祝祭性で捉えれば理解はできるが、クリスマス、バレンタインデーと比較する上ではやはり互酬性がキーワードになりそう。



この記事をはてなブックマークに追加

気ままに南予 むかし町探訪

2016年10月30日 | 日々雑記
JTBの雑誌『ノジュール』。50歳以上をターゲットとした旅雑誌。発行部数5万部。

最新号11月号に特集「気ままに南予 むかし町探訪」。大洲、卯之町が紹介されています。


http://www.nodule.jp/currentissue/


この記事をはてなブックマークに追加

芸予地震誌の編纂の必要性

2016年10月29日 | 災害の歴史・伝承


愛媛県内の某神社。平成13年の芸予地震によって、境内が大きな被害。その復旧のための寄付者を刻む石碑。

今年は芸予地震から15年。改めて、芸予地震に関する記録、文献を探してみると、実に物足りない。いまのままでは、将来に芸予地震の被災状況を伝えられなくなるのではと、危惧している。『芸予地震誌』の編纂が必要ではないかと思うこの頃。


この記事をはてなブックマークに追加

高校生 食育ふるさと料理マルシェ

2016年10月28日 | 日々雑記


11月12日(土)に愛媛県歴史文化博物館にて。

南予の「食文化」を未来につなげるべく、県内高校生ら10チームによる「食育ふるさと料理マルシェ」が開催されます。

高校生が南予の食材を使って考えたオリジナル料理を披露するとともに、各校200食限定、200円で販売。

また、川之石高校書道パフォーマンス、野村高校筝曲部演奏も。

私も愛媛の食文化展示解説を行います。


この記事をはてなブックマークに追加

新刊『伊予史談』383号(特集 愛媛の災害)

2016年10月27日 | 災害の歴史・伝承


今月発行の伊予史談会の会誌『伊予史談』383号(平成28年10月号) は、「愛媛の災害」特集号です。

大本敬久「愛媛県の地震史ー昭和南海地震を中心にー」

柴田昌児「考古学から見た愛媛の地震災害」

柚山俊夫「宇和島領御荘組における安政南海地震の地震・津波被害」

参考 伊予史談会について
https://www.ehimetosyokan.jp/contents/iyosidan/iyosidan.htm#zassi



この記事をはてなブックマークに追加

博物館の放射線対策

2016年10月26日 | 災害の歴史・伝承
昨日は松山市内にて原子力防災研修を受講しました。放射線測定機器の取り扱いや防護服の着脱など。

職場も自宅も実家も稼働中の原発から30キロ圏内にある自分としては、頭では理解できるけど、心がなかなか追い付いてこない。そんな一日でした。

そうは言っても、原子力防災の知識や技術を身に着けることは最低限、必要なこと。

博物館資料や文化財の放射線対策についても、福島第一原発の事故後、福島県内の博物館・美術館等施設、そして文化財の放射線被害の現状把握、放射線の計測の手法、そして資料(文化財)の移動、除染方法等が検討、実施されています。

昨日の研修では、GM管式サーベイメータを使いながら、表面線量の計測を行いましたが、事前に「文化財の放射線対策に関する研究会」(2014年2月)の公開資料を入手し、福島で検討、実施されている手法を把握した上で研修に参加しました。やはり参考になりました。事前に読んでおいてよかった。

その公開資料はコチラ。

「文化財の放射線対策に関する研究会」資料の公開について(東京文化財研究所)

愛媛県内では伊方発電所から30キロ圏内の伊方町・八幡浜市・西予市等には多くの博物館、資料館施設、そして多くの文化財があり、万が一の事故の場合、放射線被害の状況を把握すること。そして線量を計測することなどなど。これらは最低限必要な知識と技術になります。

心が追いついてこないから原子力防災には向き合わない、というわけにもいきません。


この記事をはてなブックマークに追加

【お知らせ】第3回全国史料ネット研究交流集会・愛媛の開催

2016年10月25日 | 災害の歴史・伝承
12月17日、18日に、「第3回全国史料ネット研究交流集会・愛媛」が開催されます。

入場無料 事前申し込み不要です。(懇親会は申込必要)

以下、案内文より。

1995年の阪神・淡路大震災を機に設立された歴史資料ネットワークを皮切りに、全国各地で20以上の史料ネットが立ち上がり、災害から歴史資料を保全し、災害の記録を保存する活動に取り組んでいます。

2011年3月の東日本大震災では、国の被災文化財等救援本部の活動とともに、史料ネット同士の連携と協
力によって、地域に伝えられた多くの歴史・文化遺産が救出されました。2014年10月には国立文化財機
構内に「文化財防災ネットワーク推進本部」が設置され、本年4月に発生した熊本地震を経て、歴史・文
化遺産の防災に向けた全国的な連携体制づくりの強化が望まれています。

2015年2月、阪神・淡路大震災と歴史資料ネットワークの活動開始20年の節目に、神戸市で開催された第1回集会では「『地域歴史遺産』の保全・継承に向けての神戸宣言」が採択されました。東日本大震災5年の節目にあたる2016年3月には、被災地の一つである福島県内で第2回集会が開催され、被災地で取り組まれてきた活動から得られた経験を共有し、大規模災害に対する日常的な備えのあり方を展望しました。

昭和南海地震70周年の本年12月、愛媛県松山市において第3 回集会が開催されるはこびとなりました。本会では「神戸宣言」をふまえ、地域の歴史資料を保全する実践に向けての連携を発展させるとともに、保全した資料を活用して、災害に強い地域社会をどのように創っていくかについても考えてみたいと思います。ご多用中恐縮ではありますが、ぜひ全国から多くの関係者にお集まりいただき、議論と交流を深めていただきますよう、お願いいたします。

【開催日時】 2016年12月17日(土) 13:00~18:00
       2016年12月18日(日) 9:00~13:00

【会場】 愛媛大学南加記念ホール
  〒790-8577 愛媛県松山市文京町3
  *JR松山駅から市内電車環状線(古町方面行き)赤十字病院前下車
  *松山市駅から市内電車環状線(大街道方面行き)赤十字病院前下車

【主催】 愛媛資料ネット、独立行政法人国立文化財機構

【共催】 愛媛大学法文学部、科学研究費補助金基盤研究(S)「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立―東日本大震災を踏まえて―」(研究代表者・奥村弘)研究グループ

【後援】 歴史資料ネットワーク、岩手歴史民俗ネットワーク、茨城文化財・歴史資料救済・保全ネットワーク、岡山史料ネット、香川県資料館協議会、鹿児島歴史資料防災ネットワーク、神奈川地域資料保全ネットワーク、熊本被災史料レスキューネットワーク、こうちミュージアムネットワーク、四国ミュージアム研究会、地域史料保全有志の会、千葉歴史・自然資料救済ネットワーク、長野被災建物・史料救援ネットワーク、新潟歴史資料救済ネットワーク、福井史料ネットワーク、ふくしま歴史資料保存ネットワーク、NPO 法人宮城歴史資料保全ネットワーク、宮崎歴史資料ネットワーク、山形文化遺産防災ネットワーク、NPO 法人歴史資料継承機構じゃんぴん、歴史資料保全ネットワーク・徳島、歴史資料保全ネット・わかやま、伊予史談会、愛媛ミュージアム研究会、愛媛県教育委員会、愛媛県歴史文化博物館、愛媛大学法文学部附属四国遍路・世界の巡礼研究センター


1日目(12月17日)
13:00~13:15 開会
13:15~14:15 基調講演
髙妻洋成 氏(奈良文化財研究所保存修復科学研究室長)
「文化財防災ネットワークの構築について」
森伸一郎 氏(愛媛大学防災情報研究センター准教授)
「南海地震に備える史料学と防災減災学の連携」
14:15~14:30 休憩
14:30~16:30 各地からの報告(1) 報告時間15 分×8 本
「特集 南海地震を伝え、備える」
16:30~16:45 休憩
16:45~17:15 各地からの報告(2) 報告時間15 分×2 本
17:15~18:00 意見交流
18:15~20:00 懇親会*

2日目(12月18日)
9:00~11:00 各地からの報告(3) 報告時間15 分×8 本
11:00~11:15 休憩
11:15~12:00 各地からの報告(4) 報告時間15 分×3 本
12:00~12:45 意見交流
12:45~13:00 閉会

【報告団体】
歴史資料ネットワーク
岩手歴史民俗ネットワーク
茨城文化財・歴史資料救済・保全ネットワーク
岡山史料ネット
鹿児島歴史資料防災ネットワーク
神奈川地域資料保全ネットワーク
熊本被災史料レスキューネットワーク
こうちミュージアムネットワーク
小豆島史料調査団
地域史料保全有志の会
千葉歴史・自然資料救済ネットワーク
長野被災建物・史料救援ネットワーク
新潟歴史資料救済ネットワーク
ふくしま歴史資料保存ネットワーク
NPO法人宮城歴史資料保全ネットワーク
宮崎歴史資料ネットワーク
山形文化遺産防災ネットワーク
NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴん
歴史資料保全ネットワーク・徳島
歴史資料保全ネット・わかやま
愛媛資料ネット


【懇親会参加申し込み方法】
懇親会は事前申し込みが必要です。参加希望の方は、下記のページよりお申込みください。
http://kokucheese.com/event/index/433489/

【問い合わせ】 愛媛資料ネット事務局
胡 光(えべす ひかる/愛媛大学法文学部)
Tel:089-927-9316 E-mail:ebesu.hikaru.me●ehime-u.ac.jp ●を@に変えてください。


この記事をはてなブックマークに追加