墓参り

12月4日は母親の命日でした。亡くなって4年になります。お彼岸、お盆、命日と墓参りをすることが多くなった。

母のお墓は、父親の故郷である埼玉県東松山市のお寺にあります。いずれ父親も私もそこに入ることになるでしょう。

子供の頃、父親のご先祖の墓参りに同行したことはあっても、何も感じることはなかった。

世々代々続く名家ではないので、ご先祖様を敬うというようなしつけや習慣はなかった。だから、単なる行事にしか思えなかった。

母親が亡くなって、お墓参りの意味がわかったような気がする。

それは、「感謝の気持ち」と「安堵な気持ち」を持てることです。

生きている時にはわからないこと、言えないことが、亡くなってわかり、大切な人にお礼のけじめが付けられる。清々しい気持ちが湧いてきて、嬉しい気持ちになれる。

亡くなった大切な人への感謝の気持ちが、今の自分を生かさせてくれると思う。

 

 

 

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« シャトー・セ... <ファビアン... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。