夢十夜(第三夜)

 第三夜

こんな夢を見た。
京都のとある医大の研究室。
教授「どうや。分析結果は揃ったか?」
助手「はい、教授。すべて出揃いました」
教授「金本選手の血液には、球界、スポーツ界のみならず、医学界も注目してるからな」
助手「私も担当させてもらえて光栄です」
教授「で、分析結果はどうやった?」
助手「血液年齢は20歳前半という、ありえない値がでてきました」
教授「うん、それで?」
助手「はい。組成・成分は血球成分、血漿成分の比率が45:55と平均的な値でした。PH値も標準域内。血球数や中性脂肪、コレステロール値、GOT・GPTの値も二十代の健康体そのものでした・・・」
教授「あんなあ、そんなんは人間ドックにでも行きゃあ分かることなんや。金本の血液年齢が23歳前後ちゅうことも世間に知れ渡ってるこっちゃ。それよか他に何かないんかいな?」
助手「えっ、他・・・といいますと?」
教授「例えばやなあ、一般ではありえへん成分が含まれてたとかやなあ」
助手「いえ、ごく普通でしたが」
教授「オモロない奴やなあ、君は。普通やったら誰もびっくりせえへんがな」
助手「そうおっしゃられても・・・」
教授「チタニウム合金が微量混じってて、そこから遠赤外線を発してたとかやなあ」
助手「ありえないです」
教授「例えばの話やないか。あるいは赤血球が自己増殖して、試験管の中でみるみる血球数が増えていったとか・・・」
助手「絶対ありえないです。それでは、まるで酵母や大腸菌じゃないですか、教授!」
教授「おいおい、そうムキになるなよ。例えばの話やがな」
助手「す、すいません」
教授「なんちゅうかなあ。こう、パッとインパクトのあるもんないんかいな。『金本の血液には驚きの秘密がかくされていた!』っちゅうようなもんが」
助手「教授、それじゃあまるで『あるある大辞典』みたいなもんじゃないですか。データを捏造しろとおっしゃるんですか?」
教授「何を言うんや君は!私も科学者の端くれ。『あるある』の捏造は科学にあるまじき行為やないか」
助手「いえ、もちろん、そんなつもりじゃ・・・」
教授「私が求めてるのはやなあ、つまり捏造やなくてインパクトなんや」
助手「どうも、そのインパクトというのが、私には良く分からないんですが」
教授「週刊誌やスポーツ紙の一面を飾るインパクトなんや。わからんかなあ」
助手「ええ、分かりません」
教授「もうええ。君にはしばらく休暇を与えたろ」
助手「えっ、そ、そんな・・・あっ、そういえば!」
教授「なになに」
助手「金本選手の血液と一緒に送られてきた検体のひとつに、特異な成分反応がありまして・・・」
教授「何や、その特異成分ちゅうのは?」
助手「はい。あまりにも反応が強かったものですから、もう一度、ガスクロマトグラフィーにかけてみたんです。そしたら、平均的な関東人の実に2,000倍に相当する量の『高分子カンサイアレルギー蛋白』が検出されました」
教授「2,000倍?で、その血液の検体IDは?」
助手「ええ、たしか"T.T"とありました」
教授「(TT)・・・」





第一夜 ~焼きそば~
第二夜 ~トレード~
第三夜 ~血液~
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )


« 夢十夜(第一夜) 夢十夜(第六夜) »


 
コメント
 
 
 
あと997夜。 (tacoco)
2007-02-10 19:51:17
今宵もありがと。
アニキの血液、空を飛ぶ!
それ欲しい!
アンチエイジングは私のテーマでもあるから、私の血液型RH-RT型も調べてもらいたいわ~。

イニシャルTTの君ぃ、特効薬の「おばちゃんチップス」食べてみぃ。アレルギー治るってさ。
 
 
 
参りました…。 (喜八)
2007-02-10 22:27:57
お~。たしかにあのニュース、妄想族の心を揺るがすニュースでした。
藤本は血中成分がヒトよりチンパンジーに近いんじゃないかとか。

(TT)がオチに来るところなんか、
「ネット夢十夜」にぴったしですね。
しかも「モチーフのモチーフ」をモチーフにしてるし。お見事です。

それにしても、
理系や…。
科学の威力や…。
このパスはよう受けんで…。
あ、次はKENさんの番やったなあ。
KENさんたいへんやなあ(ムフフ)。
 
 
 
きはっつぁん…、次おら… (KEN)
2007-02-11 00:14:51
えーと、この作品の次にいったい何をしたらいいのやら…
全てかすかに繋がっていってるし(凄)。

僕もちょっとお暇をください(あせあせ)。
通常記事は、いつものペースでUPしつつ山に篭ります。

>『高分子カンサイアレルギー蛋白』
 この成分は通常、平均値の3倍程度の濃度で死に至るはず…

それが2,000倍…
薬物で発病を抑えているとはいえ(?)、「早稲田繋がり」と「甲子園」が無くなれば…。 たぶん(TT)は、甲子園が人工芝になってしまったら、その翌日にでも、遠い国へと旅立っていくんでしょうね。
 
 
 
金本プロジェクトの皆さん (いわほー)
2007-02-11 12:27:13
こんなことは絶対「ないない大辞典」だと信じておりますから。m(_ _)m

⇒tacocoさん
ヒエーッ、マダ997夜デツカ...ショウジンシマスデツ。

ぜひ、tococoさんの血液も、かの医大で分析してもらいたいものです。きっと、「高分子カンサイアレルギー蛋白」の分解酵素が、平均的な関西人の3,000倍は含まれているはず。間違いない。w

⇒喜八さん
そもそもが、自分でキックオフしておいて、いざ自分にパスが戻ってきた瞬間、オロオロしてしまいました。蹴り返した瞬間は、便通後の爽快感がありますが、いつかまた戻ってくる時のことを思うと、今から便秘がはじまりそうです。

>あ、次はKENさんの番やったなあ。
>KENさんたいへんやなあ(ムフフ)。
さりげなくスルーしたなぁ。www

あっ、末尾に第一夜からのリンクを入れました。差しさわりがあれば消します。それと勝手に「~トレード~」なるタイトルも付けちゃいました。ご希望があれば修正します。

⇒KENさん
というわけで喜八さんの頭脳プレ-で、お鉢が回ってきましたね。繋がりなんて無視して、お好きなように蹴り返してください。蹴ったもん勝ちですから。w
 
 
 
出遅れた~! (yu)
2007-02-12 02:24:20
私が沖縄に行ってる間にUPしないでね(笑)

>平均的な関東人の実に2,000倍に相当する量の『高分子カンサイアレルギー蛋白』が検出されました」

これ、私もメチャ不思議です。
同じ関東人でも平田ヘッドは0.03倍くらいだと思います。
私トークショーで思わず「一体、何があったん?」と訊いていました。(笑)

やっぱりキーワードはTでしょうか?
このアレルギーの治療薬を誰かが開発しない限り、阪神の優勝は難しいかも。
 
 
 
沖縄キャンプ (いわほー)
2007-02-14 00:53:43
順調そうで何よりです。

⇒yuさん
いいな、いいなー。沖縄キャンプのレポ、楽しませてもらってます。いつか、沖縄キャンプに足を運んでみたいものです。

>平田ヘッドは0.03倍くらい・・・
平田二軍監督、もとは長崎ですからね。
関東人フレーバーは希薄に感じるんですが。w

 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。