中島ブラザーズ ”弟”の「外で遊ぼう!」

長年続けている磯釣りの他、渓流釣りにも挑戦中。海に山に、野に川に「外遊び」を語っていきますが、時折愚痴をこぼすことも…。

完全フカセ ヒラマサ狙いの準備 ’17年版 ドラグ編

2017-03-18 12:30:00 | 船釣り
■500J■

 完全フカセにおける、理想の電動リールとは、「クラッチ・オフ時の滑らかな回転」、「強力な巻上げ力」、「スムーズなドラグ」の三つを兼ね備えたモノであるが、これまでに記したよう、そんな「魚が食うまではダイワ、食ってからはシマノ」のような電動リールには、ボクは出会っていない。
 であるから、現在のダイワ・シーボーグ500Jに関しては、「まずは食わさねば…。」の観点から使用しているが、「ドラグが初期作動時に引っ掛かる」点が気になっている。
 単なるバラシの言い訳でないことを確かめるため、昨秋、68cmの中型ヒラマサを掛けた際、「そこそこに引くが、こいつなら8号ハリスを切ることはないだろう。」との判断で、ドラグがどの時点で、どういった具合に作動するのかを、この目で確認してみることにした。
 その結果、ゆっくりと締め込んでゆくと、「ある一点を越えたところで、ロックが掛かったように道糸の放出が止まる」ことを確認したのだ。
 こういった極端な状態は、ボクの所有品のみの現象かも知れないので、その点は考慮して欲しい。また、もしかすると、このリールのカタログデータでは最大ドラグ力が23kgもあることから、更には、H.P.内でも、太いハリスを使った“落とし込み”でのレポートを載せていることから、対応ハリスのレンジがもっと上で、そこで能力を発揮するよう設計されているのかも知れない。この点は、もうひとつ上位のモデルであり、電動フカセクラッチ等、完全フカセ対応をより鮮明に謳っている500ATが、同じATDという名のドラグを搭載しながら、最大ドラグ力を13kgに落としているので、的外れな話ではないと思うのだが…。


■チューンナップ■

 上述の500ATを導入すると、簡単に解決する話なのかもしれないが、「お値段が…」、「電動フカセクラッチは要らない…」から、導入は見送らざるを得なかった。そこで以前にこのブログでも記した、CCM(http://www.ccmmonji.com/main.html)という、リールをカスタム化してもらえるショップに「電動リールにありがちな、ガクガク引っ掛かる現象が生じない。」が謳い文句の、乾式カーボンドラグ(http://www.ccmmonji.com/03drag.htm)への換装を依頼することとした。

●チューンの証?●

 事前の、メールでのやり取りでは「最大ドラグ値は落ちるが、中間がかなりスムーズになる」との説明をもらったため、その通りなら、まさにボクの希望とピッタリとなる。


■実戦での感触■
 
 実はこのチューンナップを行ったのは昨年末のことだった。以来、このドラグを試すチャンスを心待ちにしていたのだが、ご存知の通り、貧果続きで全く訪れてはくれなかった。
 そんな中、3月5日、ようやくこのドラグを試す機会がやってきた。前回の記事で記したように、掛かったのは80cmのメジロと70cmのマダイのダブルだったが、純正ドラグで不満だった、引っ掛かりを感じることがなかった。しかし、シマノのそれとも違う独自のフィーリングだったが…。
 「引っ掛かりの回避」が目的だったため、一次の目的は果たせた。ただし、このドラグは“乾式”であるから、まさしくサラサラ・フィーリングで、引っ掛かりポイントが無いまま、締め込み具合に正比例するような好印象はあっても、その曲線がなだらかなので、これまでの「ドラグ設定を途中で変更」するという、ボクのスタイルで操作するには、慣れが必要であると感じられた。
 そこで、今シーズンはこのドラグに合わせたスタイルに変更しようと考えているのだが、それにはとあるグッズが必要になる。次回はそれらについて記したいと思っている。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気配が出始めた白石グリ

2017-03-11 12:30:00 | 船釣り
■一月ぶりの釣行■

 前回から、丸1ヶ月が経過し、ようやく白石グリへの釣行チャンスが巡ってきた。お世話になったのはいつもの日本海41だ。

 コマサと中型マダイが好調だと聞く、冠島方面はパスして経ヶ岬方面へと走るが、11時の(日ごとの)解禁時間になるまでは、深場で天秤ズボタックルでの中小型マダイ狙いで時間をつぶす。

●まずは天秤ズボで●

 仕掛の投入を開始すると、西からの強めの潮が流れており、期待が出来る状況だった。そして数投目、アタリを捉えることに成功する。

●久しぶりに竿が曲がるが●

 しかしながら、途中のハリハズレで逃してしまった。
 その後に続くアタリも無く、また、ボク自身があまり好きではない釣りの為、モチベーションが保てないままに、待望の白石グリへと向かう時間になった。

■絶好潮の中■

 白石グリに入ると、速くもなく、遅くもなく、しかも宇和潮より底潮の方がやや早いという、完全フカセ釣りでは理想に近い潮流が差していた。

●100mあたり、5分40秒●

 入る前に魚探で探りを入れた結果は、今年、ボクがこの地域を訪れた中でも最良の部類に入るほどの反応だったため、「今日はいただき!」の気分で、気持ち良くスタートすることが出来た。
 そして、開始早々、トモで歓声が上がった。見れば、70cmほどのマダイがダブルで掛かっていた。

●70cm級の、マダイのダブル●

 ワクワク感がこれで現実となったため、気合が更に増したが、この日の状況であれば、「もしかすると、ヒラマサが入っているかも…」とのスケベ根性が働いた。そのため、魚が付いていた水深を考慮しつつ、「そのやや上を通してやろう」との戦術をたて、一投目から発泡ウキの7番を装着してみることにした。
 期待に反して、ボクにはアタリは出なかった。180m流した後に回収した仕掛には、サシエサが残っていたのだ。
 しかし、二投目以降はマキエサ効きだしたのか、サシエサが残らない状況になったため、試行錯誤が始まった。その結果、最初の送り出しが20m、発泡ウキの8番+7番を装着し、200m流して回収するのが、この日の初期段階でのを基本となった。そして、その基本から「サシエサが残れば浮力を一段下げ、盗られれば浮力を一段上げる」という、一投ごとにこまめな調整を行いながら攻めていった。


■何も起こらず…■

 ボク的には「イイ感じ」で流していたと思うのだが、いつものハズレくじでミヨシに座るボクには一向にアタリは出なかった。その間、トモの釣り座ではポツポツとマダイがゲットされていたのだが…。

 時間はどんどん過ぎて、アッという間に午後3時過ぎになっていた。残り時間は2時間強。ここまで何にも無いままに、ひたすら「居るかもしれないヒラマサ」を狙っていたが、とうとうシビレを切らしてマダイを狙いに変更することにした。「男らしさは何処へやら。」だ。

 トモの様子を見聞きする限りでは、まだ水温が低い影響なのかか、マダイは手前側、やや深めの棚で時折エサを食っているようで、高活性時のように食い上がっては来ない様子だった。
 そこで、ウキをすべて外し、サルカンの結び目近くにガン玉Bを一つ打ってみた。すると、答えは簡単に出た。

●当日、フカセでの初曲がり●

 当日初アタリに安堵したが、トモでは最低でも60cm級がゲットされているというのに、何故かボクのは45cm級の食べごろサイズだった。

●何で、ボクだけ…●


■思わせぶりな奴ら■

 トモの方では「サルカンを足したら食ってきた。」との声が上がっていたし、実際に自身で取ったアタリからも、マダイを狙うのなら、手前の深い層を狙うのが正解だったようなので、以降はマイナス方向を意識しながら探りを入れていった。
 そして、ガン玉が×2個の仕掛が140mあたりに差し掛かった頃、リールがこの日一番の急速逆転を開始した。
 糸フケを取り、アワセを入れると「ドスンッ!」という衝撃感と共にグイグイと竿を締め込んできた。

●今度の引きは違う…●

 「これは、メダイかも?。」という期待感がこみ上げてくる。メダイは食べて旨いし、よく引くので大歓迎なのだ。
 何度かの攻防を繰り返す内、ようやく船下まで引き寄せにこぎつける。マダイならここでヘバッてしまうだろうが、下へ下へと締め込むので、期待は更に増していった。
 が、しかしである。上がってきたのは、70cmほどのマダイと、80cmほどの“メジロ以上ブリ未満君”だったのだ。

●重いハズ!●

 そう言えば、昨秋の鷹巣沖でも同じパターンに遭遇しており、その日はてっきり、ヒラマサだと勘違いしてしまったので、このコンビには騙されっ放しなのだ。

●また、オマエ達か!●


■ツキに見放される■

 夕暮れが近づく頃、風と潮流のバランスが変わって仕掛が真後ろに流れ始めた。こんな場合に備えてボクは長めの竿を使っていて、いつもならウマくかわしているつもりだったが、潮下側の釣り人も長めの竿だったので、オマツリが多発するようになった。トモの釣り座ではそれを解く間、確実にマダイの釣果を伸ばしていたのだが…。

 残り時間が30分になった頃、マダイを釣り飽きた顔なじみの釣り人の“ご好意”で、トモから仕掛を流させてもらえることになった。
 残る投入回数は2回ほどだった。この時間帯ではエサが残り気味だったので、「220mまで流してやろう。」と考えていた。そして投入を開始したのだが、ラスト1/2の流しでは、200mほど流し込んだ時点で、左隣の釣り人が掛けたウマズラハゲの“アンテナ(角)”にボクの道糸が引っ掛かってしまった。
 幸い10mほど先の出来事だったので、「回収しなくても、まだチャンスはあるかな?。」と思っていたのだが、ナ・ナ・何と、この状態で道糸が、「ビューン!」と、かなりの勢いで走りだしたのだ。
 絡んで引き寄せられた分だけ糸フケが出ているので、高速で巻き上げると、この日一番の締め込みが伝わってきた。
 そこから何とかアワセを入れるまでは成功したのだが、巻き上げ感が何だかおかしい。変な負荷が掛かっている様だった。
 「穂先に道糸が絡み付いているのか?」と思い、見上げてみると、ウマズラが掛かっていた仕掛の、残りのハリが掛かっていたのだ。慌てて船長に声を掛け、それを外してもらおうとしたのだが、「もしかすると?。」と思い、穂先を振ってみると、あっさりと外れてくれた。
 「あれ~っ?、ハリの絡みは関係なかったの?。」、「ということはリールの巻上げが止まっていただけなの?。」、「???」等々とが、瞬時に脳内に駆け巡った。そこで今度は、反射的に右手で道糸をつかんでの“引抜き”を開始したのだが…。
 しかし、道糸をいくらか巻き込んだ時点で、抵抗感が消えてしまった。バラシである。回収した仕掛を確認すると、先バリの少し上が根ズレを起こして飛んでいたのだ。

 「相手がマダイで根ズレを起こす確立はかなり低いハズ…。」、「引き具合からして最低でもメダイ、もしかすると今年のヒラマサ第一号だったかもしれない…。」
 すんなりと掛かってくれれば、多少の余裕があって対処も出来ただろうが、不運が重なってどうしようも出来なかった。
 そして勿論、ラスト2/2の流しでは何も起こらないままに、納竿の時間がやってきた。


■第一号は近いうちに…■ 

 当日釣れたマダイは、一部の例外を除いて60cm~80cmの粒揃いだったが、腹を割くと白子&真子は未成熟だったので、第一波がこの白石グリに到着したばかりのようだ。しかし、これらが入って来たということは、待望の、ヒラマサの回遊も始まるハズ。
 今回は、不運とボク自身のヘボさから、正体を確認することは出来なかったが、白石グリでの、完全フカセによるヒラマサ第一号はもうすぐ仕留められることだろう。水温の上昇と共に釣果はこれから上向く一方だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

休刊日

2017-03-04 12:30:00 | 船釣り
 最近は釣行できておらず、ネタは停滞気味。今週末はようやく釣行できる次第となったので、その釣行記まで休刊です。(釣れればだけど…)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

完全フカセ ヒラマサ狙いの準備 ’17年版 ~その1

2017-02-25 12:30:00 | 船釣り
 早い年だと、3月後半に兵庫県北部~若狭湾周辺の各ポイントでは最大で1mクラスの、ヒラマサの回遊が始まる。それに関しては、今年は「雪が多いから遅くて、4月半ばだろう。」という説もあるし、「2月だというのに、冠島周辺でウロウロしているから、去年と同じ3月後半だろう。」という感もある。結局はフタを開けてみないと判らないが、ボク的には来る開幕を前にしたこの時期は、昨年度の反省を生かしての、“道具のバージョンアップ”を図る時期としている。

 中核である竿とリールは、対象サイズが1m未満だと、「がまかつ・真鯛SP H375とダイワ・シーボーグ500J」、そして「目指せ1m30cm級!」の玄達瀬では「アルファタックル・スフィンクス・ヴァーサタイル 252&253とダイワ・シーボーグ750MT(初期モデル)」という、昨年の、最終段階での組み合わせから変更は無いが、リールに関しては、両機共に改善の必要を感じている。だが、それは後日に記すとして、まず今回は魚との第一接点である、仕掛から記していこう。

■バラシの元凶■

 以前にも触れたが、昨年は対1mクラス以下とのバトル・フィールドではとにかくバラシまくった。従って強化しなくてはならないのは、主に8号ハリスを使用する仕掛だ。
 弱点克服のためには、まず、ハリス自体の強化が挙げられる。グレ釣り師だった時代を振り返ると、クレハのシーガー・グランドマックス・シリーズ一辺倒で、2.5号以上の太い号数はしなやかな方の、FXを絶大な信頼の下で使用していたことを思い出し、金銭面での負担が掛かってしまうが、今年は奮発して、このFXを使用することとした。これで、ハリスの材質面では、これ以上は望めない体制となる。因みに玄達瀬での初期に使う12号に関しては、ラインナップには無いので、同社の船用ハリスのFXRを使用することとした。

 勿論、仕掛の長さは6mで、2本バリという構成は実績を踏まえて判断しているため、変える気は無い。そこで、「昨年、どの位置で切れていたか?。」を振り返ってみることにした。すると、「ボクがもたついた結果、根ズレでヤラレた場合を除いて、歯がキツイ魚でもないのになぜかチモトあたりでブツリと切れていることが多かった。」という点に改めて気付かされた。
 想像するにこれは「ハリスの結び目自体がハリのミミ裏に回って、そこで刃物が当たったように切れた。」のだと思われる。結び方自体は昨年から導入した南方延縄結び(シーガーのホームページ内、「強いノットはこれだ!」http://www.seaguar.ne.jp/knot/ を参照)で強化を図っていたのに、この有様だったのだ。
 その対策には、「強度が最強クラスで回らない結び」を採用しなくてはならない。と、なると、中村式カン付南方延縄結びしかない。(同じくシーガーのホームページ内、「強いノットはこれだ!」を参照=ただし、動画と図では結び方が違うので要注意=僕の場合は動画の方を採用している。)
 そこで、玄達瀬での釣りでは一昨年から採用していたこの結びをハリス8号仕掛でも採用することにした。ついては、これまでメインとしていたヒラマサ・ブリ王の12号は通常のミミ付タイプのため使用できないため、カン付のハリの中から選び直すことになった。
 
●がまかつ ヒラマサ・ブリ王12号●


■カン付きバリ、色々■

 各社の、カン付バリのラインナップから適切なハリを探してみると、予想通りだが種類は少ない。
 ただでさえ少ない展開の少ない中、まず、チヌバリは逆に軸が細目で、また形状がボクの好みではないために、初期段階で候補から外れてしまった。これで更に少なくなった候補から、何とか選び出したのが、下に記す4種だった。

●がまかつ カン付伊勢尼(金)13号●


●オーナー メジ・カツオ(ゴールド)13号●


●キンリュウ 超青物 カン付(ゴールド)14号●


●がまかつ カン付伊勢尼(金)14号●


 これらと、これまでにメインで使っていたヒラマサ・ブリ王と比較するために並べたのが、下写真↓

●違いが判るかな?●

で、左から①「カン付伊勢尼(金)13号」→②「ヒラマサ・ブリ王12号」→③「メジ・カツオ(ゴールド)13号」→④「超青物 カン付(ゴールド)14号」→⑤「カン付伊勢尼(金)14号」→⑥「ヒラマサ・ブリ王13号」となる。この並びにした理由は、ハリのフトコロが狭い→広い、軸が短い→長いの順にしたためだ。
 細かく述べると、「カン付伊勢尼(金)13号」は、「ヒラマサ・ブリ王12号」とフトコロの幅がほぼ同じで、軸が「ヒラマサ・ブリ王12号」の方が長いということになる。
 軸が短いと、「掛かり易い」傾向があり、軸が長いと「バレ難い」傾向があるとされるため、軸長は中庸なタイプが理想なのだが、その点を考慮すると、「カン付伊勢尼(金)13号」が第一候補に挙がった。だが、僅かに軸径が細いのと、針先にヒネリが入っている点で、ボクの理想から離れてしまう。「軸は細いほど身切れでのハリハズレの可能性が高まる」という点が気に掛かるし、ヒネリ加工のメリットは「掛かりが良く、より深く刺さる」ということだが、カラバリでの回収時に「回転して仕掛にヨリがかかり易くなる」というデメリットもある。そのうえ、「ねじれた分だけ強度が落ちるのでは?」と思ってしまう部分もある。そんなこんなであるから、二の足を踏んでしまったのだ。

 「ヒラマサ・ブリ王12号」と同じフトコロ幅のハリには、もうたどり着かなかったため、ひとつ上の13号クラスで探してみることにした。
 ピックアップしたのは、上写真の③~⑤だった。
 ③は、これまで玄達瀬での10号ハリス使用時に結ぶことが多かったが、カンの部分に丁寧にロウ付け処理を施し、ハリスにダメージを極力与えない配慮がされているため、ベストのように思える。しかし、短軸のため、「もう少し長めの方が…」という欲が沸いてくるのだ。次いで⑤「も候補に挙げたが、「ヒネリが…」
 そして、最終候補に挙がったのが、④の超青物 カン付(ゴールド)14号だった。形状的にはこれがベストのように思えるが、ボクの、普段の行動エリアに取扱店がな無く、メーカーの直販(通販)でいちいち購入しなくてはならないことと、メイ・カツオのようなロウ付け処理が無いのは、不満になる点だ。

●超青物14号(形状はベストなのだが…)●


■理想のハリ■

 上述したように「超青物 カン付(ゴールド)14号」をメインとして採用するに至ったのだが、これとて形状以外はベストに思ってはいない。理想を言えば、カンの末端部分にロウ付け処理を施して欲しいし、これまで使っていた「ヒラマサ・ブリ王の12号」と同じフトコロ幅の13号あたりが欲しい。と言うのは、このハリのサイズ展開はひとつ飛ばしの12、14、16~であり、12号では小さすぎて使えないのだ。だから採用の判断は、あくまでも暫定であり、シーズン途中での変更も有り得ると思う。
 特に、カン付伊勢尼シリーズは最もコストが低く、やや細軸と言っても指定ハリスの表示を確認すると十分な強度を持っているため、ヒネリに対する偏見が無ければ、一般的にはこれが良い選択の一つになると思う。また、ごくオーソドックスな形状であることと、カン付しか結べない初心者への対応上、取り扱う店舗が多いことも有難い。

 以上はあくまでも、ボクの想像の範囲での話だ。答えが出るのは、良~大型のヒラマサに相手をしてもらってからになるが、あれこれと考えてハマッた時の悦びは至上となる。それは、いったいいつのことだろうか?。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

休刊日

2017-02-18 12:30:00 | 船釣り
 日本海側では、大雪で釣行どころではない様子。よってネタ元になるはずの、リールの改良についても記せずにいる。次回の釣行予定日は3月の初旬だから、それまでのネタを考えねば…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加