中島ブラザーズ ”弟”の「外で遊ぼう!」

近頃は日本海で、ヒラマサを追ってばかり。よって磯釣りや渓流釣りは休止状態ですが…。

只今研究中 ~その1

2018-06-16 12:30:00 | 船釣りタックル&仕掛け、戦略他…
 本気で釣りを始めてから35年以上になり、その長い?歴史の中で思いつきを元に実践した釣法は多々あり、失敗も結構あった。それまで真剣に取り組んできた磯のグレ釣りから完全フカセヒラマサ狙いに転向してから7年以上が経ったが、この釣りでもブログで紹介した事以外に様々なアプローチを行っている。その中から「試している事・試したい事」について、今回から2回に分けて記してゆく。


■磯の本流釣り■

 ブッ飛び潮が流れて、「完全フカセでは釣りにならない。」となるシーンがたまにある。こんな場合、船釣りの常識から考えると、「天秤ズボ釣りに変えようか?。」と、つい思ってしまいがちだが、これをずっと疑問に思っていた。それは、振り返れば、「過去にもっと速い潮の中で釣りをした事」がボクの経験にあるからだ。

 磯からのグレ狙い、特に離島で尾長グレを狙う際の釣法として、「本流釣り」というのがある。その経験地がボクの場合、伊豆諸島の神津島&銭洲や九州の五島列島とそこからさらに沖の男女群島等だが、中でも男女群島の中ノ瀬戸にある、帆立岩というポイントは“激流中の激流”だった。なにしろ、潮が当たる側は激流を受けて盛り上がり、潮下に向かって段差をつけて渦を巻き込みながら流れてゆくのだ。

●男女群島の激流●


 実際に時間を計ってはいないので、竿先を送った感覚から流速を推測すると、100mあたり3分もかかっていなかったと思うが、この激流を嫌って磯の潮裏に仕掛を入れてしまうとエサ盗りが多く、そこから速い本流側に近づくと口太グレが増えてくるが、本命の尾長グレは本流との際や、喰いが上向いている状態になれば本流側から仕掛を馴染ませても喰ってくるのだ。回遊時期になると、ヒラマサやキハダマグロ等の青物系も同様のポイントで喰ってくるのだが、この事実から考えを巡らせ「我々が船上で困難に陥っているほどに、ヒラマサは喰うに困っていないのでは?。」と考えるに至っていた。

 帆立岩の釣りでは道糸が4号&ハリスが5号のセッティングで、どんぐり型(円錐ウキ)の、通常サイズよりも大き目の遠投用ウキを使い、そのウキの負荷より重いガン玉を3段に分けてハリスに打って強制的に沈め、そのマイナス浮力?の増減で仕掛けの入り方を調整していた。
 また別の急流へのアプローチとして、離島の釣りではないが、例えば愛媛県下の豊後水道のように潮流がブッ飛ぶ水道筋に潜むマダイをターゲットにする際には、磯のフカセ釣りとしてはオモリ負荷の大きい1~2号負荷のウキを装着して一気に上層を突破させ、中~下層の潮に乗せて狙う事もあった。

 ここで本題だが、「この方法を船で試せないか?。」と、ずっと考えていて、ボクのタックルボックス内には常に完全フカセでは使われない、かと言って、カゴを背負わせるウキ流しでも使わないサイズのウキ類が収まっていたが、ついにそれを使用する機会が、実は昨年の玄達釣行時にあったのだ。


■磯釣りスタイルのフカセ釣り■

 その日の状況は、二枚潮気味で上潮がかなり速く、通常の発泡ウキ仕掛では攻略できず、水中ウキ(潮受ウキゴム)を入れて張りを入れる方法でもポツポツと釣果が出る程度だった。そんな中、取り出したのが、10号負荷のウキだった。しかしこれ、下写真を見てもらうと解るが、「釣具店で買うのも、現場で使うのも気恥ずかしい」代物だが、それもそのハズ海上釣堀や防波堤の飛ばしサビキ等で使われているウキだ。

●恥ずかしい?ウキたち●

 10~15号負荷としたのは、磯釣りよりも道糸が太く、タナが深くなる可能性があるためで、コレを装着してサルカンから下は完全フカセ時と同じ仕掛を使った。問題はウキ止めの位置だが、自分に「このくらいだ。」という基準が無いため、船長に「ヒラマサって、この状況だと何mくらいまで浮上するの?。」と訊ねてみた。
 すると、「上から15mくらいでしょうかね?。」という、答えが返ってきたので、サルカンから6ヒロ(9m)の位置にウキ止めを上げてみた。これで仕掛けの長さ6mが加わって、先バリまでが15mになる。
 そして第一投。マキエサは完全フカセ時と同じ要領で入れ、ウキが馴染んだ時点で糸送りを10秒ほど止めて、仕掛の張りを作り、そこから先はメカニカルブレーキを絞ってスプールの回転を制御しながら流していった。これは磯の上物釣りでは基本中の基本である「上層の流れは中~下層よりも速く、風の影響を受けるので、道糸を張りながら流す」と「重い仕掛けは特に強く張る」を実践したためだ。

 この釣りではウキは見ずに竿先でアタリをとるのが基本だが、何と一投目の70m付近で竿をひったくるアタリを捉える事に成功した。そして続いての流しでも同じポイントでアタリがあり、連続ゲット。その後はエサ盗りが出てきたが、タナを上げる事でそれをかわし、数本獲る事ができた。この間、通常の完全フカセで流していた人には釣果がなかっただけに効果は絶大だった。

 但し、難点があった。当日の感覚からすると、乗船人数が増えると流れるコースが交差しそうで、高確率でオマツリが起こるような感じだった。よって以後は試す機会が無かったが、この日、こうやって二枚潮時の、一つの攻略パターンを見つけた事は大きかった。今年の玄達瀬では更に一段上の次元に持っていきたいところだが…。

 ~その2に続く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春ヒラマサ・最終釣行

2018-06-09 12:30:00 | 船釣り・釣行記
 4月半ばからの春ヒラマサ狙いも、とうとう最終日を迎えた。オキアミエサで狙う場合、サイズもやや落ち始めていた事から、「中マサが数本でも…。」と、ボクとしては控えめな皮算用をしていたのだが…。

●ベタ凪だが…●


 前日の潮止まりから動きが出てややマシになったようだが

●100mあたり、9分30秒ほど●


 底潮に動きは少なく、ヒラマサに活性を与えるような感じではなかった。

 それでも船長は修正を繰り返し、懸命に努力を続けてくれたが、自然の力には逆らえず、中~小型のマダイに数度遊んでもらっただけで幕を閉じた。

●スカスカのクーラーBOX●


 これで春季の釣行が終わったが、6回チャレンジで104cm~79cmが6本という結果だった。本人の感触では、もう少し努力をすれば、出会えた数が1~2本増えたように思えるので、及第点といったところだと思う。ただし、バラシはゼロだったので、その点では良しとすべきか?。

 今月末からは年間の最大イベントである、ボクにとってはスポーツで言うところの、選手権期間のような福井県・玄達瀬の解禁期間に入る。ここでは10ヶ月間考えてきた事に対する総決算を出さなくてはならない。「目指せ130cm!」の下、2ヶ月間のチャレンジが続く。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒラマサの完全フカセ釣り 「FAQ(Q&A=よくある質問と答え)」 ~その1

2018-06-02 12:30:00 | 船釣りタックル&仕掛け、戦略他…
 先週は釣行していないため、緊急企画として、こんなのを書いてみた。

 ボクの周りの友人には、釣りを趣向する人間は皆無で、仕立船へは、兄もしくは、乗合船に集う顔なじみと乗船するのが全てだ。残りの釣行は当然乗合船への乗船となるが、そこで居合わせた人から、質問を受ける事があるし、ボクの方からも自分の釣りに反映させるため、時折質問をする。そんなやり取りの中から出た「FAQ(Q&A=よくある質問と答え)」を今回は記してゆく。ただし、いつもの事だが「釣りには絶対は無い」ので、あくまでもボク流のアプローチから見た答えであり、上級者の方から見れば「何を言ってるの?」という部分があるかも知れないし、そもそも竿を出す地区での違いもあるので、初心者の人が「何をすれば殻が破れるのか?」程度に捉えてもらって構わない。「まぁ、そこは一つご容赦を。」


■Q=「そのウキみたいのは何ですか?」■

 A=「浮力のある発泡ウキ、もしくは水中帆のための潮受けウキゴムです。」

 ボクが完全フカセ釣りを始めた20数年前、釣り雑誌等の仕掛図には、水中の流れを受け止める帆と、浮力を調整する役目として、通称“しょうゆウキ”と言われる、弁当にしょうゆを添付する際に使われる小型ポリ容器風のウキがよく記載されていた。このウキはオモリが内蔵され、中に入った空気と、キャップから中に入れる海水の量によって浮力を調整するという、便利な物だった。当時のボクもその存在を知ってはいたが、それまでのグレ釣りでの経験から、魚の疾走による衝撃や水圧によって内部に海水が浸入して浮力が変わるので、敬遠していた。
 また、その頃は水中ウキ=マイナス負荷のウキと理解していたので、沈む方向にのみ目が行っていた。その発想が覆ったのは福井県・鷹巣沖に通うようになってからだった。初めての乗船時、船長から「発泡ウキは持ってきたのか?。」と、問われ、よく解せずに見せたのがマイナス負荷の、グレ釣り用の水中ウキだったので、「話にならん。」と、言われた事を記憶している。
 その船長に怒られながら使い方=「比重の重いフロロカーボン製の道糸に浮力体を装着して、沈み具合を調整する」という、用法を伝授してもらい、現在に至っている。

●発泡ウキの各サイズ●


 この発泡ウキは、一流ししてサシエサが盗られれば次の流しでは番手を上げる事で浮力を増し、サシエサが残れば番手を下げる事で浮力を増減らして、サシエサがギリギリ残る層を探していくため、5番~8番程度をそろえておき、8番1個で浮力が足りなければ8+5といった具合にダブル掛け、あるいはそれでも足りなければトリプル掛けといった具合に使用する。

●ダブル掛け(ウキ留めゴム&ウキ留め糸で固定)●


 この使いこなしを覚えて以降、発泡ウキ使いはボクの完全フカセ釣りにおける基本になっているが、二枚潮、あるいはそれ以上の多枚潮(?)時にイメージ通りに流せない事がある。
 例えば上潮が速く底潮が緩い場合だが、昔のボクは「上から撒いたオキアミが速い上潮に乗って遠くで効き、そこに浮上してくるヒラマサを狙う」イメージで流し、それでもある程度の釣果を得ていたが、スレたヒラマサが徐々に増えてきたのか、はたまた絶対数が減って先を争う必要がなくなったせいか、近年では上潮に乗せて遠くまで流していっても不発になることが多い傾向にある。そこで、逆にもっと手前で遅い底潮に乗せてみたところ、釣果を得る機会が増えている。
 そのためには仕掛を下層に入れた後に、道糸が上潮にとられて「つの字」になって流れないよう、道糸の出具合をセーブして流す必要があるが、単にスプール回転にブレーキを掛けただけでは仕掛が浮き上がってしまうため、それに対抗する相応の重さと水中の流れを掴む抵抗=水中帆が必要になる。そういった釣法を成立させるために、近頃のボクの釣りで使用頻度が上がっているのが、いわゆる水中ウキだ。
 水中ウキは、磯からの上物釣り(主にグレを狙う)で、風と潮の流れが違う際に使われたのが最初だと思われる。そのサイズの大~小で潮を受け止める抵抗を増減させ、マイナス負荷で沈み具合を調整するのだが、主に涙型のシルエットをした木製=黒檀製もしくはプラスチック製の物が多い。このタイプは1個あたりの単価が特に黒檀製は高価なため、各種を揃えるとなると結構な出費になり、ロストした際の痛手も大きいのがネックだ。

●磯(波止)用の水中ウキ●


 そこでボクが目をつけたのが、磯の上物釣りで“潮受ウキゴム”と呼ばれる、シリコンゴム製の器具だった。これは中通しのウキに道糸を通した後、ウキがサルカンやハリスとの結び目にズリ下がらないようにヨージで留めていた、ただのウキゴムに、水中で帆となる潮受け機能を持たせたモノだ。

●シリコンゴム製の潮受ウキゴム(キザクラ社・クッション水中LL)●


 まず、このタイプは材質的に安価であるのが有り難い。コレに鉛等のオモリを打ち込んでマイナス浮力表示されているタイプもあるが、それだと涙型と同様、タイプ別に揃える必要があるため、ボクは 浮力がゼロのタイプで、最大サイズをの物を選んでいる。
 実践の最中での、マイナス方向への浮力調整は、この下に打つガン玉の有無や大小で変えてやれば事足りるから、調整時に道糸を切って結び直す回数が減って、素早い対応が可能になるし、潮受けの抵抗をもっと増やしたくなれば複数個装着すれば良いだけの事だ。

 小さな潮受ウキゴムだが、コレ1個を装着すると、スプールのフリー回転や巻き上げの抵抗感が変わる事に気付かされるはずだ。それだけ効いているという事なので、ヒラマサの口元にサシエサを届けるために是非とも揃えていただきたいアイテムの一つだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白石グリ・春季最終釣行

2018-05-26 12:30:00 | 船釣り・釣行記
アップするまで2時間しかないので、簡素に書いてます。


 今年は2週間遅れでヒラマサの釣果が出始めた京都府・経ヶ岬沖の白石グリ。いよいよシーズンも終盤に近づき、日増しに釣果ムラが激しくなっているが、「何とかもう一本」と、西舞鶴から出船する、大海丸さんに乗り込んできた。
 今回挑戦したのはいつもの完全フカセ釣りではなく、活きアジを使った泳がせ(飲ませ)釣りだった。この釣りは、オキアミへの反応が悪くなったヒラマサに口を使わせるため、シーズン終盤に有効なスタイルだが、ボク自身、この釣法を充分に把握しておらず、手探りの状態だった。


 そんな中、船中では一番にアタリを取ったのだが、1発目、2発目とスッポ抜けの後、ようやく口にハリ掛かりをさせる事に成功した。

●途中までは…●

 途中までは引き具合に「それらしき雰囲気」があったのだが、正体はブリだった。

●80cmオーバーだが…●


 しかし、その後は沈黙が続いた。慣れないスタイルであり、大型フィッシュイーターにやる気がなければ、何にも無しの釣りだけに退屈な時間がいつもより長く感じられた。

 そして夕刻が近づいた頃、各所でナブラが沸き始めた。風向きが変わった事を受けて船長は船位を修正したのだが、そこからの一流し目でミヨシから歓声が沸き起こった。
 下方向へと執拗に突っ込む強烈な引きに耐える姿から、「恐らく…」と思ったが、案の定、上がってきたのは1mジャストのヒラマサだった。

 それを受け、こちらのやる気にスイッチが入った。聞けばアジが逃げ惑う前アタリがあってドカンときたそうなので、竿の操作を変えてみることにした。言うなれば、「昔やった、ブラックバスのラバージグ」や、「尾長グレの本流釣り」の竿操作に近いモノだったが、コレでほぼ入れ食いに近い形に持ち込む事に成功した。(コレについてはスタイルが確立すれば、いずれ紹介する予定)

●竿は何度も曲がったが…●

 しかし、応えてくれたのはゴールデンウィークの頃よりも一回り大きくなった、最大で90cmチョイのブリ族ばかりだった。


 こうして白石グリへの春季釣行は幕を閉じたが、シーズンイン後4回の釣行で4本、最大が104cmだったので、結果は良しとしよう。次回は玄達前の最後の釣行として、但馬海岸に向かう予定だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柴山のヒラマサ釣り

2018-05-19 12:30:00 | 船釣り・釣行記
■2年ぶりの訪問■

 日本海側の完全フカセでヒラマサを狙える区域は各地にあって、このブログでも度々登場する福井県鷹巣沖&玄達瀬と京都府経ヶ岬沖の白石グリ&冠島はその2大拠点だが、他にも、経ヶ岬西側の中浜沖や間人沖等、規模は小さいながらに存在する。そこから更に西に向かい、兵庫県に入った但馬海岸にもヒラマサの好場があって、そのひとつが今回の柴山沖だ。
 このブログを読み続けている方はご存知だと思うが、以前=2016年にここを訪問し、記事を書いた。その日は、途中でアンカー潮になるなど、実質ジアイが2時間ほどしかなった中、本命の釣果は90cmが1本きりだったが、いろいろな意味で潮状況か良くないと釣れない尾長グレが2枚出た事と、船中で他者が釣ったりバラしたりといった事から総合的に判断すると、かなりのポテンシャルを持った地区だと、当時に判断した。
 釣船の釣果欄で確認する限り、普通に釣れる最大クラスはメーター弱だが、最小サイズの違いからアベレージサイズとしては中浜沖より少し上といった感がある。しかし、何よりもここの良さは、ライバル船がほとんどいないことだ。したがって、実釣中に状況が変わっても、アンカーを打ち直す余裕があるので、ハズレの日が少ないように思える。
 そんな、柴山沖に案内してくれるのが前回に引き続き、今回もお世話になった、第三豊洋丸さんだ。

●●停泊中の豊洋丸さん


■短いジアイ■

 当日は朝から雨模様。しかも昼以降に大雨になる予報だったため、早めの出港となった。
 ポイントには10分ほどで到着するので、乗船直後は準備があわただしくなるが、その分だけ長く釣りが出来るのは有り難い事だ。
 ポイントに到着後、期待を込めて第一投を行ったが、一旦左舷後方に出た後に向きを変えて45度前方に出る潮だったため、船長はすぐにアンカーの打ち変えを決意。その後再開したが、やはり二枚潮傾向という判断に間違いはなかった。

●100あたり10分ほどだったが…●


 時期的な事と水深(足下で45m)から、当初から発泡ウキの7番を装着した仕掛を流していたが、潮況を説明すると、後方に向かう潮は道糸が28mほど出ると中層に入り、それよりも速い西からの潮に乗ってにきを変えていた。
 その対策のため、送り出しを25mとして、中層に乗り出した30mでスプールの回転を30秒間停止させて仕掛が張るのを待ち、そこからフリーで流した後の45mで再び道糸のフケを感じたため、そこでも10秒間の待ちを入れてみた。
 次いでまたフリーにして流していると、この策が見事に当たって、55mで道糸が一気に引き出されていった。
 アワセを入れた後の感覚から中マサクラスと判断。余裕のやり取りを開始した。

●中マサの引き●

 船下の引きも難なくしのいで、無事にゲット。予想よりはやや大きめだったが、序盤での1本は安心材料となるため、貴重だ。

●水滴でボケているけど、79cm●


■続いてのハズが…■

 安心も束の間、取り込み後に流しを再開すると、潮流の角度が変わってアンカー潮気味になり、だんだんと流し辛くなってきた。そんな中、ポツンとマダイが出てくれたが、それも途絶えてしまい、単にタナを変えてエサが残る線を探るだけでは何も得られない状況になり、それがしばらくの間続いた。
 粘っても状況は改善しそうにないので、船長が魚探の掛け直しを決意、その際に衝撃の事実が判明した。ナ・ナ・何と!水温が15度になっていたのだ。低水温と魚が障害物に寄り添うように着いている様子から、船長は接近戦を決意。ボクも「低層から離れず、目の前に落ちてくるエサのみをヒラマサが拾う状況」と判断し、それに合わせて仕掛の組み換えを行った。
 潮流は更に衰えていたので、前々回で紹介した水中ウキ(と言うよりは水中帆)を装着し、送り出し20mをした後はスプールの回転を止めてみた。次いで道糸を凝視し、中層に乗って道糸の角度が船首方向に変わったところで一旦フリーにして流し込み、30m出たところで再停止をして15秒間の待ちを入れてみた。
 そして45mでまた15秒、60mでも15秒待った後、そこから先はメカニカル・ブレーキを絞ってスプールの回転を抑制しながらじっくりと流してみることにした。イメージとしては底付近をウロつくヒラマサの目の前にゆっくりとサシエサを届ける感じだ。

●ストップウォッチで正確に計測中●

 そして、この策が当たって65mで急速逆転が始まった。

●久々のアタリを捉える●

 低水温の影響で低活性なのか、当初の引きは大したことなく、「違う魚か?」とも思えたが、船下に来てからの締め込みで本物と確信。「喰いが渋いのでハリハズレが起こらないか?。」と心配しつつ、やり取りを行った。
 そして無事にゲット。サイズ的には及第点程度だが、案の定、船上に上げると、玉網の中でハリが外れており、ヒヤヒヤ感に溢れた中での1本だった。

●苦労の末の81cm●


■船長共々に努力の甲斐なく■

 2本目のあとは、更に状況が悪化していった。そんな中、船長は第2ポイントに移動するなど努力を繰り返してくれたが、それもむなしく、元のポイントに戻り、最後のチャレンジとなった。
 2次ラウンドでは、更に動かなくなった潮の中でボクはアタリをとり続けたが、それらしきモノは一発目にあったが、アワセる間もなくハリハズレ。以後はアタリを連発させる事に成功したが、小型のマダイのみ、それも半数以上がアワセても乗らずのままに納竿時間がやってきた。

●気付けば魚は揃ったが…●


■ポテンシャルは高い■

 当日は低水温、それも最終的には前日より1.2度も下がり、14.6度という、とんでもない条件下での釣りだった。短時間でこれだけ下がると、冬場が盛期の寒グレでも喰い渋って苦労させられる状況に陥る。ましてや適水温がもっと高いヒラマサであれば尚更だが、そんな中にあって何とか2本獲った事は、我ながら「よくやった」と思っている。特に2本目はヒラマサの状態をリサーチし、イメージを膨らませて無理やり口を使わせて獲った1本なので、ネットインした瞬間は何事にも変えがたい悦びに浸っていた。
 そんなこんなで釣り人としては、「あの条件で2本ならば…。」と、つい皮算用してしまうが、次回の釣行も楽しみな柴山沖だった。

 余談だが…。
 柴山からの帰路は一旦香住に出てから矢田川沿いに県道4号を南下した。このルートは豊岡に出るルートよりも、やや距離が嵩むが、信号がほとんど無いので時間的には変わらない。それはともかくルート途中の、但馬の地酒として有名な香住鶴の福寿蔵への寄り道がお楽しみの一つになっている。
 「釣ったヒラマサと、但馬の銘酒で…。」これが、最高なのだ。

●香住鶴●




コメント
この記事をはてなブックマークに追加