中島ブラザーズ ”弟”の「外で遊ぼう!」

近頃は日本海で、ヒラマサを追ってばかり。よって磯釣りや渓流釣りは休止状態ですが…。

アンカー潮の中

2018-11-10 12:30:00 | 船釣り・釣行記
 今回も時間がなく…。

 福井の鷹巣沖で完全フカセ。

●7号道糸と8号ハリスの設定●

 季節は進み白山は冠雪していた。

●白む白山●



 近況ではバカ喰いしていた小マサの釣果も落ち着いて、90cmクラスの大マサがポツポツながら顔を見せ始めていたので少しの期待があったが、当日は上潮がアンカーのある北方向に強く流れ、中層ではそれが90度西へと向きを変えるという、二枚潮。それに加えて恐らく底から5m程がほとんど動いていない状況だったので、かなり厳しい状況だった。

 その実、長らくの間、船内全員にアタリはなく、エサ盗りも少ない状況だった。
 「この潮では最下層の、潮の動かない部分で魚たちはジッとしているのだろう。」という、予測の下、「発泡ウキでエサ盗りをかわす方法では無理。」と早い段階から判断していたので、仕掛には浮力ゼロの水中帆のみを装着し、送り込みの長さや仕掛を張る時間と距離変えながら、アタリの出る位置を探り続けていた。
 数時間が経った時点での流し方は、「手手繰りで40m送り込み、そこからフリーで流した後、75m(水深が60mチョイと糸フケを考慮して)で1分間送りを停止させる。」、「そこから100mまで再びフリーに流したら90mまで巻き戻し、その先はリールのメカニカルブレーキを絞って糸フケが出ないように流す。」というパターンになっていた。
 このパターンが何とかハマッてくれて、この日最初のアタリをようやく捉える事に成功した。

●ようやく曲がる竿●

 そして、小マサと、中小型マダイをダブルでゲット。

●共に喰えばウマいサイズだが…●


 その後ポツりと中小型マダイをゲットしたが、何もドラマは起こらずで納竿時間を迎えた。

●貧果に夕陽が目にしみる…●


 当日は、「無理やり口を使わせる事」に成功した件に関してのプチ喜びがあったが、釣果に納得出来るハズもなく、思いを遂げるためにこの地区でもう一度チャレンジする事が決定した。その日が「ほどほどに潮が通り、風吹かず」の日であって欲しいが…。

コメント

釣行出来ず

2018-11-03 12:30:00 | その他
 「寒気の影響で、釣行出来ず」なので、記事も書けずです。
コメント

休刊日

2018-10-27 12:30:00 | その他
釣行しておらず、今週は休刊です。
コメント

季節の変わり目?

2018-10-20 12:30:00 | 船釣り・釣行記
 まだ忙しく、記事らしい記事を書く時間がとれない…。

 完全フカセ釣りで鷹巣沖に。


●完全フカセタックルをセット●


 潮はほとんど動かず、仕掛が真下に向かう、いわゆる「ドボン潮」の状態で、これまでにあれほどバカ釣れしていたチビマサにも当日には勢いがなく、掛かっても目の前でハリハズレが起こって数が伸びなかった。
 そして、何とか1本ゲットするも、後が続かなかった。
 そんな中、15mの送り出しが馴染んだ途端に大アタリが出た。

●まずまずの引きだが…●

 近距離だけに引き味がよく、楽しませてくれたが、上がってきたのはマダイだった。
●68cm●

 長らく完全フカセ釣りをしているが、マトモなサイズのマダイでは最短記録のアタリだった。

 当初は「お土産のチビマサを取ってからの大型狙い」の目論見だった。だが、土産をほとんど持たないままに、例年なら大型が着くはずのポイントに移動する事になったのだが、潮行きの悪い中では反応する魚もなく、鳴かず飛ばずのままで終了時間を迎えた。

 潮が動かない影響も大きいとは思うが、チビマサは晩夏~初秋の魚だ。季節が進んで海の状態が変わった影響の方が大きいような気がする。変わって大型が動いてくれればウレシイのだが…。もう少しこの地区を攻めてみようと思っている。
コメント

白石グリの落とし込み

2018-10-13 12:30:00 | 船釣り・釣行記
 まだ、台風21号の後始末が続き、超多忙な日々を送っているが、ちゃっかり白石グリへは2回向かっている。
 今回も詳しく書く時間が無いので、簡単に。

 一回目は台風通過直後だった。気圧の変化が激しかったせいか潮流は超ブッ飛びで、クエ仕掛は入れられず、落とし込みのみでの釣りになった。それでも対応は難しく、200号を背負わせても水面から-20度にしか入っていかない有様だった。当然ベイト=イワシが掛かった感触は解り辛く、落とし込むスピードが僅かに落ちた事で判断するも、精度がなく半ば当てずっぽうで仕掛の操作をしていた。
 それでも、竿を曲げてくれる魚は居て

●今シーズン、落とし込みでの初曲がり●

 イシダイやメジロ

●デブなメジロ●

が、忘れた頃にかかってくれた。

 そして、二回目。最初はハシリのメダイを狙って別箇所に居たが思わしくなく、13時をめどに白石グリへ移動。そこから落とし込み&クエ仕掛の投入を開始した。

 当初はイワシのみが掛かるが、本命が反応しない「防波堤のサビキ釣り」のような状態だったが、3時ごろからフィッシュ・イーター達の活性が上がり、

●ジアイがくると、順調に竿が曲がり始めた●

上り調子となった。

●初ヒットはイシダイ●

 途中で珍客、マツダイも登場し、

●コレが結構ウマイ●

 メジロやサワラも回りだしたが、後半はサゴシ(小型のサワラ)一色になった。
 サゴシの猛攻は収まらず、毎回掛かってくる状態のまま、そしてクエ仕掛には全く反応がないままに納竿時間を迎えた。

●隣の大海丸さんでは「クエらしきアタリ」が二回あったそうだが…●


 極太仕掛を使った落とし込みや、泳がせのような「小魚食わせ系の釣り」は、相手がドデカイから楽しいのであって、そこそこサイズが相手では、なんとなく「弱い者イジメ感」が漂い、それなりには楽しめるものの、心が晴れやかにはならない。そろそろドカンッ!と一発欲しいところだが…。
コメント