風の記憶

the answer is blowin' in the wind

2017_新年

2017-01-01 | 季節

遊佐中学校の桜と鳥海山








新年明けましておめでとうございます






本年も よろしくお願い申し上げます















にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ 
   






サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
クリエーター情報なし
ユニバーサルミュージック




コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

今日の日はさようなら

2016-12-07 | 紅葉

 

 

人はなぜ紅葉に惹かれるのでしょうか?
ただ綺麗なだけなら、イルミネーションのほうが煌びやかで華やかに見えます。
それがなぜ色づく葉に人は心を動かされるのでしょうか?

葉は木々に芽吹き、光合成によってその樹木を育てます。葉の働きによって栄養を
蓄えた樹々は果実を実らせ、他の生き物たちに糧を与え、時に葉は自らを虫たちに
与え育てます。
やがて葉は地に落ち虫たちを守り育て、そして土に還り大地を豊かにするのです。

つまり「葉」は「命」だということ。

消え入る前のほんの一瞬、命の最後の輝き。

紅葉を美しいと思うのは、そんなことを心が感じるからなのかもしれません。

 

 







撮影DATA
Nikon D750
Nikkor AF-S 24-70mm f2.8E ED VR


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ 
   


 

今日の日はさようなら
クリエーター情報なし
株式会社テイチクエンタテインメント

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

高い空、秋の雲

2016-11-28 | 



 



秋の雲の代表的な雲に「鱗(うろこ)雲」「鰯(イワシ)雲」「鯖(サバ)雲」がありますが、これらは
すべて
「巻積雲(けんせきうん)」の俗称で、高い空に小さなかたまりがたくさん集まる雲のこと、
明確な区別の定義は
ないそうなんです。
つまり見た人の主観、なんですね。それでもやはり違いは確かにあって、見た目ですが、
「鱗雲」は、魚のうろこのように丸っこい雲が規則正しく集まっている雲
「鰯雲」は、細長い雲がイワシの群れのように集まっている雲
「鯖雲」は、サバの背の模様のように波状になった雲
でしょうか。
そんなことを考えながらこの写真の雲をみると、ちょっとすごいとに気が付きました。
向かって右側が「鯖雲」、真ん中あたりが「鱗雲」、左側の奥のほうが「鰯雲」になっていませんか?
一つの空にたくさんの魚の模様が・・・、水族館みたいです。
・・・・・・まあ、主観ですから。主観。(^^;
ちなみに、鰯雲が出ると鰯が大漁の兆し、と言われていますが、最近ちょっと高いですよね、鰯。^^;

高い空が気持ちの良い秋の日です。

 

 













撮影DATA
Nikon D750
 Nikkor Ai AF 18-35mm f/3.5-4.5D ED 


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ 
   




劇場アニメーション『言の葉の庭』 DVD
クリエーター情報なし
東宝








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

秋の夕暮れ、ススキが揺れて

2016-11-19 | 

 

 


「秋の日は釣瓶落とし」と言われますが、本当に秋の夕刻はさっきまで夕焼けで
明るかったと思っていたらあっという間に暗闇になってしまいます。
この早さは感覚的にも感じますが、データ上にも表れているそうです。
秋の日の入り時刻は平均すると一日に一分以上早くなっていくのだそうで、また、
日の入りは夏至を分岐に早まるのですが、夏至後の7月から8月ごろにかけては
一ヶ月で20分程度の変化しかありませんが、10月初旬から11月初旬にかけて
は実に40分以上も日の入りが早くなるのだそうです。

ところで、この古からのことわざの「釣瓶(つるべ)」って、今の若い方は分かります
かね?
「釣瓶」とは、井戸水を汲み上げるための桶のことで、紐縄で繋いであり井戸の上
から主に滑車で吊してあって、手をはなすと井戸中にガラガラと落ちて、水を汲ん
で引っ張り上げるものなんですが、この釣瓶が落ちる様のように秋の日の暮れる
のは早い、と言うことわざなんです。
このイメージが感覚的に分からないと、このことわざの味が分からないかもしれま
せんね。

秋の夕暮れ、うろこ雲が茜色に少しずつ染まっていく中で、ススキの穂が風に揺れ
ていました。

 

 




























撮影地 : 酒田市 最上川河川敷


撮影DATA
Nikon D750
 Nikkor Ai AF 18-35mm f/3.5-4.5D ED 


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ 
   


新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド
クリエーター情報なし
KADOKAWA/角川書店

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

月山山麓の紅葉_六十里越街道

2016-11-13 | 紅葉

 

 


月山山麓の紅葉の続きです。

今回は六十里越街道(通称:月山街道)の紅葉風景です。
地元の方には、米の粉のドライブイン付近とか月山ダム付近、と言うと、
「あぁ~」という反応が返ってくるぐらいの知る人ぞ知る場所ですね。(^^;)

高速道路が近くを通るようになってからご無沙汰の街道ですが、春先の
新緑の季節や秋の紅葉の季節はとても素晴らしい風景が堪能できる
素晴らしい街道です。

月山に雪がくると、この紅葉はあっという間に消えて無くなります。
ほんの束の間の錦秋の風景、そして庄内は冬へと向かいます。

新緑の六十里越街道

 

































撮影DATA
Nikon D750
Nikkor AF-S 24-70mm f2.8E ED VR
 Nikkor AF-S 70-300mm F4.5-5.6G ED VR


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ 
   











コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加