本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ゴロで覚える古文単語ゴロ565(ゴロゴ)』 【大学受験 古文・参考書】(単語暗記用テキスト)

2006年11月15日 | 大学受験【国語・社会】情報・参考書


ゴロで覚える古文単語ゴロ565(ゴロゴ).jpg

 

京都大学合格者数、16年連続日本一の名門、洛南高校。洛南でも今ごろになって、履修漏れが見つかったようですね。いや~驚きました。補習が間に合うんでしょうか。心配ですが、とにかく、早く全部表に出て欲しいですね。受験生も不安でしょう。

ついでといってはなんですが…、“洛南高校” といえば、あのドラゴンイングリッシュの竹岡先生の母校で、やはり京大OBですね。竹岡先生の教え子は大丈夫でしょうか。がんばっていただきたい。

竹岡先生の著作もこれまで、

 『ドラゴンイングリッシュ基本英文100』 

入試超難関突破!解ける!英語長文』

センター英語[文法・語句整序・リスニング]の点数が面白いほど取れる本』
                      

 をご紹介しました。よろしければ参考にして下さい。


さて、今日は、古文の2冊目、あのゴロゴです。受験と関係ない方は、ヘンなコミック本に見えるでしょうが、実はこれが人気の単語暗記用テキスト。よく売れているんです、本当に。ちょっとエッチな語呂合わせまで入れて、イラスト+CDで記憶に残す作戦です。

書評・ 解説を書いてくれたのは、代々木の美人先生!プラ~ス、超実力派 K先生です。厳しいですよ。よ~く読むように!


以下が、K先生の書評・解説です。どうぞ。


■■■

はじめまして。代々木教室で国語と社会を教えておりますKです。

ここで紹介する板野博之氏による 『ゴロで覚える古文単語565(ゴロゴ)』 は古文単語を語呂にあわせて覚えることを提案したものですが、すでにその標題からして予感させるように、そこで挙げられている「語呂」は、たとえば「こぼちゃんつっぱり皿壊す(こぼつ→壊す)」や「大橋巨泉ますますいらっしゃる(おはす、おはします→いらっしゃる)」といった、無意味な言葉の連なりによる異化効果がなければ、すらすら読めてしまって頭に残らないということなのかと疑いたくなるほど、日本語の文章として当惑せざるを得ないものがほとんどです。


文章だけからは何もイメージできない「語呂」を補完するため視覚、聴覚に訴えるべしと考えたのかどうか、それぞれに挿絵が添えられ、また必要とあらば著者自ら吹き込んだCDも、とまさに至れり尽くせりの感があります。


この本に限らず、参考書がかつてのしかめつらしい体裁を放棄し、「親しみやすさ」や意外性を強調する傾向は近年ますます顕著になりつつありますが、かつての日本語に他ならない古文の中に現れる言葉と現代の言葉は、著者のこうしたサービス精神を媒介せねばならぬほど今や隔たってしまったのでしょうか。


これまでの参考書は、学ぶべき事項が良く整理されているか、しかるべき知識を伴った解説が施されているか、そしてその本を学ぶことが大学入学後の勉強の礎となるか、という三点においてその価値が測られてきたように思われますが、板野氏の単語集が大変な好評を得ているという事実に鑑みると、昨今愛される参考書の条件とは、先に挙げたもののうち、第一の点に関しては水準を満たしているとしても、第二、第三の点に関しては、別の価値基準が導入されているのではないかと思われてなりません。


ともあれ、受験勉強であっても、「学力」は時間をかけて机に向かい、反復して学習することで身体化できるものだと分かっているでしょう学生の皆さんが、それでもなお古文に違和感を抱いてしまうようなら、手に取って驚いてみるのも一興かもしれません。


■■■



あ~、私は古文が苦手でしたので、生徒の持っていた本書を見て、『おもしろいなこれ、なかなかやるじゃないか~、ケケケ…』 などと 喜んで見ておりましたが、お恥ずかしい。

ビシッと怒られた気分です。当塾の名前は  “個人 特訓 教室” です。K先生、ありがとうございました。



さて、受験生諸君!



         【学問に王道なし】

There is no royal road to learning ! 


     と言います。紙に書いて張っておこう!





というわけで、今日は、 
王道歩め!受験生!としておきましょう。


■ ランキングです。記事が役に立ったら、受験生がんばるぞ!のクリックをお願い申し上げます!■

  やっと1位の半分だけど、待ってくれ~。あと1500点かぁ~!
      ↓               ↓   
人気blogランキングへ  にほんブログ村 本ブログ  



http://tokkun.net/jump.htm(当教室HPへ)

ゴロで覚える古文単語ゴロ565(ゴロゴ)

アルス工房

詳細を見る

ジャンル:
受験
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 馬事公苑の花 ブバルディア ... | トップ | 『大学への数学 1対1対応... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くあ東)
2006-11-16 15:56:49
思わず、反応してしまいました(笑)。表紙のゴルゴが全然似てないのが、かなり笑えます。もっとも、ゴルゴじゃなくて”ゴロゴ”ですが

学習は楽しんでやれることも重要だと思うので、苦手科目とかあまり好きでない科目には、こういう本の存在は、はじめの一歩として、非常に重宝しますよね。
くあ東さん (VIVA)
2006-11-16 16:34:59
いやぁ~めっちゃ久しぶりじゃないですか。あっ、そうか、【用件を聞こうか】で、ゴルゴに反応したんだ(笑)。ぜんぜん古文と関係ないし…。

それにしても、ワールドカップ以来じゃないかなぁ~。その前もその何ヶ月か前。お元気ですか?

用件はですね、たまには交流しましょう(笑)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

大学受験【国語・社会】情報・参考書」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

西須磨マイスター パート2 (須磨寺ものがたり)
一昨日第一陣「西須磨小学校」の3年生が8名、今日も同じく3年生が8名私の店「茶の森園」に、作業見学に来ました。今日で小学生に説明するのは、2度目前回よりはうまく説明できたのかな?出だしは、プチ緊張、その後ペースをつかみそんなに、かむ事無く終えた。