本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『日本型ポピュリズム』 大嶽秀夫

2007年01月22日 | 政治・経済・外交



センター試験をしている間に、そのまんま東さんが知事ですよ。失礼ながら、勝手に泡沫候補だと思っておりましたので驚きました。

これまで不祥事も起こしましたが、早稲田に再入学して勉強もしていました。談合事件で嫌気がさしていた宮崎県民の心を見事につかんだようです。すごいなぁ~。


宮崎出身ですし、知名度は確かに抜群でしょう。これまで多くのタレント、有名人政治家が登場しましたが、なかなか理想通りに活躍できません。私は彼の政策などは何も勉強しておりませんので、何とも申し上げられませんが、少なくともかつての大阪府知事のようにはなってもらいたくないですね。


トップだけ一時的に変わっても、談合体質はそれこそ、“そのまんま” になるという現象もよく見られます。県民の期待に応えるように、しっかりとした政治をぜひお願いしたい。


さて、本書は、大衆迎合政治や衆愚政治などをイメージさせる、『日本型ポピュリズム』が目に付くようになった90年代から丁寧に振り返り分析します。政治学科を志す高校生に読んでもらいたい一冊です。以前、取り上げましたがもう一度紹介させていただきます。


著者の大嶽氏は『現代日本の政治権力経済権力』でサントリー学芸賞を受賞、2001年には紫綬褒章まで受章されている大物学者ですが、久しぶりの著作だと思ったら、鬱病を患っていらしたそうで、回復しつつある時に本書を書き上げたそうです。 


非常に膨大な量の資料や文献にあたり、細川護煕や石原慎太郎、田中真紀子、加藤紘一、小泉純一郎などが繰り広げた政治現象を、日本型ポピュリズムという観点から説明します。


アメリカとの比較や、小沢一郎などとの対照、報道番組やワイドショーの果たした功罪両面の役割など多角的に分析します。 


高校生が新聞の政治記事をよく読んでいても、やはり一日の分量はたかが知れていてなかなか全体像が頭に入りません。彼らは細川首相の時代はまだ少年少女ですから、実感がないのも当然です。 


逆にテレビというのは、あることがらの経緯を簡略にまとめた上、映像やBGMを用いて分かりやすく情報を提供してくれますが、視聴率や不偏不党を意識するためか、どうしても紋切り型になってしまいます。


また、人気キャスターだからといって筑紫哲也やかつての久米宏などのフィルターを通してできごとを理解してしまうとニュースが違った物語になってしまいます。 


本書はそういう点を指摘し、主に小選挙区導入以降のポピュリズムに焦点を当て、日本の政治風土とその変化を明らかにしてくれます。非常に読みやすくなっていますし、様々な新情報を得ることができます。


筆者は奥さんと一緒の闘病生活を乗り切ったあと、充実した気合が感じられる重厚な一冊でしたが、後半は息切れでしょうか、大嶽氏らしからぬやや雑な印象も受けました。



P.S.受験生の諸君には、そのまんま東というタレントはそれほど、強烈な印象はないかな。まぁ、さまざま話題になった人物です。それにしてもいろんな人生があるもんです。受験も人生の通過点に過ぎないけれど、その時々、全力で頑張っていないと、次のチャンスは来ない。がんばろう!





■■■ ブログランキング 
■■■

受験生に引き続きエールを!

はげましのクリック、よろしくお願いします。



↓            ↓

人気blogランキングへ  にほんブログ村 本ブログ  



http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】


日本型ポピュリズム―政治への期待と幻滅

中央公論新社

このアイテムの詳細を見る







P.S. 私事ですが、以前、愚息に関して記事をUPしてしまい、励ましのメッセージを入れてくださった方もおられますので、謹んでご報告です。おかげさまで、最初の受験校、千葉の市川中学に合格しました。第一志望はこれからですので受験は続きます。塾講師としては、結果がすべてという姿勢ですが、親としては、受験を通して学問の奥深さを感じ、知識を習得すること、そのために努力をすることが重要で、合格という結果はほんの少しだけあれば良いと思っております。ですから、この合格で、うそではなく(笑)大満足です。教室の先生方、ブログでコメントまで下さったみなさん、ありがとうございました。

『本』 ジャンルのランキング
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2007年大学入試センター... | トップ | 『無念は力-伝説のルポライ... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おつかれさまです! (ysbee)
2007-01-22 14:41:02
VIVAさん まずはおめでとうございます!
うちの父も教育界の人間だったのでよく分かるのですが、自分の子は後回しにせざるを得ないんですよ。使命感が大きければ大きいほど。紺屋の白袴と似てますでしょうか。
だから、自力で頑張ったお子さんが合格した喜びは、ひとしおだと思います。(全然見当違いかも?)

いずれにせよ、VIVAさんが普段から心を砕いてらっしゃるのを、ブログを通してですが垣間見てきましたので、何よりもまず「VIVA先生、ご苦労様でした!」と肩ぐらい揉んであげたい気持ちです。(太平洋をへだてて……キモチだけ……)
今晩はゆっくりお休みください。(まだちょっと早いですね)
おめでとうございます (Dan)
2007-01-22 14:43:37
幸先がいいスタートですね。
お子様の合格、おめでとうございます。
第一志望は2月に入ってからですよね。
合格を心よりお祈りしております。
VIVAさんが先日コメント欄で書いておられましたが、いやあ、ホント子供のかわりに受験したいって思うことがよくあります。
あ、でももう算数に関してはちんぷんかんぷんで太刀打ちできません。(文系人間ですので)
国語はまだ私のほうができるので、黒子になりたい気分です。
おめでと! (bucky)
2007-01-22 15:05:15
良かったですね。つい2,3日前にブログにコメントくださった方が確か千葉の方で、市川中学はすごく難しくなりました。とおっしゃっていましたよ。すごい!
この調子で引き続き頑張ってくださいね、息子さんによろしく。
ysbeeさん (VIVA)
2007-01-22 15:20:52
いや、まさにその通りですよ(笑)。おそろしい、お見通しですね。ysbeeさんのお父上様などと比べるべくもないのですが、一応専門家だからとまわりは思っています。もちろん大変気にはなるのですが、受験校から、何から何まで本人に任せっぱなしでした。

力があれば受かるし、足らなければ落ちる。その意味では公平な世界ですから、割り切れます。ただ子どもですから、努力した結果が不合格ばかりだと精神的につらいですよね。ですからできれば一つでも合格という結果が出ればOKなんです。

督励方ありがとうございます。
Danさん (VIVA)
2007-01-22 15:27:26
ご覧いただいたのですね。うれしいです、ありがとうございました。そうなんです。2月の1日からは連続して、また分厚い壁に挑戦しなければなりません。

まぁ、やれるところまでやってみようという気になってくれれば、充分です。私は英語ですから、勉強は教えられません。5年生の夏休みからはじめたのですが、最初の計算すら、やり方が違うようで、どうも口出しは百害あって一利なしかなと思いまして…。

すぐにこうすりゃいいじゃんって言いたくなるんですが…、親も忍耐力が試されます(笑)。

コメントありがとうございました。キムタツジュニアに続くことができてホッとしました。
buckyさん (VIVA)
2007-01-22 15:32:46
おっ、そうですか。息子が聞いたら飛び上がって喜びそうなコメントですね。永久保存版です(笑)。この後は更なる強敵ばかりですから、そう簡単ではないでしょうが、やりやすい状況になったのは確かですね。

メッセージ、本当にありがとうございました。

良かったですね♪ (すず)
2007-01-22 15:47:29
 息子さん合格おめでとうございました。本命はこれからとの事ですが、「合格した」という喜びと自信は、大きな力になると思います。息子さんのお好きな物、沢山ご馳走してあげて下さい(笑)
すずさん (VIVA)
2007-01-22 17:24:37
少しの報いがあれば、なおさら良い思い出、自信になるかもしれません。そうですね、焼肉ですね(笑)。
ありがとうございます。
Unknown (kazu4502)
2007-01-22 18:10:08
VIVAさん 合格おめでとうございます。
そしてランキング双方とも1位ですね、ご苦労様です
私のランキングは限界に来ています(苦笑)まぁ上がる方法はありますが無理をしないで行こうと思っています、Vuvaさんもがんばってください。
それからなんとそのまんま東が当選しましたね、びっくりでしたが私は分裂候補者と官僚、政党の批判から予想していました、県民にとっては「よりまし」だったと思いますね、当選者に悪いですがね。マスコミも投票日の1週間前から知っていたんですが誰が優勢なのかを公表したくなかったらしいですよ。
宮崎県知事選の私の考えを書いてみましたので読んでください。TBさせてくださいね。それでは今後ともよろしくお願いいたします。
kazuさん (VIVA)
2007-01-22 19:18:49
ありがとうございます。全部落っこちたら、kazuさんところにでも修行に出そうかと思ってましたよ(笑)。これでしばらく東京に置いておけそうです。

最近、バタバタしていて、受験関連以外のニュースは新聞さえしっかり読んでいなかったので、当選のニュースは驚きました。↑にも書きましたように、一時は騒がれても、すぐに押し戻されてしまうような構造があるんでしょうから、うまくやってもらいたいですね。

さきほど記事を拝見いたしました。あいかわらずなるほどの分析ですね。どうぞTBいつでもして下さい。ランキングはkazuさんの半分の点数もありませんが、ずっとトップを取らせていただき、ありがたいことです。

こちらこそよろしくお願いします。
こんばんは^^ (シン@偽哲学者)
2007-01-22 21:43:32
出た当初に読んでなかなか面白かったのですが
そんなに有名な学者さんだったんですね(^^;
恥ずかしながらまったく知らずに
目次と最初を読んで購入してました。
とりあえず、そのまんま東氏は今後に期待ですね。
腐った地方政治をなんとか立て直し
リーディングケースとなって欲しいものです。
シンさん (VIVA)
2007-01-22 23:38:34
タレントが大挙して応援した選挙ではない、民意のようですから、よほど宮崎県民は今の政党にうんざりしていたのでしょう。

何とか県民パワーをうまく利用して、新しい風(これも使い古されたフレーズですが)を吹かしてくれないかな~と願うばかりです。
おめでとうございます (PCU広報)
2007-01-23 00:58:56
ご子息の合格おめでとうございます。
今後も他校を受験されるのかと思いますが
良い結果をお祈り致します。

ところでそのまんま東さんですが、私も不祥事を起こしたどうしようも無い人というイメージが強かったのですが、公式サイトでは
http://www.sonomanmahigashi.net/kako.html
どうもマスコミによって作られたところも多いようです。(男気がありすぎるのかも?!)

『日本型ポピュリズム』面白そうですね。読んでみたいと思います。
Congratulations! (キムタツ)
2007-01-23 01:17:31
木村です。息子さん、おめでとうございました。というよりお父さん、お疲れ様でした。学費、大変ですが、お互い頑張りましょう!
PCU広報さん (VIVA)
2007-01-23 05:29:02
ご丁寧なメッセージありがとうございます。

やはり、そうでした。信念のない単なる有名人を知事に当選させるほど、日本の国民もバカじゃないですよね。だいぶ学習しているはずですから。

きっと何か、例えばおっしゃるような男気があるのでしょう。それが政治に生かされるのか、まだまだ権力の近くにはびこっているであろう腐った連中を追い出せるのか、注目ですね。パフォーマンス抜きで当選したようですし。

ずっと県民に応援してもらえるような知事であって欲しいですね。
キムタツ先生 (VIVA)
2007-01-23 05:35:38
そうか、学費かぁ、不覚にも未確認です。目が覚めました(笑)。アドバイスありがとうございます。
おめでとうございます。 (milesta)
2007-01-23 19:33:11
息子さん、おめでとうございます。これからの学校の試験も少し緊張がほぐれた状態で受けられるかもしれませんね。

>親としては、受験を通して学問の奥深さを感じ、知識を習得すること、

うちはこんなところにいるので受験とはほど遠いのですが、何となくわかります。中学受験の勉強は日本人としての常識的な知識を身につけられるし、算数なんてクイズみたいで面白い問題が多いし、いいですよね。私が受験勉強を始めたいくらいです。(笑)
milestaさん (VIVA)
2007-01-23 22:05:39

ありがとうございます。本当にその通りで、勝負事(笑)は、最初が肝心ですからね。

学校の十倍は勉強させられるでしょうね。まぁ楽しんでやっているので、何よりですが、親は難しい質問に困惑しております。これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。