本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『無念は力-伝説のルポライター児玉隆也の38年』坂上遼

2007年01月23日 | ノンフィクション

 

無念は力.jpg



写真の人物をご存知でしょうか。すでに30年ほど前の1975年、38歳で亡くなったルポライター、児玉隆也氏です。



マスコミに進みたいという高校生も多いですね。単に有名人に会えるからという他愛のないものから、いわゆるジャーナリズムの世界にあこがれる正統派まで、多くの人をひきつけます。私だってマスコミというのはどんな世界かのぞいてみたい気がします。


ただ、ロシアで 『プーチニズム』 を書いたアンナ・ポリトコフスカヤ氏は殺害されましたし、日本では、マスコミで大きな事件が報じられるたびに、ジャーナリストでなくても、繰り返し不可解な“自殺”があると、『日本がアルゼンチンタンゴを踊る日』 を書いたベンジャミンフルフォード氏は指摘するように、見かけ以上に複雑ですね。



また、衝撃を受けた一冊、『日経新聞の黒い霧(大塚将司)』 を読んでも、弱い立場にいる人間が権力者を告発するのは、いかに日本が民主国家だと言っても容易ではない、どころか首尾よく終えるのは極めて難しいとわかります。


本書で描かれるのは、それに挑戦した児玉隆也氏の短い人生です。ジャーナリズムにあこがれた一人で、必死の努力で、その夢がかない名声の頂点に近付く直前に、残念ながら病に倒れてしまった人物です。


彼は田中角栄に食いさがろうとし、志半ばで病に倒れてしまうのですが、筆者の坂上遼氏は児玉氏とは全く面識もない第三者。熱心な一ファンとして6年もかけて本書を書き上げたそうです。 


児玉氏は戦中の極貧の環境下、8歳で父親を亡くすも、苦学をし早稲田大学を卒業。つてに頼って、工場での職をしている間に、記事などの投稿作品などが認められ、念願の出版業界に身を置くようになります。


父親が亡くなった時、棺が買えず、タンスを棺おけがわりに遺体を寝かし、大八車で火葬場へ運んだのは、まだ氏が小学校2年生の時のことです。そんな少年がやがて権力の隆盛を誇っていたあの田中角栄を追い詰める記事を書くようになっていったわけです。


その後数々のレポートやスクープなどが認められ、ついに編集長にまで上りつめますが、結局、その地位を捨て、フリーのジャーナリスト、いわゆるルポライターとして独立します。生活はどんなに苦しくとも自分の書きたいものが書きたいという信念です。


ところが独立したとたんに襲った病魔。ガンになってしまいます。今でこそ、ガンは誰でも口にする言葉ですが、当時ガンは隠さなくてはならない病気でした。家族やまわりの苦悩は深まりますが、本人はそれを知ったあと『ガン病棟の99日』という闘病記を出しました。日本で初めての“ガンの闘病記”だそうです。


死の直前、丸谷才一氏の推薦で、知の巨人、立花隆氏の“田中角栄研究”と児玉氏の“淋しき越山会の女王” がある賞を共同受賞し、もう大宅壮一の時代は終わったと指摘されたことがことの他うれしかったそうです。



ただし、正義感をふりかざしてばかりいたり、きれいごとだけを言っていたのでは、取材も進みません。冒頭で述べたように、どれほど美しい心や情熱があるからといっても、権力側はそうやすやすとスクープ価値のある情報が出て行くのを許しませんから、児玉氏の方もありとあらゆる手段を講じたようです。


筆者である坂上氏が、本書のために取材しているあいだも、あからさまな取材拒否や、児玉氏に批判的な反応がたくさんあったそうです。かつてのファンとしての複雑な感想も添えられています。


結局、取材した結果、そういうネガティブな内容も含めて、悲運の正義漢として持ち上げるのではなく、無念の天才ルポライターとして人間くさく書かれています。


実にさまざまな無念が描かれています。人生の師と仰ぐ三島由紀夫に最後の最後で認められなかった無念。

そして彼の死後、彼を題材にした映画とドラマができるはずだったのが、時の政治家のあからさまな圧力で流れてしまったのも無念でしょう。

どうりで “立花隆と双璧” 児玉隆也と言っても人が知らないはずです。


マスコミに行きたいという高校生には、一見華やかに見えるジャーナリストの活動の影に、さまざまな制約や大きな犠牲が伴っていることを知るのにも良い一冊だと思います。


やはり人生どこかでは、リスクをとる覚悟が必要。受験はその最初の経験かもね。その経験が人生に大きくプラスに働きますように!

 



■■■ ブログランキング 
■■■


受験生に引き続きエールを!

はげましのクリック、よろしくお願いします。



↓            ↓

人気blogランキングへ  にほんブログ村 本ブログ  

無念は力―伝説のルポライター児玉隆也の38年

情報センター出版局

このアイテムの詳細を見る


http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】




『無念は力 -伝説のルポライター児玉隆也の38年』坂上遼
情報センター出版局:415P:1785円

 

 

『本』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『日本型ポピュリズム』 大... | トップ | 『麻生雅久の数学:場合の数... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ysbee)
2007-01-23 11:36:13
VIVAさん、コメントありがとうございました!
今日は生徒さんも面白がるような「ペルーの歩く世界遺産・パンク犬」です。茶パツでモヒカン刈りの犬なんですよ、笑えます。

それにしても、受験直後でへたってると思いきや、またまたこんな骨太の本を、気骨のある解説でモノにするとは……
いったいVIVAさんのスタミナはどこからきてるんでしょうか?
ぜひそこが聴きたいものでございまする。

どうも時差の関係でいつも一番乗りになってしまい、「お口汚し」の感があり恐縮してます。すみませぬ!
児玉隆也さん (老年初年兵)
2007-01-23 15:12:58
昨夏、中三の子どもの夏休みの読書感想文に「一千五厘たちの横丁」を薦めましたが見事にふられました。この本をきっかけに読書の幅が拡がればと思いましたが。ご存命であれば、児玉さんは田中真紀子論をどう書いたでしょうか。
私の書棚には児玉さんの「テレビ見世物小屋」、「この30年の日本人」もあります。何れ子ども達が児玉さんの本にも関心を寄せてくれることがあればとを思っています。
ysbeeさん (VIVA)
2007-01-23 18:29:39
何ででしょうかね(笑)。一円にもならないのに…。まだブログ初心者なのでネットとの距離感が難しくて、ただやっているのかもしれません。ただ、こうしてたくさんの方が読んでいただけるので、何にもないと悪い気がして…(笑)。貧乏性なんですよ。

少し落ち着いたら、またじっくり考えます。ハイ。
老年初年兵さん (VIVA)
2007-01-23 18:32:31
はじめまして、コメントありがとうございます。そうですか、坂上氏と同じで児玉氏を応援されていたのでしょうか。本当に壮絶な一生ですが、死後こんなに経ってからでも、こうした本が出版されることで、児玉氏の力が惜しまれていることがわかります。
いいタイトルですね (ふる)
2007-01-23 19:05:28
無念は力・・・

力はりきむねん・・・

児玉氏は寡聞にして知りませんでした。
読んでみようかしら。
ふるさん (VIVA)
2007-01-23 21:48:14
今日の作品は、まぁまぁかな。ちょっと作品に疲れが見えますねぇ~。

きっと今日はお忙しかったんでしょう。ひょっとして面接とかディベートとかやったんじゃないっすか?
淋しき越山会の女王 (すかいらいたあ)
2007-01-23 23:20:14
『淋しき越山会の女王』を随分前に読みました。暖かい人柄を感じさせる文章ながら鋭い批評を込めた文章に惹かれたのを思い出します。

立花論文と児玉論文が載った文春は今でも伝説的な号のようですが、田中政権にとっては児玉論文の方がショックが大きかったそうですね。

私が生まれたときには既に亡くなっておられた方なので、児玉さんが生きていたら私との同時代をどのように論じられていたのか、大変興味のあるところです。
すかいらいたあさん (VIVA)
2007-01-24 09:59:23
あっ、ごぶさたでした。すかいらいたあさんがこちらの本にコメントいただけるとは、ちょっと意外でした。そうですか、やはり人々の印象に残るような書き手だからこそ、死後30年経ってもこうして話題になるんですものね。

あっ、すかいらいたあさんから薦められた本は購入済ですよ。記事にするのは遠い先になるかもしれませんが、気長にお待ち下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。