吉祥寺と周辺の街散歩

吉祥寺を中心に、中央線沿線の街のお気に入りの喫茶店、公園に咲く花、美術館、散歩レポートなどを紹介しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

神保町の喫茶店「エリカ」で映画「珈琲時光」の雰囲気に浸る

2006年01月28日 | 神保町

 店主の会沢さんが亡くなり、現在は休業中です。以下は2006年1月当時のものです。 

 「エリカ」は昭和27年に開店した老舗の喫茶店で、JR水道橋駅または地下鉄神保町駅A4出口から歩いて5分ほどのところにあります。
 学生時代、白山通りを挟んで向かい側の路地にあったジャズ喫茶「コンボ」や「響」に通っていたけど、「エリカ」には入ったことがありませんでした。2年前に観た侯考賢(ホウ・シャオシェン)監督作品「珈琲時光」に神保町界隈が登場し、主役の一青窈さんがこの店で近くの天ぷら屋「いもや」の二代目役の萩原聖人と会話する場面や、やはり近くの古本屋「誠心堂書店」の主人が浅野忠信だったりして、そのとき映画追体験に訪れて以来、今回が2度目です。

 ドアを開けるとカウンター席を含め10席ほどのスペースがあり、左手奥にはこの店の真骨頂であるSPECIAL ROOMがあります。落ち着いた欧風内装の20席余りのスペースで、半世紀以上の年月を刻んだ壁に飾られた風景画がしっくり馴染んでいます。
 ブレンドは410円、特別調整のドリップコーヒー(1020円)というのがあるけど、どんな味がするんだろう。7時開店、夜は8時半まで。日曜日・祝日が定休日です。

(参考)
 ・地図情報: エリカ
 ・映画「珈琲時光」紹介(ブログ「tokiの映画・読書ノート)
 

サイト内に掲載されているすべての写真画像は、クリックで拡大画像にリンクしています。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 殿ヶ谷戸庭園: 国分寺から... | トップ | 山本有三記念館は、風の散歩... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
喫茶ERICO (男28歳名古屋カフェ満喫!)
以前、東京に仕事で出張した時。絶対に行きたい場所がありました。←それがここ。喫茶ERICAなぜかというと、映画「珈琲時光」で一青窈や浅野忠信がくつろいだカフェだから。二人とも、独特の音楽や演技で超大好きなんだけど、その人たちとがいた、同じ空間に行ってみよう...