車椅子父さん別館 ほのぼの子育て日記≪チームくまさん≫

車椅子父さん別館 くまさんチームのほのぼの子育て日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大好きな先生のご結婚

2015-06-11 10:02:14 | みんみん
先日、龍馬の塾の大好きな先生がご結婚されました。



(先生のイメージ画像)



カンちゃんの時にもお世話になっていたけれど、
いつもいつも生徒を明るく元気に励ましてくださって、
分かりやすく教えて下さる素晴らしい先生です。(男性)

その塾では校長先生をされているけれど、
とっても若くて素敵な眼鏡の先生です♪


塾の子供たち、みんなで

「先生、結婚おめでとう!!」

というお手紙を書いたということでした


いい話だな〜〜〜〜私はとても感動しました。


教え子達に、「結婚おめでとう!」なんてお手紙貰ったら、
先生、どんなに嬉しかったことでしょう。


「龍馬は?龍馬はどんなこと書いたの?」

(きっと感動的なことを書いたに違いない・・・)


「僕はねぇぇぇぇ〜〜〜・・・



先生!結婚できて、羨ましいです!!!



って書いた!!」



はう!??(@Д@; アセアセ・・



「うっそ!!」



なんだ〜〜嘘なんだ。。。ビックリしたよ〜・・・




「ほんとは僕ね〜こう書いたんだ!!



先生!なんで僕と結婚してくれなかったんですか!!!って。」




えぇぇぇぇぇ〜〜〜っ(@Д@; アセアセ・・



言ってることがさっぱり意味分からない・・・。





(↑大丈夫なんでしょうか)



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

AKB選抜総選挙

2015-06-07 06:45:46 | みんみん
昨晩テレビのチャンネルを色々変えていたら、AKB総選挙の生中継をやっていました。

龍馬が「今日これは僕絶対見なきゃいけないんだ」
と言うので、何事かと思ったら、


「だって塾の算数の先生が言うんだよ。

さしこが一位になれなかったら、宿題増やすって!!!」


w( ̄△ ̄;)wおおっ



「先生は、AKBの握手会にも、ちゃんと行ってるんだよ!

さしこが一位になれなかったら、先生ショック死すると思う!!」



w( ̄△ ̄;)wおおっ



・・・って、そんな訳ないじゃ〜〜ん!


先生は小学生達をからかってるだけなんだよ。

と思うのは大人の理屈で、
新たな順位が発表されるたびに

龍馬は、「頼む・・・!!」と本気で手を合わせていました(笑)



宿題増やされちゃうのが、よっぽどイヤなんだねっ(笑)



私が好きなまゆゆは3位でした。。。
可愛い雰囲気も、顔も、一生懸命なところも大好きです。





そしてついにさしこが一位と発表されると、

龍馬は
「やったーー!!やったーーー!!宿題が増えなくて済んだーーー!!」

と本気で大喜びしてました。




ありがとう、さしこ!!


AKB総選挙をこんなに真剣に見たのは、生まれて初めてでした。


そして、さしこが一位に決定した後、龍馬に、

「指原莉乃って知ってる?」と聞くと


「知らない」と言ってました(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初任給のプレゼント

2015-06-05 14:32:52 | みんみん
先日、北海道の両親の元へ、プレゼントが届きました。

それは、この春から千葉の病院で、研修医として働き始めた
弟ゆうちゃんからのものでした。


同封されていた手紙には、


お父さん、お母さん、30年間ありがとうございました。

働いてお金を得る大変さを初めて知ったこと、

いつまでも元気でいて欲しいということ等が綴られていたそうです。。。


そして桐の箱に入った夫婦茶碗が贈られていたそうです。


母は、その話をしながら泣いていました。


両親はどんなに嬉しかったことかと思います!


今はひよっこ同然の研修医だけど、
いつかきっと、ゆうちゃんなら素晴らしい医師になれると思います。

人を治療して、希望を与え、生きる選択肢を広げられる、
素晴らしい医師に、
いつかなれますように。


ゆうちゃんのお兄ちゃんは、
ゆうちゃんの記憶にはもう残っていないかもしれないけど、
本当にゆうちゃんを可愛がっていました。

天国から、きっと喜んでいると思います


私も、素晴らしい弟を持てて、本当に幸せです。



↑ゆうちゃんがんばれ〜!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カンちゃんの高校生活

2015-05-27 10:21:08 | みんみん


(私の弟のゆうちゃんと)

カンちゃんの高校生活が始まって、もう二ヶ月近くが経ちました。
あっという間の二ヶ月でしたが、
初めての女子高生活のことを書いてみたいと思います。


入学して知った事でしたが、カンちゃんの高校には、
昔、映画で観た大好きなタレントさんが在籍していました!!

「パコと・・・・・」
という映画に出演していたハーフの可愛い女優さんで、
カンちゃんの一学年先輩です♪

「すっごく可愛いの〜〜お人形さんみたい

カンちゃんは、その憧れの先輩に会えるのを楽しみに登校してます(笑)


一応、進学校なので、お勉強はものすごく大変で、
毎日の授業は予習をしていかなければ全然分からないし、
速度も中学校の時と比べ物にならないほど速くなってしまったそうです。


その為、一時は、ついていけない〜〜〜
と泣いていた時もありましたが、
見事、立ち直りました!

てつコーチのおかげで(笑)


テニススクールに通わなくなって何年も経つのに、
こうしていつまでも教え子を励ましに現れる・・・。

本当にありがとうございます♪

多分カンちゃんだけじゃなく、教え子みんなにこうして優しくしてくれるんだと思います。


沢山の人に支えられて今があります。


目に見える人、見えない人の優しさ、応援、温かさ。
ブログから応援してくださっていた皆さんの優しさも忘れません。


今は、沢山の友達を作って楽しそうなので、ほんとに良かったです〜〜!!


恩返ししたいと、先日の初めての中間テストでは死闘の限りを尽くし、
学年240人中で、「英語表現」と「コミュニケーション英語」という科目で一桁の成績を修めました。


英語を通じて、海外の人とコミュニケーションを取る仕事につきたいという夢を持っています。
(一応、ただの漠然とした夢なので、全然叶うかどうか分からないんですけどねっ)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大阪都構想

2015-05-17 01:55:49 | みんみん
昨日、ニュースを見ていたカンちゃんが言いました。

「この大阪都構想って、よく分からない・・・。
パパどういうこと?」

するとパパは答えました。


「それは、大阪府が無くなって、大阪国(おおさかこく)になるってことだよ!

大阪国と戦って、日本が負けたらどうしよう。

大阪国強いからな〜負けるかもしれないよ!


大阪国に負けたら、日本は大阪国に支配されて、

日本人は全員、関西弁で喋らなくちゃいけなくなるんだ!

おまけに、会話にうまく、ボケとツッコミを入れないといけないよ。



カリンちゃんどうする?ボケツッコミできる?」


するとカンちゃんは、何故か本気で困ってました・・・( ̄Д ̄;;


「え?えぇ〜できないよ!

でも私、元々ボケてるから、いっかー!! ヾ(@°▽°@)ノあはは 」



「じゃぁお手本見せるから、カリンちゃん、ちょっとボケてみてごらん!」



「え、え〜〜と・・・


ブタがぶっとんだ!!」



すると!



間髪いれずに、パパの裏けんが炸裂!!


ちゃいまんがな!」ペシッ!



「大阪人は、道を歩いてて、信号待ちをしている時にも、
たまたま隣に立ってる人と、
こうやってボケとツッコミの会話を成立させることができるんだ」



ほんとですか橋下さん。


おそるべし大阪都構想・・・( ̄Д ̄;;




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妖怪が現れました

2015-05-16 06:30:47 | みんみん
現役歯科医としてバリバリ働くみんみんパパ。



そのみんみんパパとは、下の記事は全くの無関係です。









ようかい があらわれた!






ようかいは、におうだちしている!






ようかいは、おちつきのないこを さがしている!







おちつきのないこは、
「パパこわいから やめてー!」とさけんだ

しかし、なにもおこらなかった







ようかいが、おちつきのないこに、100のダメージ!

おちつきのないこは、
「パパほんとにきもちわるいから、やめてー!」とさけんだ

ようかいに、1 のダメージ!

ようかいは、しんでしまった・・・。


ふっかつさせますか?

  はい 
 →いいえ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

壁ドン

2015-05-12 09:51:44 | みんみん
壁ドンとは、主に少女マンガやアニメなどで見られるシチュエーションで、

男性が女性を壁際まで追い詰め、壁を背にした女性の脇に手をつき『ドン』と音を発生させ、
腕で覆われるように顔が接近する状況です♪

私も、少女マンガで壁ドンを見た時は(昔は)ドキドキしました。


でも、今や壁ドンは、少女マンガの世界だけにはおさまらなかったのです。









マスオさんが、アナゴさんに!!!








ウルトラの父が、ウルトラの母に!!!???(笑)




そして昨晩、龍馬が自分の部屋で、
大好きな大好きなペンギンちゃんに、壁ドンをすると言い出しました。


「僕は、壁ドンじゃなくて、ベッドドンだよ
(なんじゃそりゃ)






龍馬「俺にしとけよ。」


ペンギンちゃん  「ひぃぃぃぃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ




その後・・・






龍馬 「ペンギンちゃん大好きだぁぁぁぁ〜〜〜君を抱っこしてないと僕は眠れないぃぃ」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンガポール旅行 番外編

2015-05-10 06:28:34 | みんみん
そういえば、シンガポール旅行記のなかで、
母、ゆうちゃん、カンちゃん、龍馬の姿は写真に載せたけど、
父の姿だけは載せてませんでした。


なので、ここで記念に載せておきたいと思います!!






じゃ〜〜〜ん!!!



















某映画監督の宮崎駿の写真じゃないかこれ!

と思った方。

あなたは正常です。



アゴヒゲの有無以外そっくりで、
父の写真を撮ってなかったため、
ついそっくりな宮崎駿監督の写真を載せてしまいました。





「美保よ。また会おう・・・。

そしてその落ち着きの無い子供を医者にしてくれたら、
わしは嬉しい・・・」





↑落ち着きの無い子供。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

シンガポール旅行 最終話

2015-05-09 07:08:01 | みんみん
翌朝はついに帰国の日でした。

ホテルに朝の8時半、
ハローツアーのガイドさんがお迎えに来てくれました。

陳さんではなく、今回は別の方です。
バンに乗り込むと、早速ガイドさんの楽しいトークが始まりました。



「皆さん〜シンガポールは楽しかったですか?

お忘れ物はないでしょうか。

入れ歯、差し歯、カツラ、抜け毛、忘れてきませんでしたか?」

そこで私達がドッと笑うと、
「親父ギャグ理解してくれて、ありがとうございま〜す!!」
と、何とも楽しいガイドさんです(笑)


ガイドさんが元首相の宮沢喜一にソックリなので、それを突っ込むと、
「おお〜〜良く言われま〜す!」
と笑ってました(笑)

そんな楽しい会話もあっとう間に終わり、ついにチャンギ空港へ到着してしまいました。




チャンギ空港のイミグレ。

成田や羽田のイミグレとは、全然雰囲気が違いますよね。


チャンギ空港には、バタフライガーデン(蝶のお庭?)という観光スポットがあると
聞いたので、
フライトまでの時間に行って見ることにしました。




広い空間に沢山の蝶が舞う空間・・・。



輪切りパイナップルの上で、静かに蜜を吸う蝶。


羽田への機内で、シンガポールでの充実した数日間を思い浮かべていました。

ただただ、ひたすら楽しいだけの数日間でした(笑)


いつかまたチャンスがあったらまた来たい!
そう思える素敵な国でした。

世界の果てまでイッテQ!のロケで世界中を旅したイモトに、
もしもう一度行けるとしたらどこの国に行きたいか聞くと、

その答えはシンガポールだそうです。


観光する見所は満載で、治安も良く、清潔で、人々は親切で、
民度も非常に高い国だと思います。

(日本からしたら、時差がほぼ無いのも大きなポイントだと思います)

チャンスがあったらぜひ、行ってみてください♪


そして、休み休み続けてきたここまで旅行記を、
長い間読んで下さって、本当にありがとうございました!


ありがとうシンガポール。

読んでくださった皆さんありがとう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンガポール旅行8 サルタンモスク

2015-05-07 16:53:00 | みんみん
またまた時間が空いてしまってごめんなさい



午後から私達は、サルタンモスクに向かうことにしました。

サルタンモスク周辺は、アラブストリートと呼ばれ、
トルコやエジプト、モロッコなどのエキゾチックなカフェやお土産屋さんが一杯。







気付かず撮っていましたが、後で見たら龍馬と母が写ってました。


このストリート界隈では、アラブでしか見られない水パイプを昼間から吸ってる
アラブ系の人も道端にいて、異国情緒たっぷり。

このストリートに入って、洋服等を見ていた時、

「高いなぁ・・・」
とボソっと英語でつぶやくと、

背後から

「イヤイヤ、高くナーイ!」

と日本語で話しかけてくるおじさんがいてびっくり。

とにかく、シンガポール滞在中、唯一、現地の人と日本語で会話できたのが
このおじさんのみ、でした。

アラブストリートのお土産屋さんには、日本語をカタコトで話せる人がいるようです。


そしていよいよサルタンモスクへ向かいましたが・・・
残念ながら改装中でした(笑)



(↑これは、内部にあったパネル写真)


でも、内部には入る事ができました。

私にとっては生まれて初めて入るイスラム教の寺院。
ドキドキワクワクです!!


肌を露出した状態で入るのは禁じられているので、
ガウンのような物を入り口で貸し出してもらいました。(無料)


(↑半袖短パンだった為、上からガウンを着たでかいゆうちゃん)

シンガポールにはアラブ系の人も一定数居住しています。

敬虔な信者の方々がアラーに祈っていました。




熱心に祈る礼拝者の敬虔な姿は、清清しく美しいです。

夕方になると、アザーンの声が鳴り響いていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンガポール旅行7  シンガポール植物園(ガーデンバイザベイ内)

2015-04-28 10:43:26 | みんみん
なかなか時間が取れなくて更新が遅れてしまって、ほんとごめんなさい

次の日、朝から私達は、ガーデンバイザベイ内にある植物園に向かいました♪


ここは世界中の植物園が見られる、低温管理されたドーム型植物園です。



人工の山から滝が流れ落ち、ミストの雲が立ちこめる・・・
まるで「天空の城ラピュタ」のよう。




龍馬を立たせてみると、大きさが分かります。


内部はエレベーターで登る事ができ、
頂上の「ロストワールド」に到着すると、高山植物や食虫植物の世界が広がっていました。




食虫植物が!
と思ったら、何とレゴで精巧に作られていたものでした!




隣の「フラワードーム」に移動すると、こんな可愛らしい世界が広がっていました








龍馬と腕を組んでいるのは、私の母です。


丁度、私達が行った時には、チューリップの花が夢の世界の様に広がっていました・・・♪



チューリップの世界への扉。






































綺麗なお花に囲まれていると、本当に幸せな気持ちでい〜っぱいになります!!

母は、ここが一番良かったと言っていました♪



そしてシンガポールの見所は、まだまだこれで終わりませんでした(続く)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

シンガポール旅行6 シンガポール動物園

2015-04-17 10:49:29 | みんみん
シンガポール動物園は、世界でも類を見ない
オープンシステムの動物園でした。

檻や柵は無く、人間と動物を隔てているのは
地面に掘った溝だけ。

のびのびとした動物を目の前にして、驚きと感動の連続でした!




シマウマたち。すごく綺麗。。。





サイ

なんとなく、人間が動物の世界にお邪魔させていただいているような気がします。





キリン・・・可愛い!




さすがにライオンはガラスの向こうにいたけど、
私を見て

「一体何の用だーー!!」
(空耳)




そして午後の就寝に入られてしまいました(笑)





ん、これは?・・・?

どうやらヒト科のオス推定年齢10歳のようです。

ハーネスをつけてジャンプする装置にトライしてた龍馬。
(ママやらせて〜!とねだられました)

そのビョンビョン飛び跳ねてる龍馬を見て、
「あれやりたい〜〜!!」と親にねだる子供。

その子供がジャンプするのを見て
「あれやりたい〜!!」とねだる子供(エンドレス)




可愛い・・・




オラウータン


園内には、40以上の餌やりポイントやショーがあるそうです


シンガポールは見所満載な国だけど、
カンちゃんも龍馬も、このシンガポール動物園が一番楽しかった、と言ってました


私も、日本では見たこと無いような、動物達の自然に生きる様子に、
感動一杯でした。


シンガポール動物園の隣には、17時30分から開門する「ナイト・サファリ」があります。

そんな面白そうな所に行かない訳がありません(笑)

そして17時半、私達は、動物園から歩いて行ける
ナイト・サファリに向かったのです!(続く)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

シンガポール旅行5 マーライオン

2015-04-12 06:17:58 | みんみん
翌日も目覚めると快晴。
清清しい青空です。

天気予報では毎日、曇り時々雨 と出ていましたが、
こちらの天気予報はあまり当たらない為、現地の人もあまり見てないのだとか(笑)




ホテルのベランダから見えるシンガポールの朝の光景。
スーパーツリーも見えます。


龍馬&ゆうちゃんの部屋に行くと、

タオルで作ったこんな可愛い象さんが(笑)

10歳の子供が泊まる部屋だと知って、
ホテルの方が気を使って制作してくれたのでしょう。。。

生まれて初めてペンギンちゃんのぬいぐるみと離れて旅行した龍馬には
嬉しかったかも。。。(笑)


朝食後、朝のプールに泳ぎに行ってみることになりました。

宿泊客は、水着の上に部屋付けのバスローブ&スリッパ着用で
最上階のプールに行ってもOKだそうです。




プールの水面からすぐにシンガポールの都市が一望できる光景。




地上からはこのように見えるマリーナベイ サンズも、最上階はこんな素敵な光景が広がっていたんですね。

このプールは現在、地上200メートルという、
世界で一番高い位置にあるプールなのだそうです。




泳いでいるだけで、開放感から笑いが止まらなくなってしまいます(笑)
小さな子供も沢山いました♪


そしてホテルからタクシーに乗り、いよいよマーライオンとご対面することに!




・・・私はマーライオンに会うに当たって、どうしても撮りたい写真がありました。

マーライオンの口から放水される水を
龍馬がゴクゴク飲んでる写真を撮りたかったのです。



それはこれだ!!












・・・。



じゃ〜〜〜〜ん!!!








ん?・・・????



画面の右側がぼけてる・・・。



そして右側の青い女性は???!!(笑)



マーライオンより、右側の女性の素敵なポーズの方が、よっぽど気になってしまいました。


そして続く二枚目の写真は!




じゃ〜〜〜〜〜ん!!!








水がお腹に直撃!!


そして、右側の女性のポーズが微妙に変化している!!!(笑)





その後、私達は、マーライオンのすぐそばにあるカフェでお昼を食べる事に。

陽気なお兄さん二人が笑顔で給仕してくれるカフェ。

そこでいただいた普通のパスタ。


そして普通じゃないカキ氷。。。↓



カキ氷のとうもろこしトッピングです。。。(笑)


そしてお昼を食べた後は、シンガポール・ズーへ向かいました!(続く)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

シンガポール旅行4 セントーサ島

2015-04-08 13:56:17 | みんみん
セントーサ島は沢山の施設を備えた総合リゾート地だそうです♪



ユニバーサルスタジオ・シンガポール。
(入らなかったけど・・・笑)




「マリン・ライフパーク」のカラフルな魚。



マリン・ライフパークは、日本の水族館と似たようなイメージです。

セントーサ島にあるスターバックスでお茶したけど、
店員さんが、マレー系の人、中華系の人、皆仲良く自然にお仕事していたのが印象的でした。


その後、セントーサ島から地下鉄に乗って、チャイナタウンに向かうことに。


シンガポールの地下鉄券売機↓



English、中文、Melayu、はまだ分かるけど、一番下に書いてある文字は・・・難しすぎです。
ヒンズー語?
さすがは多民族国家です。

地下鉄に乗ると、混雑のため席に座ることができませんでした。

すると、現地の女子学生が、「にこっ(*^-^)」と微笑んで、
父に、席を譲ってくれたのです。

シンガポールの人々の親切さを感じることができて嬉しかったです。


ゆうちゃんは、色々な国々を一人旅で回った事があると言ってたけど、
シンガポールの治安について尋ねると、
「めちゃめちゃいい方だと思うよ!!」」
と言っていました。

そしてチャイナタウンに到着。


するとそこは、本当に中華系の民族しかいない世界が広がっていて・・・。
そして、チャイナタウンのオリジナルな芳香が漂っていました
(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-


しかし残念ながら龍馬は疲れて「ホテルに帰りたい」と言い出したため、
私が連れて帰ることに(涙)

しかも、ゆうちゃんは、一人で違う駅に行って別行動をすることになり、

旅行をして初めて、父母、そしてカンちゃんの三人が、
異国の地に取り残されることになってしまいました。


母はチャイナタウンで、お友達へのお土産を買いたかったそうです。

そこで一時間ほど過ごし、タクシーでホテルに帰ろうとすると、
道で手をあげても一台も止まってくれないのだとか。。。

困っていると、
「シンガポールでは、公道では、タクシーは止まれないことになっているのです。
タクシー乗り場があるので、そこで乗ると良いですよ」

と教えてもらったそうです(見ず知らずの現地の人に)

そこで今度は、タクシー乗り場の場所を聞いた所、色々な人が教えてくれても結局辿り着けず、
(英語のせい?)

最後には、親切な人が地下鉄乗り場に連れて行ってくれて、
そして、ホテル近くまでの切符の買い方を教えてくれる人も現れ、

ようやくホテルに辿り着けたのだとか・・・。


母の話を聞いて、シンガポールの人々の親切さを実感しました。


そして次の日は、いよいよ

マーライオン、

そして、
「シンガポール・ズー(動物園)」を見に行くことに!!




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

シンガポール旅行3 ガーデンバイザベイ

2015-04-03 06:17:44 | みんみん
翌朝、8時半に一階ロビーフロアにある朝食会場へ向かいました。



ゆうちゃん&龍馬。
声も喋り方もそっくりな二人(笑)
もしかして、顔も似ているのかもしれない・・・。

ゆうちゃんは178cm身長があります。龍馬もその位になりますように。





吹き抜けの朝日がさんさんと差し込む開放的な空間で、バイキング形式で頂く朝食です。



すごくキュートな笑顔の、民族衣装のお姉さんがウエイトレスでサービスしてくれます。


朝食後は、
マリーナベイ サンズ ホテルから徒歩で行ける
「ガーデンバイザベイ」にあるスーパーツリーを見に行こうということになりました。
両親は部屋で待っているそうです。


玄関を出ると、美しく整えられた自然の木々の中に・・・。




全然自然ではない驚愕の木々が!?




そして驚愕のおでこが!?(笑)


木々の間は黄色い回廊(橋)で結ばれていて、そこまでエレベーターで昇ることができました。




すごく不思議な光景。
橋の幅はとても狭くて、浮遊感とスリルを体験することができました。


このガーデンバイザベイはとても広い敷地に、様々なオブジェが点在しています。

地元の可愛い小学生達も、大勢、遠足で遊びに来ていました。

「Diningとかかれたお店を発見したので、そこでお茶することにしました♪

店員さんが、お食事ですか?と聞いてきたので、
ただ飲むだけです、と答えるゆうちゃん。

ゆうちゃんが、
「ほらかりんちゃん!実践英会話の勉強の為に、自分で英語で注文してごらん!」

と言うと、
「緊張する〜〜

「飲み物の名前を言って、pleaseを付けるだけでいいんだよ!」

と言っても、かんちゃんは頑なに遠慮していました(笑)


シンガポールは30度位あり、湿気もあるため、日本の夏に少し似た気候です。
その為、歩いて回ると喉も渇いてきちゃうんですね。


水分補給した後は、またパーク内のアート作品を見に散策へ。



巨大な赤ちゃん・・・
可愛いという感想を述べるべきか、なぜこんなところに、と驚くべきか。

とにかく、浮いています(笑)

空中浮遊中。


そこで、お昼になったので、いったんホテルに戻り、昼食を摂った後、
両親と合流して、皆でセントーサ島へ渡ろうということになりました。

セントーサ島は、ユニバーサルスタジオや、
マリン・ライフパーク(水族館?)など、様々なリゾート施設がある、
と地球の歩き方に書いてありました。


ホテルから、タクシーを利用して行く事になりました。

ですが、シンガポールのタクシーは4人までしか乗れないと言われたので、
ゆうちゃん&両親組、私カンちゃん龍馬組、の二手に分かれることに。



シンガポールのタクシーは結構なスピードで飛ばします(笑)
でも、運転手さんは、とても親切な方が多いなぁという印象です。


私が、「シンガポールの元首相が亡くなったそうですね」
と話しかけると、運転手さんは、大きく頷いて話してくれました。

「そうです、彼はとても素晴らしい方でした。
私達のfather of the nation(国家のお父さん?)だったのです。

彼がなくなったと知って、私は一晩中泣きました。

私達は、小さな国の小さな国民、昔はとても貧しかったのです。

でも、Mr.Leeが、様々なアイディアを出してくれました。
マーライオンも、彼のアイディアでできたんです。

彼は私達にたくさんのチャンスと夢と希望を与えてくれました。

彼のおかげで、シンガポール国民は、幸せになることができたのです」


私は今の発展した都市国家としてのシンガポールしか知らないけれど、
国民の為に尽くした一人の政治家のおかげで、
今のこの国があるのだと思いました。

そして、シンガポールの人々の親切さは、
Mr.Leeの精神や愛が
人々の中に浸透している為なのではないかと感動しました。


「私達は昨日、日本からきたばかり、そして今回が初めてのシンガポールです。
とても美しくて素晴らしい国ですね!!」

と言うと、運転手さんはとても喜んでいました♪


「私の弟と両親が、もう一台のタクシーに乗ってセントーサ島へ向かっています。
ビッグマーライオンの下で待ち合わせです」

すると、見えてきたビッグマーライオン。





シンガポールには何体かのマーライオンがいて、
ここセントーサ島にも一体いました。


「ああ、あれですね、あなたのご両親と、弟さん!
これで一家全員揃いましたね!おめでとう!

シンガポールを楽しんでくださいね!」

と言ってくれた優しい運転手さん。


もちろん、メーターは倒すはずもなく、
そして、
シンガポールのタクシー料金は、とても安い!!

30分から40分乗っても、日本の3分の1か、4分の1しか料金がかかりませんでした。


そして私達は、セントーサ島へ足を踏み入れました!(続く)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加