セイナルボンジン

時代を逆行する大きなお友達ブログ。宇宙戦艦ヤマトや東映特撮ほか。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1000文字ショートノベル「ドクトルC<ツェー>の診療所」

2017-01-06 19:53:14 | ゲーム制作

1000文字ショートノベル「ドクトルC<ツェー>の診療所」
公開しました。
リンクはコチラ。
「霧笛」同様ブラウザでプレイ可能ですが、
DLも可能な仕様となっております。

本作は、ふりーむ!の企画「千文字喫茶」に参加するため制作しました。
キャラ名を除くシナリオ本文が、きっかり1000文字になっている……はず。
(ティラノビルダーとワードを行ったり来たりしながら推敲してたら
 よくわかんなくなっちゃったので、数文字ズレがあるかもしれません)

お話は、幸せになりたいと願う女性「ジュン」がとある診療所を訪ねてくる、というもの。



星新一のSFショートショート風を目指したのですが、
結果的に高橋葉介の「恐怖症博士(ドクター・フォービア)」に
なってしまったというね。どんだけ高橋先生大好きなのよ私。

「恐怖症博士」(amazonへリンク)

色々な悩みを抱えた患者が不思議な診療所を訪ねてくる、ホラー・ファンタジー。
一話10ページで完結するショートショート漫画のお手本みたいな作品です。
同作者の「学校怪談」シリーズもお勧め。


ドクトルC(ツェー)の元ネタは、1920年のサイレント映画『カリガリ博士』です。


チエちゃんは博士の相棒「眠り男チェザーレ」から来ています。
著作権の保護期間が終了(映画は公開後70年)してるので、
パクっても怒られないのよね。サイコー!



1000文字縛りの中でちゃんとオチをつけようと頑張ったのですが、
難しかったです。わかりにくい話になっちゃったかなあ。
一応、主人公を女の子にしたり、コミカルな感じを押し出したりと、
自分としては新しいことにチャレンジしてみたつもり。

3分ほどで読み終わりますので、気軽にプレイしていただけたら嬉しいです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2017-01-01 19:24:33 | ゲーム制作
あけましておめでとうございます。

昨年は念願だったオリジナルのヒーロー作品
「銀河特装ライジン」を無事完成させられて良かったです!


正直、これでオタク卒業しても悔いなしという気持ちでしたが、
ご感想を頂くとやっぱり気を良くしてしまって(笑)
現在は、ふりーむ!の企画「千文字喫茶」に
参加するための作品を制作中です。

シナリオをきっかり1000文字で収めようと頑張ったのですが、
キャラクター名を勘定に入れるのを忘れていて
なんかもうグダグダだけど、
とりあえず完成させられるよう進めていきたいと思います。


タイトルは「ドクトルC〈ツェー〉の診療所」。


謎の看護師「チエちゃん」。
いつも眠そう。

今回はショートショートでライトな感じを目指したので、
普通のノベルゲームらしく、立ち絵とイラストという構成にしてみました。


今年はヤマトの新作も来ますし、楽しみです!
私生活上では少し変化があったのですが(結婚した)、
ボチボチやっていきたいと思います。

では、今年もよろしくお願いします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年 見た映画ベスト10

2016-12-30 20:17:24 | 映画
2016年に観た映画ベスト10を、備忘録として書いておきたいと思います。
といっても映画館行けなくてほぼDVDだし、
話題の「君の名は。」「この世界の片隅に」も
未見なので色々アレですが…
なお、過去に見たものは除きます。

第1位 シン・ゴジラ(2016年 庵野秀明・樋口真嗣監督作品)
これは問答無用で一位。日本特撮映画の未来に希望が戻った!
ありがとうゴジラ!ありがとう庵野秀明!
個人的には、人間サイドのドラマはあんまりピンとこなかったんだけど
(ワザとらしいっていうか、良くも悪くもアニメ的だなって思った)、
日本の見慣れた日常が景気良くブッ壊されるカタルシスが最高でした!

第2位 バレット(2012年 ウォルター・ヒル監督作品)
スタローン演じる殺し屋が、自分たちをハメた悪い奴をやっつける話。
1ミリもヒネリのない、ド直球B級アクション。
これぞ男の世界…!
えもいわれぬ心の安らぎを感じたのでこの順位。
内容は銃や斧で殺しあってばっかりだったけど。

第3位 プリデスティネーション(2014年 スピエリッグ兄弟監督作品)
時空を転移する捜査官の物語。
アクション物を想像していたら全然違っていて、
タイムパラドクスSFの面白さがグッと凝縮された、ナイスな作品でした!
原作の短編小説「輪廻の蛇」も読んだ(これまた面白い)けれど、
うまいこと長編映画に仕上げたなあ!と感心しきり。

第4位 オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年 ダグ・リーマン監督作品)
日本のラノベが原作のSFアクション。
死ぬ事で時間を巻き戻す、タイムリープ能力を得た兵士の話。
ゲームで、何回も失敗してはリセットして攻略していく過程がモチーフになっていて、
とにかくコロコロ死にまくる主演のトム・クルーズが可愛かったです笑
トム・クルーズの「俺ってカッコええやろ?」オーラは苦手なんだけど、
この映画ではそのオーラを消し去っていて良かったです。
コメディもイケるんだね〜

第5位 トランス・ワールド(2013年 ジャック・ヘラー監督作品)
森の中の小屋に3人の男女がたどり着く。
奇妙なことに、森からは決して脱出できず、彼らの認識する
時間や場所にもズレがあった…
ほぼ全編森の中というザ・低予算映画ですが、楽しめました!
こういうシナリオの良さで見せるSFって好き!

第6位 スラムドッグ$ミリオネア(2008年 ダニー・ボイル監督作品)
スラム出身の無学な青年が、クイズ番組に出場して難問を次々に突破していく。
不正が疑われたが、彼にはある目的があって…
3つの時系列が並行して進んでいく複雑な話なんだけど、
現代の寓話という感じでいい話でした!
最後のダンスシーンも美しかったです。

第7位 サムライ(1967年 ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品)
アラン・ドロン演じる、孤独な殺し屋の話。
よく考えるとツッコミどころは多いんだけど、
冷たく張り詰めたような静かで孤独なムードが良くて、
何よりアラン・ドロンが美しかったです!

第8位 ドゥームズデイ(2008年 ニール・マーシャル監督作品)
無法地帯と化した近未来のスコットランドで、
タフなお姉さんがヒャッハーな方々と戦う話。
ものすごい予算をかけてバカなことをやり切るという
清々しさが良かった!マッドマックスの新作も
ぜひ見ねば!と思います。

第9位 3時10分、決断のとき(2007年 ジェームズ・マンゴールド監督作品)
西部の無法者を、貧しい牧場主が駅まで護送する話。
ラッセルクロウ演じる、悪党のカリスマがカッコ良いのですが、
私はクリスチャン・ベールの牧場主のキャラが好きで、
西部劇版ロッキーというか、人生追い詰められた男が意地を見せる所に
グッと来ました。

第10位 ロッキー・ザ・ファイナル(2006年 シルヴェスター・スタローン監督作品)
無名の負け犬ボクサーから栄光をつかんだ、伝説のチャンプのその後を描く。
話自体は第1作の回顧というか、ロッキーを愛してくれた人たちへの
カーテンコールって感じですが、男たるもの、
年齢など関係ない、最後の時まで戦い抜いてこそなんだという
スタローンの熱い意思に感動しました。

スタローン自身、肉体派アクションブームが去って
コメディに挑戦してズッコケたり、演技派を目指して爆死したりと
長い低迷期があったワケですが、
ここに来て吹っ切ったんだな!という感じなのでしょうか。

いやー、私もこういう熱い心を持ったオタクババアになりたいなーと
思って、最近ちょっと健康に気を使うようになりました(笑)


ヒッチコックや恋愛ものも見てたはずなんだけど
出て来たのはSFとB級アクションばっかりじゃねえかって、
まあ自分でもわかってたんですけども。
来年は海外SF中心に活字の本も積極的に読んでいきたい所。

ということで、2016年に見た映画ベスト10でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

掌編紙芝居ホラー「霧笛」

2016-09-11 12:40:35 | ゲーム制作



新作掌編紙芝居ホラー「霧笛(むてき)」、公開しました。
こちらからリンク。
ブラウザで動作するので、クリックしたらすぐ遊べるお手軽仕様です。

ふりーむ!の企画「ワンマップフェス2」に参加するために作りました。
ワンシチュエーションものって一度やってみたかったのよね。
これがワンシチュエーションものと呼べるかどうかは謎ですが。

話は、7~8分で終わる掌編です。
霧に包まれた街で、妻を亡くした男が見たものは……てな話。




主人公がずっとブツブツ独り言を言ってるだけだと話が回らないので、
狂言回しとして「桜桃ノ実」にも出てきた彼に、再登場してもらいました。



結局何者なんでしょうね、彼。私にもわかりません(笑)


彼は元々、高橋葉介先生作「夢幻紳士」シリーズの主人公、
夢幻魔実也をイメージして作りました。
最初はルックスや喋り方もそのまんまだったのですが、
いくらなんでも恐れ多いわと、少しカッチリしたエージェント風に
まとめたらああなりました。

公開後一週間くらいして、「これ、高橋先生の『顔のない女』じゃね?」って
気づいて「ウワーごめんなさい!」って思いました。

ファンアート 夢幻紳士&顔のない女


「顔のない女」は、とある「組織」の殺し屋専門の女殺し屋が活躍する
幻想ハードボイルド連作集。
最初読んだときは「よくわかんないなー」と思いましたが、
5年くらい経って読んだらとても面白かったです。
読者を煙に巻くような展開に慣れれば、凄く楽しい作品です。

↓Amazonへのリンクを貼っておきます


個人的には、最初はクールでミステリアスだった主人公が
だんだん学校怪談の九段先生みたいな大雑把な姐御なキャラに
なっていくところがお気に入りです(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

紙芝居ノベル「銀河特装ライジン」

2016-07-16 16:15:23 | ゲーム制作

新作紙芝居ノベル「銀河特装ライジン」
完成しました!!ヤッター!!

地球を守るヒーローの戦いを描く
SFアクション。
1980年代の特撮番組をオマージュした
一本道の紙芝居ノベルです。
プレイ時間はオートモードで約100分。

ダウンロードはこちら。


7/27 窓の杜にレビューを掲載して頂きました。
まさかの2回目にビックリです。ありがとうございます!!


あらすじ




ライジンこと真明寺 轟(しんめいじ ごう)は、銀河連邦警察の捜査官。
宇宙犯罪者の魔の手から、地球の平和を守るのが任務です。
ある日轟は、異星人の少女・パルティアと出会います。



彼女の故郷「惑星アータル」には、「魔竜」と呼ばれる古代兵器が
封印されていましたが、その力を狙う武器商人ドルジのために
一夜にして崩壊してしまいました。




執拗にパルティアを狙うドルジ、そして
深い絶望から悪魔と化したパルティアの兄・ヤシュトが
ライジンの前に立ち塞がります。



ライジンの父・ゴウライとの因縁。



姿を現す「魔竜」の咆哮。



ライジンは地球を、少女を守り抜くことができるのか!?

てなお話です。

見所はやっぱりアクション!
特に後半はバトルに次ぐバトルで、
どんどんボルテージが上がっていきます。






王道の熱いヒーローものを目指しました。




私は「宇宙刑事ギャバン」や「特捜戦隊デカレンジャー」が
大好きで、そんな特撮愛をこじらせた結果
この作品ができました。

気がついたら差分込みのイラストが900枚超えてたのには
自分でもビックリしました。
平均すると、月100枚以上描いてましたね~。
これまでの人生で、一番真面目にやってたんじゃないでしょうか(笑)

制作にかかった1年間は色々な事がありましたが、
とても充実して、幸せな時間でした!

素晴らしいデザインを描いてくださった剣嵜光鋭さまはじめ、
ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。

とっても楽しく制作しましたので、
ご覧頂けると嬉しいです!



●制作ツール
NScripter  高橋直樹 様

●キャラクターデザイン
剣嵜光鋭

●メインテーマ制作
株式会社ジョーカーサウンズ

●画像素材
ぐったりにゃんこ
写真素材 足成
写真AC
イラストAC
ゆんフリー写真素材集
明治村画像庫2
阿部 マコト
PIXTA

●音楽素材
DOVA-SYNDROME
Toshiyuki Azuma / かずち / 作田京輔 / KK
Kyaai / 稿屋 隆 / もっぴーさうんど / soundorbis
ilodolly / Shin Wada / Tai Tomisawa
フリー音楽素材 H/MIX GALLERY

●効果音素材
フリー効果音 On-Jin
効果音ラボ
びたちー素材館
効果音G

●フォント
DEVIANT ART
Techno Funk font by ashzstock
Chiba Design
アイアン

●テストプレイ協力
こぞくら 様
しましま模様 様


ありがとうございました!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新作予告とテストプレイ

2016-06-19 12:23:05 | ゲーム制作


新作紙芝居ノベル「銀河特装ライジン」
制作もいよいよ終盤です。

一通り本編のスクリプトも終わったので、
テストプレイヤーさんを募集したいと思います。

要項はコチラ

SF描写に自信がないので、「こういう表現にしたほうがいいよ」
みたいなアドバイスがあれば、ぜひ頂きたいと思っています。

※終了しました※

オートモードで流して大体100分弱の内容です。

個人で長編映画を作るっていう夢が(ある意味)叶いましたねー
嬉しいですねー
気がついたら差分込みでイラストが900枚超えてて
自分でもちょっと引きましたねー

7月中旬~下旬には公開できると思います!


私……これが終わったら映画『ロッキー』シリーズを一気見するんだ……!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

第11回ふりーむ!ゲームコンテストの話

2016-05-03 21:56:49 | ゲーム制作


ふりーむ!ゲームコンテストで
拙作『KiTAN-キタン-』が短編部門銀賞を頂きました。
わーい、ヤッター!

第11回ふりーむ!ゲームコンテスト 結果発表ページ

ダウンロードはこちら


『KiTAN』は、窓の杜やもぐらゲームスといった有名なサイトに取り上げていただいたり、
雑誌(ゲームラボ)に掲載されたりと、
凄く恵まれた作品だったと思います。
ありがとうございました!

「エンターテイメントはエロスとバイオレンスだッ」
という天の声(幻聴)を聴いた結果、あんな感じになりました。
土壇場で色っぽいシーンを入れたところ、
実況者の方々から凄い勢いで突っ込まれて
気まずくなったのも、また楽しい思い出です(笑)

これは上記のシーンの影響で没になったヒロインのまばたき。


彼女に魅力がないと話が成立しないので、
とにかく美人に描こうと頑張りました。
台詞のないシンプルな作品なので、しぐさや表情で
人物の心情が伝わってるといいなーと思います。

******************************************

さて、現在は新作ノベル『銀河特装ライジン』(仮)を制作中です。
初期案の『銀河特捜』だと既存のえっちな作品とかぶっちゃうので
『銀河特装』にしようか考え中。タイトルって難しいなあ~。

イラストは、差分込みで800枚超えました。現在90%くらいかしら。


1本目の『太陽がまた輝くとき』では、モノクロイラスト390枚で
「ウワーこんな大変な事もう二度とやらねえ」とか思ってたのに、
慣れって怖いですねー。

SFアクションという事で、主に作画面は不安要素山盛りだったのですが、
素敵なデザインを頂いてやる気が出たので、何とかゴールまで行けそうです。
私は特にラスボスがカッコよくて大好きで、彼の出番が大幅に増えた結果、
自分の首がガンガン締まりました!


特に殺陣が難しくて、結局構図とエフェクトでごまかすハメになってます。
んもう、なんでワザワザ二刀流設定にしたのかしら!
アンタなんか、黙って目からビームでも出してりゃ良かったのよ!!

…というワケで、夏公開を目指して頑張ります。
今後ともよろしくお願いします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鋭意制作中

2016-03-03 19:42:20 | ゲーム制作





新作ノベルゲーム『銀河特捜ライジン』(仮)
モリモリ制作中です。

2月末時点で、制作したイラストは大体600枚くらいかしら。
『ライジン』は60分程度の作品を想定していまして、
自分の場合、10分の作品で100枚イラストを使うから、
600枚くらい描けばいいかなーって思ってたら、
半分終わった時点で400枚越えちゃってて(笑)
「アレ?」って思ったけど、とりあえず頑張って描いてます。

こうなるともう、エターナることだけがひたすら恐ろしいですね~。

今回はサブキャラをちょっと出してみます。

主人公の上司、コメット長官。宇宙警察の偉い人。
元ネタはもちろん、宇宙刑事シリーズのコム長官ですけど、
映画007シリーズのジュディ・デンチのイメージも少しあります。


ナスカ秘書官。
コメット長官の秘書。将来は凄く偉くなるであろうエリート。
新人の頃はライジン同様、ある惑星を守る任務についていた。
当時の相棒が格闘美少女アンドロイドで、現在はアイドルデビューしているという設定(笑)

悪役チーム




ヒロインの兄貴で、名前はヤシュト。
もともとは優しい国王だったけど、故郷が滅ぼされたショックで闇落ちした、という設定。
キャラが最後まで定まらなかったけど、ヤケクソで変態にしたら、スイスイ話が進みました。





宇宙の武器商人、ドルジ。
真面目に悪いことしてるんだけど、なんか笑えるっていうラインを狙ってみました。
デザインのモデルは『バトルフィーバーJ』の初期型ヘッダー指揮官。






あとは、ライジンの父親(名前はゴウライ)が洗脳されて敵になったり、



メット割れはヒーローピンチの様式美よね~なんてやってみたり。




ベタな内容を全力で描いてます…!





あと、作曲を外注して主題歌も作ってみました。
まだ仮タイトルなのに(笑)
完成したら脳内で串田アキラに変換して、みんなで歌おう!

 闇を切り裂く光
 稲妻のように

 この星守る使命
 真紅の絆

 小さな花たちを 守り抜くのさ
 涙 微笑みに変えて

 走れ 銀河駆ける
 勇気の名は ライジン

 燃えろ 誇り胸に
 銀河特捜 ライジン


あふれる特撮ヒーロー愛に自分でもちょっと引いてますけど、楽しいからいいかな!
夏公開を目指して、鋭意制作中です。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2016-01-01 19:16:28 | ゲーム制作
あけましておめでとうございます。

昨年はゲーム制作にすっかりハマってしまいまして、
とても楽しく充実した一年でした。

ふりーむ!のコンテストで賞を頂いたり、
実況して頂いたり、
沢山レビューやコメントを頂いたり出来て、
とても嬉しかったです!

すっかり気を良くしたので(笑)、現在は
新作に取り組んでいます。
仮タイトルは「銀河特捜ライジン」。
宇宙警察から派遣された特別捜査官が、
地球を狙う悪者をやっつける話。
1980年代の特撮番組をオマージュした
SFヒーローアクションです。

フリーゲームをプレイする層には
ウケなさそうな気がしますけど、
いいんだ、自分が好きだから…!

主人公、真明寺 轟(しんめいじ ごう)

剣術使い。好きな食べ物はラーメン。
ギャバンっぽいというより、ヒョウダブラーみたいな名前ですな。

相棒のアンドロイド少女、アリエル。
ポンコツだけどいい子。


ヒロイン、パルティア。
悪者に滅ぼされた星のお姫様、という設定。


私はメカがからっきしダメなので、
今回はプロのイラストレーターさんに
デザインをお願いしました。
主人公。


敵ロボット


ラスボス

当たり前なんでしょうけど、プロの技術やセンスって
凄いなあと感動しました!
思い切ってお願いして良かったです。

本編のイラストは、
自分の画力不足に悶絶しながら、
頑張って描いてます!




出来れば夏頃、遅くても年内には完成させたいところ。

私、これが終わったら映画「ロッキー」シリーズを
一気見するんだ…!

では、今年もよろしくお願いします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀河帆船ガミラシア 完結記念

2015-06-14 23:27:41 | ヤマト

宇宙戦艦ヤマトの前日譚を描く2次創作作品、
『銀河帆船ガミラシア』
がついに完結しました。
自分も一部キャラクターイラストで参加させていただきましたので、
宣伝ついでに、語らせていただこうと思います。

主人公は若き日のデスラー総統。
宇宙規模の災害に見舞われた「ファウストロ宙域」の人たちが、
銀河帆船ガミラシアを建造、救いを求めて「ガミラス」へ旅をするという話。
足かけ15年のSF超大作、
多数のキャラクターが入り乱れた群像劇です。

この規模の同人作品でちゃんと完結してるものって、
世の中にどれくらいあるんでしょう?
しかも、ラストまで減速することなく、全編ちゃんとエンターテイメントしている。
終盤は若干駆け足だったような気もしますけど、
とにかく持っているネタは全部ぶち込んで
全力で盛り上げて終わるんだ、という気合がひしひしと感じられました。
凄いとしか言いようがないですよね…

オリジナルの『ヤマト』へ繋がる要素も丁寧に描かれていましたし、
オマージュする場面も多数あったりして、
「2199」にも負けない愛と情熱を感じました。

ちゃんと、主人公たちが旅をする事に
合理的な理由付けがされてたのには
「なるほど~」って思いました。

作者の長田艦長の描かれる、強く美しい女性キャラクターが
このシリーズの魅力の一つなんですけど、自分としては
不意に弱さと強さを垣間見せる男たちの姿も好きでした。
なんだかんだいって、最後には主役に昇格したバレンがお気に入りです。
杖ついた姿は、「ウルトラマンレオ」のモロボシダン…って
分かっていただけるかしら。
いい感じで見守ってくれていた、おやっさんポジションの
ポッドも、最後までいい味出していて、好きでしたね。

あとは、自分の思うカッコいいデスラー総統はこうだッ!
と描いた絵を、最高においしい所で使っていただき、感謝の極みです。
あの人はやっぱり、特別です(笑)

ラスト、ぼろぼろになりながらも
希望に満ちた終わり方は「ヤマト」以外の何物でもないと思いました。

楽しませていただきました。ありがとうございました!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加