goo

「蟹工船」日本丸から、21世紀の小林多喜二への手紙。

小林多喜二を通じて、現代の反貧困と反戦の表象を考えるブログ。命日の2月20日前後には、秋田、小樽、中野、大阪などで集う。

前日の閲覧数
565PV
+SHARE
Twitter Facebook RSS メール

新「党生活者」論ーブルーバードをさがして

ブルーバードをさがしてー小林多喜二「党生活者」に寄せて ●前説  ロシア革命から百年の波濤● 1.小樽高商での震災義捐英語劇での多喜二 多喜二が描いた震災義捐英語劇   2.紺野与次郎国会弁明 「犬は吠えても歴史をすすむ」 ・東京一区選出の国会議員の過去 ・昭和初年のたたかい ふじ子の言葉     3・日本近代文学と戦争―「十五年戦争」期の文学を . . . 本文を読む