Soleilの庭あそび・・布あそび♪

日々の庭作りや陶芸、キルトなど・・・my favorite room

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

◆ブログお引越ししました♪

2013年12月15日 | ★ガーデニング


今日も遊びに来てくださってどうもありがとうございます。

こちらへお引っ越ししました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★ブログのお引っ越し♪

2008年11月19日 | ★ガーデニング

 

ブログをこちらに↓引っ越しました。

http://soleilwind.exblog.jp/

 

             

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

★宝塚へ・・・・吉岡さんの素敵なお庭

2008年11月15日 | ★おでかけ

 
今日もクリック!見ていただいてありがとうございます♪

宝塚の「シーズンズ」の帰り 一緒に行った友人Kさんのお友達 吉岡キヌ子さんのお庭にお邪魔しました。

宝塚山本にお住まいの吉岡さんは BISESガーデンコンテスト「小さな庭」部門や 宝塚のオープンガーデンコンテストで金賞を取られたり 日本園芸協会のガーデンコンテストで賞を取られたり・・・・・そして 宝塚の「ガーデンマスター」の1人に認定されたり・・・・・と とても有名な方でした。

       

お庭はとてもナチュラルでした。

赤松やアオダモなどの高い雑木、そしてコニファー・・と高低差がつけられ その中に小さなコテージ。

コテージに続く枕木の道はゆるくカーブして 足元には 優しいいろんな宿根草が植えられています。

     

      

コテージの横にはテーブルと椅子・・・そしてフワフワと揺れるグラス類、何気なくジョーロが置かれていて 広くはない空間なのにとてもゆったりしていて 懐かしい感じもします。

            

コテージの入り口には カレックスと そして野ぶどうのツルが這って 庭仕事の道具が置かれています。

       

        

大きなススキがこんなにふんわりと・・・・

        

秋明菊もやさしげで・・・・

        

フウチ草もいい感じ・・・・・

                 

宝塚「ガーデンマスター」に認定されています・・・・・かっこいい~

 

このグラスの葉の切り方を教えていただきました。

 

トップは少し短めに斜めにカット、裾の方も斜めにカット・・・・「美容院みたいにね・・・」って。

ふんわりと風に揺れるように フワフワ、軽い!

急にお邪魔したのに 吉岡さんはにこやかに出迎えていただいてとても気さくにお話をしていただけて感激でした。

派手な色を使わずに しっとりと落ち着いたお庭。

緑のグラデーションがとても綺麗です。

そして グラス類が効果的に置かれていて 風が感じられる庭でした。

あ~気持ちのいい庭。

「秋は何もないんですよ~」とおっしゃっていたけれど

一つ一つが調和してとても雰囲気のある庭です。

ナチュラルな庭は 吉岡さんのお人柄そのままでした。

 

私も いつになったら こんな雰囲気のある庭を造れるんだろ~・・・・・

とりあえず・・・・

グラス類の使い方はとてもお勉強になりました。

まずはそこからでも・・・・がんばろ~!!

また、訪ねたいお庭でした。

 

 

いつも見ていただいてありがとうございます。
1日1回クリックしていただけると励みになります♪
     ↓
  

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★宝塚へ・・・『宝塚ガーデンフィールズ シーズンズ』

2008年11月11日 | ★おでかけ


今日もクリック!見ていただいてありがとうございます♪

宝塚のファミリーランド跡に 『シーズンズ』というナチュラルガーデンができたのは5年ほど前でした。

行ってみよ~・・・と思いつつ 5年もたってしまいました。

近すぎると いつでも行けると思って安心しちゃうのか・・・・

・・・で、行こうと思い立ったのが もう晩秋のこんな時期。

もう何にもないかも・・・と思いつつ、付き合ってくれる友人がいてくれたので 行ってきました。

 

         

ユッカがこんなに整列して・・・規則正しく置かれた美しさ。こういう雰囲気 好きですね。

このガーデンは 大きな池をぐるッと囲むように ハーブガーデン、ローズガーデン、ボーダーガーデン、アーチの下のロングウォーク、温室・・・・・・などなど 雑誌でもよく見かけるポール・スミザーという人が設計した庭です。

 

       

ニューサイランの鋭い葉の下には 柔らかな白い花(何の花だったか・・・・・) 

緑の葉の色や形や質感の対比がうまく植栽されていて 花が咲いていなくても雰囲気があります。

「シークレット・ローズガーデン」のこんな石の構造物が素敵ですね。

       

ヘンリー蔦が綺麗に紅葉して 黒い実をつけていました。

石の壁にはつるバラが・・・・・5月は綺麗でしょうね。

       

硬い石の壁に 柔らかに蔦が這い 細かな白い花が(これも何だったか・・・・)咲いて、いい雰囲気です。

 

        

「フォーマル・ハーブ・ガーデン」はシメントリーに作られていて 周りにはいろんな種類のサルビアが咲いていました。

ハロウィンの大きなかぼちゃが3つ・・・・・

 

        

ロビニアとクレマチスのアーチのロングウォーク。

 

        

秋明菊とルドベキア、ツワブキ・・・・

 

 

パンパスはたくさん咲いていました。

風に揺れていい感じです。グラス類は他にもいろんな種類が植えられていて 動きがあっていい雰囲気を出していました。

私が欲しいカンナの「ベンガルタイガー」がまだ咲いています。

このカンナは 綺麗な黄緑のスジスジの葉で 銅葉のカンナ「ダーバン」と一緒に植えたい!

 

   

園内ではもう冬支度。

園の方が 大きなバナナの木や 極楽鳥花など掘り上げていました。 毎年掘り上げて春には また違う場所に植えるそうです。

 

       

銅葉の アロカシア「ブラックマジック」・・・すごい存在感・・・・・これも掘り上げて温室で冬ごもり。

         

庭より この作業を見てる方が 私は面白かったですが・・・。

               

        

多肉もこんなにたくさん寄せ植え。セダムも紅葉して可愛い。

        

温室の中は カフェがあったり・・・

        

ショップがあったり・・・・

        

「クリフトン・ナーサリー」のショップもあります。

シーズンズは本当にナチュラルで アナベルが茶色く枯れていたり 花も枯れて種ができていたり そんな自然をそのまま残しています。

秋には秋のよさがありましたが やっぱり花が咲く華やかな庭を見てみたいな~・・・・と思いました。

5月にまた来よっと!

 

いつも見ていただいてありがとうございます。
1日1回クリックしていただけると励みになります♪
     ↓
  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

★窯の中では・・・・

2008年11月09日 | ★陶芸


今日もクリック!見ていただいてありがとうございます♪

                     

陶芸教室で焼きあがった大きなコップに 庭のバラを生けました。

ターコイズブルーのコップに バラがよく合っていい感じ・・・・・・

・・・・・のはずが・・・・

  

ちょっと失敗?

素焼きの上に 細かい花や茎 葉の模様を仕上げるのに一所懸命だったので

瑠璃釉(・・・・だったと・・・)をかけたら ホッと一安心。

          

  

でも、焼きあがったら 釉薬がうまくつかなかったのか ぶつぶつがいっぱいでした。

う~ん、予想外!

          

お茶もコーヒーもたっぷりが大好きな私は いつも大きめのカップを作りますが これはマグにしても大きすぎて 模様をつけるときから 花入れにしようと思っていました。

だから ぶつぶつがいっぱいでも良かったのですが・・・・

原因は何かな・・?

ホッと安心して窯に入れますが 窯の中では何が起こってるのか・・・・・

高温の中で 土や釉薬がどう変化してるのか誰にも分からなくて 窯を開けるまで ドキドキ。

だから面白いのでしょうか。

 

  

今作っているのは 大き目のボールです。

6個。

土に砂を混ぜて質感を変えてみました。 

釉薬は白化粧をかけて ハート型に抜いたところをザラザラした質感が出るようにしています。

そして 呉須でフランス語をサラサラ・・・・(まさか・・・・・)っと 一周ぐるっと書いています。

お揃いで お皿も作りました。

これも 窯の中でどう変化して出てくるでしょうか?

ハラハラ! ドキドキ!

 

いつも見ていただいてありがとうございます。
1日1回クリックしていただけると励みになります♪
     ↓
  

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

★秋のバラ

2008年11月06日 | ★バラ


今日もクリック!見ていただいてありがとうございます♪

                       

庭では秋のバラがチラホラ咲いています。

これは「ラヴェンダー・ドリーム」

可愛いです。やっぱり秋はピンクが濃くなっています。

  

  

「アブラハム・ダービー」は こんなにアプリコットが強くなっていい感じの色合いです。

春もこんな色だったらいいのにな~・・・

  

蕾もたくさん・・・

  

蕾もアプリコットがかって・・・・

  

・・・でも、散る間際には淡いピンクになっていきます。

薄いシフォンのような花びらで、フワフワのチュチュのようです。

 

  

「アイスバーグ」の花を見ると ホッと安心。

2週間ほど前に太い茎を地際から切ったので そのダメージが出ないかと心配ですが 今のところ蕾もたくさんついていて 次々咲いてくれるので・・・よかった!

          

「アンジェラ」は春よりも大きな花が咲いています。

葉っぱは黒点でダメージ大きいですが 花はとっても綺麗に可憐に咲いています。

  

東側の塀の外に向って咲いているのは「アルテシモ」

たくさんの実をつけながら 花も咲かせて忙しい。本当に強いバラです。

夏の間は 左にあるミモザの木の茂みに隠れてしまっていても咲き続けていました。

 

  

イングリッシュローズの「ザ・ダークレディー」です。

 

  

この前摘んだダークレディーは 散る間際には こんなに紫に変わっていきます。この赤紫色のダークレディーも シックで大好きです。

・・・でも、ちょっとでも触れたらハラハラ散っていきます。

 

  

クレマチスの「スパーバ」も ず~とよく咲いています。

 

          

家の前のハナミズキは もう真っ赤。

毎日ハラハラ・・・・と散って・・・・・晩秋を感じますが

まだ夏の花も元気に咲いています。

  

「プルーンバーゴ」は7月頃から絶えることなくず~と咲き続けています。

大きく茂るので 周りの1年草は どこかへ消えてしまいます。

          

「おぎはら植物園」で買って帰ったダリアもよく咲きます。

矮性なのか20cmほどの背丈で次々咲きます。

アメリカンブルーやペチュニア ジニア、マリーゴールドも まだまだ咲いているので なかなか春用の苗に植替えできなくて どうしようかな~・・・と思いつつ もう少しこのまま咲かせてあげよ~・・・・

  

これは秋の花 「ユリオプスデージー」です。

可愛い黄色とシルバーリーフが いい感じです。

  

そして ダブルのインパチェンスもまだまだず~と咲いています。

ほんと、疲れ知らずのインパチェンスはえらいわ~。

 

  

今日の夕焼け空は とってもシャープ。

飛行機雲が2~3本空を横切って フワフワ雲に白いペンで落書きしたみたいになっていました。

ほんとうに 空はアートです。

毎日変わる夕焼けの雲を見るのが私の楽しみの一つです。

 

いつも見ていただいてありがとうございます。
1日1回クリックしていただけると励みになります♪
     ↓
  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★秋の庭の綺麗なバラたち

2008年11月03日 | ★バラ

今日もクリック!見ていただいてありがとうございます♪

      

イングリッシュローズの「ヘリテイジ」が綺麗に咲いてくれているので 銅の水差しに生けてみました。

一緒に生けたのは 青の濃淡のボッグセージと メドーセージ。

まだまだ咲いているので なかなか春用の苗と入替できなくて どうしようかと思案中・・・・・もうちょっと咲かせてあげよ~・・・

           

そしてレックスベコニアとシロタエギク、パイナップルセージの葉も入れました。

う~~ん、ちょっと青とピンクってきつい感じ・・?

秋っぽくないし・・・・・

 

そして 同じくイングリッシュローズの「ザ・ダークレディー」もいつまでも綺麗に咲いています。

  

 

裏庭の 「フランシス・ドゥ・ブルイ」は 秋になってますます妖艶な「赤」に・・・・

  

君たちは一輪でも美しい!

バラを挿しているコップは私のお気に入りです。

ちょっと庭の花を挿すのに便利で重宝しています。

冬に向って咲くバラは 春とはまた違う色合いで楽しめます。

 

いつも見ていただいてありがとうございます。
1日1回クリックしていただけると励みになります♪
     ↓
  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★小さな寄せ植え

2008年11月01日 | ★ガーデニング


今日も見ていただいてありがとうございます♪

苗を買いに行ったHCで いい雰囲気の鉢を見つけました。

ブルーグレーっぽいちょっとアンティークな薫りのする細長い鉢です。

・・・でも、小さい

        

横幅40cmちょっと 高さ10cmほどなので 苗は少ししか植えられません。

        

ストック、アリッサム、アルテナンテラ、シルバーレース、シロタエギク を植えてみましたが もう少したてばもっと賑やかになってくると思います。

陶芸お教室で作ったハウスのオーナメントも置いてみましたが 小さい鉢にたくさんの苗を植えたので 繁ってきたらオーナメントは置けなくなると思いますが・・・。

 

         

買って帰った苗の中に カラーリーフも何点か・・・・

             

大きな白い鉢の 「レックスベコニア」・・・葉っぱの出方は乱れていますが 色合いが面白い。

左の銅葉の「チヂミバペペロミア」  中央のシルバーレース 右のゼラニューム「バンクーバセンティ二アル」・・・・・これはちょっとモミジっぽくて綺麗です。

            

昨年種を蒔いて育てたフランネル草の中で ジキタリスの大きな葉の陰に隠れて育たなかった苗が 今頃よく繁ってきています。・・・左のシルバーリーフです。

その鉢に・・・・

後ろにゼラニューム「バンクーバセンティ二アル」  手前にグレコマ「パリエガータ」

右に つるの「シッサス ヘンリアーナ」 そして中央に「アルテナンテラ」を加えました。

いろんなカラーリーフがあって楽しい。

 

いつも見ていただいてありがとうございます。
1日1回クリックしていただけると励みになります♪
     ↓
  

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

★ハナミズキの花壇

2008年10月28日 | ★ガーデニング

  
今日も応援ありがとうございます♪

            

家の前の ハナミズキが真っ赤に紅葉して綺麗ですが 毎日 ハラハラ落ちてお掃除も大変になってきました。

右の方の花壇は メアリーローズとモッコウバラの花壇ですが もういろんなところに枝が伸びて繁ってゴチャゴチャです。

 

      

このハナミズキの花壇にやっと苗を植えて なんとかイメージを変えてみました。

            

                   

以前はサツキが植えてある花壇でしたが・・・・・

こんな風に変えてみました。

      

ぽってりした素焼きの鉢にコルジリネやカラミンサ バコバを入れて・・・・

左の白い花が シュウメイギク  右の紫の花が小型のアメジストセージ

中央には チョコレートコスモス 手前にはプレクトランサス 千日小坊

そしてそれぞれの間には 銅葉のヘミグラフィス オキザリス アルタナンテラ ヒューケラ

明るい葉色のホスタとヤブラン

・・・・・・などなど

陶芸教室で作った素焼きのトリを飛ばして・・・・・

 

ちょっとシックな雰囲気にしたい・・・と思って シュウメイギクの白とチョコレートコスモスの黒い赤、千日小坊の赤紫 そして銅葉・・・の組み合わせを考えていましたが なんと みんな咲いてないですね~

なんかゴチャゴチャしてるだけですが もうちょっと気長に待ってみましょう。

左横には 以前から植えてあったアメリカンブルーが良く繁っています。

右の方とちょっと雰囲気が合いませんが まだブルーの小さな花も咲いているので こっちはこのまま様子をみることに・・・。

バラのグリーンアイスの白い花に埋もれたウサギ君は私のお気に入りです。

ハナミズキが散ってしまうと この花壇は日当たりがよくなってきます。

 

 

いつも見ていただいてありがとうございます。
1日1回クリックしていただけると励みになります♪
    ↓
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★今度はアイスバーグ・・・・・

2008年10月26日 | ★バラ

 
今日も応援ありがとうございます♪

    

庭ではまたちょっと大変なことが起こっていました。

旅行から帰ると なんと 今度はフロントガーデンのバラ「アイスバーグ」が枯れ始めていました。

スパニッシュビューティーと同じ枯れ方です。

上の写真は今年の5月の頃のアイスバーグです。右の白いバラで 上のアーチを伝って 左の方まで届いています。

アイスバーグは 二つ目の「ハート」のアーチをつたうバラで もう6年目でした。 甘い薫りと 透き通った白い花は上品で 我が家の庭の訪問者にもアイスバーグのファンはたくさんいます。

                    

           

                 

でも、よく見ると全ての枝の葉が枯れてるのではなくて 枯れているのは 手前の太い茎の枝だけでした。あとの2本の茎の葉は まだ生き生きとして蕾もついて花も咲いていました。

 

                

・・・ということは 根に問題があるのではなくて 茎だけの問題でしょうか・・・・だといいんですが・・・・・

 スパニッシュビューティーの時もナーセリーに相談して分かったことは 茎に水分があるかどうか・・・・・が問題。

枯れた枝を切って 水分があれば大丈夫だけれど なければ水分があるところまで切るしかありません。

           

・・・・・で、見ていくと 結局この茎を地際で切ることになりました。

太く育った茎でしたが ノコギリで・・・・・この時は本当につらいですね。

育ててきたものを自分で切るなんて・・・・

 

           

切ると 茎の真ん中に穴が開いていました。

なんだろ~・・・・

カミキリムシだったら こんなに大きな穴は開かないでしょうし、

もっと他の虫でしょうか・・・

とにかく  またまた「カルホス乳剤」のお世話になって・・・・・・撒いておきました。

           

こんなにたくさんの枝を切りました。

                  

そして結果がこんなに・・・・・・なんか 悲しくなる景色です。

今年は スパニッシュビューティーから始まって 何本のバラを切り落としたでしょうか・・・・かなし~。

バラの年数がたてばトラブルも増えるのでしょけれど それは予測がつかなくて突然やってきます・・・・・・ではなく、必ず シグナルがあるはずなんですが 私はまだそれを見極めれないでいます。

どのバラも いつまでも永遠に元気に咲いてくれる・・・・・と思い込んでいる私は甘いですね。

シグナルを見落とさないように もっと手入れをして上げないとダメなんですね。

・・・・でも、細やかな手入れ・・・・・これが一番難しい~

残った枝が元気に育ちますよ~に!

 

 

いつも見ていただいてありがとうございます。
1日1回クリックしていただけると励みになります♪
    ↓
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★やっと苗を買いました!

2008年10月25日 | ★ガーデニング

 
今日も見ていただいてありがとうございます♪

                    

忙しくてなかなか庭仕事ができなかったのですが やっと苗を買いに行きました。

左後ろの 「アメジストセージ」 右後ろの 「チョコレートコスモス」 

その前のブルーの花は 「プレクトランサス」 その左は 「千日小坊」

手前には 紫の「オキザリス」 「カラミンサ」・・・・などなど

ちょっとシックな組み合わせです。

 

          

「プレクトランサス」は つやのある濃い緑色の葉とラッパのようなブルーの花の取り合わせが綺麗です。

強い日差しには弱いですが今からなら日当たりのいい場所でも大丈夫そうです。

 

          

「千日小坊」はアルテナンテラの一種で 1cmぐらいの小さな赤紫の花が咲きます。

冬まで咲いてくれるので この時期重宝します。

手前の白い小さな花は「カラミンサ」です。

来年の春に咲く苗も早めに植えることに・・・・・

左がデルフィニュームのピンク「アストロット」 と ブルーの「ブルーバード」

右が ジキタリスの「アプリコット」・・・・ちょっとオレンジ系の苗を8株。

ジキタリスなど耐寒性のあるものは早めに植えると春の苗の充実度が違います。

 

           

・・・そしてこんなきれいな葉を見つけました。

「カラテア」・・・・・大きな葉で綺麗なスジ?・・・葉脈

寒さに弱いから庭には植えれないけれど 春になったら鉢のまま花壇の後ろの方に置きたいな~・・・と思って連れ帰りました。

 

買ってきた苗で この前整理したハナミズキの花壇のイメージチェンジをしなければ!

 

いつも見ていただいてありがとうございます。
1日1回クリックしていただけると励みになります♪
    ↓
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★新しい仲間のバラも咲きました

2008年10月23日 | ★ガーデニング


今日も見ていただいてありがとうございます

           

庭では 秋明菊・・・シュウメイギクが咲いています。

ピンクも可愛いけれど白も清楚な感じで素敵です。

           

蕾がまん丸でコロンとしていて可愛い。

シュウメイギクの花言葉って 「忍耐」「薄れゆく愛」・・・・・なんか寂しい。

               

そして 旅行から帰ると 蕾がついていた 新しい仲間のイングリッシュローズのうちの2本が咲いていました。

   
                    「ラジオタイムス」                      

ピンクのロゼット咲きで、花びらがフワフワしています。

もっと濃いピンクかと思っていましたが かなり淡いピンクでした。

5月のバラはまた違ったピンクかもしれません。

               

  
                    「シンフォニー」

レモンクリームみたいな綺麗な甘い感じの黄色いバラです。

花びらがギッシリ。

ちょっとタフタのような感じの花びらでクシャクシャっと咲いているのが気に入りました。

 

  

6月からず~と咲き続けてくれているインパチェンスも いまだによく咲いています。

よくできた子です。

  

ピンクのダブルはミニバラのようです。

 

  

赤いダブルもよく咲いています。

真っ赤だときつい感じでも 白い点が入るとちょっと可愛い。

  

ダブルのローズピンクは上の二つとは違う場所に植えていますが さすがにこの濃い色はよく目立って 花のない時期に頑張ってくれます。

私は水遣りがヘタなのか 一重のポット苗のインパチェンスはよく根腐れしていましたが 今年は大きな鉢の苗を植えたので 丈夫でこんもりとよく繁って咲いてくれます。

大きな苗はやはり根がしっかりしているからでしょうね。

 

さてさて・・・・・

種まきした苗も少しづつ大きくなってきているし

庭の手入れもしなければ・・・と思いつつ 

なぜか忙しくなかなか庭に出れません。

新しい苗も買いに行かなくては・・・!

 

いつも見ていただいてありがとうございます。
1日1回クリックしていただけると励みになります♪
     ↓ 
  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★北海道のおっきな秋・・・・その3

2008年10月21日 | ★おでかけ


今日も見ていただいてありがとうございます♪ 

■富良野へ

                    

楽しみにしていた富良野に到着。

20年以上前に訪れた富良野は あまり有名でもなく ラヴェンダーもなく スキー場があってメロンが美味しいところでした。

でも、 その後,  富良野を撮り続けた前田真三さんの写真集を見てもう一度行ってみたいと思っていました。

今では、初夏には渋滞ができるほどの人気のスポットになっているそうですが・・・・・

来てみてそれが分かりました。

きれいです~!

美瑛の「四季彩の丘」です。

          

10月という花の少ない時期でも こんなに鮮やかに丘が波うっています。

 

丘の上の小さな家が牧歌的で本当にいい雰囲気です。

        

ノロッコ号に乗って 花畑を一周しました。(500円)

二人乗りのバギーや カートもありました。

 

        

ノロッコ号は おじさんがトラクターで引っぱっていきますが トラクターってまじかで見たのは初めてで こんなに大きなタイヤだったんだ・・・と驚き。

とっても優しいおじさんで 花のことやいろんなことを丁寧に説明してくれて 途中写真を撮ってくれたり・・・・・15分ということでしたが 20分以上乗っていた気がします。・・・きっと忙しい時期じゃなかったので 大サービスだったのかもしれません。

 

             

この時期に 矮性のひまわりが たくさん咲いていました。

           

これは高性のジニア。こんな大きなジニアは初めて。よく育っています。

                  

ジニア綺麗ですね・・・・とおじさんと話していたら 枯れた花をギュとちぎって種をくれました。・・・うれしい!  大事にポケットに入れて・・・家で蒔きましょう。

四季彩の丘の入り口には わら(?)のロール人形がお出迎えしています。

ノロッコ号は ここから出発してここに戻ってきます。

どの家を見ても 絵になりますね。

この赤やオレンジやピンクの色はは サルビアやケイトウです。

 

        

この紫もサルビア、黄色はマリーゴールドです。

他にもコスモス クレオメ コマチ草・・・などなど。

美瑛の美しさは この波打つ丘ですね。

この曲線が美しい。

 

        

これは菜の花みたいですが キガラシです。

 

遠くに大雪山を望んで 光や雲がこんなに綺麗。

澄んだ空気と 綺麗な水 北の優しい光が 木や花を伸び伸びと育ててるんですね。

遅い春が来るまで 雪の下で貯めていた力を精一杯発散させてるみたいでこの景色は圧巻。

あ~・・・と伸びをして・・・・・気持ちよくて帰りたくないな~。

四季彩の丘にはレストランや農産物のショップがあってもっとゆっくり見たかったです・・・・。

       

          

そして最後に 中富良野町の「ファーム富田」へ。

            

  

          

ラベンダーで有名なファーム富田。今は咲いていませんが この株ぜ~んぶラベンダー・・・・7月ごろは見事でしょうね。

 

今は赤や紫のサルビアが綺麗でした。

            

                   

ファーム富田も広くて 散策すると色んな見どころがあって楽しい所です。

丘の上からの眺めの雄大です。

                  

                

           

ショップではラベンダーのいろんなグッズがいっぱい売っていましたが・・・・・・・私はラベンダーの苗に釘付け。

           

飛行機に持込みできるかどうかツアーのガイドさんに確認して やっぱり買って帰りましたよ~。

中ぐらいの大きさの鉢を。大きいのは重くて無理でした。

北海道で育ったラベンダーが 暑い暑い大阪で育つかどうか分かりませんが 大事に育てよ~・・・っと!

 

                 

北海道・・・というと BISESでおなじみの旭川の「上野ファーム」の庭を見なければ・・・と思いますが 悲しいことに ツアーでは望むことはできず 次の機会に必ず行きたいですね~・・・それも7月ごろ・・・・。

上野ファームは  ドラマ「風のガーデン」に登場する庭を造られていて 来年には一般公開されるそうですが 場所はどこなのか・・・・・まだ秘密だそうです。

 

                         

北海道のお土産は やっぱり「カニ」・・・・・

                          

そして この「ROYCE」 ロイスの生チョコが美味しかった!

                

北の大地の 雄大な自然の美しさ 厳しさ 逞しさ・・・・・を感じつつ

初秋の風景から 冬を感じさせる景色まで・・・・一度に楽しめて

本当に北海道は広いです!

楽しい北海道旅行でした。

よかった!

 

 

 

いつも見ていただいてありがとうございます。
1日1回クリックしていただけると励みになります♪
     ↓ 
  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★北海道のおっきな秋・・・・その2

2008年10月19日 | ★おでかけ

 
今日も見ていただいてありがとうございます♪

北海道の秋を見つける旅の続きです・・・・・

この日の最高気温は20℃・・・・・・50年ぶりの暖かさ・・・暑さ!だそうです。

■海岸線を知床から網走へ

知床の神秘的な森と湖に感激した後は オホーツクの海を見ながらバスに揺られて網走へ・・・・・

高倉健さん主演の映画「ぽっぽや」のロケ地 JR幾寅駅。

オホーツクの海には カモメがいっぱい・・・・・が そこに黒いカラスが一羽。

慌てて逃げるカモメたち。・・・・・カモメの方が大きいし大勢いるのに・・・・・

           

どこに行っても お~きなお~きな白樺があります。

葉っぱが散っても 木肌の白い枝はとても美しい線を描きます。

白樺って信州で見ていると 柔らかい女性的な雰囲気があったのに 北海道の白樺は1本でも充分存在感があって逞しい木でした。

 

           

山を登ったところにあるオホーツク流氷館へ。         

本物の流氷が置かれている マイナス18度の世界。

寒い人には無料でコートを貸してくれます。

         

流氷を触れますが 冷たい冷たい!

濡れたタオルを振り回していると棒のように凍る「シバレ体験」ができます。

私は 置かれているアザラシやキタキツネに興味津々で タオルを真面目に振り回していなかったので 出口に来ても タイルはビチャビチャのまま・・・・・困った!・・・急いで振り回して・・・・・

                    

こ~んなに カンカチコに尖りました。

やったー!マイナス18度から脱出!

                 

出口のかごには カチンコチンのタオルがピンピン尖りながら積んでありました。

 

流氷館では 300インチのハイビジョン映像で 流氷のあるまち網走の四季・・・・ 自然の厳さし、その恵みを紹介しています。

滝田栄さんのナレーションも素敵で とても臨場感溢れる映像でした。

雪国の生活って大変なんだ~・・・・・・生きることの大変さ、人も動物も木々も みんな生きることに一所懸命なんだ~

網走の町です・・・・・右上の方にあるのが網走刑務所。

学校みたいでとっても綺麗でした。

・・・そしてオホーツク海。

流氷がやってくる1月には どこまでも広がる白い世界になっているんだと思うと ちょっとロマンチックな感じがしますが・・・・・・いえいえ、厳しい世界だと 映像を見て認識しました。

 

オホーツクの夕焼けは 紅葉のように真っ赤。

何ともいえないこのグラデーション!・・・自然からの贈り物です。

流氷が接岸すると 白と赤の世界になるのかな・・・? 

ロマンチック・・・いえいえ、厳しい紅白の世界。

 

■網走から道央の層雲峡へ

           

山の中を西へ走る(バスが・・・)と だんだん畑が多くなってきます。

広い広い畑をトラクターで収穫していました。

このゲージは収穫した玉ねぎが入っているそうです。

大きなゲージがたくさん・・・・・これを集めるのも大変。

これは 白花豆の収穫。

オレンジのテントが可愛い。

 

・・・バスはまた山の中へ・・・・・

ごつごつした岩山が見えてくると そこは層雲峡。

 

         

断崖絶壁から絹糸のように岩肌を流れ落ちる銀河の滝。隣には流星の滝があります。

前に来た時は 国道沿いに滝があって車を止めて見れましたが 今は銀河トンネルができて 遊歩道に下りないと見れなくなっていました。

大雪山の噴火でできた この断崖・・・・・全てを拒絶しているように見えるけれど 山の中腹には紅葉が見れて 岩山とオレンジの組み合わせもしっくりきます。

石狩川は冷たそうです。

オレンジと黄色と緑の濃淡の優しい柔らかな紅葉です。

           

 

           

綺麗な葉っぱたち・・・・

                  

シロツメ草みたいですがちがいますね~・・・・葉っぱの斑が綺麗に入っています。

持って帰りたいな~・・・と思うほど優しい花です。

                   

 

■大雪山 旭岳へ・・・・・雪が!

層雲峡から黒岳のふもとを通って 北海道の最高峰旭岳へ。標高2200mだそうです。

遠くから こな砂糖をふったような旭岳が見えると感激でした。

青い青い空に雪がまぶしく光って・・・呼んでる!

 

これは旭岳の隣の当麻岳。なだらかな稜線が綺麗です。   

古来アイヌの人たちは 大雪山の山々を「カムイミンタラ」・・・「神の遊ぶ庭」・・・と呼んだそうです。

神聖な山だったんでしょうね・・・・・・。

 

                 

山に入る前に ネイチャーガイドの話を聞きます。

雪が積もっているので 長靴の貸し出しもあります。

          

ロープウェイで旭岳の5合目まで・・・10分間の空中散歩。

 

        

わあ~~雪です。綺麗です。

さあ 雪道を歩きますよ~

                 

でも・・・・・今日は暖かすぎて みんなが歩いた跡は 雪が溶けてびちゃびちゃ。

すべりますよ~。

ロープで区切られた遊歩道の横には ふわふわのパウダースノー。

ここを歩けたら気持がいいだろうな~・・・と思っていると・・・

            

キタキツネの足跡が・・・・・ガイドさんは 足跡の形や歩幅でキタキツネだと分かるそうです。

        

夫婦池

清々しい山の空気と絶景・・・・気持いいです。

姿見の池まで行けなかったのが残念ですが また滑らないよ~に山を降りましょう。

            

雪を見るとなぜかワクワクするのはなぜでしょう・・・・・

                      

すぐに雪だるまを作ろうか・・・・・雪合戦をしようか・・・・・と思ったりして・・・・

 

ロープウェイからは 広大な原生林が見渡せます。

雄大な景色を見ていると気持までゆったりしてきます。

 

                  

北海道でおいしいものの一つに 「牛乳」と「ソフトクリーム」

大阪で飲む牛乳とはちょっと違う。

           

こんな面白いものも見つけました。

「イカめーる」・・・お手紙書いて 切手を貼ってポストへポン。

           

これは「カレヘめーる」

           

本当のカレイみたいに見えますが 裏に切手を貼って出せます。735円でした。

 

美しい紅葉から雪の山まで 季節の移り変わりを楽しめる北海道。

やっぱり広い、雄大です。

次は富良野へ。

旅はもう少しだけ続きます♪

 

いつも見ていただいてありがとうございます。
1日1回クリックしていただけると励みになります♪
     ↓ 
  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★北海道のおっきな秋・・・・その1

2008年10月17日 | ★おでかけ


今日も見ていただいてありがとうございます♪

        

北海道の秋を満喫してきました。

北の大地でのびのびと育った木々が綺麗に色づいて、圧巻でした。

白樺は黄色に ナナカマドは赤く・・・・・・・とにかく木は大きく  人や建物より木の方多い・・・・森が続きます・・・ほんと!でっかいど~~!

 

■北海道東部 釧路から旅を始めました。

釧路湿原を見下ろしてみたけれど、どこがどうなのか・・・・・ただただ 広い!

 

  

釧路川をカヌーで下ったら面白いよ・・・・と友人が言っていたのを思い出しました。

カヌーは夏・・?

 

                 

釧路湿原のタンチョウ鶴がバスの窓から見えました。

畑でえさを探してるみたい、2羽なので”つがい”ですね。頭の赤い色がはっきり見えなかったけれど・・・・・でも、なかなかタンチョウをこんなにはっきり見ることはできないそうで ラッキーでした。

釧路湿原の北にある 北海道の3大秘湖の一つ 「オンネトー」へ。

 

            

でも、オンネトーへの山道は 北海道ではほとんどないという「渋滞」がおこっていました。・・・・・・・やっぱり山奥の秘湖にみんなが押しかけたら山の1本道は渋滞するでしょうね・・・・・

それで、バスを降り 20~30分山道を歩いて「オンネトー」へ。    

               

よかった!

歩くの大好きな私は 気持ちのいい空気をいっぱい吸いながら 色づいた木々を眺めて歩けて大満足。 うれし~~!

         

信州とは比べものにならない大きさの白樺・・・・

                 

車は数珠繋ぎで駐車するところがなくて大変みたいでした。

         

木漏れ日も 優しい風も ちょっと汗ばんだ体に気持いい!

 

「オンネトー」です。・・・・綺麗!

渋滞しても来たくなる気持が分かるほど神秘的で綺麗でした。

左の山が雌阿寒岳 右が雌阿寒岳。

雌阿寒岳は活火山で日本百名山に数えられているそうです・・・・ちょっと噴煙も見えました・・・。

神秘の湖・・・オンネトー。

木陰に入ると ず~とここにいたいと思うほど 落ち着ける湖でした。

いい感じ・・・。

 水の色が綺麗だと言われているとおり  透き通っていて、ブルーグリーンが微妙に変化して深い色でした。

           

葉っぱが色ずいているので 上ばかり見上げていると 赤い実を発見。

こんなに 木にぎっしりひっ付いてる実・・・・

           

さくらんぼみたいにぶら下がってる実・・・・・

           

これはナナカマドの赤い実・・・・・まだ葉っぱは色づいてないですね

          

これは大きな赤い葉に 黄色い木の実・・・・・何でしょう?

          

トゲトゲの葉に可愛い赤い実・・・・・これも何という木でしょう?

          

これはハマナス・・・・バラの一種というだけあって すごいトゲがありました。

赤いハマナスが多いそうですが この白いハマナスは素敵でした。ちょっとノイバラに似て・・・。

            

はまなすの赤い実・・・

 

■大きな阿寒湖に行きました。この湖は 「オンネトー」の何倍ぐらい・・かな?    

水が透き通って綺麗です。・・・さすがマリモが生息する湖。

             

                   

               

この辺りのナナカマドは真っ赤に色づいて、ハッとするほど綺麗ですね~

           

落ち葉を踏みながら湖をゆっくり散歩・・・・・落ち着きます~・・・・

          

阿寒湖から知床へ向う山の中にある パンケトーとペンケトーという双湖(そうこ)です。

北海道の形をしているそうで・・・・右が稚内、手前が知床、左の方が襟裳岬・・・かな?

 

■知床も綺麗な紅葉でした・・・・・・野生動物に出会いました。

           

知床五湖には ヒグマやエゾジカなどの野生動物がよく出てくるので注意を呼びかける看板です。

           

知床は 屋久島と白神山地に続く3番目の世界自然遺産だそうで ネイチャーガイドが案内してくれます。

森の中の湖は神秘的で とても美しい風景・・・・20~30年ほど前に訪れた時とあまり変わっていませんでした。

一湖・・・・・・湖面に こんなに綺麗に姿を映してまるで鏡のようです。

・・・・・感動しました。

穏やかで波一つない湖。

あ~・・・・・人が入ってこなければ このまま時間が止まったように静かで穏やかな動物たちだけの世界なのに 私たちがお邪魔虫なんだ・・・・と実感しました。

 

          

朝の光が差し込んで 自然が起きていく感じです。

           

コゲラ発見・・・・木をつついていました

            

一湖から二湖へ・・・・・

          

わあ~!エゾジカ発見・・・・・遊歩道から5~6mしか離れていないのに悠然と朝ごはんのようでした・・・・・メスですね。

二湖は一湖より大きくてゆったりしています・・・・・・・湖面の美しさには絶句。

二湖の横には高架木道があって・・・・ヒグマ対策の電気ショック柵が設けられていて・・・・展望台へと続いています。

             

そんなところに 可愛いバッタ。

大阪のバッタと どこかしら違う・・・・・・

一湖二湖だけだと 30分ほどで周れます。

四湖 五胡にはヒグマが出て立ち入り禁止になっていたようでした。

森と湖の織り成すこの美しい風景に飲み込まれそうになりますが 

ここは動物たちの生活の場所なんだと実感します。

人間は 「ちょっとお邪魔します」・・・・という気持がいるんだな~と思いました。

 

北の大地の大きさ その自然の雄大さ美しさに感激しつつ・・・・・

旅はつづきま~す♪

 

 

いつも見ていただいてありがとうございます。
1日1回クリックしていただけると励みになります♪
     ↓ 
  

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加