サスペンションを中心に毎日がまわっている、国政久郎のブログ

オリジナルボックスの業務紹介、サスペンションの話、試乗記、旅の話、諸々・・・。

FD3Sのサスペンションセッティング

2016-05-24 22:54:17 | ガレージレポート(オリジナルボックス)
FD3Sのダンパーセッティングの相談がありました。

サーキットに乗り込むと、ハンドリングが思わしくなく、自分たち(仲間?お店さん?)で試行錯誤したものの行き詰まってしまった・・・

ロールの収まりが良くないから減衰値が足りない(柔らかい)、と判断して減衰値を高くした。
(市販状態からオリジナルチューニングを施してもらった)

再度走らせるもやっぱりまだ減衰値が足りない・・さらに減衰値を高くした。

を、繰り返していたので送られてきたダンパーの減衰値をみると当然ながら高減衰(過減衰)。

どれくらいかといえば、減衰値を表記する専用のグラフ用紙からはみ出してしまうほどの数値でドットできない!

これまで、このグラフ用紙の範囲でレーシングカーも含めて描けなかったのはほんの数例、それもあまり良いセッティングのものではありませんでした。
今回の打ち合わせの中でも、まだ減衰値が足りないから高くして欲しい・・・

硬くすれば問題が解決する、柔らかいのはダメ・・・こう考えている人が多いのかもしれません。

ダンパーの減衰値に限らず、スプリングレートも硬い方が速さに結びつきそうなイメージがあったりしませんか?

誰それのレーシング関係者に運転してもらったら、脚が柔らかい、もう少し硬くするといいと言われた・・・常套句です。

しかし今回のケースでは、これ以上硬くしても問題解決にならないことを説明し、仕様の方向はこちらに任せてもらう事に。

届いたキットは前後共スプリングレートが16kg/mmなので、過去のデータを参考にしながら、前後同仕様にチューニングし直しました。

チューニング前のダンパーはフロントの減衰値が高く、リヤはやや低かったので、当然ながらオーナーから「なぜ減衰仕様が前後同じなのか」と質問がありました。

つづく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浅間火山耐久レース 2016 

2016-05-20 21:35:07 | イベントレポート
もう先週になりますが、浅間火山耐久レースの第1戦がありました。

我チームは一台6人のドライバーでエントリー。

天気は晴れ、路面はドライ、参加台数14台。

参加車両を見渡してみるとビビオ率が去年よりも高そうです。

その中に、初めて見る力の入った改造車が・・・塗りたての外装を見る限りおそらく今回がシェークダウン。

と思っていたら我々がエントリーしているオープンクラスのもう一台の参加車両がこのクルマ。

ホンダトゥデイの4WD。

まともに走られたら勝ち目なんかありません。

しかしこのクルマ、朝のウオームアップ走行に出て行く時から、後ろの方からカチャカチャと金属音が・・・

案の定、レースがスタートすると脚は壊れるはエンジンは不調になるはでピットインを繰り返し、修理と走るのとで大忙し。

改造車について回る初期トラブルとかのそれです。

レースはスタートして何分も経たないうちに、パドックで見ている我々の目の前で転倒、
そのすぐ後ろのクルマも慌ててハンドルを切ったものだから土手に乗り上げ、一瞬腹が見えところに次のクルマが真横からゴン。

幸いなことにスタート直後だったので修理の時間はたっぷり、転倒車も、ゴンの車両もやがて復帰。最後まで走ってゴールしていました。

いつになく、路面の荒れ方がひどい、とファーストドライバーから報告があったので、次のドライバーから、クルマを壊さない走法をお願いした。

するとどうだろう、当然ながらタイムは遅く、抜かすよりも抜かれることの方が多いのだが、皆ラッップタイムのバラツキが少ないのだ。

路面を見極める、クルマに聞く、自分の技量の中で走らせる・・・「速く走らせる」を外した途端、全員手の内でクルマをコントロールしているように見えました。

走り終えて、ヘルメットを取った時の顔つきからして、いつもの他のやつをやっつけてやったぜ・・・ではなく、
こんなひどい路面をと思いつつ、走行できるラインを見つけ、クルマのコントロールに集中した表情で、
もしかしたらこんなに軽く走らせただけでいいの?にも見えました。

これまでは「速く走らせる」を気持ちの真ん中に置いて運転を組み立てていたのに、速さは気にしなくていいと気持ちを切り替えたとたん、
これまでのよくわからなかった忙しさが消え失せ、景色の流れもゆっくり、周りの情報も冷静につかめる・・・クルマとの対話も手に取るように分かる・・・
でも速く走った感はあまりない・・・コレは新しい感覚だぞっ・・・と。

クルマを速く走らせることだけが面白いわけではありません、自在にクルマを操ることができればそれはそれで快感‼

「速く走らせる」と「うまく操るの」どちらを走りの真ん中に置くかです。

クラス1位。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

G−BOWLアプリの見方と活用方法

2016-05-18 20:58:42 | G-BOWL

「G BOWLアプリの見方と活用方法」と題した説明会を開きます。

今後は定期的に、できれば毎月開くことができればとも考えています。

初回は5/29日(日)予定です。

参加要領は↓に。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

タルガタスマニアラリー 2016 その13

2016-05-16 20:14:53 | イベントレポート
「タルガタスマニアラリーの車載映像を見ましたよ〜〜〜」

「ずいぶんゆっくり走っていますね〜」

「クニさんも歳か〜?と思いましたよ」

「ブレーキ踏まないで走っているでしょう〜」

・・・・・・

確かにばかっ速くはありませんが、トップスピードが130km/h以下と決められているクラスにエントリーしたので、直線ではスピードが出過ぎないようにコントロールしています。

コースによってですが、75km/hから95km/hの間の指示速度が出ます。

レビンの場合コースの八割ほどを全速力で走らせて指示速度を少し上回ります、その後少しずつ時間調整をしながらゴールのチェックに入ります。

レビンには頃合いの指示速度です。

ラリードライバーの経験者であれば、75km/hの指示速度で山岳路を走らせるのがどんなものか想像できると思います。

オンタイムで走れていても、ゴールの手前にヘアピンコーナーが一つあれば、あっという間に遅れが生じます。
そういった場面での瞬発力が足りず、惜しい減点というのが二、三箇所ありました。



タスマニアロードはひとたび雨が降ると、ツルツルに滑りやすくなり、神経をすり減らします、ウエット宣言が出れば、一割ほど指示速度が下がります。

コドライバーはペースノートの読み上げに、オンタイムか否かの時間の管理が加わって、時計を見ている間にペースノートをロスト・・・というほど
大げさなことにはなりませんでしたが、時々読み上げのタイミングが・・・ベテランの彼(コドライバは草加浩平)をして大変そうでした。

四十数年前の加速しかしないクルマで、どうやってアベレージに乗せるか。

Sタイヤを履き、ブレーキパッドも実績のあるものを装備、あとは走りの組み立て方。

効果の程はわかりませんが、ペースノートを生かしてコーナリングスピードを優先する走りにトライしてみました。

その結果がラリー5日目のタイヤローテーション。
フロントタイヤがスリップサインまで残量2mmとなり、前後入れ替え。

タイヤを減らしただけかもしれませんが、過去三回のタスマニアラリー完走後のタイヤはいずも五分山以上残っていたので、その違いだけは言えると思います。

ペースノート走法・・・コレはハマります。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NEWTON BRAKE DAY 2016

2016-05-09 09:13:28 | NEWTON BRAKE
前日のコース設定は雨。

イベント当日コースに入ってみると、綺麗に並べておいたパイロンが朝方の強風であらぬ位置に、急遽手直しをして準備完了。

朝方は曇りだったものの、始まると天気は五月晴れ。

練習内容は、これまでの検証バランススロットル練習会と同じです。



大学生から最年長は??まで。
初心者マークの人から超ベテランまで同じ練習メニューで走ります。

軽トラからスポーツカーまで持ち込み車両もいろいろ。

お昼ご飯を食べる時間もあったかなかったか、とにかく走りっぱなし、そうでなければ誰かの横に乗せてもらう。

佐藤さんのAE 86も、営業バンの本に出てくるNBロードスターの試乗も。

お互いのクルマを乗り換えたりもあるのでミニ試乗会のようでもあります。

ブレーキ!ブレーキ!ブレーキ! とか、切って切って切って、と横から声をかけられたり、
ガシッとハンドルを掴む手が横から伸びてきたり!・・・

そうそう!今のライン取りよかったですよね〜、と車内は大騒ぎ。

肝心なのは、意識すれば操作を変えられるのか。

一本調子・・・このことに気づくところから練習が始まります。

いつも思うのですが1日があっという間でした。



練習会前日のコース作りから多くの方に手伝っていただきました。

ボランティアスタッフのみなさんにも感謝!!

皆さんお疲れ様でした。

*自分のこと、練習会のこと、気がついたこと、試乗車のこと⋯⋯コメント欄にどうぞ。




コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

タルガタスマニアラリー 2016 その12

2016-05-02 21:01:45 | イベントレポート
↑↓両方ともタルガステージで走りました。



制限速度

タスマニア島を走って印象に残ったことの一つが、制限速度です。

片側一車線の道なのに、住宅地あるいは街中を除いて100km/hの速度制限看板が出てきます。

時に、センターラインが無くても100km/h制限だったりします。

当然道は曲がりくねっており、100km/h出せるのは直線が続く時だけ。
しかしその直線は多くありません。

タルガステージ(SS)はこういった道を走るのですが、ラリーカーでもアベレージ80km/hを維持するのは大変です。

キャンピングカーを引いたクルマも、一抱えもふた抱えもある丸太をうず高く積んだフルトレーラーも走っているのですが、
コーナーのはるか彼方からブレーキングを開始、コーナーに差し掛かる頃には安全速度まで落とし、
直線に出ればグイグイ加速、このメリハリが当たり前なので、前の車にイライラすることはありません。

100km/hを維持できる数少ない幹線道路は、ジャンクションはあるものの立体交差ではなく、
反対車線に出入りするには、クルマの流れの合間をぬって車線を跨ぎます!!

ほとんどのタスマニアロードはセンターラインを挟んで相対速度は200km/h!

でも道は決して広くありません、トレーラーどうしが対向するときは片輪をダートに落とします。

しかしどんな場面でもセンターラインを割って走ってくるクルマは皆無、当たり前といえば当たり前ですが、これも驚き。

相手がよけてくれるだろうの、どこかの国とはまるで違う緊張感を、対向するすべてのドライバーから感じました。

スピードは自分で管理するもの....

制限速度でスピードを管理しようとする考え方と大きな開きがあります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォーミュラフォード

2016-04-26 22:25:00 | ガレージレポート(オリジナルボックス)
一昨年、筑波サーキットで行われたフォーミュラフォードのレース見学に行きました。

その時参加していた車両の一台が入庫してきました。

アライメント調整です。

定盤の上にマシンを乗せてタイヤの空気圧調整から始めます。

キャンバー角の測定、サイドスリップ、車高と測定していきます。
今回はダンパーの取り外しは無し。

フロントのキャンバー角が片方はマイナス、もう一方はプラスキャンバーだったので調整。

サイドスリップはかなり強くトーインがつけられていたので、少し緩めてトーゼロに近いトーインに調整。

乗用車のようにサスペンションがフェンダーで覆われていないフォーミュラカーは、ピックアップポイントがむき出しなので、
教材か何かのように直接触れられて、とても作業がしやすいと言えます。

今回のマシンはそのピックアップポイントが、リヤの右側だけ3ミリほど高いのがわかりました。
定盤に上げてみるとこういったことが見えてきます。

1969年製のこのマシンもサスペンションのレイアウトは約束通りに作られているので、セッティングは通常通り。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タルガタスマニアラリー 2016 その11

2016-04-22 13:37:11 | イベントレポート
事故もなく無事帰還しました。

タスマニアラリー本番の中で車載カメラを回すのと、G-BOWLアプリを回してデータ採りをしました。

ターマックラリーのリアルデータなので、見ていただくと面白いと思います。

SSのスタートからゴールまで約6分間ほどです。

ただしフルアタックの走りではなく、そこそこアタックの走りです。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タルガタスマニアラリー 2016 ゴール!

2016-04-19 20:49:30 | イベントレポート
ゴール!

六日間のラリーの内、初日から五日目まで晴れでした.
つまりドライターマック、最終日の六日目に雨が降り、一本のSSがウエット宣言。
(ドライとウエットで指示されるアベレージが変わってきます)

もう一本がドライ宣言なのにコースの3分の2がウエットでアベレージは90km‼
いや〜〜しびれます、コドラもしびれます、いや呆れてましたね・・・の減点0。
全6日間の38SSの中で最もエキサイティング。

TE27レビンを運転したことのある方、というのは少ないかもしれませんが、
発売当時は軽いカローラの車体に、ツインカムエンジンを積んだスポーティーカーだったのです。

もちろん現代の車と比較してしまうと目立つような速さではありません。

ブレーキマスターバッグ無し(のちに付いたのかオプションだったのか、装備されたものもあるようです)
パワーステアリング無し。

フロントストラット、リヤリーフリジットアクスル。

ステアリングギヤはラックアンドピニオン式ではなく、リサキュレーティングボール式。

この方式のステアーフィールは秀逸です。

手のひらで地面を触っているかのようにタイヤグリップを感じ取れます。

ハンドルに手形が残るかと思うほど握りしめてグイッと切り込むと、
クルマの目方を感じ、地面とコンタクトしているトレッドがゴリゴリと行き先を伝えてきます。

このコーナリングスピードで大丈夫だろうか、と不安な気持ちが付いて回るパワーアシスト付きのステアリングに対して、
一瞬たりともそんな気持ちを持つことはありません。

タイヤと地面のやり取りが、「手に取るように」分かっているからです。

まさに素手、素足で大地を捉える・・・人の備え持つ感覚全てを使ってクルマを走らせる面白さはたまりません。

絶対スピードはさておいて、難しいウエット路面もドライ路面も、危なげなく楽しく走らせることができました。

28台中6位! 14位、19位。

チームは3台共に無傷でゴール・・・あの難しいコースとハイアベレージの中で。

これもパワーアシスト無しのステアリングシステムのおかげ・・・です。




コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

タルガタスマニアラリー 2016年4月13日 その2

2016-04-14 11:06:47 | イベントレポート
ラリー3日目が終わって、残り3日。
今日は38kmと36kmの長いSSがあり、中盤の山場的な日でした。

タルガタスマニアラリー参戦は今回が12年ぶり4回目になるのですが、なんといってもコースが楽しい、しかもアベレージが高い。

安全にゴールするには、ペースノートの内容を、直線重視、コーナーやや控えめの組み立てがセオリー。

ですが、今回は40数年前の車で参戦しているので、直線がどうしても遅い、そこでコーナリングスピードにウエイトを置いたペースノートにしました。

と言いつつも、ペースノート走行が即できる訳ではなく、それらしく走れているところが少し出てきた程度。

100km/h前後のスピードからブラインドコーナーにアクセル全開のまま入るのはやはり・・・

グリップ限界で突入してコーナーを読み違えたら即アウトの可能性があります。

しかしブレーキをかけ、しっかり先を確かめてからコーナーに入る走らせ方に比べれば、大きな差があります。

ブラインドコーナーの先にも必ず道はある…このドキドキがまだまだ続きます。





コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加