サスペンションを中心に毎日がまわっている、国政久郎のブログ

オリジナルボックスの業務紹介、サスペンションの話、試乗記、旅の話、諸々・・・。

365分の1

2017-04-26 13:03:07 | なんでもレポート
四輪の書の第一冊発行日がなんと私の誕生日と同じ日。

合わせたわけではなく偶然⋯⋯となると確率は365分の1。

いや実は誕生日知っていました、と言うオチはありません。

だから何ですが、1日ずれていたらそれはそれで惜しい感じがします。
月も日付も違っていたらただの発行日にすぎません。

長年、書き留めておきたいと思っていた運転の話が活字になって一冊の本になった、
その発行日が自分の誕生日と同じ日付、
本ができたことの方が何倍も嬉しいけど、
自分だけニコッとできる最後のページ⋯⋯他愛ない話ですが。

この本の帯をペットボトルに巻くと、「G bottle」になります。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ラリーモンテカルロ ヒストリック 

2017-04-22 23:46:58 | イベントレポート
東京大学のヒストリックラリープロジェクトにスバルff-1(1300G)が駆り出されることになりました。

ヨーロッパの治安に左右される懸念はあるものの、来年のラリーモンテカルロヒストリックにエントリーの予定です。

車両受け渡しが迫っているので、天日干しと室内清掃を行ないました。

無事に戻ってきても対面できるのは二年半後(二シーズン使用予定)

50うん年の歳月を経て海外ラリーに連れて行かれるとは⋯⋯ff-1も驚いているに違いありません。

クルマの運命って分からないものです。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

1300G

2017-04-17 20:16:04 | ドライブレポート
出掛けてみました。
こんな季節なんですね〜
リニアモーターカーの試験線の脇を抜けて都留市、都留峠、道志道の駅、道志道、と一筆書きしてきました、全部峠道。
行き交う車も少なく占有状態の道路をポロロロ⋯⋯
エアコンが装着されていないので、快適にドライブできる季節は今。

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

アベンシスの場合 その6

2017-04-11 09:55:35 | ガレージレポート(オリジナルボックス)
減衰値を仕込んでいく方法はチューナーによって色々ですが、
ザックリの減衰値を仕込んだところから始めて、
硬くしたり柔らかくしたりしていく方法がまずあります。

それと、減衰のない状態からまず縮み側の減衰のみを少しずつ盛り上げていき、
縮み側の「見当」がついたところで次に伸び側を盛り上げていく方法があります。

この方法だと減衰不足を感じるところから始めて、シッカリ感が出たところで盛り付けを終わらせるので
過減衰「過剰に硬くすること」を避けることができます。

前者は類似の車両があったり参考にできるデータがある時に行う方法です。

後者は初めて接するクルマだったり特別な仕様を一台だけ仕立てるといった時に行う方法と言えます。
どちらの方法を選択しても着地は同じようなものになるはずです。

チューニング作業を進めていく上で肝心なのは、あと少しというのがわかっても、
具体的に減衰値のどこを触るのかの判断ができなければ手が出せません。
めくら滅法という手もなくはないのですが、一仕様を確認するのにも相応の時間がかかるのでなんども使える手ではありません。

オリフィス領域と言われている低速、次がバルブ領域の中速、ポート領域の高速の三段階、
伸び縮み、前後があるので選択肢は12通り⋯⋯基本的なところだけで。
変更するところは一度に1箇所というのが鉄則です。
そのぶん時間がかかりそうですが、都度結果をはっきりとさせることで、結局は最短時間で終わらせることにつながります。
もう一つ大前提となるのが良い乗り心地を知っていること、良いハンドリングも同じく。
ここがサスペンションチューナーとして一番問われるところかもしれません。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アベンシスの場合 その5

2017-04-04 22:07:06 | ガレージレポート(オリジナルボックス)
ショックアブソーバを伸ばしたり縮めたりした時に発生する抵抗力を数値化したものが
減衰値と呼ばれるもので、いわば体力測定値。
硬さの目安と言えるものです。
それをクルマに取り付けるとどんな印象になるのかは走らせて確認します。
クルマが話しかけてくる揺れ、振動、応答を「感覚」で捉えて減衰値を盛りつけたり減らしたりしていきます。
この場面では「数値」で追いかけることはしません。
イメージしたカタチに荒削りから徐々に仕上げていく彫刻の過程に似ています。
大きく違うのは目で捉えられる彫刻に対して、クルマは「体感」⋯⋯何も見えません。

カラダを物差しにしてチューニングを進めていくのです。
ショックアブソーバーテスターはチューニング作業を進めていく上での補助の役目しかしません。

普段乗りで支障をきたさないギリギリ(少なめの減衰値)のところで乗り心地と、安定性のバランスを見極めつつ減衰値を決めるのですが、
あちらを立てればこちらが立たずのようなことが起きたり、対策しようとしているのに原因が掴めずなかなか進まないなんてことがあります。

今回のアベンシスがどれに当たるかはなんともですが、ある人にとって気になる乗り心地があったわけです。
しかもそれがほんのわずか⋯

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アベンシスの場合 その4

2017-03-28 12:31:07 | ガレージレポート(オリジナルボックス)
アベンシスに採用されている純正ショックアブソーバはツインチューブタイプです。
純正ショックアブソーバーは「非分解タイプ」なので、
あと少し減衰値を上げたいとか下げたいとかの調整はできません。

乗り心地が気になって、それがショックアブソーバー起因だったら丸ごと交換です。

市販されているサスペンションキットがそれに当たるのですが、
ほとんどは気に入っていて乗り心地のここだけ気になる⋯⋯に該当するようなものは市販されていません。
こんなときに「ワンオフ製作」のショックアブソーバーを選択するのも一つの手です。

ワンオフと言えば、サーキット仕様だとか、ジムカーナ仕様といった競技系、
タイムアタック系の「しつらえもの」の話に出てくるのですが、何も競技に限ったことではありません。
年月のたった旧車も、サスペンションが欲しくても手に入らないとなったらワンオフが残された手段です。

ワンオフ、つまり一品料理のショックアブソーバーはそのクルマに合わせて「新たに」減衰値を仕込むのですが、
減衰値パックなるものがあって、パックを選べば狙いの乗り心地になるなんていうコンビニ状態ではないので、
はっきり言って難しい作業です。

今回ベースにするショックアブソーバーはモノチューブ構造のものです。
全長、ストロークは、特に問題のない限り純正寸法とします。
純正の減衰値も参考にします、気になるあの動きの元はどこなのかを読み解くわけです。
そこを見つけられれば、対策がしやすくなるのは言うまでもありません。

ただし減衰グラフで見ている減衰値はショックアブソーバーが作動している時の
「ある速度点」の減衰値をプロットしたものに過ぎません⋯⋯
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アベンシスの場合 その3

2017-03-20 17:46:58 | ガレージレポート(オリジナルボックス)
ピストンスピードと減衰値の関係を表したグラフから読み取れること、
あるいは想像できることは限られているのですが、
大まかな傾向がみて取れることもあります。

今回の場合はハンドリングです。

ハンドルを操作してコーナーに入って行くときに、アウト側前輪のショックアブソーバは沈み込み、
イン側は伸び上がります。

後輪外側はブレーキングで一度伸び上がり次に沈み込みます。
内輪はブレーキングで伸び上がりさらにそこからもう一段伸び上がります。
ブレーキングなしでハンドル操作した場合は、始めの伸び上がりがないだけであとは同じ。

ハンドル操作が素早ければ連動して車体の動きが速くなるので、
一概にショックアブソーバーのピストンスピードを限定する事はできませんが、
0・05m/sec(一秒間に5cmストロークする速さ)近傍が車体が傾く時のスピード。

グラフ上の0・05m/secの数値を見ると、
伸び側が60kgf、縮み側が20kgf、
ロールして沈み込んで行く側は20kgf、
それに対して伸び上がり側は60kgfの減衰力を発生します。

同じ時間内でのストロークバランスは、数値の大きい伸び側はゆっくり少しだけ動き、
数値の低い沈み込み側は速く多くストロークすることが想像できます。

この時に片方が伸び上がりもう片方が沈み込めば、双方の間のどこかに動きの中心があるはずです。
これがロールセンターとかロール軸と呼ばれているもので、
一般的にはサスペンションのジオメトリーによって決まると言われています⋯⋯
但し従来から言われている説はあくまで幾何学上での話。

今回のようなケースでは左右のストローク量から換算して、
ストロークの少ない側に寄った位置にロールセンタがありそうです。

極端な話でいえば、内輪側の伸びストロークがゼロで、外輪側だけが沈み込んだ場合、
内輪を中心として車体が傾くと考えれば分かります。

つまり実際の動きの中心は、両輪の時間当たりストロークのバランスに影響されるということです。

アベンシスの場合内輪寄りに傾きの中心があり、外側の沈み込み量を多く感じるので、
ぐらっと倒れこむようなロールを感じるはずです。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

四輪の書

2017-03-14 16:04:47 | なんでもレポート
もう一冊、森慶太氏のメルマガで「自動車運転本」と称して連載してもらっていた内容が、
紙の本になりました。
これもアマゾンで予約受付開始です。
「別冊モータージャーナル 四輪の書」で検索すれば出てくると思います。
読めばな〜んだとなるかも知れませんが、運転の考え方の整理あるいはお手伝いになると思います。
みなさんが一番読みたいであろう超絶ドライビングテクニックが書かれた本ではありません⋯⋯念のため。
じっくりと時間をかけて読み通していただければ、自分も家族も快適なドライブが叶うのと、
モータースポーツの理解度が上がります。
安全運転の下地作りにも役に立つと思います。

本にはGボトルの帯が付いています。
炭酸飲料のペットボトルを飲み干したあと、このGボトルの帯を巻けば、
車載して簡易Gメーターとして使うことができます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

営業バン(2)

2017-03-13 23:17:16 | なんでもレポート
営業バンが高速道路をぶっ飛ばせる理由 ( 2 )

森慶太氏とのコラボ二冊目です。

もう少しで本屋さんに並びます、アマゾンで予約受付が始まりました。
「運転で疲れるのはあなたのクルマが原因です」と言うのが副題です。

前号で商用車礼賛から話を始めたのですが、なんとその商用車のステアリングに電動アシストが装着された途端、
得意だった高速道路走行が外から見てもわかるほどフラフラした走りになり、
頼むから前後を走らないでくれと言いたくなるほど速度の管理が上手くできないクルマになってしまったのです。

どうしてそうなったかを( 2 )に書きました。

レトロ趣味というわけではないのに、ここのところ一昔前のクルマの値段が上がっているように感じるのですが、
気のせいでしょうか。



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

アベンシスの場合 その2

2017-03-09 15:43:08 | ガレージレポート(オリジナルボックス)
今回のアベンシスの場合は純正サスペンションのちょっとした乗り心地の不満を解消したい、という要望をかなえることです。

例えばダンパーとスプリングをそっくり違うものにしてしまえば、乗り心地も走りも全体の雰囲気が変わってしまうので、
純正サスペンションで気になっていたところはひとまず解消するかもしれません。
しかし新たな乗り心地になっても今までとは違う不満が出てくる可能性があります。

サスペンションを根こそぎ変えたことのある人は何となく覚えがあるはずです。
いやいや 目的がそこじゃなかったので乗り心地は気にしなかった、と言われるかもしれませんが、
サーキットも走れて乗り心地もそこそこいいはずのサスペンションだったのに、
取り外す理由が見つかったらさっさと次のものに交換したりしませんでしたか?
⋯⋯スポーツキットと言っても乗り心地は気になるものです。

アベンシスのオーナー氏は高速道路を使って出かけるのが大好き。
その時の快適性を気にされているわけです。
試乗させてもらって、多分このことを言われているのだろうと思われる動きまでは分かったので、
次の行程は新たにダンパーを準備します。

デミオディーゼルに続いて、減衰仕様を仕込むワンオフダンパーで今回も対策します。

写真は純正ショックの測定データです。
圧側の線図が一本しかないのは、フロントもリヤも測定データが同じだから。
この線図と実車の走りの印象を結びつけていきます。

続く⋯⋯

コメント
この記事をはてなブックマークに追加