サスペンションを中心に毎日がまわっている、国政久郎のブログ

オリジナルボックスの業務紹介、サスペンションの話、試乗記、旅の話、諸々・・・。

痛い!

2017-02-14 15:53:16 | ガレージレポート(オリジナルボックス)
なんとも表現しずらいド派手な外装といえばイタ車ですが、それと見分けがつかないくらいの競技車を預かりました。

写真はその車についていた、フロントストラットの倒立タイプシリンダーです。
クルマはランサーEvoX、ジムカーナ仕様。

ストラット形式のサスペンションは、ストラットが減衰機能とサスペンションの支柱を兼ねているので、
伸び縮みしながら、タイヤの倒れ方向の力、ブレーキング時にキャリパーが受ける力、
トラクションがかかった時の車体を駆動する力などを常時曲げ方向(折方向)に受けています(数千ニュートン)今更な話ですが⋯⋯

今回こうなった理由として考えられるのはジムカーナ用に仕立てられた硬いバネ、高い減衰値との組み合わせの影響です。
(ここまで一度も手入れされていなかったというのが一番の理由ではあるのですが)

硬いバネは少しのたわみ量で大きな荷重を受け留め、高減衰は時間当たりのストローク量を少なくする働きをします⋯⋯
つまりほとんどストロークしないサスペンションセッティングにしたことで、力の逃げ場はストラットに集中します。

ストラットが通常の何倍もの力(曲げ方向の力)受ければ摺動部の面圧も上がりグリス切れが起きやすくなります。
さらに短いストロークで摺動し続けるのでグリスは拭い取られる一方、グリスの供給を得られるところまで擦れている箇所がストロークしないので、慢性的な潤滑不足に陥ります。
潤滑なしで強烈な横Gを受ければ倒立シリンダーのメッキが剥がれるのは当然です。

市販車に採用されている倒立タイプは柔らかいバネ、低い減衰値、長いストロークで入力を受け止めます。
大きくストロークすればグリス潤滑機能も働き、手入れの期間は比較的長めでも大丈夫なように作られているのですが、グリス潤滑は安定的ではなく手入れは必ず必要です。

改造車にすると走らせ方も影響してサスペンションの負荷が格段に大きくなる分、二乗分の一三乗分の一に寿命が縮まることを理解しておかないと、イタい結果がやってきます。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

工作の時間 8

2017-02-10 17:25:13 | なんでもレポート
エアーゲージの「テスター」またはチェッカーと呼ばれるものがあるはずなのにあまり見かけません。

エアーゲージは「測定器」なので定期的に校正またはチェックが必要です、しかし現実問題校正できるタイプは少なく使い捨てのものが大半です。
精度はそれなりといっていいのか信用するしかありません。

タイヤ内圧の管理を厳しく問われるレースの世界では、タイヤサービスに出向いて「マスターゲージ」と自チームのタイヤゲージをご対面させます。

機能しているか⋯示す値は正しいか⋯当たり前のことですが失敗するとレース結果に出てしまいます「オチ」を作らないためのチェックということです。

キッカケは、工場で使っているエアーインフレータのホースがヒビ割れてきたので、
部品交換ついでにエアーゲージの校正もお願いしますと取り扱い代理店に送ったところ、
このゲージは校正できませんと言われこれも新品と取り替え。

新しいゲージがやってきたので、工場で使っているその他のエアーゲージとご対面させたところ、表示される数値はどれもバラバラ。

いつも悩んでいたことなので、これを機にとデジタル表示の圧力計を手に入れてエアーゲージの「テスター」つまりマスターゲージのようなものを作りました。

デジタル表示の圧力計には、大気圧補正の機能が付いているのと、小数点以下二桁表示⋯⋯おそらく大丈夫ではないかと。

これで代理店に出さなくてもエアーゲージの校正(チェック)ができます。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春を告げる板金ハンマーの音

2017-02-07 16:16:08 | イベントレポート
春の足音ではなく板金ハンマーの音から浅間火山耐久レースのシーズンイン。

といっても開幕戦までには少し時間があるのですが、昨年の古傷が残ったままの88号車を修復するところから作業スタートしました。

別途手に入れたビビオのインジェクション車をみると、左前がストラットタワー、サイドフレームまで歪んでいて、
大掛かりな修復作業となりそうなので一時保留⋯⋯

先ずは88号車に集中です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

G-BOWL 2017

2017-02-02 12:50:33 | G-BOWL
SUPER GT file ver,3
見開きページにドカンとG-BOWL が紹介されています。
GT500の3Gドライビングの世界が0・4GのG BOWLドライビングの延長線にあることが、ドライバーのコメントからも理解できる。
重力とどう付き合って味方につけるか。
モータースポーツの醍醐味はそこにある⋯⋯(本文から)

それと興味を引くのは、イギリス在住のコーチングプロに現役の日本人GTドライバーがレッスンを受けた話。

国内でもプロドライバーにアマチュアドライバーが教わるというケースはあるのですが。
ロブウイルソン氏の場合「謎の人物」としか見えないし、教わりに行くのが現役のトップドライバー、いくつかのF-1チームともコンサルティング契約をしている。
だれも知らないような秘策があるのかと思って読んでみると⋯⋯⋯
ここから先は本を手に入れてください。

モテギ最終戦のチャンピオンチームのスタートからゴールまでの編集なし車載DVDが付録です。

この映像から読み取れるものがいっぱいあります。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

F-3 レーシングダンパー

2017-01-29 11:34:48 | セッティングレポート(SUSPENSIONDRIVE)
F-3 レース車両のダラーラに純正装着(公認部品)されているダンパーが送られてきました。
早速ダンパーテスターにかけて健康状態のチェック。

レース用ダンパーといえば別タン、減衰力調整も伸び圧独立していて、さらに高速、低速が調整できる4ウエイ、
中には6ウエイ(どう変わるのか把握していませんが)そして派手にカラーコーディネイトされていて、いかにもな外観に見えるのがフツーなのですが、
送られてきたコニー製のダンパーは黒一色。

減衰力調整機構は、伸び側と圧側が独立して調整できる2ウエイ。
見ての通り別タン式でもありません。

外観は地味なのですがテスターにかけてビックリ、減衰のばらつきが少ないのはもちろんのこと、
減衰波形でヒステリシスループを確認すると⋯⋯ヒスが少ない!
これまで見てきた中でもかなり優等生の部類。
オオッと声が出そうになるレーシングダンパーらしいレーシングダンパーでした。
外観からは想像できませんが。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟へ

2017-01-24 22:56:38 | ドライブレポート
雪の高速道路を使って新潟へ。
待ち合わせ時刻から所用時間を逆算してさらに雪道の「何か」を考えて一時間半ほど早めに出発。
はたして高速道路に付き物の最初の渋滞は5分ほどのノロノロから始まり、次の渋滞は◯k/50分の表示、
直近のインターを出て一つ先のインターまで下道移動、高速道路に戻ったら目の前で事故処理中、
三度目は冬タイヤチェックの「人工渋滞」よちよち歩きで一時間。
冬道にこんなオチがあるとは・・・
結局一時間半の余裕シロを使い切って5分遅れで現着、読みが当たって喜んでいいのかどうか。

途中関越トンネルを抜け、ダラダラと下っていくところで、
安全運行管理のことなど知りませ〜んと叫びながら90km/h〜100km/hで追い越していくバスがいるのに「しかも連なって」ア然⋯⋯
(この日は全線最高速50km/h表示)

前後にクルマがいないところでABSチェック(ABSを作動させれば路面μを測定できます)
予測通り0・3〜0・4Gあたり。
フルブレーキした時の制動距離が舗装路の二〜三倍に伸びる計算です。

仮に真横になって停まっている車を発見したとして、80km/hからだとぶつからないで止まるには
100m以上必要(ブレーキをかけ始めてからの計算)100km/h出ていたら150m必要、
下り坂によっては制動途中でゲームオーバーのゴングが鳴るはずです。

こうやって速度なりを具体的な数値で示して話すことで、説得力があるような気にはなるものの、
もっと「本能」に従った速度の選択ってできないもんだろうか、というのが今回の旅で感じたこと。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボルボ polestar

2017-01-21 21:50:06 | 試乗レポート
減衰力調整式オーリンズダンパーと、フロント60Nとリヤ67Nのハードスプリングが装着されているボルボS60 polestarがやってきました。

改造車ではありません、このままの仕様で売られている新車(限定車)です。

前後ショックの減衰調整(三十段)を動かして「走り」と「乗り心地」がどう変わるか、そして程よいところを探してみよう・・という自動車雑誌の取材です。

もちろんユーザーマニアルには推奨設定が明記されています。
減衰調整のクリックはあなたにお任せ⋯⋯ではありません、一応。

参考までにその推奨設定に出てくる項目を書き出して見ると。
⑴基本設定⋯⋯F10/R10 試乗会などこの設定のようです、今回クルマが届いた時の仕様がこれでした。
⑵乾いた舗装 F10/R/5
⑶濡れた舗装F15/R5
⑷雪F20/R10
⑸氷F15/R5
⑹快適F20/R15
⑺悪路F15/R13
この中で⑶と⑸が同じ設定で、他は全て前後の組み合わせが異なります。
当然、雪、氷のシーンではスタッドレスタイヤ装着が対象になるものと思われます。

しかし、今回の私の役目は減衰調整をするだけ、メインテスターは別の方。

毎回この手のテスト走行をした後、人はどこからなにを感じ取っているのか不思議でなりません。

ドライバーの感覚だけで乗り心地、振動、ハンドリングの違いを嗅ぎ分けることができる⋯⋯人の能力って凄い!・・・わけですよ。

掲載誌はルボランのボルボ特集号とかいってました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

運転標語!8

2017-01-19 09:15:37 | なんでもレポート
◯ウインカーとストップランプとハンドル操作。

>進路変更はどんな時でもウインカーから。


◯運転の話は喧嘩の種。

>言われた方もね~何やっていいのか分からんのですよ、癪に触るけど。


◯パンクして、スペアタイヤのパンク知る。

>パンクしたら◯◯Fを呼んでタイヤ交換してもらう時代・・・呆れます。


*注 個人の感想によるものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

運転標語!7

2017-01-15 12:32:20 | なんでもレポート
◯速度・リズム・距離の順番。


>前走車との車間距離の取り方。


◯シフト操作が簡単だからオートマ免許。


>いえいえシフトミスが命取りになりかねません、MT車はその点気楽です。


◯流れを掴む、流れに乗る、流れを乱さない高速道。


>協調性に欠ける走りは周りが迷惑、迷った時は一匹狼。


*注 個人の感想によるものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

運転標語!6

2017-01-11 18:20:24 | なんでもレポート
◯運転の、上手さと速さの勘違い

> 速さは助手席の人を怖がらせるだけ、安心させられるのは上手さ。

◯疲れを感じる前に休憩。

> 「疲れたら休憩」ではなく長距離を移動する時はテンポよく休憩するのがコツです。

◯スポーツカーはスピードが出るから危ない。

> 試作段階の自動運転スポーツカーはこんなもんかも・・・


*注 個人の感想によるものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加