バリウム日記 がんの早期発見をめざして
おもに胃X線検査など医療に関する話題提供です。
 



こんにちは、すきくぴです。

久しぶりのコメントです。

突然ですが、皆様の夢は何でしょうか?
何か夢をもって仕事をされていますか?
それとも何となく生活をされていますか?

仕事をしていて今後のあり方を考えた場合、将来の夢とは何でしょう。

職場の経営状況があまり良くないので、なおさら思うすきくぴです。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




仕事の能率を上げる最強最速のスマホ&パソコン活用術
クリエーター情報なし
朝日新聞出版


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




絹笠式 静岡がんセンター大腸癌手術(DVD付)
クリエーター情報なし
南江堂


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




大腸癌治療ガイドライン 医師用 2016年版
クリエーター情報なし
金原出版


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




発見例100例にみる胃癌X線診断の究極
クリエーター情報なし
ベクトル・コア


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




新・胃X線撮影法ガイドライン 改訂版(2011年)
クリエーター情報なし
医学書院


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




社内プレゼンの資料作成術
クリエーター情報なし
ダイヤモンド社


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちは、昨年から月平均1回程度のプレゼンを行うすきくぴです。

プレゼンを行う機会が多くなってきていることもあり、スティーブ・ジョブズの脅威のプレゼンを読んで勉強中です。

スティーブ・ジョブスとは、iPhoneを世に知らしめた有名なプレゼンテーターです。

スティーブ・ジョブスの脅威のプレゼンを読んでいますと、スティーブ・ジョブスのスライドには、文字がほとんどでてきません。

出てくるのは絵ばかり。

なぜ絵が多いかといいますと、聴衆はプレゼンテーターの話しを聞きながら、スライドをみてなおかつ頭を整理するという大変の作業を行いながら、参加しているわけです。

そんな大変な状況のため、スライドに文字が多いと、頭を整理することやプレゼンテーターの話しを理解することが難しくなってしまう。疲労が多くなるわけです。文字が多いスライドは聴衆を疲れさせます。

絵だけでわかる内容であれば、文字をなくしましょう。

プレゼンは書籍と何が違うのか。文字は書籍に任せて、プレゼンでは極力、絵で勝負です。

ひとつ勉強になったすきくぴでした。



スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン
クリエーター情報なし
日経BP社




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちは、すきくぴです。

現在、プレゼンの勉強中でして、スティーブ・ジョブズの驚異のプレゼンを読んでいます。

スティーブ・ジョブズはiPhoneで有名なプレゼンテーターの一人です。
彼のプレゼンに魅せられてiPhoneを購入した人も多いと聞きます。

そんな彼のプレゼンを少しでも吸収できるよう、スティーブ・ジョブズの驚異のプレゼンを読んでいるところです。


スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン
クリエーター情報なし
日経BP社


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちは、すきくぴです。

先日、大腸のCTや胃透視について講演をする機会がありまして、今年ではや5つ発表させていただきました。

これも各関係者の方々からのご協力あってのことです。この場を借りて厚くお礼を申し上げます。

さて、この5つの講演回数ですが、昨年は8つで過去最高でした。

このペースでいきますと、自己を更新します。

次は6月に胃がん検診のバリウムと内視鏡検査の精度の比較を発表する予定です。

6月ということで、少し余裕があります。

この期間を使って、改めてプレゼンの勉強中です。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン
クリエーター情報なし
日経BP社


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ