自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ

映画作りの糧とすべく劇場鑑賞作品徹底分析(ネタバレ)
ブロガー37名による「00年代映画ベストテン」発表

ブロガーによる00年代映画ベストテン 【3】「選出・集計ルールと、エントリー詳細」

2010-02-19 00:30:20 | ブロガーによる00年代映画ベスト
00年代ベストテンへの投票ページ。(エントリーは2009年2月14日をもって〆切りとしました。)
投稿・集計ルールを記事中に記載
選出者37名それぞれの00年代映画ベストテンの詳細は、本記事のコメント欄を参照


---------
ブロガーによる00年代映画ベストテン TOPページへ
ブロガーによる00年代 日本映画ベストテンへ
ブロガーによる00年代 外国映画ベストテンへ
投稿ルールと、投稿内容詳細のページへ
ブロガーによる00年代ベスト映画 分析ページへ
編集後記へ


*****ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン募集*****

日ごろからこよなく映画を愛し、新作映画の批評やレビューの記事を更新してくださる映画ブロガーの皆さん、こんにちは
2009年が終わり、2010年が始まりました。
21世紀から数えるとやっと10年目に入ったところでありますが、2000年から始まった「00年代」という10年紀で考えると区切りの年が終わったわけでございます。
そうした区切り・節目の年である本年ですので、これから多くの映画雑誌などで「00年代の映画ベストテン」などが企画されていくことと思います。(すでに「映画秘宝」誌で行われていますが)
そこで提案したいのですが、しがらみのない我ら映画ブロガーで、00年代の映画ベストテンを発表し、世に映画ブロガーの存在を誇示しようではありませんか
などという、大望を抱いているわけではなく、区切りの時期に00年代を過ごした一般映画ファンによる10年間のふり返りをしてみたいと思ったわけです
お気軽に、参加していただければ幸いです
以上の趣旨と、以下のルールにご賛同いただけましたなら、本記事のコメント欄に00年代の映画ベストテンを是非とも投稿してください。よろしくお願いします。

00年代ベストの中間集計結果はこちら→第二次中間発表 第一次中間発表

ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン
****エントリーのルール*****
ルール1 対象作品について

・1-1 基本的には2000年1月1日から2009年12月31日までの間に、選考者が初めて観た新作劇場用映画を対象とする
   2000年1月に観た1999年12月公開作品、2010年1月に観た2009年12月作品を含めてもよい
   海外や映画祭等で一般公開より早くみた作品を含めてもよい
・1-2 商業用劇映画に限らず、非営利目的のドキュメンタリー、教育映画、自主映画も対象とする
・1-3 DVDやテレビ放送で鑑賞した作品をランクインしてもよいが、テレビドラマなど劇場映画でないものは対象外とする

ルール2 投稿の決まりについて
・2-1 本記事のコメント欄への投稿をもって、00年代ベストテンへのエントリーとする
・2-2 本記事の末尾に付したテンプレートを本記事のコメント欄にコピー&ペーストして投稿する
   ※(コメントの字数制限は2000文字。テンプレートの字数は改行・スペース含み約280文字)
・2-3 投稿には自身のブログへのリンクを付ける。そのリンクのない投稿は基本的に無効とする
   ※(何らかの方法で投稿者が特定可能な場合はエントリーを認める)
・2-4 同一ブログからの複数投稿は、最初の1回目の投稿のみを有効とする
   ※二重投票、悪意によるエントリー操作を回避するため
・2-5 投稿内容の変更・追加要請には基本的には応じない。
   ※明らかに書きかけで投稿してしまった場合などは、その旨を記載して再投稿していただければ、対処を検討いたします。
・2-6 2010年2月14日23時59分59秒以降の投稿は無効とする

ルール3 順位と集計について
・3-1 日本映画、外国映画それぞれで、10作品を選び、かならず第1位から第10位まで順位を付ける
・3-2 1位10点、2位9点、~ 10位1点、で点数を配分し、集計する
・3-3 同順位の存在、順位の記載なし、10作品以上・・・等の投稿に対しては、投稿者の意向に依らず、記載されている順番に当ブログ管理人が1位から10位まで順位をつける
・3-4 作品数が10に満たない投稿の場合、最低位の作品に1点、以降順位が上がるごとに1点加算とする。
   ※(つまり1作品のみの投稿の場合、1点として計上します。)
・3-5 明らかに2000年代に該当しない作品が含まれていた場合、その作品の順位は欠番とし、ルール3-3、3-4、4-2に順じて点数配分する
   ※(例・・・第5位に「七人の侍」と記載した場合、9作品でのエントリーとみなします。)
    (追記・・・目安として1998年以前の作品について本ルールを適用するものとします)
・3-6 日本映画、外国映画それぞれで、00年代のベスト監督、女優、男優を1名選出する
・3-7 監督・男女優に関して、同一欄に複数名の記載があった場合、記載順の一番目のみをエントリー対象とみなす
   ※(ただしアンドリュー・ラウ&アラン・マック、ジョエル・コーエン&イーサン・コーエンなどのコンビ監督は、二人で一つのエントリーとする)

ルール4 補足
・4-1 日本映画か外国映画かの判断は投稿者に委ねるものとする
・4-2 シリーズ物の場合、シリーズまとめて1つの順位にエントリーした場合、および、シリーズの第何作目か特に記載の無い場合は、第一作への投稿とみなす
   ただし、第一作が2000年代より前の作品の場合は、2000年代の中で一番古い作品への投稿とみなす
   ※ 例
   「ロード・オブ・ザ・リング シリーズ」と投稿した場合、第一作への投稿とみなす
   「デス・ノート」と投稿した場合、「デス・ノート前編」への投稿とみなす
   「スター・ウォーズ」と投稿した場合、「エピソード2 クローンの攻撃」への投稿とみなす(「エピソード1」は1999年作品のため)
・4-3 ベストテンエントリー以外の投稿は掲載しないものとする
・4-4 エントリーテンプレートのコメント欄を使って、他の投稿者への度を過ぎた批判・中傷を行っていると当ブログ管理人が判断した場合、その投稿は掲載しない
・4-5 管理人判断により上記ルールの例外を認める場合がある。

エントリー用テンプレートこの下の行からコピー
****ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン****
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『』
2位『』
3位『』
4位『』
5位『』
6位『』
7位『』
8位『』
9位『』
10位『』

日本映画00年代ベスト監督『』
日本映画00年代ベスト女優『』
日本映画00年代ベスト男優『』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『』
2位『』
3位『』
4位『』
5位『』
6位『』
7位『』
8位『』
9位『』
10位『』

外国映画00年代ベスト監督『』
外国映画00年代ベスト女優『』
外国映画00年代ベスト男優『』

【コメント】
「」

****ここまで****
---------

********
↓面白かったらクリックしてね
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

人気blogランキング

自主映画撮ってます。松本自主映画製作工房 スタジオゆんふぁのHP
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (36)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブロガーによる00年代 映画ベス... | トップ | ブロガーによる00年代映画ベスト... »
最近の画像もっと見る

36 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今年中に考えました (ノラネコ)
2010-01-02 00:01:05
ああ、リンクを入れずに投降しちゃいました。
おまけにクレしんのタイトル間違ってるし。
すみませんが、こちらと入れ替えてもらえますか。

【00年代 日本映画ベストテン】
1位『誰も知らない』
2位『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』
3位『千と千尋の神隠し』
4位『たそがれ清兵衛』
5位『GO』
6位『空気人形』
7位『かもめ食堂』
8位『アフタースクール』
9位『東京ゴッドファーザーズ』
10位『虹の女神』

日本映画00年代ベスト監督『是枝裕和』
日本映画00年代ベスト女優『ペ・ドゥナ』
日本映画00年代ベスト男優『野原しんのすけ』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』
2位『殺人の追憶』
3位『アバター』
4位『ダークナイト』
5位『ミリオンダラー・ベイビー』
6位『チェイサー』
7位『グラディエイター』
8位『モンスターズ・インク』
9位『シティ・オブ・ゴッド』
10位『パンズ・ラビリンス』

外国映画00年代ベスト監督『ピーター・ジャクソン』
外国映画00年代ベスト女優『ケイト・ウィンスレット』
外国映画00年代ベスト男優『ソン・ガンホ』

【コメント】
「10年分を凝縮するのはさすがに難しい・・・。一応、劇場で観た物に絞って選びましたが、記憶から抜け落ちてるのも多そう。「LOTR」は本来三本で一つと思うので、トリの「王の帰還」に代表させました。日本映画のベスト男優は、この人と思い浮かぶ人が彼しかいなかったので。ダメ?(笑)」
00年代の映画ベストテン投稿 (タニプロ)
2010-01-02 01:16:03
****ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン****
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『剱岳 点の記』
2位『ぐるりのこと。』
3位『GO』
4位『河童のクゥと夏休み』
5位『フラガール』
6位『顔』
7位『愛のむきだし』
8位『天然コケッコー』
9位『雪に願うこと』
10位『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』

日本映画00年代ベスト監督『根岸吉太郎』
日本映画00年代ベスト女優『麻生久美子』
日本映画00年代ベスト男優『香川照之』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『グラン・トリノ』
2位『パンズ・ラビリンス』
3位『少林サッカー』
4位『ダークナイト』
5位『グエムル 漢江の怪物』
6位『ミスティック・リバー』
7位『チェンジリング』
8位『母なる証明』
9位『ミリオンダラー・ベイビー』
10位『キング・コング』

外国映画00年代ベスト監督『クリント・イーストウッド』
外国映画00年代ベスト女優『ナオミ・ワッツ』
外国映画00年代ベスト男優『ソン・ガンホ』

【コメント】
「外国映画は、まさしくクリント・イーストウッドがダントツで印象に残ります。彼の凄いところは傑作ばかりな上に、常に抜群のタイミングであったり、なによりいつ見ても良い内容になっているところ。
日本映画は、どういうわけかベテランと言えるキャリアの監督に秀作を作り続けられる人が殆ど浮かばないのが不思議であり、残念。
それでもただ一人、根岸吉太郎監督を挙げます。根岸監督は派手な映画こそ無いかもしれないですが、出てくる人達を拳を握り締めて
一生懸命応援したくなる映画が多いです。そして俳優ではとにかく香川照之氏のイメージが強いです。」
イーストウッド!イーストウッド! (Kei)
2010-01-02 22:28:10
****ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン****
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『おくりびと』
2位『たそがれ清兵衛』
3位『愛のむきだし』
4位『フラガール』
5位『顔』
6位『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』
7位『ALWAYS 三丁目の夕日』
8位『パッチギ!』
9位『ゆれる』
10位『GO』

日本映画00年代ベスト監督『園 子温』
日本映画00年代ベスト女優『宮沢 りえ』
日本映画00年代ベスト男優『オダギリジョー』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『グラン・トリノ』
2位『ミリオンダラー・ベイビー』
3位『硫黄島からの手紙』
4位『父親たちの星条旗』
5位『スペース・カウボーイ』
6位『母なる証明』
7位『殺人の追憶』
8位『グエムル -漢口の怪物‐』
9位『善き人のためのソナタ』
10位『少林サッカー』

外国映画00年代ベスト監督『クリント・イーストウッド』
外国映画00年代ベスト女優『アンジェリーナ・ジョリー』
外国映画00年代ベスト男優『クリント・イーストウッド』

【コメント】
「10年を総括する…というのはなかなか難しいですね。昨年度ベスト等に比べて、かなり忘れかけている作品もありますし。そんな中、今も記憶に鮮明に残っている作品を重点的に選んでみました。
日本映画:『クレしん』は『オトナ帝国』も入れたかったのですが、こちらに絞りました。あとテンから洩れたのは『千と千尋の神隠し』、『河童のクゥと夏休み』、『時をかける少女』など。おっと、アニメばかりになってしまいました。
ベスト監督は山田洋次も候補でしたが、今さらという事で、今後も期待の園子温に。宮沢りえは『父と暮らせば』と合わせて。
外国映画:気が付けば、上位はクリント・イーストウッドとポン・ジュノばっかりになってしまいましたが、とにかくこの2人は凄い!としか言いようがありません。とにかく2人とも1本も駄作がないのです。イーストウッドは俳優としても『グラン-』「ミリオン-』に「スペース-』それに『ブラッド・ワーク』と、本数的にも質的にも他を圧倒してます。まさに00年代を疾風の如く駆け抜けたスーパー・オールドメンと言えましょう。上記以外に、まだ『ミスティック・リバー』「チェンジリング』、来年公開の『インビクタス』(09年製作)もあるし…。こうなれば、いっそ100歳まで映画を作って欲しいものです。」
ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン (befmap)
2010-01-03 01:21:02
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『ゆれる』
2位『誰も知らない』
3位『千と千尋の神隠し』
4位『時をかける少女』
5位『リリィ・シュシュの全て』
6位『まぶだち』
7位『ウォーター・ボーイズ』
8位『おくりびと』
9位『かもめ食堂』
10位『パッチギ』

日本映画00年代ベスト監督『山田洋次』
日本映画00年代ベスト女優『蒼井優』
日本映画00年代ベスト男優『香川照之』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『ダーク・ナイト』
2位『ロスト・イン・トランスレーション』
3位『ノー・マンズ・ランド』
4位『シティ・オブ・ゴッド』
5位『メメント』
6位『ビフォア・サンセット』
7位『エターナル・サンシャイン』
8位『007/カジノ・ロワイヤル』
9位『アバター』
10位『サイドウェイ』

外国映画00年代ベスト監督『マーティン・スコセッシ』
外国映画00年代ベスト女優『ケイト・ウィンスレット』
外国映画00年代ベスト男優『ジョニー・デップ』

【コメント】
難しいですね。
何をもってして「良い映画」として順位付けするのか。専門的な見方が出来るわけでもないので、とりあえず、個人的に多くを得た・学んだ作品順に並べてみました。
宜しくお願い致します。
ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン (AKIRA)
2010-01-03 18:30:23
【00年代 日本映画ベストテン】

1位「ガメラ3 邪神覚醒」
2位「GO」(行定勳)
3位「ピンポン」
4位「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」
5位「時をかける少女」(細田守)
6位「フラガール」
7位「下妻物語」
8位「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」
9位「河童のクゥと夏休み」
10位「崖の上のポニョ」

日本映画00年代ベスト監督『原恵一』
日本映画00年代ベスト女優『麻生久美子』
日本映画00年代ベスト男優『香川照之』


【00年代 外国映画ベストテン】

1位「ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間」
2位「マトリックス」
3位「スターウォーズ エピソード3」
4位「殺人の追憶」
5位「ダークナイト」
6位「グラディエーター」
7位「シックス・センス」
8位「恋に落ちたシェイクスピア」
9位「グラン・トリノ」
10位「ミリオンダラー・ベイビー」

外国映画00年代ベスト監督『クリント・イーストウッド』
外国映画00年代ベスト女優『ケイト・ブランシェット』
外国映画00年代ベスト男優『ヒース・レジャー』


【コメント】
壮大なベストテンで悩みました!
でも楽しかった~。
ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン (kenichi)
2010-01-04 00:29:48
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『誰も知らない』
2位『歩いても 歩いても』
3位『ディア・ドクター』
4位『リンダ リンダ リンダ』
5位『ハッシュ!』
6位『天然コケッコー』
7位『ゆれる』
8位『バトル・ロワイヤル』
9位『ジョゼと虎と魚たち』
10位『それでもボクはやってない』

日本映画00年代ベスト監督『是枝裕和』
日本映画00年代ベスト女優『寺島しのぶ』
日本映画00年代ベスト男優『加瀬亮』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『エターナル・サンシャイン』
2位『パンズ・ラビリンス』
3位『ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間』
4位『ハピネス』
5位『ノー・カントリー』
6位『イングロリアス・バスターズ』
7位『クラッシュ』
8位『ブロークバック・マウンテン』
9位『イン・アメリカ 三つの小さな願いごと』
10位『インファナル・アフェア』

外国映画00年代ベスト監督『ピーター・ジャクソン』
外国映画00年代ベスト女優『ケイト・ブランシェット』
外国映画00年代ベスト男優『ベニチオ・デル・トロ』

【コメント】
「初投稿です。今年の賞レースからこっそり見てました。映画の文法も知らないので、邦画は似たような監督ばっかり、洋画はなんだか小品も混ざりつつ…。
是枝監督は1,2位独占ですから当然。つーか好みか。
女優は総合点で行けば蒼井優ですが、敢えて捻り玉で寺島しのぶ『ヴァイヴレータ』の天才演技に。
男優も香川照之にすべきでしょうが、『それでもボクはやってない』と『重力ピエロ』がとにかく良かった加瀬亮に。
ピーター・ジャクソンは指輪物語+キングコングで。
女優はもうこの人しかいないよなあ。
デル・トロは『トラフィック』の革新的かっこよさと、『12グラム』の集中力で。」
ほぼ2000年代後半のベスト10 (きぐるまん)
2010-01-04 16:00:30
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』
2位『座頭市(北野武版)』
3位『空気人形』
4位『トウキョウソナタ』
5位『風花』

日本映画00年代ベスト監督『是枝裕和』
日本映画00年代ベスト女優『木村多江』
日本映画00年代ベスト男優『ビートたけし』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『エスター・カーン めざめの時』
2位『グラン・トリノ』
3位『アワーミュージック』
4位『我が至上の愛 ~アストレとセラドン~』
5位『百年恋歌』
6位『リミッツ・オブ・コントロール』
7位『ランジェ公爵夫人』
8位『イングロリアス・バスターズ』

外国映画00年代ベスト監督『アルノー・デプレシャン』
外国映画00年代ベスト女優『エマニュエル・ドゥヴォス』
外国映画00年代ベスト男優『クリント・イーストウッド』

【コメント】
「順位はまだしも、作品の評価そのものにはある程度(笑)責任をもつためにも、拙ブログにレビューをアップしている作品の中から選ばせていただきました。
そのため、2000年代ではなくほぼ2000年代後半のベスト10になっていることをお断りしておきます。
また同一監督の作品は1作品に絞ったこともあってベスト10に作品数が足りません。
期間が半分ですのでせめて5本は選びたいということで、日本映画の5位はレビューをアップしていない『風花』を入れています。
あしからずご了承ください。
ベスト10に数が満たなかったことで、改めてまだまだ映画を観ていないなあと実感した次第です。
蛇足ながら『座頭市』は『Dolls』に、『エスター・カーン』は『キングス&クイーン』に、『グラン・トリノ』は『ミスティック・リバー』をはじめとする一連のイーストウッド作品に、『アストレとセラドン』は『グレースと公爵』に、『百年恋歌』は『ミレニアム・マンボ』に、それぞれ差し替える(笑)ことも可能です。」
パク!チャヌク! (ヒッチ)
2010-01-05 12:27:41
****ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン****
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『運命じゃない人』
2位『おくりびと』
3位『ハルフウェイ』
4位『時をかける少女』(細田守)
5位『WEEKEND BLUES』
6位『サマーウォーズ』
7位『アフタースクール』
8位『百万円と苦虫女』
9位『ゴーヤーちゃんぷるー』
10位『容疑者Xの献身』

日本映画00年代ベスト監督『内田けんじ』
日本映画00年代ベスト女優『蒼井優』
日本映画00年代ベスト男優『藤原竜也』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『オールド・ボーイ』
2位『グラントリノ』
3位『ミリオンダラー・ベイビー』
4位『復讐者に憐みを』
5位『2012』
6位『ダークナイト』
7位『チェンジリング』
8位『その土曜日、7時58分』
9位『イースタン・プロミス』
10位『ファム・ファタール』

外国映画00年代ベスト監督『パク・チャヌク』
外国映画00年代ベスト女優『アンジェリーナ・ジョリー』
外国映画00年代ベスト男優『クリント・イーストウッド』

【コメント】
「この十年間というのは非常に悩みましたがとても面白かったです。
まず日本映画ですが良作は沢山あるので、映画的な面白さや価値からすれば変わってくるとは思うのですが、今回は個人的な好みなども含めてランキングをつけさせていただきました。
とは言ってもやはり『運命じゃない人』や『WEEKEND BLUES』『アフタースクール』など内田けんじの作品は、ずば抜けて良かったです。まさに彼は00年代のベスト監督であり、ベストな脚本家だと思います。
俳優さんは出演作品そのものよりも演技を重視して選びました。
外国映画は復讐三部作のパク・チャヌクがベストだと思います。イーストウッドとかなり迷ったのですが、期待の意味を込めてパク・チャヌクに。
クローネンバーグの新境地を魅せた『ヒストリー・オブ・バイオレンス』や『イースタン・プロミス』も良かったですし、ランキング外ではありますが『1408号室』『アイズ』『ミラーズ』『激情』(未公開)も娯楽作品でありながらとても素晴らしい作品だったと思います。
俳優は男優でかなり悩みました。個人的にイーサン・ホークもイイかなと思ったのですが、ここはやはりイーストウッドで。
個人的な好みと真面目な評価が混ざったランキングになったと思います」
Unknown (sakurai)
2010-01-05 14:37:03
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『愛のむきだし』(09)
2位『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!アッパレ戦国大合戦』(02)
3位『かもめ食堂』(06)
4位『誰も知らない』(04)
5位『ゆれる』(06)
6位『ひゃくはち』(08)
7位『住井すゑ 百歳の人間宣言』(04)
8位『顔』(00)
9位『河童のクゥ夏休み』(07)
10位『ウォーター・ボーイズ』(01)

日本映画00年代ベスト監督『園 子温』
日本映画00年代ベスト女優『小林 聡美』
日本映画00年代ベスト男優『香川 照之』


【00年代 外国映画ベストテン】
1位『酔っぱらった馬の時間』(03)
2位『エレニの旅』(05)
3位『インファナル・アフェア』(03~05)
4位『落下の王国』(08)
5位『地球を守れ!』(05)
6位『輝ける青春』(05)
7位『イースト・ウェスト/遥かなる祖国』(02)
8位『ことの終わり』(00)
9位『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』(00)
10位『真珠の耳飾りの少女』(04)


外国映画00年代ベスト監督『バフマン・ゴバディ』
(『酔っぱらった馬の時間』のみならず、『亀は空を飛ぶ』など、どれもものすごい)
外国映画00年代ベスト女優『ケイト・ブランシェット』
外国映画00年代ベスト男優『アンディ・ラウ』

【コメント】
「総数1872本から選びました。その時のベストとして選んだのと、必ずしも一致してないのがおもしろいです。
人の気持ちは、げに移ろいやすいものだなぁと。でも、生涯のベストは、ほとんど揺るいでないことに今更ながら気づかせてもらいました。
上の20本は、ほとんど入ってない。(邦画は別)
外国映画はさすがに選ぶのがキつ。『ロード・オブ・ザ・リング3部作』と『イギリスからきた男』もはずしたくない・・。『アメリカンヒストリーX』いいしなああ。
とにかく、また10年後、元気に映画を見続けられているといいですね。」
お久しぶりです。お声かけて頂きありがとうございました。卒論の息抜きがてらランキング。 (タマエ)
2010-01-06 01:32:03
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『秒速5センチメートル』
2位『ハウルの動く城』
3位『時をかける少女』(細田守)
4位『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
5位『ブレイブストーリー』
6位『サマーウォーズ』
7位『ほしのこえ』
8位『機動戦士Ζガンダム 星を継ぐ者』
9位『猫の恩返し』
10位『ラーゼフォン 多元変奏曲』

日本映画00年代ベスト監督『新海誠』
日本映画00年代ベスト女優『菊池凛子』
日本映画00年代ベスト男優『渡辺謙』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『ミリオンダラー・ベイビー』
2位『インファナル・アフェアIII 終極無間』
3位『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』
4位『ミスティック・リバー』
5位『父親たちの星条旗』
6位『スター・ウォーズエピソード3/シスの復讐』
7位『クラッシュ』
8位『海を飛ぶ夢』
9位『リトル・ミス・サンシャイン』
10位『あの頃ペニー・レインと』

外国映画00年代ベスト監督『クリント・イーストウッド』
外国映画00年代ベスト女優『ヒラリー・スワンク』
外国映画00年代ベスト男優『クリント・イーストウッド』

【コメント】
「とても面白い企画で、ワクワクしながらランキングしました。
と、言ってもジャンルや好みに偏りまくったランキングで申し訳ないです(特に邦画)
いざランキングとなった時、00年代の邦画を見ていないことに気付いて愕然としました。新しい発見です。
なので、邦画に関してはアニメーション作品のみでまとめさせていただきました。

誰が何と言おうと、00年代の邦画といえば新海誠監督の作品に出会えたことが私にとっては1番でした。
まだまだ未熟な部分を多数残しながらも、新作ごとに成長していく姿を見せる監督に、日本のアニメーションの脱宮崎化、
そして邦画の将来も任せられる人になって欲しいと願いをこめて。

そんなことを言いつつも、宮崎作品の海外での評価(自分のランク外ですが『千と千尋~』)は驚いたものでした。
あとは細田守が次のアニメーション監督として、一般層の心を掴んだことも記憶に新しいですね。
『時をかける少女』は、その構成力と勢いある作画と展開が素晴らしかったです。
リメイクブームで明暗を分けたエヴァ新劇場版と、Zガンダム劇場版。エヴァは続きを待ち望む人が多いと思います。
Zガンダムは、新しい世代にガンダムをアピールした点と歴史の長さを評価。

日本俳優女優に関しては、国際的な評価のみでつけています。
すいません、作品同様詳しくないです。

外国映画に関しては、みなさんもおっしゃっている方が多いですが、イーストウッドの年だと思います。(現在進行形で)
私を映画に夢中にさせるきっかけを与えてくれた『ミリオンダラー・ベイビー』は私の中で、近年の映画でナンバー1です。
監督であるイーストウッドも勿論ですが、役者イーストウッドも素晴らしい輝きを見せていたと感じます。
『グラン・トリノ』入れたかった…!

あとはシリーズもので、名作が生まれた年代だったと思います。
ロードオブザリングは、よくぞこの大作をあそこまでまとめきったと拍手。
スターウォーズは往年のファンから、若者までラストシーンで涙したのではないでしょうか。
そして何より「インファナル・アフェア」はアジアの底力を見せつける作品でしたね。
鳥肌が立ちっぱなしでした。

あとはテーマ性や主張がしっかりしている作品に、名作が多かったように思えます。
7位以降は選ぶのに本当苦労しました。『リトル・ダンサー』や『ヒトラー 〜最期の12日間〜』『亀も空を飛ぶ』『善き人のためのソナタ』等
順位的に泣く泣く切り捨てなければいけない作品がありました。

長々と語りすぎましたが、投票結果を見るのが今から楽しみです。
素敵な映画が今年もたくさん生まれるといいですね。」
映画は時代を映す鏡 (筆致 刻久)
2010-01-06 22:10:30
****ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン****
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『それでもボクはやってない』
2位『おくりびと』
3位『フラガール』
4位『パッチギ!』
5位『サマーウオーズ』
6位『スウイング・ガールズ』
7位『ピンポン』
8位『BROTHER』
9位『阿弥陀堂だより』
10位『顔』

日本映画00年代ベスト監督『周防正行』
日本映画00年代ベスト女優『蒼井優』
日本映画00年代ベスト男優『渡辺謙』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『ダーク・ナイト』
2位『初恋のきた道』
3位『ミリオン・ダラー・ベイビー』
4位『ミスティック・リバー』
5位『スペース・カウボーイ』
6位『パンズ・ラビリンス』
7位『ボウリング・フォー・コロンバイン』
8位『アバター』
9位『キング・コング』
10位『蝶の舌』

外国映画00年代ベスト監督『クリント・イーストウッド』
外国映画00年代ベスト女優『ケイト・ウィンスレット』
外国映画00年代ベスト男優『ヒース・レジャー』

【コメント】
映画は時代を映す鏡だから、映画を観たその時代(年)を重視。
00年から09年の各年ごとにベスト1本を選び、順位をつけてみました。
いい映画と好きな映画が違いすぎ?(笑) (Ageha)
2010-01-07 01:20:52
****ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン****
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『時をかける少女 』
2位『サマーウォーズ』
3位『キサラギ』
4位『パコと魔法の絵本』
5位『かもめ食堂』
6位『デスノート The last name』
7位『アヒルと鴨のコインロッカー』
8位『ピンポン』
9位『僕たちと駐在さんの700日戦争』
10位『ラブ☆コン』

日本映画00年代ベスト監督『細田守』
日本映画00年代ベスト女優『蒼井優』
日本映画00年代ベスト男優『香川照之』


【00年代 外国映画ベストテン】
1位『スター・ウォーズEP3・シスの復讐』
2位『ダーク・ナイト』
3位『パイレーツ・オブ・カリビアン呪われた海賊たち』
4位『Vフォー・ヴェンデッタ』
5位『墨攻』
6位『Mr.&Mrs.Smith』
7位『ウィンター・ソング』
8位『バタフライ・エフェクト』
9位『グラン・トリノ』
10位『アバター』

外国映画00年代ベスト監督『クリント・イーストウッド』
外国映画00年代ベスト女優『アンジェリーナ・ジョリー』
外国映画00年代ベスト男優『ヒース・レジャー』

【コメント】
「ホラーダメ、ミュージカルダメ、ディズニーダメ、
映画は娯楽と思ってるから重たいのは選ばない・・・となると
ものすごく偏ったセレクトになりました。
洋画は正直あまり見ていないので
もっと名作があるだろうとつっこまれそうですが
あくまでも今現在の気分で選んでいます。
監督と男優はともかく、ベスト女優、特に洋画は
まったく思い浮かばなかった、いかに無視してるか
ようわかりました・・・。
似たようなイメージで、
キーナ・ナイトレイ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、
ミラ・ジョヴォヴィッチなどなどキツくて強いイメージの女性が
”好き”というだけですね、きっと・・・。
邦画も蒼井優を選んでいながら出演作品がベスト10に入ってない、
ホントどんな選択なのやら・・・。」

****ここまで****

洋画だと去年見た、「ノッキンオンへブンズドア」を入れたかったんですが
97年のドイツ映画。
夏に今まで見た作品100選なんてとんでもない企画をやったときに上位にいた作品は
ほとんど80~90年代の作品で
意外と古かったんだなと。

見たときには絶賛していても
もう一度見たい作品とは限らないし、
で、ベスト10からはずしたものも。

SWはとにかく3と6を同じ日に見てしまい、
自分が燃え尽きてしまって(笑)
しばらく何の映画も見れなかった、
そのインパクトがいまだに残ってるから
ダントツの1位なんですよ・・・。

【面白い】ゼロ年代映画ランキング【企画ですね!!】 (もりだくさん)
2010-01-08 17:24:50
****ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン****
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『パプリカ』
2位『愛のむきだし』
3位『千と千尋の神隠し』
4位『ゆれる』
5位『おくりびと』
6位『転々』
7位『ザ・マジックアワー』
8位『百万円と苦虫女』
9位『運命じゃない人』
10位『ALWAYS 三丁目の夕日』

日本映画00年代ベスト監督『今敏』
日本映画00年代ベスト女優『蒼井優』
日本映画00年代ベスト男優『堺雅人』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『ダークナイト』
2位『グラン・トリノ』
3位『母なる証明』
4位『殺人の追憶』
5位『イングロリアス・バスターズ』
6位『チェイサー』
7位『インランド・エンパイア』
8位『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』
9位『ビューティフル・マインド』
10位『アメリカン・ビューティー』

外国映画00年代ベスト監督『クエンティン・タランティーノ』
外国映画00年代ベスト女優『スカーレット・ヨハンソン』
外国映画00年代ベスト男優『ヒース・レジャー』

【コメント】
「投稿が遅くなってすみませんでした。僕は00年代前半はあまり映画を観ていなかったので、必然的に後半の作品がメインになってしまいました。
 日本映画ではアニメ映画の『パプリカ』を1位にさせていただきました。『愛のむきだし』も個人的にはかなりの傑作だったので正直迷いましたが、日本にとっての00年代という時代はアニメの時代だったかなと思いましてこのような順位をつけました。個人的に2009年の邦画ではぶっちぎりの1位だった『愛のむきだし』を2位にしたのは予算の関係からか画がちょびっとちゃっちかったからですwでもそれ以外の面では本当によくできてたと思うし、4時間という長さを全く感じさせないほど面白かったのでこの順位です。『パプリカ』の今敏監督にはこれからも面白い映画を作っていってほしいという願いも込めてのベスト監督です。
 外国映画では月並みかもしれませんが9.11以後の混乱と社会に漂う不安をバットマンとジョーカーという仮面を借りて表現した『ダークナイト』に一票入れさせていただきました。あとはハズレなしのポン・ジュノ作品『母なる証明』と『殺人の追憶』は甲乙つけがたかったのでどっちも入れてしまいましたwベスト監督はポン・ジュノと迷いましたが、大好きなタラちゃんが00年代も暴れてくれたので、敬意を表してw女優は好み(爆)で男優はジョーカーの頭にこびりついてはなれないほどの怪演がすばらしかったので。」
ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン (ルナ)
2010-01-09 01:26:10
****ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン****

【00年代 日本映画ベストテン】
1位『メゾン・ド・ヒミコ』
2位『ゆれる』
3位『下妻物語』
4位『ジョゼと虎と魚たち』
5位『キサラギ』
6位『かもめ食堂』
7位『おくりびと』
8位『フラガール』
9位『ピンポン』
10位『アフタースクール』

日本映画00年代ベスト監督『犬童一心』
日本映画00年代ベスト女優『松雪泰子』
日本映画00年代ベスト男優『オダギリジョー』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『インファナル・アフェア』
2位『アメリ』
3位『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』
4位『スター・ウォーズエピソード3/シスの復讐』
5位『海の上のピアニスト』
6位『ミリオンダラー・ベイビー』
7位『アバター』
8位『ビッグ・フィッシュ』
9位『オペラ座の怪人』
10位『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

外国映画00年代ベスト監督『ピーター・ジャクソン』
外国映画00年代ベスト女優『アンジェリーナ・ジョリー』
外国映画00年代ベスト男優『ジョニー・デップ』

【コメント】
遅くなりました。散々悩みましたが、
優柔不断な上、気まぐれなので1週間後は違う順位になっているかもしれません。
よろしくお願いします。
やっと完成しました~! (wanco&nyanco)
2010-01-10 14:27:18
****ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン****

【nyancoが選んだ00年代 日本映画ベストテン】(nyancoのみ)
1位『雨上がる』
2位『たそがれ清兵衛』
3位『GO』
4位『顔』
5位『座頭市』(北野武)
6位『ALWAYS 三丁目の夕日』
7位『いま、会いにゆきます』
8位『それでもボクはやってない』
9位『僕の彼女はサイボーグ』
10位『花とアリス』

日本映画00年代ベスト監督『山田洋次』
日本映画00年代ベスト女優『竹内結子』
日本映画00年代ベスト男優『香川照之』


【wancoが選んだ00年代 外国映画ベストテン】
1位『マトリックス レボリューション』
2位『ランド・オブ・プレンティ』
3位『五線譜のラブレター』
4位『上海の伯爵夫人』
5位『つぐない』
6位『ヘブン』
7位『遠い空の向こうに』
8位『やさしくキスをして』
9位『ヴェラドレイク』
10位『Vフォー・ヴェンデッタ』

外国映画00年代ベスト監督『ケン・ローチ』
外国映画00年代ベスト女優『スカーレット・ヨハンソン』
外国映画00年代ベスト男優『クリント・イーストウッド』

【コメント】
wancoは、日本映画をあまり観てないので、外国映画だけのベストテンにしました。
「マトリックス」は、映像もテーマも映画に革命を起こしたシリーズ全体の評価としてトップにしました。「ランド・オブ」では「パリ・テキサス」以来にアメリカ原風景を堪能してしまいました。「五線譜」は作曲家の人生の終焉を感動的に描いた名作。「上海」は、映画ならではのドラマッチクな展開が良いですねー。「つぐない」は、物語ることの意味を問い掛けられて考えさせられました。「ヘブン」はキシェロフスキのストーリーテリングの妙に敬意を表して。「遠い空」は理系のリトル・ダンサー。「やさしく」には、00年代のケン・ローチ作品の想いが凝縮されているような気がして。「ヴェラ」はマイク・リーの話術に惹き込まれっぱなし。なぜ「Vフォー」が?それは「よ~く考えろ、間違ってるのはどっちだ」がこれからのキーワードになると勝手に思い込んでいるためなのです。
しまった!イーストウッド作品が入ってない。。ベスト男優(「グラン・トリノ」)に挙げるから許して(笑)。


【nyancoが選んだ00年代 外国映画ベストテン】
1位『リトル・ダンサー』
2位『上海の伯爵夫人』
3位『アメリカン・ギャングスター』
4位『ブロークバック・マウンテン』
5位『JSA』
6位『マッチポイント』
7位『WALL・E/ウォーリー』
8位『スウィート・ノーベンバー』
9位『ロスト・イン・トランスレーション』
10位『チアーズ』

外国映画00年代ベスト監督『スティーヴン・ダルドリー』
外国映画00年代ベスト女優『ケイト・ウィンスレット』
外国映画00年代ベスト男優『ラッセル・クロウ』

【コメント】
ベストテンを決めるというのはやはり難しいですね。。00年代を総括して思うには、どれも☆4つ以上の質の高い作品が多かったように思いますが、80年代、90年代に比べると、強烈に印象に残るような大好きな映画が少なかったように思いました。

外国映画では、その他にも「ナイロビの蜂」「めぐりあう時間たち」「チョコレート」「アバウト・シュミット」などの作品が候補にあがったのですが、やはり個人的に好きな映画を中心にエントリーしてみました。「リトル・ダンサー」はそのなかでも特に好きな作品です。
どちらかというと、日本映画の方が外国映画に比べるとあまり観ていないこともあって悩みました。。00年代に入って、外国映画よりも日本映画の上映数が圧倒的に増えてきた傾向にあるので、この調子でどんどん良質な作品を生み出していってほしいと思います。

久しぶりにwancoと映画について語り合い、そして00年代の映画をおさらいすることが出来て、とても楽しかったです!楽しい企画をどうもありがとうございました。
お誘いありがとうございます。 (にゃむばなな)
2010-01-11 14:29:56
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『サマーウォーズ』
2位『時をかける少女』
3位『秒速5センチメートル』
4位『GO』
5位『ガチ☆ボーイ』
6位『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』
7位『アフタースクール』
8位『曲がれ!スプーン』
9位『APPLESEED』
10位『きょうのできごと』

日本映画00年代ベスト監督『細田守監督』
日本映画00年代ベスト女優『蒼井優』
日本映画00年代ベスト男優『佐々木蔵之介』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『猟奇的な彼女』
2位『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』
3位『シュリ』
4位『マルコヴィッチの穴』
5位『キル・ビル』
6位『HERO-英雄-』
7位『親切なクムジャさん』
8位『海を飛ぶ夢』
9位『ダークナイト』
10位『ダンサー・イン・ザ・ダーク』

外国映画00年代ベスト監督『パク・チャヌク』
外国映画00年代ベスト女優『チョン・ジヒョン』
外国映画00年代ベスト男優『ハビエル・バルデム』

【コメント】
「『シュリ』の衝撃に始まり、韓国映画に牽引されるように邦画の復活。一方で邦画とは反比例するようにハリウッド映画は下降線。
でも小品においてはやはりアメリカ映画は偉大だと感じた10年でした。
10年単位で映画を振り返るというのもいいですね。お誘いありがとうございました。」
00年代ベストテン (はる)
2010-01-11 17:36:17
こんにちは。投票させていただきます。

****ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン****

【00年代 日本映画ベストテン】
1位『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』
2位『虹の女神 Rainbow Song』
3位『恋愛寫眞 Collage of Our Life』
4位『深呼吸の必要』
5位『花とアリス』
6位『あずみ』
7位『夜のピクニック』
8位『夕凪の街 桜の国』
9位『チーム・バチスタの栄光』
10位『口裂け女2』

日本映画00年代ベスト監督『原恵一』
日本映画00年代ベスト女優『上野樹里』
日本映画00年代ベスト男優『松田龍平』



【00年代 外国映画ベストテン】
1位『A.I.』
2位『インファナル・アフェア』
3位『猟奇的な彼女』
4位『モンスターズ・インク』
5位『箪笥』
6位『ラブストーリー』
7位『ラブ・アクチュアリー』
8位『シュリ』
9位『ノウイング』
10位『四月の雪』

外国映画00年代ベスト監督『クァク・ジェヨン』
外国映画00年代ベスト女優『ソン・イェジン』
外国映画00年代ベスト男優『チャ・テヒョン』

【コメント】

 2000年代に入って最初に観た映画はシュワちゃんの「エンド・オブ・デイズ」、日本映画は「GTO」だったようです。こんなところから始まった00年代。(笑)

 日本映画は割とすっきりとしたいいベストテンだと思います。監督は堤幸彦とか山崎貴もありだけど、クレしん2本と河童のクゥがそろってたら原さんしかいないでしょう。上野さんは「虹の女神」松田くんは「恋愛寫眞」の演技がそれぞれ8割くらいです。

 外国映画は6本がアジア系になってしまいました。女優も他にはペ・ドゥナ、イム・スジョン、ムン・グニョン、チョン・ジヒョン、チャン・ツィイーとアジア系しか浮かばない。(^^;) 監督は「シックス・センス」があと1年遅かったら文句なしにシャマランなんだけど。男優はあまり浮かびません。

以上、よろしくお願いします。
遅くなりました。 (せぷ)
2010-01-11 22:06:58
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『運命じゃない人』
2位『アヒルと鴨のコインロッカー』
3位『天然コケッコー』
4位『マイマイ新子と千年の魔法』
5位『ロボコン』
6位『フラガール』
7位『THE有頂天ホテル』
8位『パッチギ』
9位『キサラギ』
10位『容疑者Xの献身』

日本映画00年代ベスト監督『中村義洋』
日本映画00年代ベスト女優『綾瀬はるか』
日本映画00年代ベスト男優『オダギリジョー』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『ボーン・アルティメイタム』
2位『ロード・オブ・ザ・リング』
3位『マーターズ』
4位『リベリオン』
5位『スーパーマン・リターンズ』
6位『善き人のためのソナタ』
7位『アバター』
8位『マッハ!!!!!!!』
9位『インファナル・アフェア』
10位『グリーン・ディスティニー』

外国映画00年代ベスト監督『ピーター・ジャクソン』
外国映画00年代ベスト女優『モルジャーナ・アラウィ』
外国映画00年代ベスト男優『クリスチャン・ベイル』

【コメント】
「シリーズ作品はシリーズを通しての評価です。
女優、俳優目当てで映画を観に行くことがないので、ベスト女優、ベスト俳優を選ぶのに苦労しました。洋画のベスト女優は『マーターズ』のアナ役の人です。あの映画での彼女の扱いを考慮すれば彼女をベスト女優に選ぶしかないかな、って思います。」
謹んで参加させていただきます! (映画道)
2010-01-12 08:57:24
****ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン****
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『おくりびと』
2位『ディア・ドクター』
3位『劍岳 点の記』
4位『クライマーズ・ハイ』
5位『ゆれる』
6位『かもめ食堂』
7位『キサラギ』
8位『隣人13号』
9位『フラガール』
10位『舞妓Haaaan!!!』

日本映画00年代ベスト監督『西川美和』
日本映画00年代ベスト女優『蒼井優』
日本映画00年代ベスト男優『香川照之』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『グラン・トリノ』
2位『オールド・ボーイ』
3位『ラブ・アクチュアリー』
4位『ラスト・サムライ』
5位『ダークナイト』
6位『フォーンブース』
7位『戦場のピアニスト』
8位『カレンダーガールズ』
9位『愛を読むひと』
10位『ドット・ジ・アイ』

外国映画00年代ベスト監督『クリント・イーストウッド』
外国映画00年代ベスト女優『ケイト・ウィンスレッド』
外国映画00年代ベスト男優『チェ・ミンシク』

【コメント】
「この度の企画にお声をかけていただき光栄です。ありがとうございました。
実は私、2000年に入ったあたりから忙しい時期があり、2年ほど映画から遠ざかっていました。後にその頃の作品をDVDで鑑賞しましたが、その辺りは少々手薄な感もあります。
外国映画では改めて韓国映画の底ジカラみたいなものを感じた『オールド・ボーイ』を2位にランクインさせていただきました。
外国映画ベスト女優ではメリル・ストリープにしようか悩みましたが、新時代の女優への期待も込めてケイト・ウィンスレッドに。
日本映画ではなんと言っても女性監督が頑張っておられることが嬉しいです。
その中でも西川美和の感性が素晴らしいので。
ベスト俳優ではやっぱり香川照之に尽きますでしょうか。どんな役も彼の手にかかれば見事に昇華するあたりは流石としか言いようがありません。
ベスト女優についてはこれも日本映画の将来を担う若手として蒼井優を選びました。
改めてこの10年の映画を振り返る良い機会となりました。
重ねて御礼申しあげます。」
お誘い頂き恐縮です! (海音)
2010-01-13 00:15:28
****ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン****
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『下妻物語』
2位『舞妓haaaaaaan!
3位『父と暮らせば』
4位『パコと魔法の絵本』
5位『男たちの大和』
6位『海猿』
7位『パッチギ!』
8位『長い散歩』
9位『ヴァイブレータ』
10位『サマー・ウォーズ』

日本映画00年代ベスト監督『中島哲也』
日本映画00年代ベスト女優『深田恭子』
日本映画00年代ベスト男優『阿部サダヲ』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『ブラッド・ダイヤモンド』
2位『アメリ』
3位『永遠の片思い』
4位『ブロークン・バック・マウンテン』
5位『グラン・トリノ』
6位『善き人のためのソナタ』
7位『バンク・ジョブ』
8位『ダーク・ナイト』
9位『悪い男』
10位『チェンジリング』

外国映画00年代ベスト監督『キム・ギドク』
外国映画00年代ベスト女優『ペネロペ・クルス』
外国映画00年代ベスト男優『レオナルド・ディカプリオ』

【コメント】
「日本映画がなかなか浮かびませんでした。心に残る日本映画が少ないかもしれません。00年代は、ペドロ・アルモドバル監督やキム・ギドク監督、中島監督チャリー・カウフマンの作品に出会えたことが収穫です。」
できました (aq99)
2010-01-14 22:16:44
****ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン****
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『千と千尋の神隠し』
2位『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ戦国大決戦』
3位『トウキョウソナタ』
4位『たそがれ清兵衛』
5位『河童のクゥと夏休み』
6位『仄暗い水の底から』
7位『パッチギ!』
8位『ありがとう』
9位『紙屋悦子の青春』
10位『キューティーハニー』

日本映画00年代ベスト監督『原恵一』
日本映画00年代ベスト女優『沢尻エリカ』
日本映画00年代ベスト男優『オダギリジョー』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『グラン・トリノ』
2位『ファインディング・ニモ』
3位『あの子を探して』
4位『チャーリーとチョコレート工場』
5位『ボーン・アルティメイタム』
6位『クラッシュ』
7位『硫黄島からの手紙』
8位『チェンジリング』
9位『ブラッド・ワーク』
10位『チャーリーズ・エンジェル』

外国映画00年代ベスト監督『クリント・イーストウッド』
外国映画00年代ベスト女優『キャメロン・ディアス』
外国映画00年代ベスト男優『クリント・イーストウッド』

【コメント】「邦画の1位は、宮崎駿の集大成であるのはもちろん、4月に生まれたムスメに付けた名前が「ちひろ」。冬に見たこの映画のセリフで「“ちひろ”いい名前だね。自分の名前を大切にね」というセリフが。これで、この映画は一生もんになりました。
女優賞の人は、このままフェードアウトして伝説になってほしいという願望も込めて。
男優賞は、浅野忠信と香川照之とで悩みました。
洋画の1位も絶対的。
イーストウッドは、4本も入ってしもた。好きやからしゃあないです。
不思議と韓国映画で★★★★がなかったです。
次の10年で期待!」
00年代、無人島に持って行くならこの20本。 (えい)
2010-01-16 22:43:25
****ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン****
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『フラガール』
2位『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』
3位『パッチギ!』
4位『河童のクゥと夏休み』
5位『独立少年合唱団』
6位『顔』
7位『誰も知らない』
8位『千と千尋の神隠し』
9位『虹の女神 Rainbow Song』
10位『ヴァイヴレーター』

日本映画00年代ベスト監督『原恵一』
日本映画00年代ベスト女優『蒼井優』
日本映画00年代ベスト男優『香川照之』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』
2位『エレニの旅』
3位『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』
4位『殺人の追憶』
5位『リトル・ミス・サンシャイン』
6位『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
7位『スラムドッグ$ミリオネア』
8位『グラン・トリノ』
9位『初恋のきた道』
10位『ダークナイト』

外国映画00年代ベスト監督『クリント・イーストウッド』
外国映画00年代ベスト女優『ケイト・ウィンスレット』
外国映画00年代ベスト男優『クリスチャン・ベール』

【コメント】
「2000年代を邦画洋画各10本!?――お誘いいただいた当初は、こんな無謀なこと自分にできるはずがない。そう思っていたのですが、いやあ楽しかったです。「00年代。無人島に持って行くならこの20本」。洋画は「感涙」→「衝撃」→「感涙」→「衝撃」と、順に10本を選んでみました。こちらは自分なりにすこぶる満足。一方、邦画は最後の最後になってゆれました。『ゆれる』をあえて『独立少年合唱団』に変更。『ハッシュ!』『GO』などのベストワン級作品、そして『女の子ものがたり』『グミ・チョコレート・パイン』『GSワンダーランド』といった偏愛する青春映画を泣く泣く割愛。さて、個人部門。『鬼が来た!』『故郷の香り』など海外での活躍も目覚ましい香川照之はやはり00年代の“顔”でしょう。この“顔”からの連想でベスト女優に藤山直美(『顔』)とも考えたのですが(笑)…。それにしてもクリント・イーストウッドの活躍は超人的でした。ここまでのハイ・レベルをキープし続ける外国の女優・男優は残念ながら見当たらなかったというのが正直な感想です。そんな中、あえて一人を選ぶなら、一作ごとに“女”を掘り下げて魅せてくれるケイト・ウィンスレット。そしていつも共演者においしいところをさらわれているクリスチャン・ベール。彼は、00年代を代表する“悲劇の男優”として長く記憶に残るのではないでしょうか」


投票します (PGM21)
2010-01-30 16:51:32
何時もお世話になっております。
遅くなりましたがこれより投票いたします。

****ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン****

【00年代 日本映画ベストテン】
1位『おくりびと』
2位『ALWAYS 三丁目の夕日』
3位『それでもボクはやってない』
4位『サマーウォーズ』
5位『沈まぬ太陽』
6位『踊る大捜査線2』
7位『世界の中心で愛をさけぶ』
8位『タイヨウのうた』
9位『ブタがいた教室』
10位『ホワイトアウト』

日本映画00年代ベスト監督『滝田洋二郎』
日本映画00年代ベスト女優『中谷美紀』
日本映画00年代ベスト男優『渡辺謙』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『硫黄島からの手紙』
2位『レッドクリフ Part II』
3位『レッドクリフ Part I』
4位『アバター』
5位『天使と悪魔』
6位『守護神』
7位『めぐみ-引き裂かれた家族の30年』
8位『ユナイデット93』
9位『バベル』
10位『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』

外国映画00年代ベスト監督『クリント・イーストウッド』
外国映画00年代ベスト女優『ニコール・キッドマン』
外国映画00年代ベスト男優『渡辺謙』

【コメント】
「殆どの作品が2005年以降になってしまいましたが、やはり2000年代邦画作品1位はアカデミー賞を受賞したおくりびとで文句なしだと思います。
それ以外の作品も思い入れの大きい作品が多く順位を選べないほどです。
ベスト監督、男優、女優は過去10年間の実績を考慮して選びました。
やはり監督はアカデミー賞監督の滝田監督で文句なしです。
俳優もこれまたアカデミー賞候補作品に出演した渡辺謙さんを、女優では10年間コンスタントに映画出演し素晴らしい演技を魅せてくれた中谷美紀さんを選びました。

外国映画は殆ど2006年以降の作品を選びました。
それだけ観た作品がその年以降なので外国映画ではあまり数多くみていないのでコメントは省略いたします。」
Unknown (ケント)
2010-01-30 22:37:06
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『ゆれる』
2位『ALWAYS 三丁目の夕日』
3位『たそがれ清兵衛』
4位『いま、会いにゆきます』
5位『千と千尋の神隠 』
6位『おくりびと』
7位『フラガール』
8位『それでもボクはやっていない』
9位『天国はまだ遠く』
10位『かもめ食堂』

日本映画00年代ベスト監督『犬童一心』
日本映画00年代ベスト女優『綾瀬はるか』
日本映画00年代ベスト男優『香川照之』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『オーロラの彼方へ』
2位『ミリオン・ダラー・ベイビー』
3位『Ray(レイ)』
4位『クラッシュ』
5位『シカゴ』
6位『ウォーリー』
7位『ロード・オブ・ザ・リング』
8位『GOAL(ゴール)』
9位『バタフライ・エフェクト』
10位『真珠の耳飾りの少女』

外国映画00年代ベスト監督『クリント・イーストウッド』
外国映画00年代ベスト女優『ケイト・ブランシェット』
外国映画00年代ベスト男優『ジョニー・デップ』

こんにちは、古い映画は細かいところは忘れてしまったものもあり、勘だけが頼りです。なかなか難しいものですね。
遅れました・・ (メビウス)
2010-02-02 01:28:38
****ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン****

【00年代 日本映画ベストテン】
1位『フラガール』
2位『サマーウォーズ』
3位『ALWAYS 三丁目の夕日』
4位『エヴァンゲリヲン新劇場版:破』
5位『おくりびと』
6位『それでもボクはやってない』
7位『呪怨(劇場版)』
8位『明日の記憶』
9位『劇場版 仮面ライダーディケイド/オールライダー対大ショッカー』
10位『隠し剣鬼の爪』

日本映画00年代ベスト監督『細田守』
日本映画00年代ベスト女優『中谷美紀』
日本映画00年代ベスト男優『堤真一』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『スターウォーズEP3』
2位『バーティカルリミット』
3位『ダークナイト』
4位『マッハ!!!!!』
5位『ミリオンダラー・ベイビー』
6位『アバター』
7位『SAW』
8位『ジェヴォーダンの獣』
9位『インファナル・アフェア』
10位『ヴェラ・ドレイク』

外国映画00年代ベスト監督『クリント・イーストウッド』
外国映画00年代ベスト女優『ヒラリー・スワンク』
外国映画00年代ベスト男優『ヒース・レジャー』

【コメント】
こんばんわっ。大分遅れてしまいましたが、自分も何とか絞り込んでみました。ブログをはじめたのが04年くらいだったのでその辺りの作品は覚えているものの、それ以前の名作を凄い忘れていたりしたので、いざ思い返したり調べたりしてたら『あったあった♪』と当時映画館で観た記憶がちょっとずつ蘇ってきたりして、自分も結構楽しくチョイス出来た気がします♪
・・と言ってもやっぱり殆ど04年以降の作品や、やっぱり娯楽作品やアニメ系が好きなので、上位には凄い自分の好みが現れてるチョイスになっちゃった気がします・・(仮面ライダー入れてる人なんて自分くらいだと思いますが、冗談抜きで面白かったので入れちゃいました^^;)
 (とらねこ)
2010-02-04 18:05:24
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『オーディション』
2位『ハッシュ!』
3位『GO』
4位『空気人形』
5位『嫌われ松子の一生』
6位『極道恐怖大劇場 牛頭』
7位『千と千尋の神隠し』
8位『殺し屋1』
9位『ゆれる』
10位『悪夢探偵2』

日本映画00年代ベスト監督『三池崇史』
日本映画00年代ベスト女優『蒼井優』
日本映画00年代ベスト男優『香川照之』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『ムーラン・ルージュ』
2位『イントゥ・ザ・ワイルド』
3位『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』
4位『ウェイキング・ライフ』
5位『ダンサー・イン・ザ・ダーク』
6位『スペル』
7位『トランシルヴァニア』
8位『ヒルズ・ハブ・アイズ』
9位『潜水服は蝶の夢を見る』
10位『グラインドハウス』USA公開版(『プラネット・テラー』と『デス・プルーフ』) 

外国映画00年代ベスト監督『バズ・ラーマン』
外国映画00年代ベスト女優『ニコール・キッドマン』
外国映画00年代ベスト男優『ショーン・ペン』

【コメント】
「まず日本映画ですが、三池崇史監督が台頭した時代だったと思います。どれだけ邦画バブルと呼ばれようと、局映画ばかりが注目され、興行成績が振るわないという憂うべき事態。そんな中、国際的な知名度と共に、興行成績もそれに比肩するのは、ほんの一握りの監督しか居ません。三池崇史監督、是枝裕和監督、中島哲監督、塚本晋也監督、松尾スズキ監督、西川美和監督。この辺を個人的に注目しています。正直、邦画は選んで見てしまっていますので、未だ見ていない傑作がたくさんあるかと思いますが、とりあえずのベストとして挙げさせていただきました。リリィ・シュシュも花とアリスも見ていない。ぐおー

次に洋画ですが、ハリウッドの失速を、後半の数年では特にヒシヒシと感じました。続編やシリーズもの、世界のヒット作のリメイク・・・。ハリウッド離れ、というものが起こりつつあるこの時期に、アカデミーはイーストウッドをノミネートすら外すという始末。全く何を考えているんでしょう。『アバター』を初めとした、3D映画に今後を委ねようとしているのでしょうか。正直、今後の10年がますます不安でいっぱいになります。」
締め切り直前にエントリーします (丞相)
2010-02-11 21:02:52
****ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン****
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『スウィングガールズ』
2位『リンダ リンダ リンダ』
3位『それでもボクはやってない』
4位『空気人形』
5位『ぐるりのこと。』
6位『愛のむきだし』
7位『ウルトラミラクルラブストーリー』
8位『河童のクゥと夏休み』
9位『亀は意外と速く泳ぐ』
10位『下妻物語』

日本映画00年代ベスト監督『矢口史靖』
日本映画00年代ベスト女優『上野樹里』
日本映画00年代ベスト男優『香川照之』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『エレニの旅』
2位『父親たちの星条旗』
3位『ミュンヘン』
4位『エグザイル/絆』
5位『ボウリング・フォー・コロンバイン』
6位『ヤンヤン 夏の想い出』
7位『ほえる犬は噛まない』
8位『子猫をお願い』
9位『グラインドハウス』
10位『受取人不明』

外国映画00年代ベスト監督『クリント・イーストウッド』
外国映画00年代ベスト女優『ペ・ドゥナ』
外国映画00年代ベスト男優『ソン・ガンホ』

【コメント】
遅ればせながら、ブログ「Swing des Spoutniks」http://blog.livedoor.jp/pfwfpのゼロ年代ベストテン記事より、
おおよその順位をつけたものをエントリーします。
それぞれのベスト監督・女優・男優は、この10年のアベレージが高い人という基準で選出しました。よろしくお願いします。
「活動写真放浪家人生」・・・酸化致します! (冨田弘嗣)
2010-02-12 04:27:47
****ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン****
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『誰も知らない』
2位『ヨコハマメリー』
3位『キサラギ』
4位『それでも僕はやってない』
5位『ジョゼと虎と魚たち』
6位『きょうのできごと a day on the planet』
7位『リンダリンダリンダ』
8位『顔』
9位『ゆれる』
10位『東京マリーゴールド』

日本映画00年代ベスト監督『西川美和』
日本映画00年代ベスト女優『竹内結子』
日本映画00年代ベスト男優『香川照之』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『リトル・ミス・サンシャイン』
2位『ほえる犬は噛まない』
3位『白バラの祈り ゾフィー・ジョル、最期の日々』
4位『猟奇的な彼女』
5位『プロデューサーズ』
6位『白い馬の季節』
7位『グッバイ、レーニン!』
8位『北京ヴァイオリン』
9位『少林サッカー』
10位『ギフト』

外国映画00年代ベスト監督『クリント・イーストウッド』
外国映画00年代ベスト女優『シャーリーズ・セロン』
外国映画00年代ベスト男優『マット・デイモン』

【コメント】
「ご無沙汰しております。この度はお誘いくださり感謝します。
2000年から過去10年間の手帳を引っ張り出してきて、3日ばかり、あれこれ考えあぐねました。劇場鑑賞約2000本の中から選び出したのが50本。それをまた20本に絞り込むのに時間がかかりました。9.10位としながらも1位のような気がしてきて、ひねくりまわしていたら、自分でもわけがわからなくなるばかり。ブログで、その年のベスト1にしているのに、この中に入っていないのは・・・時が経つと、映画は変わらないのに自分の気持ちが変わっていっていることに気づかされます。
『ギフト』『コールド・マウンテン』『モンスター』『ホテル・ルワンダ』『玲玲<リンリン>の電影日記』『コーラス』『メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬』・・・『刑務所の中』『下妻物語』『血と骨』『パッチギ!』『転がれ!たま子』『虹の女神 Rainbow Songs』『いつか読書する日』・・・ベストに入れたり出したりして、結局、出してしまった映画たちです。それにしても・・・この10年は小品が多かったような・・・びっくりするような作品が少ないような。歳のせいもあるでしょうが。」
Unknown (メルブロ)
2010-02-12 23:01:29
00年代 日本映画ベストテン】
1位『インスタント沼』
2位『転々』
3位『時をかける少女』
4位『笑の大学』
5位『男たちの大和』
6位『サマー・ウォーズ』
7位『スカイ・クロラ』
8位『アフター・スクール』
9位『ゆれる』
10位『逆境ナイン』

日本映画00年代ベスト監督『三木聡』
日本映画00年代ベスト女優『麻生久美子』
日本映画00年代ベスト男優『オダギリジョー』


【00年代 外国映画ベストテン】
1位『ダークナイト』
2位『ホテル・ルワンダ』
3位『チャーリーとチョコレート工場』
4位『ユナイテッド93』
5位『HERO』
6位『インファナル・アフェア』
7位『ブラッド・ダイヤモンド』
8位『ディープ・ブルー』
9位『テラビシアにかける橋』
10位『ミリオンダラー・ベイビー』

外国映画00年代ベスト監督『クリストファー・ノーラン』
外国映画00年代ベスト女優『ヒラリー・スワンク』
外国映画00年代ベスト男優『ヒース・レジャー』

【コメント】
「2003年の後期から突如映画を見始めるようになったので、実質は2003~2009年です。
 邦画は作品、ベスト個人ともに三木組が独占です。
 洋画は、決めるのが大変でした。ですが、1位の「ダークナイト」は即決です。
 「ビギンズ」は、惜しくも削りましたが、素晴らしい作品なのでベスト監督にイーストウッドと悩んだ結果、ノーランにしました。」
ギリギリでスイマセン。 (rabiovsky)
2010-02-13 01:31:22
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『愛のむきだし』
2位『リアリズムの宿』
3位『座頭市』
4位『ウルトラミラクルラブストーリー』
5位『Hstory』
6位『トウキョウソナタ』
7位『人のセックスを笑うな』
8位『空気人形』
9位『パビリオン山椒魚』
10位『サディスティック・ミカ・バンド』

日本映画00年代ベスト監督『山下敦弘』
日本映画00年代ベスト女優『安藤サクラ』
日本映画00年代ベスト男優『浅野忠信』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『父親たちの星条旗』
2位『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』
3位『エレファント』
4位『エレニの旅』
5位『コーヒー&シガレッツ』
6位『子猫をお願い』
7位『シャンドライの恋』
8位『ほえる犬は噛まない』
9位『Needing You』
10位『キル・ビル Vol.2』

外国映画00年代ベスト監督『ウェス・アンダーソン』
外国映画00年代ベスト女優『ペ・ドゥナ』
外国映画00年代ベスト男優『ビル・マーレイ』

【コメント】

「遅くなってしまいギリギリの投稿スイマセン。
基本的に私が好きだった映画で、一監督一作品、
そして好きな女優を意識して選びましたが、かなり難しかったです。
日本映画は見ている本数が少ないのであまり悩むことはなかったのですが10位だけは迷いました。
本当の10位は『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』なんですが、
いろんなことがあったので変えました。
外国映画はこれを入れればこれが入らないの連続で非常に難しかったので映画としてスゴイというよりも
個人的に好きだったものを選んだら、こんな感じになりました。
『太陽』、『北京バイオリン』、『トーク・トゥ・ハー』などを外してしまったことが心残りです。」
この10年を振り返る。 (menfith)
2010-02-13 21:49:20


【00年代 日本映画ベストテン】
1位『茶の味』
2位『たそがれ清兵衛』
3位『サマーウォーズ』
4位『パプリカ』
5位『崖の上のポニョ』
6位『座頭市』
7位『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』
8位『おくりびと』
9位『Love Song』
10位『ハッピーフライト』

日本映画00年代ベスト監督『今敏』
日本映画00年代ベスト女優『本木雅弘』
日本映画00年代ベスト男優『宮沢りえ』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『ミリオンダラー・ベイビー』
2位『ダークナイト』
3位『めぐりあう時間たち』
4位『キル・ビル vol.2』
5位『クラッシュ』
6位『アイ・アム・サム』
7位『ビッグ・フィッシュ』
8位『ミスティック・リバー』
9位『ノーカントリー』
10位『マルホランド・ドライブ』

外国映画00年代ベスト監督『クリストファー・ノーラン』
外国映画00年代ベスト女優『ダコタ・ファニング』
外国映画00年代ベスト男優『クリスチャン・ベール』

【コメント】
日本映画は10本あげるのも厳しい状況で、あまり参考にならないかもしれない。文句なしによいとすすめられるのは『茶の味』。あまり認知度が高くないので、マニアックな嗜好としておすすめしたい。真っ先に頭に浮かんだ邦画のよい作品はこれだった。アニメがどうしても多いが、観ている数が多いため。『Love Song』は尾崎豊のアルバムをモティーフにしたドラマ。ランク外には『ハウル』もあったが、10年というスパンを考えるなら、まあ、入れなくても良いかな。監督賞は確実に今敏。今後ますます認知度が上がって日本でも注目されることを願う。他の俳優二人は、まさにお茶を濁した感じ。
それに比して、洋画は濃いはず。20本でもあげられそうだが、ルールはルールなので、10本に圧縮した。魂をえぐられるという意味で、1位は『ミリオンダラー・ベイビー』に決定。僅差は『ダークナイト』。こちらは、観た時期が最近で記憶に新しいので、ひいき目を考えて2位に落ち着いた。『めぐりあう時間たち』は男としては選びにくい共感しにくい作品だが、今でも鮮烈に覚えている切実さを考えると当然のランクインか。『キル・ビル』は2本で1作品と見なしてほしいけれど、どちらか1作品というのなら、まよわず『Vol2』だろう。5位以降のほうがまよった。次点には『指輪物語』シリーズや『メメント』、『エターナル・サンシャイン』あたりがノミネート。『バンテージ・ポイント』も捨てがたかった。映画監督はこちらもまよわずクリストファー・ノーラン。この10年での当たり映画の連発は、ノミネートも致し方なし。女優は多すぎて迷ったが、先のことも考えてメリル・ストリープよりはダコタ・ファニングかな、という感じ。クリスチャン・ベールはあの声がもうたまりません。ちなみに1990年代なら迷わずニコラス・ケイジですが。
何とか、間に合いました~。 (mori2)
2010-02-14 02:31:25
 お誘いありがとうございました。
こんな機会でもないと、なかなか10年振り返るなんてことしませんから、楽しかったです。TBもいたしましたが、結果は下記のようになりました。

【00年代 日本映画ベストテン】
1位『たそがれ清兵衛』
2位『夕凪の街 桜の国』
3位『スウィングガールズ』
4位『サマータイムマシン・ブルース』
5位『キサラギ』
6位『解夏』
7位『シムソンズ』
8位『いま、会いにゆきます』
9位『手紙』
10位『世界の中心で、愛をさけぶ』

日本映画00年代ベスト監督『佐藤祐市』
日本映画00年代ベスト女優『麻生久美子』
日本映画00年代ベスト男優『大沢たかお』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『グラン・トリノ』
2位『硫黄島からの手紙』
3位『ホテル・ルワンダ』
4位『ダークナイト』
5位『ラスト・サムライ』
6位『ラブ・アクチュアリー』
7位『グラディエーター』
8位『オールド・ルーキー』
9位『50回目のファースト・キス』
10位『海辺の家』

外国映画00年代ベスト監督『クリント・イーストウッド』
外国映画00年代ベスト女優『アンジェリーナ・ジョリー』
外国映画00年代ベスト男優『ウィル・スミス』

【コメント】
 いやあ、こりゃ大変ですわ(^^;。最初にお断りしておきますが、毎年の年末に行なっておりますランキングと、順位が逆になっている作品がございます。我ながら、いい加減…。でも、改めて考え直してみますと、『こりゃ違うな』と思う部分もございましたので、組みなおしてみました。
 吾輩が日本映画をまともに見始めたのって、考えてみると実はホントここ最近のことなんですね。「たそがれ清兵衛」は、日本映画を見るキッカケになった映画なんですよ。なので、1位に持ってきました。監督は、“ベスト10”に2作品も入ってますので、佐藤監督。そして女優は、麻生さんで!彼女はまさに“映画女優”ですからね。最後に男優、コレ渡辺謙さんと悩んだんですが、この10年の日本映画でのガンバリってことで、大沢さんを選びました。
 外国映画は、イーストウッドの1,2フィニッシュです。で、もちろん監督もクリントさんで。ホントこの10年、彼が世に送り出した映画はどれもこれも心に響く物ばかりでした。女優は悩みました。キャメロン・ディアスか、アンジー姐さんで。で、良くも悪くもインパクトの強かった方で…(^^;。男優は、妥当なところではないでしょうか?硬軟どんな役もこなせてしまう彼は、文字通り“スター”ですね。


 と言うことで、こんな感じでございます。よかった、ちゃんとできた~(^^;!
管理人推薦による特別エントリー1 (D (代理投稿 しん))
2010-02-15 00:58:52
当ブログ管理人「しん」のマイミクで、大学映研の後輩「D」
学生時代は「ゴダール、ゴダール」とうるさかった男子

----ここから----

ゼロ年代以下ベストです。
うーん、なんかモヤモヤする結果になりました。
きっとなんか大事な作品を忘れてる。。

【00年代 日本映画ベストテン】
1位『害虫』(2002/塩田明彦)
2位『顔』(2000/阪本順治)
3位『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(2007/ 若松孝二)
4位『天然コケッコー』(2007/山下敦弘)
5位『悪夢探偵』(2006/塚本晋也)
6位『リリイ・シュシュのすべて』(2001/岩井俊二)
7位『アカシアの道』(2001/松岡錠司)
8位『たとえ世界が終わっても』(2007/野口照夫)
9位『仄暗い水の底から』(2001/中田秀夫)
10位『ハッピーフライト』(2008/矢口史靖)

日本映画00年代ベスト監督『山下敦弘』
日本映画00年代ベスト女優『土屋アンナ』
日本映画00年代ベスト男優『ARATA』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『ヴァンダの部屋』(2000/ポルトガル/ペドロ・コスタ)
2位『Word and Utopia』(2000/ポルトガル/マノエル・デ・オリヴェイラ)
3位『花様年華』(2000/香港/ウォン・カーウァイ)
4位『ブロークン・フラワーズ』(2005/米/ジム・ジャームッシュ)
5位『ミュンヘン』(2005/米/スティーブン・スピルバーグ)
6位『ミリオンダラー・ベイビー』(2004/米/クリント・イーストウッド)
7位『ブラックブック』(2006/オランダ/ポール・ヴァーホーヴェン)
8位『マイ・ボディガード』(2004/米/トニー・スコット)
9位『マルホランド・ドライブ』(2001/米/ディヴィッド・リンチ)
10位『ライフ・アクアティック』(2004/米/ウェス・アンダーソン)

外国映画00年代ベスト監督『クリント・イーストウッド』
外国映画00年代ベスト女優『ナオミ・ワッツ』
外国映画00年代ベスト男優『マーク・ラファロ』

【コメント】
「日本映画のゼロ年代は、初頭に塩田明彦が存在感を示し、今後の日本映画をリードするかに見えたけれど、中盤で姿を消しました。塩田に限らず、この10年間で、コンスタントに良質の作品を発表することが出来た監督は少ないです。その中で、山下敦弘は、強い個性を発揮し続けたのみならず、職業監督としても、優れた手腕を兼ね備えているんだなと感心させてくれました。
土屋アンナは『茶の味』でびっくりさせられました。ここ10年で、役者の演技に驚きを禁じえなかったのは、唯一『茶の味』での土屋アンナに対してだけです。ここでの土屋は端役に過ぎなかったけれども、忘れることの出来ない存在感を示していました。その後、この個性を再び発揮できてはいないのが残念です。作品に恵まれていないと見るべきでしょうか。ARATAの安定した存在感は、もはや特筆するまでもないと思います。彼はゼロ年代に役者としてのキャリアをスタートさせ、ゼロ年代を象徴する存在となりました。

洋画は、ヨーロッパでの巨匠の不在が残念だった一方、アメリカ映画が実に充実していたと思います。イーストウッド、スピルバーグ、T・スコット、T・バートン、フィンチャー、D・リンチ、クローネンバーグらの巨匠に加え、P・T・アンダーソン、W・アンダーソン、C・ノーランらの中堅監督も立て続けに充実した仕事を残しています。ベスト監督は、イーストウッドとスピルバーグ、どちらにするか迷った末、発表する作品すべてが遺作のような神々しさを放つ、イーストウッドを選びました。スピルバーグもゼロ年代は大変な飛躍があったと思います。ナオミ・ワッツは、とにかく作品に恵まれたという印象です。マーク・ラファロはまだマイナーな存在ですが、『13 ラブ 30』や『ゾディアック』で才能は証明済みです。これからの人かもしれませんが、ここのところ大注目していたので、あえてベストに挙げました。両者とも将来アカデミー賞を獲ることは間違いないと思います。」
管理人推薦による特別エントリー2 (ゆき (代理投稿 しん))
2010-02-15 01:00:03
当ブログ管理人「しん」のマイミクで、大学映研の後輩「ゆき」。主にmixiで映画レビューを書いている。
卒論のテーマはキェシロフスキだった女子。

----ここから----
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『リリィシュシュのすべて』
2位『愛のむきだし』
3位『ジョゼと虎と魚たち』
4位『ディスタンス』
5位『誰も知らない』
6位『害虫』
7位『非・バランス』
8位『青い春』
9位『かもめ食堂』
10位『ゆれる』

日本映画00年代ベスト監督『是枝裕和』
日本映画00年代ベスト女優『麻生久美子』
日本映画00年代ベスト男優『新井浩文』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『ダンサーインザダーク』
2位『ヘドヴィクアンドアグリーインチ』
3位『トーク・トゥ・ハー』
4位『エターナル・サンシャイン』
5位『めぐりあう時間たち』
6位『オールアバウトマイマザー』
7位『花様年華』
8位『マルホランド・ドライブ』
9位『まぼろし』
10位『絶対の愛』

外国映画00年代ベスト監督『ペドロ・アルモドバル』
外国映画00年代ベスト女優『ケイト・ウィンスレット』
外国映画00年代ベスト男優『クリスチャン・ベール』

【コメント】
10年の年毎のベストを出した上で考えてみましたが、難しかったです。作品は10作品あるので順位はともかくとしてある程度出てくるんですが、監督、女優、男優を1人ずつ決めるのは本当に難しい。特に女優、男優はかなり悩みましたが、00年代に活躍しつつ、今後もさらに昇り調子と思われる方を選びました。
日本映画1位は「リリィシュシュ」。「愛のむきだし」を昨年見て衝撃を受け迷ったのですが、ここ10年の時代をある意味予言というか体現しているのではないかと思い、こちらを1位に。このままだとちょっと息苦しいラインナップなので、ほのぼの系の『かもめ食堂』を入れてみました。
是枝監督、麻生久美子は総合的に。新井浩文は『青い春』の衝撃が今でも残ってます。
外国映画は生涯ベストに入りそうな作品ばかりです。アルモドバルはハズレなし。ケイトはエキセントリックな役が印象に残ってますが、もはや貫禄はこの年にして大女優の域。 安定感あります。『アメリカン・サイコ』でレインコート着て斧持ったサイコなクリスチャン・ベールが大音量でかけた音楽にノリノリで登場するシーンは何年たっても頭から離れません。すごいよなぁ。

2000年からちょうど社会人となった私にとってはこの10年のベスト10というのは、人生とシンクロしている部分が大きいと思います。今回日本映画のベストに青春もの?が多いのも、そういう時代を客観的に見れるようになったのかも。そういったことをいろいろ考えながらここ10年を振り返ることができ、すごく楽しい時間でした。映画への情熱を再確認する機会を与えてくれたしんさんに感謝しております。こんなワクワクしたのは久しぶりでした。もっと映画見ていかないとね 。
管理人推薦による特別エントリー3 (sayapen (代理投稿 しん))
2010-02-15 01:01:33
当ブログ管理人「しん」とスタジオゆんふぁで活動をともにし脚本書いたり監督したりする「sayapen」
・・・私の妻です

----ここから----
****ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン****
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『誰も知らない』
2位『空気人形』
3位『ある朝スウプは』
4位『トニー滝谷』
5位『パプリカ』
6位『歩いても歩いても』
7位『時をかける少女』
8位『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』
9位『ディア・ドクター』
10位『ジャーマン+雨』

日本映画00年代ベスト監督『是枝裕和』
日本映画00年代ベスト女優『ペ・ドゥナ』
日本映画00年代ベスト男優『香川照之』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『まぼろし』
2位『絶対の愛』
3位『トーク・トゥ・ハー』
4位『グラン・トリノ』
5位『エレニの旅』
6位『ヴェラ・ドレイク』
7位『リトル・ダンサー』
8位『善き人のためのソナタ』
9位『スラムドッグ$ミリオネア』
10位『うつせみ』

外国映画00年代ベスト監督『キム・ギドク』
外国映画00年代ベスト女優『ケイト・ブランシェット』
外国映画00年代ベスト男優『トミー・リー・ジョーンズ』

【コメント】
「ブロガーではないのですが、参加させていただきます。
意外と日本映画で迷ってしまいました。惜しくも選に漏れたものは「メゾン・ド・ヒミコ」「運命じゃない人」「リンダ リンダ リンダ」「犬猫」「松ヶ根乱射事件」「ぐるりのこと」。
それと外国映画ベスト監督もクリント・イーストウッドにするか、キム・ギドクにするかで悩みました・・・。クリント親父のあの活動っぷりと作るものすべてのクオリティの高さを考えるとやはり・・・と思ったのですが、作家性というものを考えるとギドクかな、と思いました。
外国映画ベスト女優のケイブラさまは作品では選んでないですが、あの人の雰囲気が好きなので。ベスト男優の香川照之は藤原竜也には負けない演技力の濃さがあるので。

少し酔った状態で書いているのでもしかしたら忘れている作品もあるかも、です(笑)
管理人の00年代ベスト (しん)
2010-02-19 02:04:25
****ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン****
【00年代 日本映画ベストテン】
1位『誰も知らない』
2位『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌』
3位『ぐるりのこと。』
4位『歩いても歩いても』
5位『リンダリンダリンダ』
6位『トニー滝谷』
7位『時をかける少女』
8位『東京ゴッドファーザーズ』
9位『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』
10位『エクスクロス~魔境伝説~』

日本映画00年代ベスト監督『是枝裕和』
日本映画00年代ベスト女優『ペ・ドゥナ』
日本映画00年代ベスト男優『藤原竜也』

【00年代 外国映画ベストテン】
1位『エレニの旅』
2位『トーク・トゥ・ハー』
3位『オアシス』
4位『グラン・トリノ』
5位『ミリオンダラー・ベイビー』
6位『まぼろし』
7位『サマリア』
8位『リトル・ダンサー』
9位『花様年華』
10位『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』

外国映画00年代ベスト監督『クリント・イーストウッド』
外国映画00年代ベスト女優『シャーロット・ランプリング』
外国映画00年代ベスト男優『クリント・イーストウッド』

【コメント】
「「日本映画は是枝監督と健太監督の10年でした。市川準監督の新たなスタイルが見え始めた矢先の急逝が残念でなりません。それからアニメが面白い10年でした。ポストジブリを狙う、細田監督、今監督、原監督の三者に超期待。
惜しいけど外したのは「花とアリス」「三文役者」「害虫」「闇撃つ心臓」「千と千尋の神隠し」「虹の女神」
女優はトータルでいい仕事していたのは蒼井優になるのだけど、「空気人形」のペ・ドゥナは神レベルだったので。
他にノミネートは鈴木 亜美(エクスクロス)、小沢真珠(エクスクロス)、野嵜好美(ジャーマン+雨)
藤原竜也は名前だけで映画を見たくなる日本で唯一のスーパースターだ。ノミネートはオダギリジョー、加瀬亮(それボク)、浅野忠信(ヴィヨンの妻)、竹内力(BR2)

外国映画はイーストウッドの10年だったと総括することに何の躊躇いもありません。けども1位2位3位は他の監督に譲りました。「エレニの旅」を越える美しい映像は二度と拝めないのではないか? 「恋愛映画」というジャンルで一応くくれる「トーク・トゥ・ハー」と「オアシス」はそのジャンルでの究極の二作だと思う。オゾンにギドクに楽しんで、90年代以降の絶好調が続くイギリス映画も外したくなく、香港映画を一つも入れないのは個人的に許せなくて、あともう一本アメリカ映画がイーストウッドばっかりもなんだからトミー・リーにトリを努めてもらいました。
惜しいけど外したのは「アメリ」「ミスティック・リバー」「サラバンド」「ブレイド2」「初恋のきた道」「ほえる犬は噛まない」「メメント」「デジャヴ」・・・
女優はペ・ドゥナの二階級制覇も考えられたし、チャン・ツィーイー、オドレイ・トトゥ、キーラ・ナイトレーと若くて脱ぐ娘たちが頭をよぎりつつ、でもランプリング姉さんの60代のエロっ気は、小娘どもを軽く凌駕していた気がするので
男優は、はずれ無しのトミー・リー・ジョーンズも缶コーヒーをBOSSしか買わなくなったくらい好きなんだけど、そのトミー・リーを宇宙で亡くし、鍛えあげた女を殺し、しまいには自らの死に様で00年代を締めくくったクリントじい様以外やっぱありえないでしょう。」

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
2009年の映画ベストテン and more. (Akira's VOICE)
 10年間のベストもあるよ! 
00年~09年のベスト10 (迷宮映画館)
自主映画制作工房Stud!o Yunfatのしんさまからの宿題
2009年を振り返って<映画> (はらやんの映画徒然草)
さてさて今年も一年の映画の総括の時期になってきました。 今年は例年に比べて良作が
2009年、私の好きなベスト10映画♪シネコン編 (銅版画制作の日々)
いよいよ2009年も残すところ後数時間です。 さて、今年映画館で鑑賞した作品はなんと、142作品でした。多分間違っていなければですが。。。。いやあそんなに観たとは驚きです! この中からマイベスト10を決めるのは、難しい~(>_<)甲乙つけがたいものが...
いよいよ発表!2009年私の好きな映画ベスト20☆ミニシアター編 (銅版画制作の日々)
お待たせしました!(って誰も待っていないけど。。。。)それでは、ミニシアターで鑑賞した作品、ベスト20を発表します。今回ミニシアターでの鑑賞作品が結構多かったのもあり・・・・こちらは20作品紹介したいと思います。 それではいってみょう ?母なる証明 チ...
10年の総括? (ルナのシネマ缶)
自主映画制作工房Stud!o Yunfatのしん様からのお誘いで、 ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテンに 参加させてもらいました。 優柔不断な上、気まぐれなので毎年のベストシネマの順位も つけられないのに・・・・10年の総括に挑戦です!(無謀!) ...
2000年代映画ベスト10 (めでぃあみっくす)
「自主映画制作工房Stud!o Yunfat」様より2000年代(2000~2009)の映画ベスト10を決める投票のお誘いをいただきましたので、参加してみたいと思います。とはいえ洋画の1位は2003年から相も変わらず不動のまま。 でも改めてこの10年を振り返るというのは凄く楽しかったで...
映画道的ムービーアワード2009 (映画道)
2009年に劇場で鑑賞した86本の中からこれは観て良かったと感動した作品を洋画・邦画に分けてそれぞれ10作品をランキングさせていただきます。 その前に今年観た作品をラインナップ *洋画部門* チェ 28歳の革命 ミーアキャット 吹替え版 007慰めの報酬 ...
00年代映画ベスト10 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
ブログ友だちのしんさんがブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテンという企画をやってますんで、ええ機会やから2000年代の映画を振り返ってみます。 2000年以降の全★★★★映画(映画館鑑賞作品に限る)から 2009年 洋画「グラン・トリノ」「チェンジリン...
2000年代10年間の映画ベスト10 (オールマイティにコメンテート)
何時もお世話になっている自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページのしん様よりブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテンのお誘いを受けておりましたのでようやく時間が取れましたので2000年代の映画ベストテンをやってみようと思います。
2009年の観て良かった!映画たち (夫婦でシネマ)
2009年の観て良かった!映画たちの発表です~。ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテンもあるヨ!
2009年ケントが観たシネマベストテン (ケントのたそがれ劇場)
新年、明けましておめでとうございます いよいよ本ブログもめでたく誕生4周年を迎えました。この間に何人かの映画ブログが廃止されたのは残念ですね。  ブログを継続維持するには、体力に加えて忍耐強さとしつこさが要求される。またコメントの多い人はコメントのやりと...
とらねこのゼロ年代ベスト (レザボアCATs)
最近多忙で、なかなか更新出来ない日が続いてますが。ゼロ年代が過ぎ去って、'10年代へ!個人的に、あっと言う間に過ぎ去ったこの10年でした・・・。ああ・・・なんて早いんだろう。「年取ったら、時間過ぎるのなんて、あっという間だよー」、なんて聞いてたけど、本当だ...
“ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン”へ投稿 (シネマ親父の“日々是妄言”)
 先日しん様よりお誘いいただきました、“ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン”という企画に参加させていただきます。なるほど“00年代”っていう括りで、10年が総括出来ちゃうんですね。翻って数えてみますと、吾輩がこの10年間で見た映画の本数は、68...