我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

少年は残酷な弓を射る / WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN

2012-07-02 11:10:33 | 劇場&試写★6以上

 

 

NYで去年の12月、ポスターと予告篇みて日本にきたら観ようと思ってた作品

ティルダ・スウィントン主演。イギリスの女性作家に贈られる文学賞として著名なオレンジ賞に輝く、

ライオネル・シュライバーの小説を映画化

原題は 「We Need To Talk About Kevin」(私たちはケヴィンのことを話す必要がある)

邦題、カッコイイけどネタバレがちょっと危うい。

監督は「モーヴァン」で注目を集めた、リン・ラムジー。

 

ロンドン映画祭で作品賞受賞、英国インディペンデント映画賞で多数ノミニー&監督賞受賞ほか、

主演のティルダの演技も絶賛されていくつかの賞を受賞

 

この息子、うまれながらに反抗期

 

何をしでかすか分からない息子の憎悪に悩まされる作家、

エヴァにティルダ・スウィントン!本当に素晴らしい!

 

問題の息子、ケヴィンにTVドラマ出身の新人、エズラ・ミラー。

鋭い目つき、その存在感。これから延びていくであろう、なかなかの美青年。

 

子役がまた可愛くて♡

3〜5歳を演じたロック・デュアーくんもめちゃくちゃ巧いし可愛い♡

3歳まで喋らなかった子供。幼少の頃から全く母親だけにはなつかず

睨みつけて悪さをする。まるで「オーメン」のダミアン?!

 

6〜8歳のケヴィンもまた可愛いコ。ジャスパー・ニューウェルくん。

 

パパにはジョン・C・ライリー。

なんだか不釣り合いなカップルの感じだけどそこがいいのかな。

昔はウィル・フェレルとお馬鹿やってたのになんだか最近いい作品にばかり出てるなー☆

 

生まれながらの悪魔の少年?

何故、母親をそこまで憎む?

 

8/10(82点)

 

 

面白かったとか良かったぁとかいう感想はちょっと違う感じだけど、

想像通り、好みの作品でした〜。

ことの顛末よりも、見せ方、演出が秀逸。

母親視点の回想の映像が、過去と現在の交差でみせる。

とくに、随所にいれられる人をイラつかせる赤の使い方が見事で、さらに

窓についた赤をカッターの刃で削ったりという不快音なども不安にさせる一方、

突拍子もないのんきな音楽を緊迫するようなシーンでかけていたりが観る側の興味をひく。

結局はどうしてそうなったか、ということが知りたくて集中する。

だけど、結果的にはその理由は一切明かされずにミステリアスなままで終わる。

 

ちょこっとネタバレあり

事件としては恐ろしい事に珍しくはないかもしれないけど

1999年のコロンバイン高校の少年が引き起こした銃乱射事件を彷彿とさせる。

映画では、マイケル・ムーア監督「ボウリング・フォー・コロンバイン」(ドキュメンタリー)

や、ガス・ヴァンサントの「エレファント」、

最近では生き残った少女を描いた「ダイアナの選択があるけど、

本作は、

事件そのものや、なぜ少年がそうなったかというよりも

そこに至るまでの顛末、過程を描く。


どういうことなのか、はじめはまったくわからないまま

次第に見えてくる構成がどんどん惹き込まれる。

しかしこんなおむつの頃から、何でも知ってる様に母親だけに嫌がらせする子供。

いるのかな?「オーメン」のダミアンみたいに悪魔が乗り移ってるならともかく?

普通の子がこんなだとリアルさ感じて余計怖いような。

子供は皆生まれながらの天使で、純粋で可愛いはずなのに。

そしてそのまま成長してしまったケヴィン。

何でも見透すような鋭い目つき。悪意をもった行動からも目が離せない。

このエズラ・ミラーくんがまた素晴らしい。

生まれて来た弟や妹には子供の頃ヤキモチをやくのは良くある事だけど…

そのイタズラ、いじわるは度を越してます!

妹ははっきりしない事故で片目失明。

翌朝自分を責めないで。と話すも、ケヴィンはのんきで全く無関心。

 

周りからは非難され、嫌な思いをし

やっと雇ってもらった職場ではじめはうまくいきはじめるも、

誘いを断ると一方的に侮辱され、、、

 

無機質であまり母性を感じさせないどこか冷たい印象のある

ティルダ・スウィントンがものすごくハマってる。

ケイト・ブランシェットだとまた違う気もするし。

時にキツイことも言う母親、自分に似てるとケヴィンが認めるようなセリフもあり

やはり実の親子。

最終的に彼は、母親からすべてを奪った。

 

通常母親の愛の足りなさで子供は非行に走ったりするものだけど

なぜそうなったか、結局明かされないところがこの映画の魅力でもあるかな。

質問を投げてもあまりの無関心さにエヴァがケヴィンを抱きしめるというラストも印象的。

 

ここまでの母親への執着心は、どこから生まれたか。

 

それは、愛だったのか、、、、?

 

途中、幼少期のケヴィンの言動でちょっと笑ってしまうところもあったけど

気軽に観るとズドーンとくる、そしてラストでもやもやするということになるかも。

美少年好きの方や(チラシは萩尾(望都)さんの漫画の美少年リアル版風)

少年犯罪に興味ある人(もちろん変な意味ではなく) また、

子を持つ(育てたことのある)お母さんもぜひ。オススメ

 

音楽はレディオヘッドのジョニー・グリーンウッドが担当。

 

自由奔放に生きてきた作家のエヴァは、突然の妊娠に戸惑いを拭えなかった。やがて誕生した息子ケヴィンは、なぜか自分にだけ懐こうとせず、子育ては苦難の 連続となる。成長するにつれ、反抗的な態度はエスカレートし、エヴァは我が子に対し恐怖さえ抱くようになる。夫に相談しても真剣に取り合ってもらえず、次第に不安が募っていくエヴァだったが…。

 

公式サイト 

WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN     2011年  イギリス      112min

6月30日より、公開中〜

 

3人のケヴィン、揃って美少年

 

カンヌ映画祭にて。

ジョン・Cノリノリ。

エズラ・ミラーくん、今後も2作待機中。

エマ・ワトソンとポール・ラッド共演

「The Perks of being a wallflower」2012

と、ミア・ワシコウスカとポール・ジアマッティ共演「Madame Vobary」 2013

 

 


応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (24)   Trackbacks (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« このオッサンに注目〜! (ヴィゴ... | TOP | ハリウッドゴシップ☆News300回記... »

24 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっぱり観たかったー! (ノルウェーまだ〜む)
2012-07-02 11:15:35
migちゃん☆
やっぱりコレ良かったんだね♪
途中から読むのやめて、さっそく水曜に行ってくるわ!!
今度はネット予約して(笑)
そうそう〜 (rose_chocolat)
2012-07-02 11:53:14
昨日はニアミスりましたねー。もっと気をつけて周り見ます(笑)

これって、「いいね」っていうくくりじゃなくて、凄まじかったよね。ケヴィン役の3人(赤ちゃん入れたら4人?)ともお見事にハマってた。

>それは、愛だったのか、、、、?
私は一応苦労してるので(汗)こういうのってあるあるって思います。子どもだから無条件に受け入れられる訳じゃないってこと、そして子も親を選べない。
親子だって意味もなく意思疎通ができないことだっていっぱいあるしね。
それでも本気で向かい合っていかなくてはいけないのが家族だけど、このケースは本当に気の毒としか言いようがない。けど希望もあってほしいね。
まだーむ☆ (mig)
2012-07-02 12:04:12
早い!ありがとー♪
うん、
これはまだーむも好きなはず!
感想楽しみにしてるよ♪ネット予約、予告篇のときもVitってやってたけどもう皆それやってる時代なのね〜。
私も今後はやってみよう
roseさん☆ (mig)
2012-07-02 12:08:45
クレイジーホースの方行ったというのはみたからてっきりそっちだと、、、
でも見つかるの恥ずかしいから探さなくていいですよぉ!笑

roseさん男の子の母親だもんね。
私も女の子はおませになるし男の子いいなーって思ってたりしてたけど、、、

これなんか、答えがないというかどうでもとれるという感じがまたいい。
原作も読んでみたくなっちゃいましたよー。
roseさんのレビューも待ってますね。

こんばんは (dai)
2012-07-03 22:45:11
ケヴィン視点の見解が正直少しほしかったですが、migさんのいう見せ方は非常に巧い作品でしたね。

>ダミアン

これは思いましたね。
daiさん★ (mig)
2012-07-04 00:13:56
こんばんは、
そういう意見もあるみたいですね〜
確かにそうなんだけど、これはこれで成立してたなと。

Unknown (KLY)
2012-07-04 00:16:53
>なんだか不釣り合いなカップルの感じだけどそこがいいのかな

そうそう、ライリーには申し訳ないけど、何にも解ってない父親と言う意味ではピッタリだったし、むっちゃイラついたよ(苦笑)
それにしても大人2人はもちろんのこと、子役が素晴らしい!エズラくんのあの目ときたらやばすぎでしょうに。あと6〜8歳を演じた男の子が愛らしい顔してでも凄く洞察力あってホントぶっ飛ばしたくなるぐらいムカついたよ(笑)そんだけ上手いってことなんだと思うけど。ただそれだけにあのラストのエズラくんのフッとした甘えるような目が効果的に生きてたなぁ。
KLYさん★ (mig)
2012-07-04 00:40:09
あれ?
TB届いてないわ〜このあといくね。

子役含め皆ほんとによかったよね!
とにかく私、この手のテーマ好きだし
思いのほかけっこう気にいっちゃった。
原作も読んでみたいなぁって。
きいろいゾウまだ読みかけなんだけど 笑
ずどんと・・・ (ノルウェーまだ〜む)
2012-07-05 14:45:59
migちゃん☆
いや〜腹の底にずどんとくる映画だったわ。
レビュー書きながら胸が苦しくなったわ。

子供は生まれながらに天使っていうのは、大人の希望であって、そうもいかないものよ〜
ある意味そんな幻想が、母はこうあるべき、子供は無垢なはずという高いハードルを作って、自分自身が振り回されちゃうんだろうなぁ。
こんな子でも無条件に愛してくれるか、ケヴィンは試したかったのかも。
私も呪縛から解き放たれるまで、あとちょっとかかりそうよ。
まだーむ☆ (mig)
2012-07-05 22:38:07
まだーむはそれほどズドンときてしまったのね。
私、純粋に映画として楽しんだ感じ。
こういう変わった捉え方の作品好きだなぁ。ありきたりで退屈な作品とは真逆ね!えー、まだーむ呪縛からまだ逃れてない
今日このままベッドに横になったらやばい、、、
こんばんは (ノラネコ)
2012-07-06 23:52:21
面白かったけど、個人的にはどこかピンと来ない映画でした。
なんかケヴィンがダミアンに見えてきてしまって。
ある種の寓話としてはこれでよかったのかなあ。
ノラネコさん★ (mig)
2012-07-07 10:41:44
おはようございます。
そうですね、ノラネコさんのいうこともわかります。
そうそう、ダミアン風に思えましたよね、まさに悪意をもって生まれた子。
最初からそうだったし。でもわたし、面白ければ良しなので♪
なんか (バラサ☆バラサ)
2012-07-09 00:11:04
エマ・ワトソンとポール・ラッド共演「The Perks of being a wallflower」2012

と、ミア・ワシコウスカとポール・ジアマッティ共演「Madame Vobary」 2013

いい連中と共演しますね。
将来が嘱望されているのでしょうか。

ケヴィン役は、最年少の奴の目つきが一押しですが。
バラサ★バラサさん (mig)
2012-07-09 09:44:32
そうなんですよね、
もしかしたら今後くるかな?
ケヴィン役とにかくハマってました。

ところでバラサさん、アダムの新作観ましたよ〜レビューあげました。
バラサさんは観たかな?
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2012-07-10 01:32:26
今日は、思いがけずmigさんにお逢いできて
嬉しかったです♪
あの後、yuukarinちゃんと東方神起に萌えましたあ(笑)

さて、この作品ですが
>面白かったとか良かったぁとかいう感想はちょっと違う感じだけど

私もそうです(^.^)私の場合、好みとも言い難いですが(笑)
最近は、観てすぐ内容を忘れてしまう作品が多いのですが(^_^;)、この作品は、忘れることはないだろうなあと言う作品であるのはまちがいないと思います。

男の子が大好きな私としては、エズラ君も良かったですが、子役の2人のケヴィンがかわいくて〜♪あんな可愛い顔で、あんな難しい、イジワルな顔をするのですから堪りませんでした(笑)

>少期のケヴィンの言動でちょっと笑ってしまうところもあったけど

あの台詞ですよね?ここには書けないですが(笑)

>そしてラストでもやもやするということになるかも

もうおっしゃる通りで(笑)私はタイトルや予告編から、サスペンスと思って観ていたので、明かされない理由に、もやもやしてました(^_^;)

私はサスペンスとして観ていたせいか、意外とずど〜んとは来なかったかな(^^;
子育ての苦労もあったのですが、あまりにも昔で(笑)忘れちゃったのかも(苦笑)
ひろちゃんおはよう☆ (mig)
2012-07-10 08:56:02
うん、私も久々に会えて良かったぁ。
シートマスクもありがとでした
ラストは邦題のせいでああなることはだいたい分かったのだけど
まさか父親まで、、、、というのが衝撃だったなぁ。
無差別殺人も許せないんですよね。
だからそういう風に育った原因が気になるんだけど、生まれながらに悪魔のような、でも母親への嫌がらせだけでは追われない、やはり愛なのかとか想像いろいろ出来る所が面白かったなと。
サスペンスとしても観るのももちろんありですね★
子育て、、、1度くらいしてみたかったな。
もうムリかも 笑
悪魔の子 (クラム)
2012-07-20 00:21:39
ここまでの徹底ぶりは極端にせよ、
実の親子なのにそりが合わないというのは、よくある話だと思います。
ここだけの話、わが家の妻と娘は性格が正反対に近いほど違っていて、
他人の悪口など一言も言ったことのない妻が、
娘のことははっきり嫌いと言い放っています。
そしてやっぱり父親は鈍感で能天気。
娘には危険物を持たせないようにしなければ・・・。
☆クラムさん (mig)
2012-07-20 10:15:04
そうですね
数人子供がいても合う子、合わない子って
ちょっと可哀想だけど仕方ないですよね。
って、えーー?
クラムさんの奥様、娘さんキライって
言ってるの?
それかなり衝撃的です!
母と息子は永遠の恋人 (q 愛は切なく表裏一体)
2012-07-23 14:09:17
結果としてになっちゃうけど
WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN
コレで十分になっちゃってるな・・・
母の「女」としての部分を
彼は感じていいて、それも欲しい。
「母」の全てが欲しい

迷い迷いて
ラストの二人の視線
お互いを思いやり理解もして
慈愛というのは綺麗過ぎかしら?!

ぐひひひひ♪migちゃん
萩尾(望都)さんの漫画の美少年リアル版

これないすだわ〜
qちゃん (mig)
2012-07-25 11:50:35
そうだね〜、もし、母親を独り占めしたくての行動だとしたら、映画としてのそこの描き方は弱かったかな。
生まれたときから悪魔のような描写だったし。最後迄母親を苦しめたいってことならば逆に完全ホラーだしね 笑
こんにちは (maki)
2012-12-30 10:31:02
ケヴィン役最年少の子の演技が私は怖かったですね!
女性なら誰もがなんとも言えない感情になる作品だったのではないでしょうか
子供は親を選べないといいますが、親も子供を選べないんですよね
しかし、ここまで子供の頃から悪意に満ち溢れている子ってほんと、いるかなー?ですよね
唯一、ほっとしたのはケヴィンが病気になってロビン・フッドの本を母親に甘えて読んでもらっているところで、でもそれがのちに残酷な結果になるとは、思っても見なかったですね(タイトルは直接的な意味じゃなくて、心理的な意味合いだと思っていたので…)

migさん 今年も大変お世話になりました
TBばかりが多めでしたが、たまにコメントも入れさせていただきました、ご迷惑でなければいいのですが…なんだか恐縮してしまって。
来年も宜しくお願い致します
良いお年をお迎えくださいね!
makiさん☆ (mig)
2012-12-31 01:31:25
こんばんは★
コメありがたいと思ってますよー!
2回に一度くらいしかいけなかたったらゴメンナサイ
この作品は良かったです〜
あとミラノ愛に生きるもみたんですが
ティルダ、やはりいいです!!

こちらこそ、来年もよろしくおねがいします
色々まとめて (latifa)
2013-03-19 11:19:14
migさん、こんにちはー!
やっと「私が生きる肌」と本作と見ることができました。
migさんは去年のベストに入れていましたよねー。
私も私が生きる肌の方が面白かったけど、でも本作も、すっごいインパクトがあったわー。

ところで、ミッツさんの「偽りなき者」もうご覧になられたのねー!彼ってなんかちょっと気になる存在で、つい追ってしまうわー。

それとオールドボーイ。
私も特別大好きな作品です。
migさん、久しぶりに再見されての記事アップだったのね。★満点ですねー。
内容も映像も音楽も雰囲気も、センス良く、かつ凄い面白くて、本当にカッコイイ映画!

最近パク・チャヌク監督作品で、ガツーンと来るやつを見ていない気がするので、また是非見せて頂きたいな〜と思っています。

色々まとめて書いちゃってごめんね
☆latifaさん (mig)
2013-03-21 00:24:20
こんばんは☆
オールドボーイ、劇場でみたインパクトはやはり忘れられなかったけど
やっぱり面白かった。
エズラくん、ウチに秘めた悪い感じがぴったり。
キャストみんなハマってて良かったぁ。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

27 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『少年は残酷な弓を射る』 (2011) / イギリス (Nice One!! @goo)
原題: WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN 監督: リン・ラムジー 出演: ティルダ・スウィントン 、ジョン・C・ライリー 、エズラ・ミラー 公式サイトはこちら。 「イギリスの女性作家に贈られる文学賞として著名なオレンジ賞に輝く、ライオネル・シュライバーの小説...
映画「少年は残酷な弓を射る」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『少年は残酷な弓を射る』(公式)を6/30の初日にTOHOシネマズ シャンテにて劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。なお、原作本『We Need To Talk About K...
少年は残酷な弓を射る (Memoirs_of_dai)
SHE NEED“ED” TO TALK WITH KEVIN 【Story】 作家のエヴァ(ティルダ・スウィントン)は、妊娠を機にそのキャリアを投げ打たざるを得なくなる。それ故に生まれてきた息子ケヴィン(エズラ・ミラー)と...
『少年は残酷な弓を射る』 2012年6月20日 京橋テアトル試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『少年は残酷な弓を射る』 を試写会で鑑賞しました。 京橋テアトルは初めて行きました 椅子は結構好きな感じですが、、、カーテン空いた時の違う人の ”スクリーン小っさ” のつぶやきに同感(笑) 段差が少ないので1番前か3列目が良さそうな感じですね。(3列目は2列...
「少年は残酷な弓を射る」ただそれだけが欲しかった (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ラストはハッピーエンドである。 満席の劇場で、これがハッピーエンドだと思って涙を流しているのは、私くらいだったかも。 冒頭からラストまで、胸が締め付けられるような胸騒ぎの連続。 忘れる事のできない今年の1本になりそうだ。
少年は残酷な弓を射る (ダイターンクラッシュ!!)
2012年7月5日(木) 19:30〜 TOHOシネマズシャンテ1 料金:0円(フリーパスポート) 『少年は残酷な弓を射る』公式サイト フリーパスポート2本目。 宅間守のような生まれながらの悪人のような子供の話。 怖い子供というと「オーメン」とか「エスター」とかあるが...
少年は残酷な弓を射る・・・・・評価額1450円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
なぜ少年は狂気の弓を射たのか? 赤ん坊の頃から実の母親に懐かず、成長するに従って異様な悪意を無慈悲にぶつける様になる奇妙な少年と、息子への愛と憎悪の間で葛藤する母親。 やがて息子が引き起こした...
★少年は残酷な弓を射る(2011)★ (Cinema Collection 2)
WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN 母さん、僕が怖い? 映時間 112分 製作国 イギリス 公開情報 劇場公開(クロックワークス) 初公開年月 2012/06/30 ジャンル ドラマ/サスペンス/ミステリー 映倫 PG12 【解説】 主演を務めたティルダ・スウィントンの迫真の演技...
『少年は残酷な弓を射る』いったい誰に?! (Healing )
少年は残酷な弓を射る ★★★★ 「母さん、僕が怖い?」 男の子の母としては聞き捨てなりません、このキャッチ。 この映画で、ある少年の母親は、アルコールと睡眠薬で朦朧とするなか、 記憶の断片をたぐり寄せながら、 自分の息子が起こした、ある凄惨な事件に至るまでを...
『少年は残酷な弓を射る』について話し合わねばならない (映画のブログ)
 世界でも、自国の歴史の上でも、もっとも平和な時代を迎えた日本。  けれども、残念ながら凶悪犯罪はゼロにはならない。そしてどんな犯罪者にも親はいる。  もしも我が子が凶行に走ったとき、「あの子な...
少年は残酷な弓を射る/子供は無垢で愛すべき存在、という脅迫 (映画感想 * FRAGILE)
少年は残酷な弓を射るWE NEED TO TALK ABOUT KEVIN/監督:リン・ラムジー/2011年/イギリス 「勉強もスポーツもよくできた、とっても真面目な良い子でした」 「邦題がそもそもネタバレである」という話を聞いていたのと、予告の感じも含め、なにがどうなるのかはだ...
母親と子とは・・・ (笑う社会人の生活)
6日のこと、映画「少年は残酷な弓を射る」を鑑賞しました。 自由を謳歌する 旅行記作家 エヴァ しかし 妊娠を機にキャリアを投げ出さなければならなくなる 息子 ケヴィンが生まれたが まったくなつかず 成長したケヴィンはある事件を起こし・・・ いや〜 何と言ったら...
少年は残酷な弓を射る (心のままに映画の風景)
作家のエヴァ(ティルダ・スウィントン)は、妊娠を機にそのキャリアを投げ打たざるを得なくなる。 戸惑いの中で生まれてきた息子ケヴィンは、幼い時からエヴァに心を開こうとはしなかった。 賢く美しい...
「少年は残酷な弓を射る」 (Con Gas, Sin Hielo)
ねじれた太い絆。 風になびくカーテン。断続的に聞こえる機械音。 一転するとトマト祭り。紅く潰れたトマトにまみれる主人公。祭りなのに何故かとても居心地が悪い。 目が覚めた主人公の周りは、日常の平静を装うも至るところに異常さのかけらが点在。紅のペンキが乱....
『少年は残酷な弓を射る』 (beatitude)
自由奔放に生きてきた作家のエヴァ(ティルダ・スウィントン)はキャリアの途中で、夫フランクリン(ジョン・C・ライリー)との間に子供を授かった。ケヴィンと名付けられたその息子は、なぜか幼い頃から、母親であるエヴァにだけ反抗を繰り返し、心を開こうとしない。やがて....
少年は残酷な弓を射る (Said the one winning)
自由を重んじ、それを満喫しながら生きてきた作家のエヴァ(ティルダ・スウィントン)は、妊娠を機にそのキャリアを投げ打たざるを得なくなる。それゆえに 生まれてきた息子ケヴィン(エズラ・ミラー)との間にはどこか溝のようなものができてしまい、彼自身もエヴァに決....
少年は残酷な弓を射る (佐藤秀の徒然幻視録)
トマト祭りと胎内回帰願望 公式サイト。ライオネル・シュライバー原作、イギリス映画。原題:We Need To Talk About Kevin。リン・ラムジー監督、ティルダ・スウィントン、ジョン・C・ライリ ...
母と息子〜『少年は残酷な弓を射る』 (真紅のthinkingdays)
 WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN  "Why?"  世界各国を旅し、自由奔放に生きてきたエヴァ(ティルダ・スウィントン)は、 キャリアの途中で望まない妊娠をし、結婚する。妊婦であ...
少年は残酷な弓を射る   評価★★★ (パピとママ映画のblog)
英国の女性作家ライオネル・シュライバーのベストセラーを「モーヴァン」のリン・ラムジー監督が映画化。母親に異常なまでの悪意と執着心を持つ息子と、彼に戸惑う母との関係を描く。出演は「ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島」のティルダ・スウィントン、「....
少年は残酷な弓を射る (ここなつ映画レビュー)
まあ、子育て世代としては、考えさせられる作品でした。タイトルに入っている「残酷」という単語は、ある意味生真面目に子育てをしている母親族に対する「残酷」なのかも。 一生懸命育てても、愛情を注いでいたつもりでも、結果が凶!NG!と出てしまった子育て。その...
映画『少年は残酷な弓を射る』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-57.少年は残酷な弓を射る■原題:We Need To Talk About Kevin■製作年、国:2011年、イギリス■上映時間:112分■字幕:佐藤恵子■観賞日:7月14日、TOHOシネマズシャンテ □監督・脚本・製作総指揮:リン・ラムジー□脚本:ローリー・スチュワート・キニ...
少年は残酷な弓を射る (銀幕大帝α)
WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN/11年/英/112分/ミステリー・サスペンス・ドラマ/PG12/劇場公開(2012/06/30) −監督− リン・ラムジー −製作総指揮− リン・ラムジー −原作− ライオネル・シュライバー『少年は残酷な弓を射る』 −脚本− リン・ラムジー −...
少年は残酷な弓を射る (いやいやえん)
タイトルの「残酷な弓を射る」という表現がいいですね(でも直接的表現だとは思わなかった)。母親への異常な悪意と執着心を持つ息子と、彼に戸惑う母親の関係を綴ったサスペンス作品です。 序盤で憔悴しきったエヴァの視点から、過去をを断片的に挿入させながら息子...
少年は残酷な弓を射る (新・映画鑑賞★日記・・・)
【WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN】 2012/06/30公開 イギリス PG12 112分監督:リン・ラムジー出演:ティルダ・スウィントン、ジョン・C・ライリー、エズラ・ミラー 母さん、僕が怖い? [Story]自由奔放に生きてきた作家のエヴァは、突然の妊娠に戸惑いを拭えなかっ....
少年は残酷な弓を射る (to Heart)
母さん、僕が怖い? 製作年度 2011年 原題 WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN 製作国・地域 イギリス 上映時間 112分 脚本 リン・ラムジー 、ローリー・スチュワート・キニア 監督 リン・ラムジー 出演 ティルダ・スウィントン/ジョン・C・ライリー/エズラ・ミラー イギ....
「少年は残酷な弓を射る」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
面白かったです。4つ★半
『少年は残酷な弓を射る』(映画)(2012)ー納得を捨てよう、そして良質な悪夢を見よう (マンガデシネ)
 先だってに『ウォールフラワー』を観て、エズラ・ミラーという若い俳優に興味を持った。彼の存在感はエマ・ワトソン含め他の出演者より頭ひとつほど抜けていた。もっと彼の他 ...