我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

チェンジリング / CHANGELING

2009-02-20 23:07:02 | 劇場&試写★6以上
クリント・イーストウッド監督作にハズレなし!
と思ってはいるけど過度な期待はしないで観て来ました~
金曜日からの1日前倒し公開。ちょうどタイミングよく時間あいてたので




何かの番組でやってて軽く内容知っちゃったし、さんざんアンジーが叫ぶシーンを予告で観ちゃってたけど、、、。

この物語は実話。
昔から警察の薄汚い内幕を暴いた映画はあったけど、ここ最近また増えたんじゃないかな?
この作品でも、ありえない!と叫びたくなるような酷いことを当時のロサンゼルス市警は犯している。


1928年、今から80年くらいも前 ロサンゼルス警察は市民を守るという役目よりも、
汚職、賄賂など正義なんてものはどっかいっちゃっていた。
薄れた信頼を取り戻す為に、いかにして手柄をたてるかということばかり考えていた。事実。



子供がいなくなったと訴える母親に対し、、、、
5ヶ月後、、、、
あなたの子はこの子ですよ!
「この子は違います、」「いえ、あなたは混乱してるんでしょう」

んなばかな
たった5ヶ月で自分の子供が他の子と区別つかなくなるわけないじゃん!
親が言ってるんだから違うでしょうが!!
でも本人(子供)まで自分がウォルターだとなぜか言い張る。

ーー無理矢理、別人の子供を押し付ける警察。


「背が7センチも低いんです」「きっと縮んだんでしょう」

そんなワケあるかーい

ちゃんと計って印つけてたんだから。

抗議すれば病院に監禁してしまう、当時のロス市警の理不尽な暴力
許せん

コイツがほんとムカついちゃった!
熱いお湯でもぶっかけたくなった


あらやだ、口悪くなっちゃって。
イヤな警部をジェフリー・ドノヴァンさんが演じてます。

でもコイツだけじゃない。精神病院の医者もそうだし警察の本部長とか
後に出てくる凶悪犯やら。
ほんっとに観てて首締めたくなるようなヤツが何人も出て来る

冷静に考えるとそれほど感情移入してたってことね。

アンジーは、愛する息子を失ってそれでも希望を1mmも捨てない強い母親役を見事演じていて
アカデミー賞にノミネートされるのも納得

すごくハマっていた。 アンジー以外に考えられないくらい。

これまで悪役も多いが今回は弱者の味方を演じるのは名優、ジョン・マルコヴィッチ
ロス市警の腐敗を告発してきた牧師。
しっかり脇を固めます。しっかり髪もあります。




7/10


シングルマザーのクリスティンは帰宅して息子が失踪したことに気づく。
行方の知れぬまま5ヶ月が過ぎたある日、彼が見つかったとの知らせが。
しかし、クリスティンの前に現れたのは息子によく似た全く別の子供だった……



感想のみちょこっとネタバレ
2時間22分という長い上映にも関わらず、あっと言う間にひきこまれてしまった。
中弛みもせず無駄なし。
実話ベースということで、多少は脚色もあるだろうけど またもや警察のどうしようもない隠されていた過去の実態が暴かれている。
自分たちの手柄のため、名誉のために何でもやっていいと思ってる。
今じゃあんなこと許されません!
いやその当時だって許されない事だけど、本当にこれが事実だったと思うと腹立たしくて仕方ない。
子供の事を思い、信じて懸命な母親の姿。
いつもながらクリント・イーストウッドの演出には過剰さが見られず、すごく好感が持てる。
ラストはハッピーエンド?まさか(子供が)戻ってきたらちょっと えー?っとなるかもと思ってたけど、
わずかな希望を持ったまま、、、というあのエンディングは好みだった~。
いくら実話でも映画的に変えちゃう場合もあるけど 変えてないのよね
すごく印象的でだったのは、精神病院に入ってた娼婦の女性が出て来た時のアンジーとの目線のやりとり。
言葉を交わさずに、目だけで感謝を伝えたあの一瞬のシーンがすごくジンときちゃった。

音楽もイーストウッドの静かな旋律で、過度な盛り上りもなく心地よい。
相変わらず、(イーストウッドの)暗い映画だけど
2月末の公開含む現在公開中作品の中ではイチオシの1本です~



この海外ポスター、前にも書いたけどアンジーが子供とって食おうとしてるみたいで変じゃない
公式サイト
CHANGELING   2008年   アメリカ   142min
2月20日より公開中~



------------------------------------------------------------------------------
アンジー、ブラピと来日
1/30 六本木での記者会見にて。


 来日インタビューは ☆こちら☆

なんと報道陣は300人超え!



クリント・イーストウッド監督の次回作は『グラントリノ』 日本公開4/25に決定
 公式サイト

隣人であるアジア系移民の少年と、その家族と思いがけず交流を深めていくさまをユーモアを織り交ぜつつ綴る感動作。
現在78歳のイーストウッド、この作品で俳優は引退するそう。
こちらも気になるなー。



それでは皆さま、楽しい週末を、、、、

 
クリックしてね
応援して下さってる方々、ありがとうー
←please click


『映画』 ジャンルのランキング
Comments (82)   Trackbacks (124)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マルコヴィッチの穴 / Being Joh... | TOP | 第29回ラジー賞決定!!/29th An... »

82 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
さすがでしたね~ (真紅)
2009-02-20 23:21:17
migさ~ん、こんにちは♪
私も初日に観ました! で、すんごくよかったです~。
ホント、イーストウッドにハズレなし、だわ。。
でね、私もあの目線のシーンにはガツーーーンとヤラレましたよ!
あそこは言葉もハグもないんだけど、気持ちが伝わるシーンだったよね~。

ところで、首のほうはどうですか?
コメレスは無理しないでね!
今TBが飛ばないみたいなんで、またトライしますね~。ではでは♪
★真紅さん★ (mig)
2009-02-20 23:41:43
こんばんは♪

タイミング早いです!すぐのコメントありがとうございますー

あのシーン、すごく良かったですよね、
そういう細かいところがやっぱりクリントイーストウッドだなって、
別にひいき目ではないんだけど
そう思えちゃいますよね!

お気遣いありがとうです~
はい、あとでTBだけでもお邪魔します
見ごたえありでした (NAO)
2009-02-20 23:57:05
はじめまして、migさん。
いつもTBばかりですが、今回初コメです。^^
イーストウッド作品は、やっぱりハズレありませんね。
アンジーは、私的にはアクション女優というイメージ
ばかり先行してましたが
今作は、すばらしかった。

>熱いお湯でもぶっかけたくなった

ホント、私も首しめたろか・・なんて思いました。^^;

お首の具合どうですか?
ご無理なさらぬよう、リハビリがんばってくださいね。
お見事 (クラム)
2009-02-21 00:21:48
ハズレはないけど、個人的に当たらないこともあるイーストウッド作品でしたが、
これは充実感たっぷりの素晴らしい作品だったと思います。
これも個人的意見ながら、
A.ジョリーは娯楽モノよりこういった作品の方が魅力を感じられます。

「グラントリノ」は興行的に、
キャリアNo.1とも言える大成功を収めているようですね。
相当な高齢ですが、まだまだ健在ですから
引退と言わず活躍を続けてほしいと思います。
やられました (KLY)
2009-02-21 03:15:17
こんばんは^^
素晴らしい作品でした。
あのエンディング、私も好みです。
実話だけにあんまり好みとか言っちゃいけないのか
もしれませんが^^;

警察はクリスティンを閉じ込めようと精神病棟に
“放り込んだ”のに、出てきたクリスティンは戦う
覚悟を決めて強い女性に生まれ変わってました。
きっと大誤算だったんでしょうね。(苦笑)

個人的には、アンジーは是非この作品でオスカー
獲らせてあげたいなぁと思いました。^^
みたよ。 (とく)
2009-02-21 06:02:54
とくも、よかったと、思います。
感想は、migさんと、おんなじかな?
でも、ひとつ、疑問が。
ウォルターだっけ?息子?
あの、偽物の息子は、一体、何者?
wikiで調べたら、チェンジリングって、「とりかえっこ」って、
のってたけど。よくわからん。
そっかー。 (あすか)
2009-02-21 06:10:15
これ、面白そうだなぁとは思ってたんだけど、
なんか今までスルーしてたんだよね。
でもmigさんのレビュー読んだら見ようかなって思ったよ。
グラントリノは予告編でも面白そうだったし、絶対見るつもり~。
イーストウッド (ともや)
2009-02-21 08:10:50
こんにちは、migさん♪
こんな事件が実際に起こっていたことに驚愕ですね~!
アンジー姉さんはアクションもいいけど、こういう演技も大好きです♪

ちなみに「グラントリノ」はちょっと前に観たんですが、かなりいいですよ♪
あんなイーストウッドを初めて見ました♪
ともやの中で2009年ベスト3に入るかも~?
おはようございます (まりっぺ)
2009-02-21 09:35:45
実話と考えると、すごく痛ましいですが、
それを題材にして、ここまで、多くの人をひきつける作品に仕上げたのが素晴らしいですね。

>とくさん
史実だと、ママハハと上手くいかずに家を出たかった少年が芝居を打ったとのことでした。
 (kossy)
2009-02-21 10:28:13
首の調子はいかがですか?
絞首刑のシーンはmigさんにとって、ガツンとくるところだったんじゃないでしょうか・・・あぁ、首が。痛たたた・・・
俺的には今年度の洋画の暫定1位ですわ・・・って、まだそんなに本数を観てないけど(笑)
イーストウッドという奇跡 (えい)
2009-02-21 11:10:27
>クリント・イーストウッド監督作にハズレなし!

本当にその通りで、
上で、ともやさんも書かれていましたが、
『グラン・トリノ』がまたスゴい。
あれはイーストウッド映画人生の総決算です。
思い出しても震えます。
ちわーっス (MASA)
2009-02-21 11:14:39
migさんおすすめだしイーストウッドだしで観ようと思ってるよ、ウィルスミスのも観たいけど...
首、腕のその後調子どうです?アカデミー賞記事も楽しみにしてるけど無理しないでね
私も (latifa)
2009-02-21 11:52:40
熱いお湯ぶっかけたくなりましたよ!!
ひでぇ~~!!って何度心の中で叫んだことでしょうか。
それと、彼女とアイコンタクト~のシーンは私もくぅ~っ!!憎いゼ♪と思いました☆

それにしても、、、ギャー!そこまで見せなくて良いよ・・・ってシーンも一カ所あって(たぶん見れてくれるだろうな・・と、覚悟はしてたんだけど・・)
げげげ・・・でした。

ベンジャミン~は長いな・・って思った映画だったんだけど、こちらは、長いな、って思わず見てしまった映画でした☆
言い忘れです。すいません (latifa)
2009-02-21 11:54:35
migさん、首の方、、大変ですね・・・(T_T)
migさんって、元気いっぱい!すんごいアクティブ!ってイメージがどうしてもあるのだけれど、無理をしないで、気長に、でも早く良くなる様に祈っています☆
こんにちは^^ (ひろちゃん)
2009-02-21 12:11:43
>この海外ポスター、前にも書いたけどアンジーが
子供とって食おうとしてるみたいで

いやあん、migさん、面白すぎです(笑)

相変わらず、くら~いσ(^◇^;)イーストウッドの作品
でしたが、時間の長さは感じず、見応えありました!

お湯ぶっかけるとは思わなかったですが(笑)
あいつらにムカムカイライラしました。

ラスト、ウォルターが見つかった?!
だったら、事実は小説よりも奇なりでしたが・・・
ほのかな希望はが感じられたラストでしたね^^

<相変わらず治療中とのことですので
レスは気にされないで下さいね(^_-)-☆>
音楽の美しさ (にゃむばなな)
2009-02-21 13:40:41
『さよなら、いつかわかること』でもそうでしたが、クリント・イーストウッドの音楽は本当に素晴らしいですよね。
心の奥に静かに入ってくるあの旋律。

素晴らしい映画をより素晴らしくする絶妙な効果を生み出してますよね~♪
こんにちは (たいむ)
2009-02-21 14:09:12
migさん、こんにちは。
>中弛みもせず無駄なし。
多才で偉大なイーストウッド監督の作品にハズレはありませんね。

これほど嫌悪感でいっぱいになったのは久しぶり。溜飲が下がる結論にホッとしました。
全く過去のもの・・と言いきれないのが辛いところですけど。
こんにちは♪ (non)
2009-02-21 19:45:52
migさん、こんにちは♪
お体の具合は、いかがでしょうか・・・

良かったですぅ~
イーストウッド作品、ほんと安心して見れるわぁ。
子を持つ親の立場としても、もうジンジン来ちゃって。。
私だったら途中でくじけちゃうかも・・・

コメントはお気遣い無く、無理しないで下さいね
こんにちは♪ (ミチ)
2009-02-21 19:51:42
migさん、少しずつでも良くなっておられるのかな?
ご無理なさらないでね~

アンジーのメイクがすごかった~。
あの頃は赤いルージュが流行っていたんでしょうけど、アンジーのあの唇に赤いルージュだとますます存在感がすごかった!

イーストウッドの作品は安心して見れますね!
本当 (miyu)
2009-02-21 21:25:32
イーストウッド監督作品にハズレなしですよね!
素晴らしかったです。
アンジーもCMでは自信たっぷりの相変わらず~な物腰でしたけど、
映画の中での彼女は本当に素晴らしかった♪
今日観てきましたよ~ (なな)
2009-02-21 23:31:07
いやいや,ほんとイーストウッドに外れなしですね。
ストーリーもものすごく面白かったし
そこそこカタルシスも得られたし
アンジーもよかったし,大満足でした。
>ほんっとに観てて首締めたくなるようなヤツが何人も出て来る・・・
私も途中はむかっ腹が立ってたまらなかったわ。
法廷でちゃんとケリがついた時はスカッとしました。
これが実話というんだから,すごい驚き!
こんばんは♪ (ゆかりん)
2009-02-21 23:36:17
んもーあの警部こそ病院送りにしてやりたかったですね。
5カ月でそんなに変わるかいっ、そんなに背が縮むかいっお前こそおかしいぞっっ
ホント頭にきましたねぇ。
そんなジェフリー・ドノヴァンさん嫌ーな感じうまかったですね。

今回映画の内容でというよりアンジーさんの演技で泣かされましたよ。素晴らしかったです。
でも・・・人喰ってそうなほどの真っ赤な唇が怖かったですが(笑)
イーストウッド (kazupon)
2009-02-22 09:59:38
migさん

イーストウッドにハズレなし!は同感ですね。
2時間半、あの内容で淡々としながら観客を
引き込む手腕はスゴイです。
派手に描いていないのに、誰もが腹立ててしまう
のは演出力によるものだと思いますし。
イーストウッドって「ミスティックリバー」とか
結構救いの無い話題材に選びますよねー。
どうしてなのかが気になる所です^^
★NAOさん★ (mig)
2009-02-22 11:00:30
はじめまして
コメント、そして心配までして下さってありがとうございます

アンジー、ハマっていましたよね。
デビューの『17歳のカルテ』思い出しました。
あの時は主演のウィノナを食ってたなーって。
ほんと頭にくる市警&院長でしたね!!
★クラムさん★ (mig)
2009-02-22 11:02:20
こんにちは♪

イーストウッドの作品って見応えのある重いものが多いですよね。
個人的には今まで、ハズレなかったです☆

監督もして俳優までやり続けるには相当な労力ですよね!
今後は監督業もますます力入るのかなって期待です☆
★KLYさん★ (mig)
2009-02-22 11:04:08
こんにちは♪

そうですね、アンジーは今回素晴らしい演技みせてて、ノミニーも納得でした。
今回はライバル誰でしたっけ、、、、?
確かペネロペがいたかな?あれ?助演だったかな??
わたしはペネひいきなので(笑)
ペネ応援してます♪
もうすぐ結果でますね~!
楽しみです☆
★とくさん★ (mig)
2009-02-22 11:06:28
とくさんもやっぱり良かった派ですよね~♪
っていうかこの作品で酷評してる人とかダメってひと
まだみてません^^
チェンジリングは子供を取り替えるチェンジだけど、アナウンスでチェンジリング、イントネーションがリングの交換、ので言ってて笑っちゃった★
あの子は家出少年だったみたいですよー。
★あすかちゃん★ (mig)
2009-02-22 11:07:47
わーい、興味持ってもらえて嬉しいヨ。
あすかちゃんもきっといい作品だと思うと思うから是非♪
グラントリノも評判いいみたい!楽しみ♪
★ともやさん☆ (mig)
2009-02-22 11:09:54
こんにちは♪

アンジー、アクションのイメージ今じゃ強いけど
もともと17歳のカルテで地味ながらも確かな演技みせてたし
この役はまりでしたね☆

えー、ともやさんもうグラントリノ観たの!?
おお今年のベスト3入り?それはますます楽しみ♪
観たらあそびにいきまーす☆
★まりっぺさん★ (mig)
2009-02-22 11:11:54
こんにちは♪

ほかの方への質問まで解答してくれてありがとう^^
家出少年だったようですね。
あの親は継母だったみたいで。

こんなのが実話ってすごいですね。当時のロス市警って相当評判悪かったって話ですよねー。
★kossyさん★ (mig)
2009-02-22 11:13:28
あはは!やだーkossyさん!(笑)
首のことなんてすっかり忘れて入り込んじゃってましたよ★
kossyさん今年のナンバーワン候補かぁ。
確かにわたしも今年みた中ではオススメ上位です★
★えいさん★ (mig)
2009-02-22 11:14:46
こんにちは♪

うわ~、えいさんもグラントリノ、そんなに絶賛!?
ともやさんも相当良かったとか言っていたし
こりゃ期待しちゃうなぁ、、、、!
観たらすぐお伺いします!^^
★MASAさん★ (mig)
2009-02-22 11:17:07
ちわっス♪

そうなのー、コレは是非観て欲しい♪
ついでにウィルのも感想聞きたいので観てほしい(笑)
アカデミー賞!もうすぐ♪心配ありがとー♪
いやいや今年も頑張って記事書かなきゃ(とくにレッドカーペット
★latifaさん★ (mig)
2009-02-22 11:19:25
こんにちは♪
ほんともうお湯ぶっかけて 殴りたくなりましたよー(←凶暴)

それくらい、よくできてたし、実話ってところが恐ろしいですよね!
ベンジャミンバトンは確かにいいけど
わたしもこちらの方が好みかなぁー★
★latifaさん★ (mig)
2009-02-22 11:21:35
あ、またまたご心配わざわざ追加でありがとうです
あは。わたしそんな元気なイメージですか★
確かにアクティブです(笑)
休みの日とか家に閉じこもっていられないの★
最近はリハビリ効果出て来て調子いいです
★ひろちゃん★ (mig)
2009-02-22 11:25:26
こんにちは♪


あはは、普段からわたし口悪いわけじゃないんですよ(笑)
なんかこういうの観てると許せなくてつい燃えちゃいます

あ、ポスターのアンジーの話でした
だって怖いんだもんこのアンジー(爆)
コメいただきっぱなしでゴメンナサイ~!
落ち着いた時にまたコメントしにいきますね♪
★にゃむばななさん★ (mig)
2009-02-22 11:26:39
たまにしかコメントお返しにいけませんがゴメンナサイ、
いつもありがとうです♪

イーストウッドの音楽、いつも静かな旋律で美しい。
聴き入ってしまいますよね★
★たいむさん★ (mig)
2009-02-22 11:29:11
こんにちは♪

諸事情でなかなかコメントしにいけなくてゴメンナサイ、
いつもありがとう★

希望のあるラストがすごく良かったですよね。
今でも警察がまるっきり信頼出来るかといえばなぞですよね。
日本においてもそう感じることあります。

イーストウッドの次回作も素晴らしいようなのですごく楽しみ♪
★nonさん☆ (mig)
2009-02-22 11:31:25
こんにちは♪

イーストウッドの作品ってほんと安心してみられるっていうか
失敗なしですよね!
見逃せません。
nonさんやミチさん、お子さんを持つ親としての立ち場からみても
アンジーのあの精神力は素晴らしくて余計共感できるでしょうね★

心配ありがとうございますー
たまにふらっとコメしに行くと思いマスー^^
★ミチさん★ (mig)
2009-02-22 11:33:25
ほんと、あのアンジーのメイクわたしも突っ込もうと思ったけど
当時流行のまっかな口紅がなおさらアンジーの唇を目立たせていて、、、、
すごくクラッシックだけど少し怖かった(笑)
演技力さすがでしたねー
アカデミー賞も楽しみ♪です
ミチさんの7つの贈り物の感想待ってまーす。
★miyuさん★ (mig)
2009-02-22 11:35:28
こんにちは♪

コメ、毎回もらいっぱなしでゴメンね!
アンジーの気の強い感じが前面に押し出されるものじゃなくて
演出がまた良かったのかな、同情したくなる感じでしたね。
それにしても酷い話!これが実話だなんてね、、、、。
★ななさん★ (mig)
2009-02-22 11:37:09
こんにちは♪

こんなことがあったなんて!っていう映画はたまに出てくるけど、
また酷い実話でしたねー!
もうこんなこと許されるのか!?訴えてやれー
っていうか皆グルだし。みたいな、、、、。

イーストウッド作品、今後もますます期待しちゃいますよね★
★ゆかりんちゃん★ (mig)
2009-02-22 11:40:10
こんにちは♪
ゆかりんちゃんはきっと昨日観てるだろうなって思って感想待ってたよ~♪

相変わらずアンジー良かったし、イーストウッドの映画だなぁって感じだったね★
あとあの連続殺人犯とかジェフリー・ドノヴァンさんとか。
憎らしい役の人がそのまま最後まで憎いのって
なんかちょっと俳優が可哀想な気もするケド^^

アンジー、このポスター変じゃない?
ポスターにまでつっこむ私も変か(笑)
★kazuponさん★ (mig)
2009-02-22 11:44:15
kazuponさんも早々に観たんですね♪

そうそう、ハズレなしですよ~!
>
2時間半、あの内容で淡々としながら観客を
引き込む手腕

ほんとそう思いますね。
淡々としてるとわたしフツウは眠気襲うけど
これは逆にどんどん惹き込まれちゃった★

ミスティックリバーも良かったし、グラントリノも期待しちゃいますね★
ほんとなぜ毎回暗いんだろう、、、、??
こんにちは☆ (ALICE)
2009-02-22 14:29:29
わーこの映画もなかなかいい評価ですね。
アンジー主役なのでどうなの?って
少し思っていたんですが・・・
↓マルコヴィッチの穴、私もあの意味不明な
世界が好きです!イエスマンも気になるなぁ。

そうそうヘルニア大丈夫ですか?
無理しないでね!
くちびる~^^; (kira)
2009-02-22 19:19:59
ワタシも突っ込もうかと思ったけど更に長くなるので止めちゃったけど、
なんだか60~70年代のヴォーグとか、「流行通信」もあんな感じの時代があったような(笑)
アップになると違う映画かと思っちゃったわ、怖かった(爆)
唇も、栄養の全てがいっちゃってるみたいだったね

まあ時代の先端を行くキャリアウーマン的描き方だったししょうがないけど、
彼女はメイク薄い方がいいね♪
キャストも、音楽も、映像もすてきないい作品でした
migさん こんにちは♪ (なぎさ)
2009-02-23 08:54:10
TBが未送信になってしまったので拙記事ですが、HNにURLを貼っておきました・・・すみません。

ほんとだぁ~あのポスターってアンジーが子供食べちゃいそうに見えますね(爆)

イーストウッド監督、次はネルソン・マンデラさんの伝記映画を撮るみたいですねぇ~。
楽しみです!
わはは☆ (きらら)
2009-02-23 09:46:41
migちゃん、おはよー
今日は雨でいやだね、、、
んで、ポスター笑えた
こんなシリアスなお話なのに笑ってしまったよ。。。もう人食いアンジーにしか見えないよぅ。
でも作品はすばらしかったね。私もすごーく引き込まれちゃって、、、
もうすぐアカデミーの発表だ!アンジー獲れるといいなぁ~(ブラピはどーでもいい。。
会社からこそこそ結果はみるだけなので、migちゃんの衣装チェック記事、楽しみにまってるねー。ふふ☆
★ALICEちゃん★ (mig)
2009-02-23 11:32:23
お久しぶりだね~♪
アンジーね、いつもの強気な感じとはまた違って当時実際あった酷い事件の当事者の女性を
熱演していたよ~
アカデミー賞も獲っちゃうかも?

マルコヴィッチの穴、面白いよね~、ALICEちゃんもきっと好みかなって気がしてた♪
心配ありがとう
今月から実は英語も習い始めたしでかなりやる事多くて大変なのー
リハビリもあるし、、、、
頑張るわ!
★kiraさん★ (mig)
2009-02-23 11:35:14
こんにちは♪

そうそう!その時代だからああいうスタイルってクラシカルだなぁってみてましたよ★
ただアンジー唇もともと目立つから真っ赤ですごいことに(笑)
この映画、皆さんベンジャミンバトンよりも高評かのような、、、?
あ、kiraさんお気にのピアースブロスナン
ラジーとってたよ~!
おめでとう
★なぎささん★ (mig)
2009-02-23 11:36:44
こんにちは♪
あれー?なんでかな??
HNにリンクはありがたいですー♪すぐ飛べるので。
すみません、こちらのせいなのかな?
イーストウッド、タフですね!
どんどん撮って欲しいなぁ★
★きらりん★ (mig)
2009-02-23 11:40:22
おはよー♪
きらりんも久しぶりだね~
コメント欄、復活させないのー??

雨いや~。でも花粉症にはいいんだよね?
そろそろ時期で大変でしょう?
わたしも少しなったみたいで鼻だけぐずぐずしちゃってるの、
アンジー、これおかしーよね!
人食いアンジーっていうの、いいね(笑)
わたしも速報みながら記事途中まで書いたんだけど今日も夜まで忙しいので少し遅れちゃうかも、、、。
レッドカーペットの記事、待っててね~
こんばんは! (くろねこ)
2009-02-23 19:28:20
ー無理矢理、別人の子供を押し付ける警察ー
無理矢理精神病に持っていこうとする医師。
ほんとにみんなはらたったですよね~。
殴ってやりたかった~(涙)
辛い話だったけど、すっかり心もってかれちゃいましたね~
子供の懺悔シーンには泣かされたです!
こんばんは (パピのママ)
2009-02-23 21:49:49
アンジーの熱演に魅せられましたわ
アカデミー賞残念でしたね、でもこの映画での息子を最後まで生きていると、あきらめない母親のアンジーは好きです
後半は、まるでホラー映画のようになって背筋が凍りつきました。
あの、唇の厚さに真っ赤な口紅と濃いアイシャドーは似合いませんね(笑)
今日のTVニュースで、外国映画賞に「おくりびと」が受賞したのでとても嬉しいです。
migさんのアカデミー賞の記事楽しみに待ってますね。
凄くよかったです (マリー)
2009-02-23 22:05:06
こんばんは~~~
お身体の方はいかがですか~?

アンジー、今日観てきました。
これは心に響く作品でした。
もう、もう、何度も、はがゆい思いに叫びそうになったけど(それが監督の思うツボ?)
どんな時も希望を失くさず、毅然とした女性を
アンジーがとっても素敵に演じてましたね。
実際のクリスティンも強い女性だったのでしょうね。
その強さ、見習いたい!!

嘘つき子供にもムカついたし
犯人なんて何度も絞首刑にしたかったし
あの警部たち、私も熱湯ぶっかけたかった!(過激?)

女性同士が分かり合えるシーン(精神科にて)よかったですよね。ああいうシーン上手いですね~~イーストウッドさん。
長編もの (hino)
2009-02-24 08:35:53
migさん、こんにちは。
こちらでしたか~。面白そうです。
くの野郎な人がたちがでるとなると、私も心乱れまくって疲れるだろうと思います。migさんお疲れさまでした。
ラストは希望が持てるのでしょうか。
絶望ラストのミストで、映画の面白さをまた知りました。おかげさまです。

とって食おうっぽいホスターですね(><)
★くろねこさん★ (mig)
2009-02-25 00:20:35
こんばんは♪

子供のあの懺悔シーンも良かったですね、
やっぱりイーストウッドの演出って、抑えめでいいなぁと改めて思っちゃいました★
このところなかなかコメントしにいけなくてゴメンナサイ
★パピママさん★ (mig)
2009-02-25 00:23:44
こんばんは♪

アンジー、惜しくもとれなかったけど
ケイトウィンスレットってすごく演技評価される人ですよねー。
愛を読むひともタノシミだな★かなりヌードシーン多めみたいです^^

「おくりびと」観てないので、ますます観たくなっちゃいました。
レッドカーペット記事、写真多いから大変だけど頑張って今年もupするのでまたみてくださーい
★マリーさん★ (mig)
2009-02-25 00:26:31
こんばんは♪
腕の方は昨日今日はけっこう痛くて、、、
ほんとは書いてる場合じゃないか?!
って感じです


嘘つきな子供も憎らしかったですよね!
なんだかはがゆい思いをさせられる映画でしたね。
さすがイーストウッド!って思っちゃいました。
母にもオススメしようっと。
マリーさんのレビュー、まってますよ
★hinoさん★ (mig)
2009-02-25 00:29:06
こんばんは♪

そうなのー、コレです。
映画ブロガーさんにはベンジャミンバトンよりも評判いいです★

そうか、くの野郎か(笑)
hinoさんの感想も是非お聞きしたいな。
「ミスト」あのあとまた母とDVDで観たんですが
子供やっちゃうの、あれはないよ、とかいろいろ話あっちゃいました

わーい、賛同してくれた
素晴らしかったです! (マイマイ)
2009-02-25 09:36:42
昨日見てきました。

久しぶりに心に響く映画を見たな~と思い満足しています。
2時間半の中で、前半は激しい憤りを・・・後半は心が締め付けられる思いで、見ていました。
あっという間に終わったという感じでした。
あんな警察・・・ありえない!と、私もあの警部に対して思いきり殴ってやりたくなりました。
アンジーももっと反発してもいいのに・・・とちょっとイラっとしたりして^^;

後半での恐ろしい犯罪の全貌も、また見ていてすごく怖くなりました。
これが実話だなんて。。。

アンジーの母親としての等身大の演技はとってもよかったです!
重いテーマだけど、すごくいい作品だな~と思いました!
こんばんは (ノラネコ)
2009-02-25 23:42:01
最初予告を観た時、アンジェリーナ・ジョリーとわかりませんでした。
彼女、こういうのも出来るんですね。
2時間20分以上あるのに、まったくダレる事なくあっという間でした。
まさに事実は小説より奇なりという物語でしたね。
こんばんは♪ (SOAR)
2009-02-27 00:16:03
なんかこう「映画を観たなあ」って心底思える重厚な作品でした。「ベンジャミン・バトン」に話題取られてたのが残念というか悔しいというか。同時期公開がもったいない気分です。
時期をずらして観たかったな~。

お身体の具合はその後いかがですか?
無理なさらずにね。
★マイマイちゃん★ (mig)
2009-02-27 11:09:49
そうだよね~、わたしもアンジーはもっと反発してもいいのに、って思ったな。
あの頃はそんなありえない事が実際あったなんて
今じゃ信じられないよね!
アンジーは肉体的に強い役ぴったりだけど
こういう精神が強い女(母)もまたハマり役だよね★
★ノラネコさん★ (mig)
2009-02-27 11:11:39
こんにちは♪

うんうん、全くその通りで、あんな展開になるのは意外でした。
アンジー、強い女性が似あいますよね、精神的にも肉体的にも。
ほかの脇キャストも名優起用で流石!な演技でした
★SORAさん★ (mig)
2009-02-27 11:14:07
こんにちは♪

本当、そうですよね、ベンジャミンバトンばかり話題さらってましたけど
こちらもアカデミー賞会員好みだと思うんだけどなぁ、、、、
映画として、すごく見応えありましたよね!

ご心配、ありがとうございますー
お返しコメントしにいきたいところなのですがしばらくTBだけになるかもしれません
おちついたらまたコメしに行きますね★
Unknown (風情♪)
2009-03-01 00:53:30
こんにちは♪

「ミスティック~」以来ボクもイース
トウッド監督作品はハズレ無しと言っ
たところです。

もしラストを映画的に変えちゃってた
ら恐らく、何て言うかなぁ~ダメ…と
までは行かないまでも「嗚呼~」っぽ
くなっちゃったかも知れませんね。
でも、鑑賞後に心が重たくなったここ
何作かと比べると希望とか笑みがあっ
たんでとてもウレシかったです♪ (゜▽゜)v
★風情♪さん★ (mig)
2009-03-01 07:46:37
こんにちは♪
ラストはやっぱり重要ですよね!
この希望ある終わり方、良かったです^^
映画ブロガーさんの間では「ベンジャミンバトン」よりもこちらに軍配あがっていますよね、
アカデミー賞のノミニーが少なかったのが意外ですよ~
こんにちは~! (ボー)
2009-03-01 11:18:00
そうそう、病院から開放された女性とクリスティン(アンジー)。言葉も交わさず、抱き合いもせず、目だけで、というのは意外だったし、感心した演出のひとつでした。
なんだか、違いが分かるイーストウッド映画、ってクオリティですよね~。
こんにちは~♪ (由香)
2009-03-01 18:35:53
migさ~ん♪簡単なコメントでお邪魔しますね~
スゴク見応えのある映画でした。
子どもがいなくなった母親の切ない気持ちや、警察のアホタレの対応に感情が掻き乱されました。
そして最後は猟奇的事件まで出てきて、、、素晴らしい作品でしたが、観るのが辛かったです。
アンジーの演技は最高でしたね~
アカデミー賞にノミネートされるのも納得でした♪
ハズレなし (Prism)
2009-03-01 18:45:22
こんにちは。

まさにイーストウッドに外れなしの作品でしたね。
『グラン・トリノ』も期待大です。

migさんの『2009 アカデミー賞★レッドカーペット』という、
力作な記事も楽しませて頂きました。
★ボーさん★ (mig)
2009-03-02 23:19:47
こんばんは♪

あのシーン、すごく良かったです。
イーストウッドの映画って、感動させようとか
押し付けがましさがない気がするんですよね、
そこが好きです~♪
★由香さん★ (mig)
2009-03-02 23:22:21
こんばんは♪

色々あって忙しいでしょうにTBコメありがとうございます★

ほんとですね、アンジーはまだ今後もとれるような気がしますよね~
6回もノミニーされてたケイト、初の快挙で良かったと思いマス♪
この作品、さすがイーストウッド。みせ方うまいですよね!
★Prismさん★ (mig)
2009-03-02 23:23:56
こんばんは♪

イーストウッドの作品はこれまでも素晴らしいのが多かったけど、今回も期待裏切らずでしたね。

わ、嬉しいですあの記事読んで下さったんですね
クリント・イーストウッド監督・・・。 (mezzotint)
2009-03-04 23:23:28
migさま
今晩は★☆
TB・コメントありがとうございました!
お体の方、如何でしょうか?
おっしゃるように、クリント・イーストウッド
監督作品、はずれなしですね。重厚な作品で
もう言うことなしです。アンジーは監督の
マジックにかかったような気がしました。
今までの彼女以上に素晴らしい演技だったと
思います。それにしても、監督今年で79歳。
生涯現役で撮り続けるのかな?
こんばんは★ (dai)
2009-03-05 04:37:34
本当にイーストウッド監督作に外れなしですね☆
上映時間が長い割には全く飽きることがなかったです☆この上映時間の半分の『ストリートファイター』は睡魔とファイトしていたのに・・・。

ポスターは確かに食べそうな気がしますねw
★mezzotintさん★ (mig)
2009-03-06 12:45:16
こんにちは♪

こちらこそ、いつもTBをありがとうございます★
身体の方はなんか、これって治るものじゃないらしいので
リハビリで今は痛みを少しづつとっています。
心配して下さってありがとうございます

イーストウッドさすがな作品ですよね~
生涯撮るんじゃないかな?
今後のも楽しみですよね!
とくに次回の「グラントリノ」も既に観た方の評判良くって、期待しちゃう♪
★dai さん★ (mig)
2009-03-06 12:48:09
こんにちは♪
「ストリートファイター」ダメそうですよね~(って内容全くしらないくせに
海外のポスターって全般にセンスない気がしちゃう。
あんまり考えてなさそうで(笑)

daiさんの「ダイアナの選択」をどうみるか、感想が楽しみだな★
(勝手に観ると決めつけてる)
まさにフェイクシティ (SGA屋・ゴイチ・カプリコ)
2009-03-07 13:45:29
migさん、こんにちは!

実は・・・・ ショックのあまり背が縮んだ&顔が変わってしまった・・・ なんてオチを想像していた自分・・・・

『ダイアナの選択』もオチのある映画なんでしょうか? ごくごくまっとうな人間ドラマかと思っていたのですが

アンジーの演技はいつもと別人みたいでしたね。草食系(笑) そしてマルコビッチの演技も『穴』とは全然別人でした・・・ さすが名優です

migさんも書いてるけど、病院での娼婦との友情もよかったですね。クリスティンも、クリントもどんな立場であれ、人を差別しない人なんだな~と思いました

ところで次回作、嬉しいんだけどなんでこんなに間隔がせばまってるんでしょう? 情報通のmigさんは何かご存知ですか?
★ゴイチカプリコさん★ (mig)
2009-03-07 23:27:54
こんばんは♪

書かれましたね~
あとで伺います★

あはは、オチはねぇ、、、
『ダイアナの選択』はぼーっと観てたら
アラ!な展開になりますよ~推理して観ちゃったらすぐわかるかもだけど、、、、
伍一さんも観て下さいネ!

え~、イーストウッドの次回作「グラントリノ」が早いわけですか?!
わかんないなぁ~(笑)
アメリカと差がないようにしたとか?

あは、わたし情報通ではないんですよ~
好きなことに関してだけはとことん調べるから詳しいんです
JM (aq99)
2009-03-13 22:32:49
ジョン・マルコヴィッチやったから、あの宗教家も自分の名前を売るために、アンジーを利用するだけの悪いおっさんやろなぁ~と最後まで注意して、その動向をうかがってたのですが、本当にイイ人でした。
勝手な思いこみによる「ダウト」でした。
「ダウト」といえば、入れ替えでやってくる子供が「ダウト」出てきた子供とよく似てたんやけど、どうかなぁ~?
★aq99さん★ (mig)
2009-03-14 09:14:05
マルコさんいい人でしたね~まるっきり。(笑)
ダウトもご覧になったんですね??
えーどうでしょう?
注意力ないから覚えてません

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

124 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
チェンジリング (悠雅的生活)
ただ1人のわが子を求めて
『チェンジリング』 (ラムの大通り)
(原題:Changeling) -----これってクリント・イーストウッド監督の新作だよね。 彼とアンジェリーナ・ジョリーの組み合わせって 少し意外な気がするニャあ。 「うん。観る前はぼくもそう思ったんだけど、 観ているうちになるほどと…。 というのも、 これが思ったより...
「チェンジリング」(試写会) (NAOのピアノレッスン日記)
~どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの・・?~お友達のHさんが試写会に当たり、お誘いを受けました。見たかった作品だったのでラッキー! 女性限定の試写会でした。 2008年 アメリカ  東宝東和  PGー12作品 (09.2.20公開)[監督・製作・音楽]クリ...
「チェンジリング」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
面倒を排斥しようとする愚かさは現代にも通じる。これが事実に基づいた話というのだから驚きだ。昔は良かったという人がいるがとんでもない。ひとたび権力に楯突けば、人を人と思わない仕打ちが待っていた時代である。長い作品であるが、別の子供が息子を語って現れたあた...
映画「チェンジリング」ブロガー試写会@東宝東和試写室 (masalaの辛口映画館)
 今回の試写は映画「チェンジリング」をブログで応援するブロガー50名程が集められた試写だ。客席は満席で椅子に座れないお客さんまで出てしまう大盛況だ。 映画の話 1928年。ロサンゼルスの郊外で、9歳の息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのク....
チェンジリング (LOVE Cinemas 調布)
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』と並ぶ新春大型作品です。主演はアンジェリーナ・ジョリー、そして監督はあのクリント・イーストウッド。1920年代アメリカの実話を元にした作品です。アンジェリーナ・ジョリーは本作で第81回アカデミー賞主演女優賞にノミネー...
[映画『チェンジリング』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆昨夜、『少年メリケンサック』を観たのだが、『チェンジリング』が本日公開で、速報性を重視し、先に報告させて頂く。  ・・・イーストウッド監督作品である。  今、最も安心して、その新作を観ることができる監督だと思う。  観てみると、驚くほど、その作家性は...
劇場鑑賞「チェンジリング」 (日々“是”精進!)
「チェンジリング」を鑑賞してきましたクリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えた感動のミステリー・ドラマ。1920年代のロサンゼルスで実際に起きた事件を映画化。5ヶ月の失踪ののち保護され帰ってきた幼い息子が別人だったことから、本...
試写会「チェンジリング」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
アンジェリーナ・ジョリーは、 この映画でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされている。 クリント・イーストウッド監督にしては珍しく戦う教会が出てくる。 2009/2/10、一番町の東宝東和試写室での開催。 36席はすでに埋まり、通路に置いた椅子に座る。 予...
チェンジリング (ももママの心のblog)
クリント・イーストウッドが実話を下に監督、主演はアンジー。しかも、アカデミー主演女優賞にブラピと共にダブルでノミネートされています。これは見ないと!で、珍しく初日に見ることができました。期待を裏切らない画像と物語の展開。そして、アンジーの繊細な演技。
チェンジリング (ももママの心のblog)
クリント・イーストウッドが実話を下に監督、主演はアンジー。しかも、アカデミー主演女優賞にブラピと共にダブルでノミネートされています。これは見ないと!で、珍しく初日に見ることができました。期待を裏切らない画像と物語の展開。そして、アンジーの繊細な演技。
「チェンジリング」  CHANGELING (俺の明日はどっちだ)
息子が突如失踪し、その5ヵ月後見知らぬ少年を警察から押し付けられるものの、本物の我が子を取り戻すため権力の圧力に屈せず戦い続けるという1928年にロサンゼルスで実際に起きた「子供入れ替え」と「猟奇連続殺人」事件に巻き込まれた母親の姿を描いたクリント・イース...
チェンジリング (ネタバレ映画館)
柱のきずはおととしの~♪
チェンジリング (そーれりぽーと)
何かと話題を提供してくれるブラピ&アンジー夫妻。 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』に主演の夫ブラピがアカデミー主演男優賞にノミネートされ、同時にアンジーはこちらの映画で主演女優賞にノミネート。 それだけでも話題性たっぷりですが、俺が本当にこの映画を観...
「チェンジリング」予想していたのとは違った (ポコアポコヤ 映画倉庫)
子供が誘拐され、戻って来た時には、別人だった・・・という「実話」だというのに、すごくソソられ、見たのですが。いや・・・クリント・イ...
チェンジリング (Akira's VOICE)
子は鎹(かすがい)。 永遠に!!  
映画「チェンジリング」 (Andre's Review)
changeling 2008年 アメリカ 09年2月20日公開  試写会鑑賞 公式サイト ココログのブロガー試写会に当選して東宝東和の試写室にて鑑賞。予告編を観て気になってた作品なので嬉しかったです。上画像は東宝東和様よりいただいたものです。どうもありがとうございます。 舞台...
『チェンジリング』 (めでぃあみっくす)
衝撃の傑作。しかも3度も衝撃を味あわせてくれる骨太な傑作。アカデミーでの評価が3部門だけというのも、過小評価されすぎでは?作品賞にノミネートされていてもおかしくないのでは?と思えるほどに素晴らしい映画でした。そして改めてクリント・イーストウッドという映...
「チェンジリング」みた。 (たいむのひとりごと)
この時代のメイクとはいえ、アンジーの顔がコワイっっ!・・というのはさて置き、非力で警察に頼らざるを得ないだけの母親から、権力の圧力にも屈しないコリンズ夫人へ。実の息子への愛情と想う気持ちだけを楯に、強
【試写会プレゼント】『チェンジリング』(クリント・イーストウッド監督×アンジェリーナ・ジョリー主演) (映画+小説+家族=MyLife)
【映画名】  チェンジリング 【当選者数】 10組20名様 【プレゼント】特別試写会ご招待 【日時】   2009年2月12日(木)18:00開場 18:30開映 【場所】   厚生年金会館ホール(東京・新宿区) 【応募締切】 1/25締切り 【提供サイト】CineSmart
チェンジリング (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★★[5/5] これは、上質なミステリー映画である。
チェンジリング (勝手に映画評)
1928年、ロスアンゼルスで実際に起きた出来事。ちなみに“チェンジリング”とは、“フェアリーなどの伝承の生物と秘密裏に取り替えられた子供”と言う意味。ヨーロッパなどで、広く伝承されてきた話だそうです。 20世紀初頭のアメリカの司法・警察機関って、どこも腐敗し...
レビュー:チェンジリング (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[実話][サスペンス][警察][洋画][ドラマ] 1928年のロサンゼルス。1人息子と2人で暮らす女性がいた。 ある日、息子が姿を消してしまい、絶望に打ちひしがれる彼女……… しかし、5ヶ月後に朗報が届く。 息子が発見され、警察が保護したというのだ。 涙ながらに、...
『チェンジリング』 (Sweet*Days**)
監督:クリント・イーストウッド CAST:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ 他 1928年、ロサンゼルスの郊外に...
映画 【チェンジリング】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「チェンジリング」 クリント・イーストウッド監督による実話の映画化。 おはなし:1928年、ロスアンゼルス。クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと暮らしていた。ある日、彼女は休日を返上して仕事をしてから帰宅する...
チェンジリング (心のままに映画の風景)
1928綛眼???激?潟?違????吟?若???⒢?鴻???c?鰹??≪?潟?吾?с?⒢?若???祉?吾?с?⒢?種?????㏍?泣?潟?若??拷??紊???罩潟?????❼??帥?種?????⒢?潟?祉?違?⒢???c?刻??...
チェンジリング (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの─? ある日突然、消えた息子。 5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった─。 1928年、ロサンゼルス。 魂で泣く本当にあった物語。』  コチラの「チェンジリング」は、クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョ...
映画感想『チェンジリング』母の想い (レベル999のマニアな講義)
内容電話会社に勤めるクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、女手ひとつで、9歳になる息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と平和な日常を送っていた。ある日。同僚の頼みで、休みを取りやめたクリスティン。息子ウォルターに約束のお出かけが果たせ...
チェンジリング (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー    ジョン・マルコヴィッチ    ジェフリー・ドノヴァン    コルム・フィオール    ジェイソン・バトラー・ハーナー     エイ...
2009-32『チェンジリング』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-32『チェンジリング』(更新:2009/02/21) * 評価:★★★★☆(★★★★★との間) アンジェリーナ・ジョリーが主演、クリント・イーストウッド監督作品。 腐敗したロサンゼルス警察が子供の命を...
チェンジリング (映画鑑賞★日記・・・)
原題:CHANGELING公開:2009/02/20製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:142分鑑賞日:2009/02/21監督:クリント・イーストウッド出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハー...
チェンジリング (映画鑑賞★日記・・・)
原題:CHANGELING公開:2009/02/20製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:142分鑑賞日:2009/02/21監督:クリント・イーストウッド出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハー...
チェンジリング (虎猫の気まぐれシネマ日記)
ある日突然消えた息子。5ヶ月後に帰ってきた彼は別人だった・・・・・。1928年のロサンゼルスで実際に起きた,ひとりの母の物語。 あらすじ: 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリ...
チェンジリング (to Heart)
どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの──? 原題 CHANGELING 製作年度 2008年 上映時間 142分 映倫 PG-12 脚本 J・マイケル・ストラジンスキー 監督 クリント・イーストウッド 音楽 クリント・イーストウッド 出演 アンジェリーナ・ジョリー ジョン・マルコヴィッ...
映画レビュー「チェンジリング」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
オリジナル・サウンドトラック Changeling◆プチレビュー◆古典の風格を持つ秀作。子供を捜し続ける母の強い愛が感動を呼ぶトゥルーストーリーだ。 【80点】  1928年のロサンゼルス。クリスティン・コリンズの9歳の息子ウォルターが突然行方不明に。その5ヶ月後、警...
チェンジリング (Yuhiの読書日記+α)
クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演の、ゴードン・ノースコット事件の被害者家族の実話を元にした映画。その他キャストは、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール他。 <あらすじ> 1928年。ロサンゼルスの郊外...
チェンジリング/Changeling (描きたいアレコレ・やや甘口)
ぎゃあ~~!!怖いけど凄いです! もう、何と言ったらいいのか、あまりに理不尽すぎて、事の展開にぐいぐい引き込まれてしまいます。と...
【チェンジリング】★アンジェリーナ・ジョリー (猫とHidamariで)
どれだけ祈れば、    あの子は帰ってくるの―?ある日突然、消えた息子。5ヵ月後に帰って来た彼は別人だった―。1928年、ロサンゼルス。魂で泣く本当にあった物語。チェンジリングHPチェンジリング シネマトゥデイ英題:CHANGELING製作年:2008年製作国:アメ...
チェンジリング/アンジェリーナ・ジョリー (カノンな日々)
予告編だけで物語を想像すると「幼い息子が失踪→数ヶ月後、無事発見、解決→この子は私の子供じゃない!?」というミステリー作品かなぁと思っちゃったりするんですけど、コレって実話に基づいた作品なんだそうですね。ということは謎は謎じゃなく既に明らかになってると...
チェンジリング (It's a Wonderful Life)
本作に登場するゴードン・ノースコットの 事件にまつわる記事をちょっと読んでしまい、 あまりの陰惨さ故、気分的に観るのを ためらってましたが、観てみると事件の一番キツイ 部分をメインに描いている訳では無かったんですね。 息子が行方不明になり捜査を頼ん...
Changeling (2008) (アヤは観た。)
監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、マイケル・ケリー、コルム・フェオール、ジェイソン・バットラー・ハーナー 監督クリント・イーストウッドが実話を基にして作った作品は(私の知っ...
チェンジリング (あーうぃ だにぇっと)
監督・製作・音楽: クリント・イーストウッド 【キャスト】 クリスティン・コリンズ☆アンジェリーナ・ジョリー ウォルター・コリンズ☆ガトリン・グリフィス グスタブ・マルコヴィッチ☆ジョン・マルコヴィッチ ジェームズ・E・デイヴィス警察本部長☆コルム...
チェンジリング (あーうぃ だにぇっと)
監督・製作・音楽: クリント・イーストウッド 【キャスト】 クリスティン・コリンズ☆アンジェリーナ・ジョリー ウォルター・コリンズ☆ガトリン・グリフィス グスタブ・マルコヴィッチ☆ジョン・マルコヴィッチ ジェームズ・E・デイヴィス警察本部長☆コルム...
「チェンジリング」 (かいコ。の気ままに生活)
息子失踪の5か月後に見知らぬ少年を押し付けられた母親の物語。「チェンジリング」公式サイトクリント・イーストウッド監督なので覚悟してたつもりでしたが・・やっぱり し、しんどかったデス~~会社帰りにフンフーンて観にいくにはテーマが重かったどう見ても他人の子....
「チェンジリング」を観る (紫@試写会マニア)
今年のアカデミー賞はどんなサプライズがあるのか!! 「ベンジャミン・バトン」のブラピと今回私が鑑賞した「チェンジリング」のアンジーが、パートナー同士で男女主演賞をもし獲ったら!スッゴいですよね、でも「夢」じゃないのでは、と思えたアンジェリーナ・ジョリー...
チェンジリング Changeling (映画!That' s Entertainment)
●「チェンジリング Changeling」 2008 アメリカ Unversal Pictures,Imagine Entertainment,Malpaso Production 142min. 監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド 脚本:J・マイケル・ストラジンスキー 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッ...
チェンジリング (りらの感想日記♪)
【チェンジリング】 ★★★★☆ 試写会(6)ストーリー 1928年、ロサンゼルス。シングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジ
チェンジリング (ぷち てんてん)
昨日稲垣吾郎が今月の映画の評価をしてましたね。1位に「チェンジリング」をあげていました。私も納得。2位に「ベンジャミン・バトン」。そうね~、これも納得。1位よりは淡々としている分、2位になっちゃうかと。夫婦対決ではアンジーの勝ちって感じがするなあ。アカ...
「チェンジリング」 (★ Shaberiba ★)
怒りと憤りで胸の震えがとまらなかった・・(涙)
「チェンジリング」 (首都クロム)
 母親と言うのは、凄い生き物だと思います。子供のためなら自分の全てを差し出せる、その覚悟と、毅然とした態度。感情的だとか常軌を逸しているとか評されがちです(本編でもそういう扱いを受ける場面が多々ありました)が、それこそが母たる者の本能・直感、寧ろ備わっ...
チェンジリング (小部屋日記)
Changeling(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督・製作・音楽: クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー/ジョン・マルコヴィッチ/コルム・フィオール/デヴォン・コンティ/ジェフリー・ドノヴァン/マイケル・ケリー/ジェイソン・バトラー・ハーナ...
『チェンジリング』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:CHANGELING監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー公式サイトはこちら。<Story>1928年。ロサンゼルスの郊外で息...
チェンジリング (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、エイミー・ライアン、コルム・フィオーレ、ジェフリー・ドノバン、マイケル・ケリー。1928年、暗黒の木曜日でアメリカ経済が奈落の底に突き落とされる直前の実話に基づいた...
2009-32『チェンジリング』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-32『チェンジリング』(更新:2009/02/21) * 評価:★★★★☆(★★★★★との間) アンジェリーナ・ジョリーが主演、クリント・イーストウッド監督作品。 腐敗したロサンゼルス警察が子供の命を...
映画 『チェンジリング』 (きららのきらきら生活)
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの-?
チェンジリング アンジーの目の演技が凄いなー! (労組書記長社労士のブログ)
 うちの各事業所の朝礼まわりを初めて3週目突入(_ _)(-.-)(~O~)ファ…(~O~)(-.-)。 本来自分の仕事ではないのだけど、職場を担当する執行委員があんまりやってくれないのと、自分自身が現場が好きなのと、それからやはり職場組合員に労働組合のことをもっと意識して貰う...
チェンジリング 心に刺さる映画 (事務屋の日記)
話題の映画「チェンジリング」を早速見てきました。 愛情の深い母親が、子どもの行方を探す物語だと思っていましたが、いい意味で違っていました。 行方不明になった子どもが、5ヶ月後に別人として帰ってく...
チェンジリング (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ある日突然、消えた息子。5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった__。 物語:舞台は1928年のロサンジェルス郊外。電話会社に務めるクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと暮らすシングルマザー。息子と過ごす時間が一番大切な時間だ。 と...
チェンジリング/Changeling (いい加減社長の映画日記)
土曜日が「はしご観キャンペーン」で、1ポイントもらえるということで。 まずは1本目に「チェンジリング」を選択。 「UCとしまえん」は、ちょっと少なめかな。 「チェンジリング」は、中くらいのスクリーンで、9割以上。 クリント・イーストウッドとアンジーの組み...
母の愛~『チェンジリング』 (真紅のthinkingdays)
 CHANGELING  1928年、ロサンゼルス。電話局で働き、女手一つで一人息子を育てるクリ スティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)...
「チェンジリング」 第1位! (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 301オープニング土日興収: 1.78億円クリント・イースト
チェンジリング (ダイターンクラッシュ!!)
2月22日(日) 18:55~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1250円(チケットフナキで前売り券購入) パンフレット:未確認 『チェンジリング』公式サイト 巨匠クリント・イーストウッド先生の新作は、事実を元にした取り替え子の話。チェンジリングというのは、妖精が人間の...
【チェンジリング】 (日々のつぶやき)
監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ   どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの ―? 「シングルマザーのクリスティン・コリンズ、ある日仕事から戻ると息子ウィルターの姿がなくその後の警察の捜索でも
チェンジリング (Diarydiary!)
《チェンジリング》 2008年 アメリカ映画 - 原題 - CHANGELING
求めているのは希望。『チェンジリング』 (水曜日のシネマ日記)
1928年のアメリカで実際に起こった事件を基にした作品。行方不明になった息子を探し続ける母親の物語です。
チェンジリング (2008) (カタヤマ 無断でブログ)
CHANGELING / アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、 ジェフリー・ドノヴァン これが一番観たかった作品です。 実話ベースをクリント・イーストウッドが撮る・・・ これまた重く凹む作品です...
『チェンジリング』・・・権力に屈しない正義 (SOARのパストラーレ♪)
失踪した息子を捜すために腐敗しきった警察に立ち向かう母クリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)の強さにとにかく圧倒される。警察の信じられないような仕打ちの中で、決してあきらめない母の姿が強烈なインパクトを作品に与えていて見応え十分。ひとりの少年の失踪が...
「チェンジリング」残酷で重いけど…イイ映画です。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[チェンジリング] ブログ村キーワード  監督クリント・イーストウッド。主演アンジェリーナ・ジョリーという、豪華なタッグが実現した本作「チェンジリング」(東宝東和)。実話を基に、“魂を揺さぶる映画”に仕上げています。さすが名監督に名女優。  1928年...
チェンジリング(映画館) (ひるめし。)
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの―?
【チェンジリング】 (+++ Candy Cinema +++)
【CHANGELING 】 【監督/制作/音楽】 クリント・イーストウッド  【脚本】 J・マイケル・ストラジンスキー    【日本公開】2009/02/20  【...
【映画】チェンジリング (新!やさぐれ日記)
▼動機 名作っぽい雰囲気に。 ▼感想 格が違う。 ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜...
「チェンジリング」:古川橋バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}時代屋なんて、村松友視の小説みたいな骨董屋ね。 {/kaeru_en4/}しかし、古き良き時代を感じさせるものはいいよな。 {/hiyo_en2/}1920年代のロサンゼルスでも? {/kaeru_en4/}そりゃあ、クリント・イーストウッド監督の映画「チェンジリング」みたいに息...
「チェンジリング」 (或る日の出来事)
クリント・イーストウッドという監督がつくる映画は、ぜい肉がないシャープな姿。 渋く、飾りがなく、不足もなく、客観的な目で、そのときに...
チェンジリング (★YUKAの気ままな有閑日記★)
最近、劇場に行く時間がなかなか取れないけれど、アンジーがアカデミー賞にノミネートされたこの作品だけは、、、這ってでも観に行きたかった―【story】1928年、ロサンゼルス。ある日突然、クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)の息子ウォルターが姿を消...
「チェンジリング」 苦さの意味 (はらやんの映画徒然草)
クリント・イーストウッド監督の作品というのは、観賞後にかなりビターな口当たりが残
チェンジリング [監督:クリント・イーストウッド] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
個人的評価: ■■■■■□   謹んで葬り出す映画より、権力に「くたばれ」と吐き捨てる映画の方が100倍好きだなあ。 もうすぐ80にもなろうというのに、今でも魂を揺さぶり、映画の面白さを堪能させてくれるイーストウッド。 ミスティック・リバーのサスペンス、ミリオ...
『チェンジリング』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「チェンジリング」□監督・音楽 クリント・イーストウッド □脚本 J・マイケル・ストラジンスキー □キャスト アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、コルム・フィオール、デヴォン・コンティ、ジェフリー・ドノヴァン、マイ...
チェンジリング (Addict allcinema 映画レビュー)
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの――?
チェンジリング●○CHANGELING (銅版画制作の日々)
アンジェリーナ・ジョリーの母親魂がこもっていた!! タイトルのチェンジリングとは?「取り換えられた子供」の意。背景に、「さらった子供の代わりに妖精がが置いていく醜い子供」という伝説が宿るこの言葉は母親にとってどれほどの悪夢をもたらすものなのか?それを身...
『チェンジリング』この映画を見て! (オン・ザ・ブリッジ)
第242回『チェンジリング』  今回紹介する作品はクリント・イーストウッド監督がアクション女優のイメージが強いアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎え、1920年代のロサンゼルスで実際に起きた事件を映画化した『チェンジリング』です。 ストーリー:「1928年、ロサンゼ...
『チェンジリング』の光と影 (Days of Books, Films)
最近のハリウッド映画の画面には影がなく、闇もない。例えば顔をアップにしても、影に
*チェンジリング* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 1928年。ロサンゼルスの郊外で息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのクリスティン。だがある日突然、家で留守番をしていたウォルターが失踪。誘拐か家出か分からないまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れ...
【チェンジリング】理不尽な世界との闘い (映画@見取り八段)
チェンジリング ~Changeling~ 監督: クリント・イーストウッド 出演:  アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・...
チェンジリング (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[チェンジリング] ブログ村キーワード 評価:9.5/10点満点 2009年19本目(17作品)です。 この映画を観て思ったこと。 ?母は強し! ?人間は誰かの助けがないと生きていけないということです。 この作品が実話をベースにした作品だというんだから、恐ろしいです。「...
「チェンジリング」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・ユニヴァーサル/監督:クリント・イーストウッド) クリント・イーストウッド、もう79歳!にもなるというのに、精力的に新作映画を発表し、しかもここ数年、「ミスティック・
チェンジリング (Peaceナ、ワタシ!)
- ある日突然、消えた息子。 5ヶ月後に帰ってきた彼は別人だった -。 『チェンジリング』を観てきました! 実際に起こった事件がベースです。…真実の重みは違いますね。今年に入ってから劇場鑑賞した作品はまだ数本ですけれど、一番よかったかも!!
悲しみのアンジー クリント・イーストウッド 『チェンジリング』 (SGA屋物語紹介所)
副題は「イーストウッドをほめちぎる!」ということで。珍しくお茶ラケなしであらすじ
チェンジリング (近未来二番館)
チェンジリング - goo 映画 2月25日映画館にて鑑賞 感想を書くのが前後してしまったが、「オーストラリア」を見る前のレディスディの日に「...
チェンジリング (だらだら無気力ブログ)
1920年代、息子が行方不明になった母親が5ヶ月後に見知らぬ少年を息子 だと言って警察に押し付けられる。本当の息子を取り戻すために堕落した 警察相手に孤独な戦いを挑む母親をクリント・イーストウッド監督が アンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えて描いたミステリ...
「チェンジリング」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「チェンジリング」 (原題:CHANGELING) 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、マイケル・ケリー 192...
チェンジリング (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  信じられないが、これは1928年のロスで本当にあった話である。当時悪名高かったロス市警は、行方不明になったウォルター少年を探し出し、母親に引き渡すのだが…。シングルマザーのクリスティンは、自分の息子ではないと主張する。       しかしロ...
チェンジリング (利用価値のない日々の雑学)
「コリンズ事件」というのはお恥ずかしながら知らなかったが、「ゴードン・ノースコット事件」は、以前にアメリカの犯罪史の研究をしていた時に、どこかで出くわした事があった。但し、文献は英文だったし、内容に関しても「養鶏場を営むノースコットが連続殺人を犯し、...
チェンジリング  CHANGELING (映画の話でコーヒーブレイク)
2月27日、雪混じりの雨の中、横浜まで出たついでにムービルで鑑賞。 メチャクチャ寒かった・・・です。 「チェンジリング」って?  ・・・ん?「チェンジング」じゃなくて「チェンジリング」? なんて思っていたら、 後ろに並んだ中年の女性がお連れの男性に「どうい...
チェンジリング (メルブロ)
チェンジリング 245本目 2009-6 上映時間 2時間22分 監督 クリント・イーストウッド 出演 アンジェリーナ・ジョリー ガトリン・グリフィス ジョン・マルコビッチ ジェフリー・ドノバン 会場 TOHOシネマズ府中 評価 8点(10点満点)  イースト...
チェンジリング (メルブロ)
チェンジリング 245本目 2009-6 上映時間 2時間22分 監督 クリント・イーストウッド 出演 アンジェリーナ・ジョリー ガトリン・グリフィス ジョン・マルコビッチ ジェフリー・ドノバン 会場 TOHOシネマズ府中 評価 8点(10点満点)  イースト...
「チェンジリング」 イーストウッドの子育て (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
クリント・イーストウッドは、「彼は本当に本当に最高のパパ」とアンジェリーナ・ジョリーがインタビューで言うとったブラッド・ピットのようないわゆる子育てパパではなかったと思う。 どちらかといえば、劇中アンジェリーナ・ジョリーのセリフに出てくる“責任”の箱を...
映画「チェンジリング」 (興味的雑記帳)
「行方不明になっていた息子が帰ってきたら別人だった・・・」 その理由はいったいなんなのだろうか? きっと警察の陰謀だろう。それと戦う母親の物語。 そう思って映画を観ていたのだが,事実はもっといろいろな事が重なった不幸な出来事だった。 アンジーの、権力に立...
チェンジリング (映画どうでしょう)
映画チェンジリングの感想 クリント・イーストウッド監督らしい作品ですね。 単純な...
チェンジリング (エンタメ日々更新)
映画チェンジリング見てきました。 クリント・イーストウッド監督の作品ですが、単純なハッピーエンドのエンターテイメント映画と違って、...
チェンジ・リング を観ました。 (My Favorite Things)
Did you kill my son?と叫ぶアンジーの迫力はなかなかです。
希望。。。 (Butterfly Stroke)
I want my son back! 2週間前、「チェンジリング」観てきました。 また、監督クリント・イーストウッドがやってくれましたっ。 最後に残ったのは、残酷な「希望」。。。 世界恐慌前夜の時代には珍しかったであろう、シングル・マザーのクリスティーン・コリンズ...
映画:「チェンジリング」CHANGELING 間違いなく今年有数の傑作。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まずカミングアウトすると、実は監督としてのクリント・イーストウッドはあまり好きではない。 もちろん、対で戦争を冷酷に描写した「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は傑作だと思っているし、「ミリオンダラー・ベイビー」だって感動して観た。 彼ならではの視点...
映画日記りぼーん『チェンジリング』 (CHEAP THRILL)
はーい。 今、歌舞伎町にある漫画喫茶なり。 5時間パックで1,280円。 10時に新宿で見たい映画があるので家に帰らないで近場で仮眠、というわけさ。 うん、コレが出来るうちはボクもまだまだ若いもんだな。 それで、ついさっきまで新宿オデオン座で...
チェンジリング☆独り言 (黒猫のうたた寝)
クリント・イーストウッドの監督する作品のテーマになる曲が・・・いつも心に残るんですよね。。。それも、かなり切なさを募らせる・・・『チェンジリング』は実話を元にした物語でした。電話交換の仕事にローラースケートが使われているのって、びっくりしました。あぁ、...
チェンジリング (映画三昧、活字中毒)
■ 新宿ピカデリーにて鑑賞チェンジリング/CHANGELING 2008年/アメリカ/142分 監督: クリント・イーストウッド 出演: アンジェリーナ・ジョ...
『チェンジリング』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの―?
『チェンジリング』(Theater) (私の研究日記(映画編))
監督 クリント・イーストウッド 製作総指揮 ティム・ムーア,ジム・ウィテカー 製作 クリント・イーストウッド,ブライアン・グレイザー,ロン・ハワード,ロバート・ロレンツ 脚本 J・マイケル・ストラジンスキー 出演者 アンジェリーナ・ジョリー,ジョン・マルコヴィッチ 音...
チェンジリング (映画君の毎日)
//ストーリー//1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜日、彼女は同僚に泣きつかれて断り切れずに休日を返上して仕事へと向かう。暗くなって彼女...
チェンジリング (シャーロットの涙)
家族への想いに心うたれ・・・
映画鑑賞記「チェンジリング」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:09.03.20 鑑賞場所:シネマイクスピアリ どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの──? <ストーリー> (Cinemacafeより引用)  1928年。ロサンゼルスの郊外で、9歳の息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのクリスティン(アンジ...
チェンジリング (TRIVIAL JUNK Blog)
「権力は腐敗する。絶対的権力は絶対に腐敗する。」 <公式サイト> 1928年に実際に起きた「ウィネビラ養鶏場殺人事件」における、クリスティン・コリンズの禍を映画化。 9歳の息子ウォルターが突然失踪し、悲嘆にくれるコリンズ夫人(アンジェリーナ・ジョリー)。 5...
チェンジリング(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
珍しくマット(夫)が観てきた。ので、んじゃ私も! と、「チェンジリング」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー...
チェンジリング (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <日比谷TOHOシネマズ スカラ座> 監督:クリント・イーストウッド 脚本:J・マイケル・ストラジンスキー 1928年、ロサンゼルス。電話会社に勤めるクリスティン・コリンズは、9歳の息子ウォルターを女手一つで育てる毎日。ある日、休暇を返上し...
映画[ チェンジリング ]権力に屈しない信念の先に、希望はみえる (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ チェンジリング ]を吉祥寺バウスシアターで鑑賞。 70歳は超えているだろう。しかしなおも現役で年をとるごとに、さらに作品のクオリティが高まるばかりだ。どこにそんなエネルギーがあるのか。巨匠、クリント・イーストウッド監督。重厚でシリアス、だけれども手...
チェンジリング (pure's movie review)
2008年 アメリカ作品 142分 東宝東和配給 原題:CHANGELING STAFF 監督:クリント・イーストウッド 脚本:J・マイケル・ストラジンスキー CAST アンジェリーナ・ジョリー ジョン・マルコヴィッチ ジェフリー・ドノヴァン ジェイソン・バトラー・ハーナー こんなに...
チェンジリング (いやいやえん)
妖精の取り替え子というチェンジリングからとったタイトルなんでしょうね。 クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演。これは実際にあった事件をもとにつくられています。 ロス警察の腐敗のひどさがとにかく目立ちます。子を想う母親クリスティン...
「チェンジリング」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ロス市警には怒り心頭!冷静になれなかったです
チェンジリング (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   = 『チェンジリング』  (2008) = 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。 ある土曜日、彼女は同僚に泣きつかれて、断り切れずに休日を...
【映画】チェンジリング…私程度がツッこみする隙無しな良作、高評価。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日の記事でも「朝まで仕事」{/face_hekomu/}と書きましたが、昨日の朝も同様{/face_hekomu/} 15時間労働の末に朝10:00頃に帰宅{/face_hekomu/}。お陰でそのまま夕方まで寝ちゃって{/kaeru_night/}…昨日の土曜日は無駄に{/face_ase1/}{/ase/} 今日{/kaeru_rain/}{/hi...
チェンジリング (映画を観よう)
チェンジリング [DVD] ¥3,002 Amazon.co.jp アメリカ 2008年 アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、マイケル・ケリー、ピーター・ゲレッ...
【映画感想】チェンジリング(アンジェリーナ・ジョリー×ジョン・マルコヴィッチ)[2010-001] (映画+小説+家族=MyLife)
アンジェリーナ・ジョリー主演、クリント・イーストウッド監督の『チェンジリング』。行方不明の真の息子を取り返す為、警察に真っ向から戦った女性を描いた本作は実話です。 腐りきった警察組織の姿に憤りを覚えるとともに、アンジー演じた母の「ただ息子と取り戻したい...
『チェンジリング』 ('10初鑑賞11・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆★ (10段階評価で 9) 1月24日(日) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。
「チェンジリング」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
作品を作るたびに評価が高いクリント・イーストウッド監督と、 最近は奥さん役も板に付いて、母性愛の塊のような演技が光るアンジー姐さん。
チェンジリング (映画に耽溺)
「あ・け・お・めーーーッ!!!」「こ・と・よ・ろーーーーッ!!!」・・・・ ・・・・「なによ、なによこの冷たい視線はー」「だから1月も中旬を過ぎて「あ・け・お・めー」もないでしょって言ったじゃなーい」「あーら、あーただって「こ・と・よ・ろー」なんて若...